« 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 | トップページ | エキスポランド社長は客の命を守る設備管理投資はしないが、コイズミやアベなどクズ政治屋には献金のただの政治ゴロゴキブリだった訳だ »

2007年5月13日 (日)

福島温泉巡りその6、共同浴場「八町の湯」と「大塩共同浴場」で湯巡りを締め

玉梨温泉に来たら二つある共同浴場に入って行かない訳には
いかない。玉梨源泉は豊富だが、八町源泉の湯量少なく、それ
が使われているのは恵比寿屋のすぐ側にある八町の湯共同浴場
だけ。八町の湯は玉梨源泉と八町源泉の混合利用。すでにこれ
までにいずれも何回も利用しているのだが、八町源泉を味わうた
めに混浴の八町の湯。

八町の湯は夕方なのに賑わっていて、近所のおじさんなどもい
た。一応脱衣場は男女別にあるのだが囲いなどある訳でもなく
湯舟からは丸見え。女性にとってはかなり難易度の高い共同浴場。
しかし、その湯質は抜群で雰囲気も極上。女性もちょっと勇気を出
して利用しないと損だね。
Hacchounoyu
                                                                                          
                                                                                        
                                                                                       
                                                                                    
                                                                                       
                                                                         

ここの湯はもちろん飲用可能で、ちょっと塩味の金気のある美味し
いといえる湯。置いてあるコップで2杯を飲んでしまった。

玉梨温泉を離れた時点ですでに午後7時前。あとは湯倉温泉かと
行ったのだが、工事現場あたりの人たちで賑わっていて混浴もあって
断念。湯質はここが一番なんだけどね。それにしてもどこもかも真っ暗
だ。走る車もほとんどなく、闇の中を疾走する気分は最高だ。

さらに走って入り口の建物が昨年改築されたばかりの大塩温泉共同
浴場へ。ここは別浴で、温めの湯が特徴。1時間ぐらいゆっくり入って
いると温まり方がすごい名湯だ。ちょうどあまり入浴客もいなくて今回の
湯巡りを締めくくるのに相応しくじっくりと金山町の名湯を堪能できた。
大塩に別れを告げたのがすでに午後8時で、あとは只見町から国道
289号線で田島へ出て、121号線、400号線塩原温泉経由で国道4
号線に出てそのまま東京へ一直線で帰宅の途に。途中で食事など
したために帰宅したのは13日日曜日の午前3時頃になってしまった。
帰宅して酒をガバガバ飲んで爆睡。起床したら昼の2時過ぎだった。

|

« 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 | トップページ | エキスポランド社長は客の命を守る設備管理投資はしないが、コイズミやアベなどクズ政治屋には献金のただの政治ゴロゴキブリだった訳だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島温泉巡りその6、共同浴場「八町の湯」と「大塩共同浴場」で湯巡りを締め:

« 福島温泉巡りその5、玉梨温泉・恵比寿屋 | トップページ | エキスポランド社長は客の命を守る設備管理投資はしないが、コイズミやアベなどクズ政治屋には献金のただの政治ゴロゴキブリだった訳だ »