« 朝日新聞が民主党に菅議員の都知事選立候補を煽る不思議 | トップページ | 東京市場は寄り天気味の情けない限りの動き »

2007年3月 6日 (火)

新日鉄、不二家、日興コーディアルなどの強烈な動きには唖然の6日の東京市場

昨日の575円も平均株価が下げる5日連続の大幅下落に加えて
昨日のニューヨーク市場があまり感じのいい動きをしないで下落し
ていたので今日の東京市場はさらに下げて6日連続の下落になる
かとちょっと朝から気分は鬱だったが、リバウンド狙いなども入った
のか意外に健闘して202円高で終了。ひと安心感をもたらしたが、
今週はSQでもあり、まだ波乱も予想されそうなので安めの指値で
買い増しの注文をしていただけだが、その値では約定せず。

まあ、持ち株は昨日の上げをすべてリカバリーするほどではなかっ
たものの、ほとんどは上昇。しかし、大したことはなかった。

ところが、ほかの銘柄の動きを見てみたら、なんとあの超大型銘柄
の新日鉄が昨日800円を切って来たのでそろそろ大相場終了かと
いう思惑で空売りも大量に入ったのをハイエナのような外資などが
ニンマリとしたのか今日は2億9千万株弱の大出来高で66円高の
862円とまるで小型株のような軽やかな動き。こんな状態では中小
型はまだ駄目だね。

ほかには不二家の動きもすごかった。終り値は36円高の290円だ
が、高値はストップ高に近い321円もあり、1月中旬に大出来高を
伴って190円ほどまで売り叩かれたのが嘘のような値に。当時は
雪印を連想して倒産危機まで考えて個人などが大量に空売りを
仕掛けていたんだろうな。しかし、こういう時は一番空売りなんて
危険だ。外資や日本の証券会社も個人投資家殺しを狙ってニン
マリしていたはずだ。同じような形は日興コーディアルも同じだね。
同社は今日はストップ高の1379円もあっての161円高の1340円
だ。シティグループ傘下になるということだから外資にまたまたま
んまと美味いところを根こそぎさらわれてしまったようだ。買うと下
がり、売ると上がりでまったく個人投資家殺しは株式市場の不文
律のようである。

|

« 朝日新聞が民主党に菅議員の都知事選立候補を煽る不思議 | トップページ | 東京市場は寄り天気味の情けない限りの動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新日鉄、不二家、日興コーディアルなどの強烈な動きには唖然の6日の東京市場:

« 朝日新聞が民主党に菅議員の都知事選立候補を煽る不思議 | トップページ | 東京市場は寄り天気味の情けない限りの動き »