« Mac用のクリップボードユーティリティとして便利な「PasteBoarder」 | トップページ | 2日間温泉三昧していたら、ブログではアホのアベシンゾーを馬鹿にする真面目な記事がますます増えて読むのが大変 »

2007年5月 9日 (水)

横山ノック死亡に絡む「きっこの日記」の書き方は一体お前は何様だ、な。判決批判も駄目なんかい。日本の裁判なんぞ信頼できるわけないが

横山ノックが死亡したが、私は漫才時代からわりに好きだった
し、政治家としても頑張っていたしであまり悪い印象がない。
あのいわゆるセクハラ事件はいまでも本当にあったことなのか
私は疑問に思っているほうだ。選挙カーという閉鎖空間での発
生した事件であり、被害者とされる女性の一方的な言い分がそ
のまま裁判まで認められてしまった思いがする。まったくノッ
ク側の反論はマスゴミにもシカトされてしまった感じだった。

あの事件もそうだが、映画にもなった電車内での痴漢事件でも
そうだが、被害者とされる女性の言い分が疑われることがまず
ないのではなかろうか。男性側はセクハラ、痴漢をしたと言わ
れたら、まず世間、マスゴミが男性側の反論をまともに聞き入
れることはない。その痴漢事件でも冤罪事件はいくらでも発生
しているだろう。現に裁判で冤罪が認定されたものもある。し
かし、それなど稀なケースだろう。裁判などでも裁判官など最
初から検察の起訴をそのまま鵜呑みにして、推定有罪で臨んで
くるだろう。セクハラ、痴漢などは女性の悪意があればいくら
でも無罪の男性を陥れることができる犯罪だ。

しかも、裁判など所詮裁判官は官僚組織の中で出世を考えてい
る役人に過ぎず、裁判所という狭い空間の中で世間感覚とは外
れてしまった常識もまともに持っているかどうか疑わしい変な
裁判官も山のようにいる。これまで判決にもあまりに理不尽な
論理など山のようにある。そんな判決に疑問を持つのは悪いの
だろうか。それを悪いと言うなら、死刑判決を受けた人間など
のために再審請求の運動をしている人たちなどは極めて不謹慎
な人物ということになろう。

そんな判決には一切逆らうな、それに逆らうのは被害者を冒涜
するもので、非常識だとあの超人気ブログの「きっこの日記」
が書いている。そういう発言こそ非常識なのではないか。横山
ノックが判決を容認したのも、それ以上争っても無意味、いく
ら反論しても受け入れられないという絶望があったのかもしれ
ない。痴漢事件でもそうだろう。もう絶望が支配して、どうで
もよくなるのかもしれない。植草一秀教授の事件などもどこま
で信じられるのかも疑問なほどだ。

「きっこの日記」の5月7日付けの「セクハラの温床」なる記
事がそうだ。
その一部は・・・・・
5月3日に、横山ノックが亡くなって、4日にお通夜が行なわれたみたいだけど、その様子を午後のワイドショーで見てて、あたしは唖然とした。それは、お通夜に来てた桂ざこばのセリフが、あまりにも非常識極まりないものだったからだ。レポーターからマイクを向けられた桂ざこばは、横山ノックのセクハラ事件について触れて、「ノックさんはいい人だった。セクハラはしていない」って意味のコメントをしたのだ。
どんな悪人であっても、亡くなった人を悪く言わないってのは、世の中のマナーっていうか、習慣みたいになってる。裏金を1億円も貰ったのに、「記憶にない」ってトボケきった橋本龍太郎にしたって、亡くなった時には、みんな口々に「素晴らしい政治家だった」って、歯の浮くようなセリフをノタマッてた。もちろん、あたしも、亡くなった人を悪く言わないってのは理解できるけど、それにしたって、限度があると思う。横山ノックに対して、どんなに「いい人だった」「素晴らしい人だった」ってホメタタエたって構わないけど、ちゃんと裁判を行なって、強制わいせつ罪で「懲役1年6月、執行猶予3年」の有罪判決を受けてる事件に対して、その事実を否定するようなコメントをするってことは、単に故人をホメルこととは、まったく次元の違う話だ。
今回の桂ざこばのコメントは、司法の判断を無視した非常識極まりないものであり、被害女性を冒涜するものだ。・・・・・・云々とね。

しかし、ざこばがノックの無罪を信じてはいけないのか。信じる
のはまさに冤罪だと再審請求に奔走する人たちと同じ気持ちだと
いうことではないか。なのに、「司法の判断を無視した非常識極
まりないもの」というのは冤罪事件と信じて再審請求の運動をす
る人たちをも根底から否定するのと同じだ。そんなに司法の判断
が100%間違いないのか。日本の判決など政権や法務当局に有
利な方向へ行くのがほとんどだ。それへの批判をも否定するなん
て民主主義そのものの否定ではないか。一体“きっこ”は何様の
つもりなんだ。

|

« Mac用のクリップボードユーティリティとして便利な「PasteBoarder」 | トップページ | 2日間温泉三昧していたら、ブログではアホのアベシンゾーを馬鹿にする真面目な記事がますます増えて読むのが大変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/15014096

この記事へのトラックバック一覧です: 横山ノック死亡に絡む「きっこの日記」の書き方は一体お前は何様だ、な。判決批判も駄目なんかい。日本の裁判なんぞ信頼できるわけないが:

» 検察側の立証に疑問が多々残るのは植草氏が無実であることを示しているのではないだろうか [植草一秀氏を応援するブログ]
次回の公判は検察側からの反対尋問のようですが、 今までの検察の行った『立証』を見るととても『立証』と言えるものではなかったと思う。 目撃者の証言・繊維鑑定・警官の証言と全て不十分で これで一点の曇りもないほどに容疑を立証できたと思える人はいるのだろうか。 内容をよく知らない人は断片的な話だけ聞いてそう思うかもしれない。 しかし、それは実際の内容を知らないからだ。 検察が不十分な立証しかできない事、一点の曇りもない立証ができないという事は 植草氏が無実であるがゆえにできない事なのだ。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 01時24分

« Mac用のクリップボードユーティリティとして便利な「PasteBoarder」 | トップページ | 2日間温泉三昧していたら、ブログではアホのアベシンゾーを馬鹿にする真面目な記事がますます増えて読むのが大変 »