« 自殺したらしい松岡農相の遺書のアベ政権だけにあまりに好都合な内容にどっちらけ | トップページ | 究極の馬鹿アベシンゾーの捜査介入の大問題発言批判が続出 »

2007年5月31日 (木)

小西甚一筑波大名誉教授死去。大学受験時代の懐かしい名前だ

ネットでニュースを見ていたら、小西甚一筑波大学名誉教授が亡くなった
との記事が。合掌。

朝日ウェブの記事によると
……
古代から現代までの文芸史をまとめた全5巻の大作「日本文藝史」で知られる文化功労者で筑波大名誉教授(比較文学)の小西甚一(こにし・じんいち)さんが26日、肺炎で死去した。91歳だった。葬儀は親族のみで済ませた。喪主は妻晃子(あきこ)さん。
 日本文学と中国文学を比較研究した「文鏡秘府論考」により学士院賞を35歳の若さで受賞。古代から三島由紀夫まで2000年にわたる日本の文芸を、初めて世界の中で位置づけて分析・批評した「日本文藝史」(92年、大佛次郎賞)は英訳され、海外の日本文学研究に影響を与えた。著書に「能楽論研究」「俳句の世界」など。受験参考書「古文研究法」は50年以上に及ぶロングセラー。
……だ。

小西教授の書かれた本を初めて手にしたのは1960年代後半の高校
1年生のとき。書店で古文の参考書を探していて、「古文の読解」とい
う古文の入門書を買った時だ。これが実に面白かったのだ。当意即妙
というかユーモアとセンスある文章で古文の世界の面白さをみせてく
れた。この本は数回通読してすっかり古文好きにもなった。そして、2
年生後半になって小西教授の「古文研究法」というさらに進んだ参考
書を買って読みふけったものだ。この2冊は受験勉強の枠を越える楽
しみを与えてもらえた本である。その後、小西教授はかなりの碩学だ
と知り、俳句の著書なども読んだ。「日本文藝史」は読みたいと思いな
がらいまだ実現していない課題でもある。

|

« 自殺したらしい松岡農相の遺書のアベ政権だけにあまりに好都合な内容にどっちらけ | トップページ | 究極の馬鹿アベシンゾーの捜査介入の大問題発言批判が続出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/15261410

この記事へのトラックバック一覧です: 小西甚一筑波大名誉教授死去。大学受験時代の懐かしい名前だ:

« 自殺したらしい松岡農相の遺書のアベ政権だけにあまりに好都合な内容にどっちらけ | トップページ | 究極の馬鹿アベシンゾーの捜査介入の大問題発言批判が続出 »