« 「きっこの日記」の“きっこ”さんがちょっと暴走気味 | トップページ | 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 »

2007年2月18日 (日)

やはり迷惑だけだった東京マラソン。マラソン馬鹿だけが楽しんだトンデモイベント

石原慎太郎が知事選に向けての人気取りだけでマラソンには不向きな
この2月に無理矢理決行してしまった東京マラソンは寒い中雨も降って
最悪の状況。まあ、マラソンしないと精神がおかしくなるとか言うマラソ
ン馬鹿たちが全国から3万人も集まって健康が害されようが何のその
で走ったようで。私なんてスキー板に乗って滑るのは大好きだし、早足
で散歩するのは大好きだが、腰や膝を痛めるのがてきめんのマラソンな
んて健康に良くないものなど好き好んでする人間がさっぱり理解できな
いのでどうでも良いイベントだが。だいたい、まともにマラソンを走り抜く
訳じゃなく仮装行列の気分でいるような馬鹿のために都心を7時間以上
封鎖するなんて最悪の行政じゃねえか。

その石原慎太郎の人気取りイベントでやはりたくさんの人たちが迷惑を
被ったようで。浅草のコースに挟まれて魔のトライアングルになる地域
なんて人が入れないから閑散で商売にもならなかったようだし、日本テ
レビの午後6時からの「バンキシャ!」では東京駅から国立劇場まで行く
地方からの客を乗せたタクシーの悲惨な仕事ぶりを紹介していた。当然
だよな。東京駅から国立劇場まではどうしてもマラソンコースを横切ら
なければならないのだ。しかし、横切れない。つまりはすごい迂回コース
を大回りになるのだ。普通なら千円程度の距離がなんと5400円ほどに。
しかし、タクシー運転手としてはそれをいただくわけにはいかない。そこ
で客からは2000円だけ貰っていた。タクシー業務では道を間違ったと
きなどよくある事態だ。残りは運転手が負担する訳だ。今回は運転手
にまったく責任はない。タクシーの仕事など見向きもせず、自己の選挙
都合だけを考え、都民の尊い税金を一家で食い物にする都知事をやって
いる最低男の責任なのだ。宅配便やタクシーなど仕事にならなかった人
たちに弁償をしてやれよ、石原慎太郎。テメエの財布からな。

|

« 「きっこの日記」の“きっこ”さんがちょっと暴走気味 | トップページ | 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/13960547

この記事へのトラックバック一覧です: やはり迷惑だけだった東京マラソン。マラソン馬鹿だけが楽しんだトンデモイベント:

» 東京マラソン、間もなくスタート @首都機能麻痺させてまでやる「石原王族祭り」 [ぬぬぬ?]
すっかり定着した「東京国際マラソン」を潰してまでやる必要があったのか果てしなく疑問の『石原王朝マラソン』 1981年からの伝統ある東京国際マラソンの看板をペンキで塗りつぶして拘ったのは、直後にスタートする3期目の東... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 21時31分

» 我がままな石原慎太郎の思いつきで始まった東京マラソン第2回が17日(日)、もううんざりだ7時間、都心でなんかやるなよ。 [携帯版雑談日記(徒然なるままに、。)]
 とまあ、表題はそうなのですが、それ以上に言いたいのは警視庁へです。前にも書きましたが去年4月30日の「自由と生存のメーデー07──プレカリアートの反攻」非正規不安定被雇用者のデモへのスピッツ・キャンキャン指示。解散地点でデモ隊が反対側に渡る所要時間はほんの7分。(解散地点大久保地域センター前、機動隊指揮車のまるっきり馬鹿丸だし大音響キャンキャン指示MP3Podcast。約7分、特に3分過ぎあたりからスピッツ・キャインキャイン状態(笑))  デモ行進が反対側に渡るのにこれならば、最大7時間交通規制の... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 17時36分

« 「きっこの日記」の“きっこ”さんがちょっと暴走気味 | トップページ | 「閣僚や官僚は首相に絶対忠誠を」と中川自民幹事長が嘯くほどに自由と民主の気風を失った自民党の最終段階 »