« 自分たちは非難主張だけはやり放題の朝鮮総連の傲慢には開いた口が塞がらないな | トップページ | どこまでも世界にアホさらし続けるアベシンゾー »

2007年4月28日 (土)

やはり温泉だと草津温泉1泊2日の温泉ドライブ旅行へ

株式市場もあいも変わらず面白くもないのでやはり温泉だと
27日から草津温泉1泊2日温泉ダラダラ節約ドライブ旅行。
27日は久しぶりの快晴で気持ち良く一気に万座温泉まで直
行。 途中、新里町のさくらそう自生地で薄紫色の小さな可
憐な花を咲かせるさくらそうを見学。4月20日に開通したば
かりの志賀草津道路はまだ雪が残る場所も多かった。
Sakurasou
Sakurasou2
Sigakusatudouro

自遊人の温泉無料入浴パスポートを利用して万座プリン
スホテルで日帰り入浴。入浴料金1000円が無料で自遊人
とホテルに感謝して標高1800メートルの雲上の素晴らし
い白濁の硫黄泉をたっぷりと堪能。昨年入浴した時には雨模
様で眺望はまったくゼロだったが、今回は快晴で素晴らしい
景色も堪能で大満足。
Purinsu1
Purinsu2
Purinsu3


その上、GWの大型連休の前とあってか入浴客が30分以上
まったく皆無で貸し切りとなり極楽極楽。1時間半以上も
硫黄泉をたっぷりと味わって草津温泉の宿泊先のペンション
へ。ペンションも激安予約サイトでネット予約で2食付き5
千円なのにおいしい夕食で腹一杯に。ペンションの万代鉱源
泉の刺激たっぷり肌がとろけそうな温泉も何回も味わって
温泉三昧の一日が過ぎた。

28日は残念ながらの雨模様。ペンションに車を置かせても
らって草津の散策をしながら共同浴場に入ることに。まずは
湯質の大好きな「地蔵の湯」へ。昨年春に新装改築されたば
かりの共同浴場
。当初は投入される湯量が少ないせいかどう
も以前の湯の濃厚さが感じられなかったが、今回は湯温も熱
めで湯も肌にまとわりつくようなマイルド感。そして湯が溢
れる木の床も1年ほどたって飴色に変色して来て良い感じに
なっている。高い木組み天井のため湯気の抜けも良く気持ち
良い湯浴みが出来る。さらに入り口にはのれんや石碑なども
設置されて格調も出て来た。周りの元の浴場跡も整備され、
地蔵様と源泉場所もきれいになり、足湯も工事中だった。そ
のあとは最近新装改築となったばかりの「長寿乃湯」へ。こ
こも典型的な浴舎作りで、縦格子の引き戸が上品だ。湯は湯
畑源泉。ちょっと分りにくい住宅街にあるので観光客も少な
いのか独占でゆっくりと湯浴み。
Jizounoyu1
Jizounoyu2
Jizounoyu3
Tyoujunoyu1
Tyoujunoyu2
                      
                         
                           
                           


                      


そのあと暮坂峠越えで四万温泉へ。四万は3月末に訪れたば
かりなのだが、昨年新装改築されたのにまだ入浴していなか
った共同浴場「御夢想の湯」に入るのが目的。浴舎は木造の
雰囲気ある建物で、周りは駐車場なども奇麗に整備されて以
前とはまったく一変。浴場は脱衣場と一体の作りで、脱衣場
からは階段を下りたところに。以前も小さかった湯舟だが、
今回はさらに小型になっていて、大きな浴舎とはちょっとア
ンバランスなほどの小ささで二人が入るとぎゅうぎゅう状態。
湯舟はかなり分厚い御影石で作られており、無料の共同浴場
とは思えないほどの豪華さ。大きな窓からは川も見渡せるの
で気持ち良いことこのうえなし。入浴のあとはいつも四万温
泉に来ると蕎麦を食べる「中島屋」で蕎麦で昼食してお腹も
大満足で東京へ。
Gomusounoyu1
Gomusounoyu2
Gomusounoyu3

|

« 自分たちは非難主張だけはやり放題の朝鮮総連の傲慢には開いた口が塞がらないな | トップページ | どこまでも世界にアホさらし続けるアベシンゾー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり温泉だと草津温泉1泊2日の温泉ドライブ旅行へ:

« 自分たちは非難主張だけはやり放題の朝鮮総連の傲慢には開いた口が塞がらないな | トップページ | どこまでも世界にアホさらし続けるアベシンゾー »