« 南会津の温泉巡りその1、塩原温泉のグリーンビレッッジ「福の湯」 | トップページ | 参院選出馬の丸川珠代。コイズミチルドレンと同類でしかない愚かな女 »

2007年5月22日 (火)

南会津の温泉巡りその2、湯の花温泉の共同浴場「石の湯」「天神の湯」

のんびりと福の湯で入浴したあとは塩原温泉の中央にあるお寺で
ボタン祭りを開催しているので木賊温泉へ行くまでまだ少し余裕
があったので見物。お寺は妙雲寺で、5月8日から5月31日まで境
内でボタン祭り。約2000株ものボタンがいっせいに開花中で、広
い境内を散策しながら華麗なボタン見物。入場料金は300円。

ボタン見物を終了して国道400号線から121号線、352号線
で一気に走る。平日もあってほとんど車が走っていなくて快晴の中
気持ちの良いドライブ。木賊温泉へ行くまでまだまだ時間もあった
ので木賊温泉と並んで鄙びた雰囲気がご機嫌で素晴らしい湯のある
湯の花温泉で立ち寄り入浴して行くことに。

湯の花温泉は木賊温泉の少し手前に位置し、国道352号線からは
2・5キロほど入った場所。昔から何回も来ている温泉で、これま
で宿泊も3回ほどしている。共同浴場が4つあり、それぞれ雰囲気
のある独立した浴舎で、熱めのきりっとした単純温泉が気持ち良い。
いずれも200円で外来で日帰り入浴できる。

その4つのうちとくに好きなのが、小振りな石作りの湯舟が一つだ
けシンプルにある「石の湯」と「天神の湯」のふたつ。ほかの二つ
は湯舟がわりに大きめでいつも湯が少し温め。それに反して、この
二つは湯舟が小さいこと、それも一つだけで、そこに新鮮な湯が溢
れるのでいつ行ってもかなり熱め。しかし、それが良いのだ。なん
回も掛け湯をして体をなじませてから、ゆっくりと湯舟に入り、じ
っと体を動かさずに我慢していると体中がびしっと引き締まるよう
な爽快な気分になるのだ。ただ、この二つの欠点は湯舟があまりに
小さいことと、混浴だということ。脱衣所も一緒なので女性にはか
なり厳しい浴室。

「天神の湯」は道路沿いに位置していて、少し道路から降りた場所
に位置していて小さいこともあり、意外に見逃してしまう浴室。浴
舎内は入るとすぐに脱衣所で初めての人はびっくりするかも。湯舟
は浴舎の真ん中に小さめの長方形のものが一つなのだが、その溢れ
た湯が注がれる一人でいっぱいの極小の湯舟があり、熱すぎてメイ
ンの湯舟に入れない時にはそちらがわりに温めなので利用できる。
温泉街はまるで人影もなくひっそり。最高の状態である。

浴舎を覗くと無人。濡れている気配もなく、あまり利用して
いないようで、静かに無色透明の湯が満ちあふれている。それに
しても熱い。まずは小さい湯舟で体を慣らして、気合いを入れて
水で薄めない熱い湯へ。極楽そのもの。

Tenjinnoyu1
Tenjinnoyu2
Tenjinnoyu3
                                                                                        
                                                                                     
                                                                                       
                                                                                    

もう一つ入ろうと、湯の花温泉の象徴みたいな共同浴場である「石
の湯」へ。「石の湯」は道路から川のほうへ入って行き、川のすぐ
そばに浴舎があり、ロケーションは最高。ただ人気があるし、あま
りに湯舟が小さいのでなかなかゆっくりと味わえることがない。期
待しないで行ってみると、ここも無人で、いつも少なめの湯も満ち
あふれている。ここも熱めだが、天神の湯ほどではない。じっとし
ていると熱さも感じなくなって来て清々しい気分になって来る。こ
のふたつの極楽湯が最高の状態で味わえる幸せ。その気分そのまま
にお腹もすいて来たので、イワナ料理のフルコースを味わうために
木賊温泉へ直行。
Isinoyu1
Isinoyu2
Isinoyu3

|

« 南会津の温泉巡りその1、塩原温泉のグリーンビレッッジ「福の湯」 | トップページ | 参院選出馬の丸川珠代。コイズミチルドレンと同類でしかない愚かな女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南会津の温泉巡りその2、湯の花温泉の共同浴場「石の湯」「天神の湯」:

« 南会津の温泉巡りその1、塩原温泉のグリーンビレッッジ「福の湯」 | トップページ | 参院選出馬の丸川珠代。コイズミチルドレンと同類でしかない愚かな女 »