« 「ジャーナリスト宣言」宣伝中の朝日新聞の写真記者が読売新聞の記事を盗用で謝罪のお粗末 | トップページ | 女性機械発言というせっかくのアベ政権叩きの好機なのに、どうしていつも民主党は上手く利用できないのかな »

2007年2月 2日 (金)

憲法改悪を喚くアベシンゾーはこれまで具体的に憲法の何が悪いのか説明したこともない。その疑問を白川勝彦も提示している

骨のある自民党議員としてかつて活躍していたが現在は下野し、自身の
ホームページなどで創価学会批判など精力的に展開している白川勝彦。

そのサイトの中の「永田町徒然草」という日記がなかなか面白い。

1月31日付け日記は「馬脚を現す安倍首相」のタイトル。一文字漢字と問
われて「責任」と答える素晴らしい頭脳の持ち主アベシンゾーはウチュクチ
イ国ニュッポンと改憲のワンフレーズしか口にしないコイズミ並の極めて語
彙の少ない政治屋。改憲とアホみたいに喚きながら、これまで日本国憲法
のどこが悪いのか、どこをどう改悪するのかなどを自らの口で語ったことが
ない。私なんかは、残業手当ゼロ奴隷化政策が少子化対策に役立つと鋭
い指摘をするぐらいのあまりに頭脳明晰な偏差値低いエスカレーター大学
しか行けなかった坊ちゃんだけに、日本国憲法をこれまで一度もまともに
読んで理解したこともないのではないかと疑問に思って来た。まともな説
明もしたことがないのだから当然の疑問だ。あの郵政民営化とアホの一つ
覚えしか言えなかった売国奴コイズミがなんのことはない郵政民営化法
案をまるきり読んでもいなかったという飽きれるばかりの国民騙しと同じよ
うなものがあるのではないかと思って来た。

それと同じような疑問を白川勝彦もアベシンゾーに感じているようだ。その
1月31日付けの全文を読んでほしい。

・・・・・・・・
No.322
昨1月30日も衆参本会議で、代表質問が行われていた。昨日も忙しかったので、ほんの一部を見ただけだが安倍首相の答弁には大きな問題があった。参議院本会議で民主党の輿石東参議院議員会長の質問に対する答弁である。輿石氏は「安倍首相は憲法改正を参議院選挙で国民に問いたいといっているが、憲法のどの部分が問題だと考えているのか」と質問した。至極当然のことである。

これに対する安倍首相の答弁がふるっていた。憲法の問題点として「憲法を頂点とした、行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的な枠組みの多くが、21世紀の時代の大きな変化についていけなくなっていること」と答弁したのである。これは所信表明演説の文章をそっくり引き写したものだ。引き写しそのものは問題はないが、憲法のどこが問題かと訊いているのに、「憲法を頂点とした、行政システム、教育、経済、雇用、国と地方の関係、外交・安全保障などの基本的な枠組みの多く」だという答えはないであろう。大学入試ならば、多分ゼロ点であろう。

要するに、安倍首相には憲法に対する定見などないのだ。お爺ちゃんがいった自主憲法制定=憲法改正をアプリオリに正しいと信じ、それを受け売りしているだけなのだ。見た目は若いしスマートだが、着古しの羽織袴を着て自主憲法の制定を叫んでいた壮士然とした右翼反動政治家と頭の中身は同じなのだ。だから最近「着古しの羽織袴を着て自主憲法制定を叫んでいた壮士然とした右翼反動政治家」と同じ類の人種が元気付いているのだ。彼らは自分たちの同類が総理大臣になって嬉しくて仕方がないのだろう。安倍内閣の支持率が落ちている原因の大きなひとつが、ここにあると私は思っている。

正確を期そうと思い、今日の新聞をみたがこの部分に関する記事はなかった。こういうところを捉えて、安倍首相の問題点を明らかにするのがジャーナリズムの仕事だと私は思うのだがどうだろうか。昔ならば憲法の問題ならば、一字一句、「てにをは」までが厳しいマスコミの批判に晒されたものだ。それだけに憲法問題を話すときはお互いに慎重だった。憲法とはそのくらい大切なものなのだ。憲法をいい加減に扱う政府は、どこの国でも最後は国民を不幸にするものである。憲法をいい加減に扱う政府に寛大な国民は、最後は必ず泣きをみるのである。わが国もそういう国になりつつあるようだ。心しなければならない。

それでは、また。

07年01月31日 10時27分AM 掲載
・・・・・・・・・
以上だ。憲法改悪を叫び続けるくせにこれまで一度も具体的に自身の口で
憲法の何が悪いか、どこを改悪したいのかをまともに説明したこともない一
文字漢字と問われて「責任」と答える素晴らしい頭脳の持ち主アベシンゾー
に対するこの文章は極めて当然の疑問。日本人として現行の憲法が世界
遺産になってもいいほどだと思っている私にとってもアベシンゾーが一切丁
寧に国民に向って説明しないのは疑問。疑問というより説明すべきことが
彼の頭の中にはまったくないのではないかと思うしかないのだが。東京大
学に在学中に司法試験に合格し、弁護士になったという白川勝彦は憲法
のことならお任せだろう。それに反して、東京大学の学生を家庭教師に長
年付けても小学校のお受験から在学していた東京のど真ん中に住んでい
る高校生ならあまりに田舎にあって進学したくもない成蹊大学から結局は
脱出も出来なかったアベシンゾー。改憲、改憲というなら白川勝彦のよう
な人物を相手にテレビでもいい国民がすべて見られる状況で、官僚など
のお手伝いなく自分の頭脳で憲法を改めなければならない部分、その意
味をきちんと説明してくれ。戦後60年の平和の元でもあった憲法を改悪
しようというのだから当たり前の首相としての説明責任だろう。一文字漢字
と問われて「責任」とまで答えたのだから。その程度のことも出来ないのなら
軽々しく改憲などの言葉を吐く勿れ。

|

« 「ジャーナリスト宣言」宣伝中の朝日新聞の写真記者が読売新聞の記事を盗用で謝罪のお粗末 | トップページ | 女性機械発言というせっかくのアベ政権叩きの好機なのに、どうしていつも民主党は上手く利用できないのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13750310

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法改悪を喚くアベシンゾーはこれまで具体的に憲法の何が悪いのか説明したこともない。その疑問を白川勝彦も提示している:

» 真実の声はしがらみの外から [らんきーブログ]
AbEndフォーラムは役に立つ。ヤマボウシさんやゴンベイさんといったブログはお持ちでは無いが、私よりも遥かに政治に詳しいコメンターの方々を中心に多くの良質の記事や情報を取り上げてくださる。 調子に乗って「AbEnd」... [続きを読む]

受信: 2007年2月11日 (日) 21時04分

« 「ジャーナリスト宣言」宣伝中の朝日新聞の写真記者が読売新聞の記事を盗用で謝罪のお粗末 | トップページ | 女性機械発言というせっかくのアベ政権叩きの好機なのに、どうしていつも民主党は上手く利用できないのかな »