« 福島温泉巡りその3、押立温泉・住吉館 | トップページ | 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 »

2007年5月13日 (日)

福島温泉巡りその4、白布温泉・東屋

裏磐梯のペンションに宿泊した11日金曜日。次の日はどこを回ろうかは
まったく未定。土曜日もどこかに宿泊しようかと思ったが、無理してまで
宿泊することもないかということになり、土曜日夜遅くまでどこかの風呂
に入りながら東京までダラダラ車を走らせることに。宿泊の翌日の朝、
宿屋の玄関からは磐梯山の噴火跡も生々しい雄大な山容が。
Bandaisan
                                            
                                           
                                           
                                        
                                 

ということになって、結局は一番大好きなドライブコースである会津坂下
から只見町までの只見川沿いに走る国道252号線を走り、金山町のお
なじみの共同浴場にいくつか入り、自遊人入浴無料パスポートを使用し
て入浴できる日中温泉と玉梨温泉にも入って行くことに。

裏磐梯に宿泊しているのだから当然ここは大好きな白布温泉に入浴して
行くしかないと、西吾妻スカイバレーを一気に上っていく。頂上付近では
ふきのとうを摘み取って、約26キロほど走って白布温泉に到着。ここでは
いつも迷うのが西屋にするか東屋にするか。入浴料金もいずれも500円。
しかし、露天風呂に貸し切りできる風呂が二つもある東屋にどうしても惹
かれてしまう。というわけで東屋さんに。
Higashiya3
Higashiya2
Higashiya4
                                                                                                
                                                                                                
                                                                                             

入浴できるのは午前11時からなのだが、まだ10時半。そこで近所をブラ
ブラ散策して時間つぶし。11時になって早速東屋へ。一番乗りで、入れた
ばかりの新鮮な湯を堪能。まさに滝のように注がれる湯で溢れる浴槽はい
つ入っても感動的だ。脱衣場から出れば西屋にはない露天も。

2時間ほどものんびりと東屋で過ごしてしまった。土曜日なのだが、5月連
休のあともあるのか客はいる間も数人程度。ここで一番素晴らしいのは左
隅にある貸し切り利用できる石湯。大きな御影石をくりぬいたと思われる
ほどよい大きさの湯舟に適温の源泉が注がれ、外の森も見える一見では
露天風呂仕様なのもご機嫌だ。

風呂のあとは東屋のすぐ下にある蕎麦屋「吾妻屋」にてざるそばで昼
食。なかなかにおいしいそばでした。時間があれば米沢市郊外にある小野
川温泉にも入って行くのだが、自遊人入浴無料パスポート使用で入浴でき
る日中温泉「ひめさゆりの宿 ゆもとや」の入浴可能時間2時半が迫っている
ので小野川温泉の側を一気に通って、121号線を急いだのだが、日中温泉
に到着したのが午後3時頃に。宿に入浴可能か尋ねたがやはり駄目。次回
リベンジすることに。ただ、日中ダムのすぐ下にたたずむ旅館はなかなかに
素晴らしい。ぜひ次回の再訪をと誓ったのだった。

|

« 福島温泉巡りその3、押立温泉・住吉館 | トップページ | 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 »

コメント

白布温泉は、西屋と中屋別館不動閣しか行ったことありません。東屋ってないのですよ。東屋もやはりよさそうですね。

私も自遊人パスポート手に入れましたが、まだ1か所しか行っていません。

投稿: ごまちゃん | 2007年5月16日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島温泉巡りその4、白布温泉・東屋:

« 福島温泉巡りその3、押立温泉・住吉館 | トップページ | 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 »