« アベシンゾーはじめ馬鹿な政治家が跳梁跋扈して日本を破壊して行く | トップページ | 久しぶりの気持ち良い快晴に桜見物へ。幸手市の権現堂堤の満開の桜を堪能 »

2007年4月 5日 (木)

これほどまでに政権の狗状態になっていたのかと唖然とした毎日新聞の岩見隆夫特別顧問とかいう大仰な肩書きの似非ジャーナリスト

日本のジャーナリズムは史上最低の政治屋小泉以来すっかり政権の
狗と化して国民のために政権の監視をするという本来の任務を忘れて
政権のケツ舐めしかできないクソに成り果てていると思ってきたが、そ
の思いがやはり当たりだったと思うしかない情けない限りの耄碌コラム
を読んだ。テレビマスゴミではガマガエル面の田原が毎週のようにお前
はいったい何様だと思うような傲慢なまるで自分が日本の政治を動か
しているのかと勘違いしまくっている似非ジャーナリストが政権にゴマ
をすっているが、今回の情けない限りのコラムはこれまたテレビに出ま
くって金を稼いでいるテレビ幇間である毎日新聞とかのゴミで特別顧問
とかの大仰な肩書きでどうでも良いたわごとを書いている岩見隆夫とか
いう奴のアホコラム。

そのコラムではなんとあのドイツに長く住んでいることだけが自慢の井
戸端会議ババアクライン孝子の駄文を引用して、アホのアベシンゾー
に思い切りゴマをする情けない限りの矜持も何もないコラム。この耄碌
ジジイはなんだか毎日新聞をようやく退社するそうで、政権にゴマをす
って老後の生活の糧をよほど確保しておきたいんだろうな。よくもこれほ
ど情けないアベ翼賛駄文を書けるよな。

その3月31日付の駄文コラムは以下の通り。
・・・・・・・・・
近聞遠見:外は一目置いている=岩見隆夫

 能登半島地震が発生した25日、石川県選出の森喜朗元首相に、真っ先に見舞いの電話をかけたのは民主党の長老、西岡武夫だった。森の国会事務所まで足を運んだのは自民党の青木幹雄参院議員会長である。
 「これがワセダなんだなあ」
 と森は言う。3人は同じ時期、早大に在学していた。慶大ならこうはいかないだろう、というニュアンスもこもっている。
 政界にかぎらず、早大出身者は結束が固い。慶大はクールと言われるが、小泉政権時代は慶大閥が取りざたされた。
 その点、安倍晋三首相と同学の成蹊大卒は与野党通じ古屋圭司元副経済産業相1人だ。学閥を作りたくても、作りようがない。安倍政権のまとまりが悪い理由の一つは、案外そんなところにもあるのかもしれない。
 昨年9月末、初組閣を終えたあとの記者会見で、人事方針を聞かれ、安倍は、
 「政治は結果が大切、結果を出せる方を選んだ」
 と述べた。しかし、政権発足から半年が過ぎて、結果を出すどころか、足を引っ張る閣僚が目立つのに驚く。それが支持率を下げている。
 世論調査の結果をみると、世間は安倍の指導力にも懐疑的だ。頼りない首相と映っている。だが、外の目は違う。
 ドイツの有力紙「フランクフルター・アルゲマイネ」は、先に安倍が訪独した際、
 <安倍首相は、内政では戦後最大のがんだった教育基本法の改正にメスを入れ、国際テロや極東アジアにおける緊張の高まりに備え、防衛庁の「省」への格上げを実現した。
 また、日本でもようやく現代の凄惨(せいさん)な情報戦に対応し、日本版NSC(国家安全保障会議)創設の筋道をつけた>
 などと報じ、外交面の活動も高く評価した。
 ドイツ在住のノンフィクション作家、クライン孝子は、そうした現地の空気を、
 <(安倍は)日本の新しい国家像を内外に印象づけたわけで、欧州では戦後の日本の首相としては珍しく大胆かつ斬新な政治家として、一目置かれている>
 と伝えている。(17日付「産経新聞」)
 また、パリでは、防衛省に昇格した時の式典あいさつで、安倍がドゴール将軍(第5共和制初代大統領)の著書「剣の刃」の一節を引用し、
 「難局に立ち向かう精神力の人は、自分だけを頼みとする……」
 と述べたことがニュースになり、すこぶる評判がいいという。
 アジアでも、ある財界首脳が、
 「昨年秋の安倍訪中の前と後に中国に行ったが、空気がガラリと変わっていた。幹部が口をそろえて安倍さんを激賞する。こんなに急変するものかとびっくりしましたね」
 と言うように、安倍は人気者だ。
 米国とは慰安婦問題がこじれているが、4月の安倍訪米で調整されるだろう。同盟関係が揺らぐようなテーマではない。
 総じて、国際社会での安倍は、好感度が高い。しかし、国内の目は厳しく、とても一目など置かれていない。この温度差は何に起因するのだろうか。かつて、
 <戦後、一国民主主義、一国繁栄主義、一国平和主義、まとめて一国とじこもり主義が日本の常識の主流であった>
 と批判したのは、政治学者の京極純一である。いまもその性癖が日本の世論を偏狭にしていないか。そろそろ、とじこもりでなく<世界のなかの日本>に開眼する時ではないか。(敬称略)
   ◇
 しばらく休載します。外の空気を吸って、<世界と日本>を考えてみるつもりです。
 ◇編集局から
 岩見隆夫本社特別顧問は31日をもって退職します。4月以降は客員編集委員として活動し、「近聞遠見」は7月から再開します。
・・・・・・・・だとよ。

ここまでよくもアベマンセーが書けるよな。よほどこれで甘い汁がこれから
吸えるんだろう。恥というものを知らないのだろう。この程度の奴らが偉そう
にしているのが日本のマスゴミの実情ということだわ。そうそう、毎日新聞に
は安い給料を補填するのに必死でテレビ出まくりのコイズミマンセーのクソ
自称ジャーナリストとかの岸井とか言う野郎もいたな。どこまでも恥を知ら
ないクソばかりの新聞社だ。

|

« アベシンゾーはじめ馬鹿な政治家が跳梁跋扈して日本を破壊して行く | トップページ | 久しぶりの気持ち良い快晴に桜見物へ。幸手市の権現堂堤の満開の桜を堪能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/14557898

この記事へのトラックバック一覧です: これほどまでに政権の狗状態になっていたのかと唖然とした毎日新聞の岩見隆夫特別顧問とかいう大仰な肩書きの似非ジャーナリスト:

« アベシンゾーはじめ馬鹿な政治家が跳梁跋扈して日本を破壊して行く | トップページ | 久しぶりの気持ち良い快晴に桜見物へ。幸手市の権現堂堤の満開の桜を堪能 »