« NHKの世論調査でもアベ内閣の支持率が不支持下回り、41%に | トップページ | 「そのまんま劇場あす開幕」と朝日新聞。どこまで馬鹿なのかマスゴミは »

2007年2月14日 (水)

映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる

昨日見て来た映画の一つが「Shall We ダンス?」以来11年ぶり
になるとかの周防正行監督の最新作「それでもボクはやってない」だ。すで
に公開されてから日時が立つこと、平日もあってかガラ空きであった。映画
自体はかなり楽しめたし、深刻な冤罪問題を淡々とした描写と巧まざるユー
モア感覚もまぶして、裁判制度にまったく無知な人間にも観ているだけで犯
罪から裁判へ行くプロセスをお勉強できるだけでなく、日本の裁判制度の問
題にも意識せざるをえなくなる問題提起的社会派映画としてもかなり出来が
いい。社会派映画をことさら掲げていないのがかえって反発なく問題を考え
ることができる理想型でもある。

冤罪問題は昔から刑事法、裁判制度におけるもっとも深刻な問題だ。それは
死刑制度の是非を根底から判断する際にも大きな要因となって来た。死刑判
決が出て確定し、処刑されればその人間が無罪とあとで分かっても生き返ら
せることはできない。これまでにもそのような冤罪問題が多く発生して来
て、本などにもなっている。世界的にも有名な事件は「サッコ・ヴァンゼッ
ティ事件」というのがある。神でない人間が死刑を判断する。そこに誤謬は
避けられない。冤罪による死刑を避けるためにも死刑廃止が大きな問題と
なってきた。

もともと刑事訴訟では被告人は判決確定までは無罪推定が働く。しかし、報
道でも逮捕されれば名前が晒され、その時点で真犯人扱いだ。いったん刑事
事件で起訴されれば日本の裁判制度では無罪になる確率は限りなく小さい。
警察、検察と言う国家権力を背景に事件を捜査し、起訴した以上国家として
負けるわけにはいかない。だから起訴は有罪確率が高いものとなる。しか
も、日本の検察では不起訴処分というのが大きな部分を占める。微罪や初犯
では不起訴処分で事件がゼロになる制度だ。これで多くの人間が救われるこ
ともあるが、反対に権力に都合の悪い犯罪は隠蔽される手段にもなる。裁判
になれば、独立のはずの裁判官も実質的には国家の一員。起訴した国家の意
思に逆らうのは至難だ。どうしても検察サイド寄りの見方にならざるをえな
い。そして、最終判断をするのは裁判官。冤罪が起きる制度的欠陥が基本的
に潜在化しているのが日本の裁判制度だ。

そんな大きな日本の裁判制度と冤罪問題をこれほど分かりやすく描いたもの
はこれまでの映画にはなかった。死刑まである犯罪ではなく、電車の中での
痴漢と言う日常的な犯罪を大きな問題を描く触媒にしたのも映画的面白さに
貢献した。これがもっと重大犯罪ならシリアスすぎる映画になっただろう。
痴漢でも冤罪に巻き込まれた本人にとっては人生を破壊する事件だ。しかし
あまりにも誰にも降り掛かる事件だけに、観る側にも裁判制度の問題がより
身近に感じ取ることができる。まさに周防監督の作戦勝ちだ。

この映画を観て、日本の現在でもまるで同じような案件で冤罪ではないの
か、政府によるはめ込みではないかと疑惑の目で見られているのが経済評論
家・植草一秀の痴漢事件だ。この映画の状況と実に瓜二つだ。瓜二つという
より、よりいっそう冤罪の臭いがコイズミ一派の腐臭とともに臭いたつ事件
だ。コイズミ一派の売国的経済政策を執拗に批判していた植草教授。コイズ
ミマンセーのマスゴミばかりの中でこれほど政権にとって邪魔な存在はな
かった。しかし、女性の一言があればはめ込みできるのだ。しかも、無罪を
主張すればするほど長い間拘留されてしまう。その恐怖はこの映画が実に巧
みに描いている。理想的な裁判官とも言える裁判官が突然更迭されて、被告
人を最初から有罪としか観ない裁判官に突然変わる部分などまさしく権力の
やりたい放題がさりげなく描かれる。

この映画を観たあとは、混んだ電車に乗るのに恐怖感を覚えてくるのではな
いだろうか。そう、誰にも降り掛かるからだ。意地の悪い女達が遊びのつも
りで無辜の男性をいつでも血祭りに上げられるのだから。混んだ電車に乗っ
た時には、女性の後ろなどには絶対いないこと、立つ時には女性のいない隅
で、しかも両手は何かを持っているか釣り革を持つか、外の方を向いている
こと。とにかくちょっとでも馬鹿そうで意地の悪そうな女の近くには行かな
いこと、その側も通らないことが肝要だ。いや、馬鹿な女だけではない。と
にかく女はすべて電車の中では痴漢冤罪の敵だと思うようにしたほうがい
いだろう。混んだ電車の中では女性性悪説であることだ。予防が一番だ。混
む時間帯には女性専用車ではなく、実際は男性専用車が1編成に数車両
欲しいぐらいだ。

|

« NHKの世論調査でもアベ内閣の支持率が不支持下回り、41%に | トップページ | 「そのまんま劇場あす開幕」と朝日新聞。どこまで馬鹿なのかマスゴミは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13907125

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「それでもボクはやってない」は日本の裁判制度、冤罪問題をさりげなく抉る傑作。植草事件を想起させる:

» それでもボクはやってない [Akira's VOICE]
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。 [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 10時46分

» 電車男を超えた「痴漢男」とは? 磯山さやか、長谷部優も登場 [ニュース屋.com]
無料ブロードバンド放送GyaOの「映画ch」で14日、「痴漢男」の配信が開始された。3月14日正午までの期間限定となっている。同作品は、社会現象にもなった「電・・・ [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 15時27分

» 「それでもボクはやってない」 赤トレーナーの人 [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
ジョージ・ルーカスとか、テレンス・マリックとか、ブランクのあいた監督の作品を見るにつけ、期待してもあかんやろな〜と思う間もなく、すぐに2件の痴漢が始まり、間違われて、取調べされて、勢い流されるままに留置場泊まりになり、自分は悪いことしてないからすぐに出られれるやろと思ったらずるずる留置場生活を送るはめになり〜って、ま〜素晴らしいテンポで、この映画の面白さにのめりこみました。 構想何年とか大げさに�... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 18時31分

» それでもボクはやってない(2007/日本/周防正行) [CINEMANIAX!]
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて行かれた徹平は、やがて警察へと引き渡される。警察署、そして検察庁での取り調べでも徹平は一貫して“何もやっていない”と訴え続けるが、そんな主張をまともに聞いてくれる者はいなかった。そして、徹平は具体的な証拠もないまま、ついに起訴され、法廷で全面的に争うことに... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 19時34分

» それでもボクはやってない(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】周防正行 【出演】加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司/他 【公開日】2007/1.20 【製作】日本 【コメント】 フリーターの金子徹平は、通勤ラッシュの電車の中で女子中学生から痴漢をした言わ... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 20時16分

» それでもボクはやってない [描きたいアレコレ・やや甘口]
ー電車の中では、結界を張るしかないねーby良守・『結界師』田辺イエロウ。 センター試験の日は、いつも寒っ!ですが、電車が止まる程の雪じゃなくて良かったですね。 お正月明け、やっと、観たい映画がずらり並びまし... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 21時44分

» 「それでもボクはやってない」 [the borderland ]
洋画の法廷モノは、陪審員を巻き込んでの弁護士と検事のパフォーマンスが見所で面白い作品が多いと思います。周防監督が11年ぶりにメガフォンを持つとなれば、ハリウッドに負けないエンターテイメント作品を期待しちゃいますよね! ところが、裁判自体が主役といっていいほどの、硬派な作品に最初は戸惑いました。でも、無駄なシーンが一切なく、どんどん映画にのめり込んでしまいましたよ。 昨年、北尾トロという方の書いた「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」という裁判の傍聴記を読んだのきっかけに、裁判員制度もはじまる... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 23時43分

» それでもボクはやってない:ストレートなメッセージ性で押し切る力作 [犬儒学派的牧歌]
★監督:周防正行(2007年 日本作品) 新京極シネラリーベにて鑑賞。 ★あらすじ(Yahoo!ムー... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時00分

» 「それでもボクはやってない」映画感想 [Wilderlandwandar]
ええと、当初見るつもりでは無かったこの映画、ところがネット上のあらゆるところで絶 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時39分

» それでもボクはやってない 80点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
けーっぱーくーだー♪ 公式サイト 社会現象とも呼べる大ヒットを記録した『Shall we ダンス?』の監督、周防正行が11年ぶりに製作した劇場映画。 現代社会に普通に存在しながらも、あまり表立って目を向けられる事のない題材を扱い、コミカルなタッチで娯楽映画を製作....... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時50分

» 無実≠無罪 [ira’s*DIARY]
前からずっと気になっていた映画を やっと観に行くことが出来ました。 周防正行監督作品「それでもボクはやってない」 期待通り、丁寧に、現実の裁判の様子を描いていました。 かなり、法律用語バンバンです。 でも、用語をしらなくても、あぁ、そうなんだ と違和感を持つ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時52分

» それでもボクはやってない [Thanksgiving Day]
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控えた....... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 02時00分

» それでもボクはやってない [しまねこ日記]
周防監督の11年ぶりの新作!ってことで大話題になっています。でも札幌では1館のみの上映・・これは以外。 すごく怖かった、そしてすごく面白かった!2時間24分全く退屈せず。とてもいい出来の社会派エンターティメントです。 監督が何度も裁判を傍聴し徹...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 07時20分

» 『それでもボクはやってない』 [京の昼寝〜♪]
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・ ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』 就職活動中の金子徹平(加瀬亮)は、会社面接へ向かう満員電車で痴漢に間違えられて、現行犯逮捕されてしまった。 警察署での取調べで容疑を否認し無�... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 08時16分

» それでもボクはやってない [えいがの感想文]
監督:周防正行 主演:加瀬亮 おそろしい現状です。 こんな流れで犯人にされてしまうなんて。 もっとおそろしいのは 真犯人以外、被害者の女の子、駅員、刑事、裁判に関わる全ての人に、 悪意はないってこと。 みんな、自分のやるべきことを迅速に滞りなく終わらせようとしていただけなのに。 その世界の人にとっては、痴漢なんてひとつの小さなことでしかなく、 一人の人間の人生を大きく狂わせてしまうかも、という観念が麻痺しているよう。 全てはこの仕組みに問題があるのですね。 い... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 10時48分

» 「それでもボクはやってない」と共謀罪 [再出発日記]
監督・脚本:周防正行出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、役所広司百聞は一見にしかず。万が一あなたが冤罪に見舞われて、被疑者になったとする。やっていないのだから容疑を認めない。真実はいつか必ず勝つはずだ。だから何も心配しなくていいのだ。と、思...... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 12時38分

» それでもボクはやってない [future world]
「それでもボクはやってない」〜タイトルからすれば・・やっぱり有罪ってことなのね。。。 裁判ごとには今のところ全く縁がなく、法廷の様子といえばテレビドラマなんかで観て知ってる程度。 裁判を起こすのは大変だ、物凄く時間もかかる、費用も掛かる、いろいろと拘束....... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 01時25分

» それでもボクはやってない [UkiUkiれいんぼーデイ]
これを観た男性諸氏は 満員電車に乗るとき 両手を上げていたくなる・・・にちがいない! 観たかった!待っていた!周防監督の最新作♪ しかもテーマが「裁判」 これね、劇場予告とかCMとか観てる限りでは、コメディー風味なのかしら、な〜んて気軽に思ってたけど とーんでもない!!! 大真面目な社会派映画です! すごいよ!面白い!勉強になる!強くオススメします! 原作となる本もなく、周防監督が2年をかけて調べ上げたという、今の日本の司法制度の問題点を、私... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 16時50分

» それでもボクはやってない・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
大ヒット作「Shall We ダンス?」が公開されたのが1996年だから、実に11年ぶりの新作となる。 何はともあれ、周防正行が第二の長谷川和彦化しなかったのは喜ばしい。 周防映画といえば、主人公がひょんな事から仏教、相撲、... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 17時02分

« NHKの世論調査でもアベ内閣の支持率が不支持下回り、41%に | トップページ | 「そのまんま劇場あす開幕」と朝日新聞。どこまで馬鹿なのかマスゴミは »