« 南会津の温泉巡りその6、駒止湿原で水芭蕉をたっぷりと鑑賞 | トップページ | 「きっこの日記」カウンター50000000をゲット »

2007年5月24日 (木)

米軍再編推進法、辺野古への海上自衛隊派遣と国民の命より米軍大事のまるで米の植民地の代理狗アベシンゾー

在日米軍再編への協力の度合いに応じて地方自治体に再編交付金
を支給するのを主眼にした米軍再編推進法案が23日参院を通過
して成立した。これほど自治体、それに国民をコケにし馬鹿扱い
した法律はない。政府の言うことを聞いていりゃ金をやるが、逆
らえばどこまでも踏みつけるぞという国民脅迫法なんだからな。
ここまでしても売国奴コイズミの憲法無視して詐欺的手法で強奪
した衆議院のゴキブリばかりの多数で国民の声もまるで関係なく
強行して行く一文字漢字と問われて「責任」と答える素晴らしい
頭脳の持ち主アホのアベシンゾーな訳だ。

しかし、この米軍再編推進法なんてまったく日本がというよりそ
こに巣くう自民・カルト癒着政権が植民地状態の低開発国並であ
ることを露呈するだけ。宗主様である米にどこまでも媚びへつら
い、日本国民の生命・財産を守る政治家の基本を一切忘れさって
しまった日本の誇りもなにもない植民地根性の発露。まあそうだ
わね。売国一筋に励んだキシシンスケじじいの薄汚い売国DNA
をたっぷり受け継ぎ、詐欺まがいの霊感商法など世界的な悪名カ
ルト集団統一協会が主催する集会に祝電を打つほど日本が嫌いで、
戦争をして日本人を不幸のどん底に陥れるのが最大の喜びであり
趣味らしいアホのアベシンゾーが植民地の独裁者気取りで、国民
の声に真摯に耳を傾けなどと嘘こきながら、国民の意向一切無視
して強行採決オンパレードの素晴らしい政権だしな。

その国民の命や美しい日本の自然などアホのアベシンゾーにはど
うでもいい存在であることの証明になった一つが、沖縄・辺野古
での政府の対応。地元民の熱い自然への思いから発露したガンジ
ー精神の無抵抗座り込みなどになんと重武装の海上自衛隊を派遣
だよ。アホのアベシンゾーにとっては大事なのはあくまでも宗主
国アメリカ様の世界に死をもたらし続ける米軍様。調査と言いな
がら珊瑚を破壊して自然破壊してもどうってことないし、抗議の
住民がけがしようが関係ない姿勢が明白。アベがいかに国民に敵
対する資質の持ち主かが鮮明なのだが、ジャーナリスト精神をす
でに完璧に放擲したマスゴミはまるで批判もない。アベシンゾー
は無抵抗の抗議に自衛隊派遣までして国民を制圧するんだから、
そんな既成事実を認めてしまったからにはこれから国民が政府へ
の抗議なんかしたらすぐに自衛隊派遣で弾圧だな。今回の事件で
自衛隊が国民の命を守る存在ではなく、米軍そしてその米軍に
媚びへつらう売国政権を守るだけの存在だというのが分った訳だ
わ。この自民党・ブタ作に支配されたカルト政党支配がそんなに
お好みで奴隷でいたいB層国民ならどうぞいつまでも自民・カル
ト政権に投票していろよ、と絶望の気分になるしかない今の日本。

でも、辺野古での抗議を伝えるサイトの一つなど読んでいるとまだ
まだまともな日本人もいるのだと救いにはなる
。産經新聞などの腐
れマスゴミを見ているとすでに日本人魂は消失しているのだが。

|

« 南会津の温泉巡りその6、駒止湿原で水芭蕉をたっぷりと鑑賞 | トップページ | 「きっこの日記」カウンター50000000をゲット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/15184173

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編推進法、辺野古への海上自衛隊派遣と国民の命より米軍大事のまるで米の植民地の代理狗アベシンゾー:

« 南会津の温泉巡りその6、駒止湿原で水芭蕉をたっぷりと鑑賞 | トップページ | 「きっこの日記」カウンター50000000をゲット »