« 都内で事故連発。新宿で看板落下、渋谷では温泉施設爆発の大規模死傷事故。都心を歩くのも大変だ | トップページ | 自民党の中川泰宏衆院議員ってのが固定資産税18年間未納。脱税しておいて歳費は貰う訳かクソが »

2007年6月20日 (水)

強行採決時の行動で民主党議員を懲罰したアベシンゾーの異常なまでの周章狼狽ぶりを白川勝彦が上手く説明

年金問題での論点かわしのためにアベシンゾーが民主主義も議会
のあり方もすべて無視して、強行採決オンパレードの中の一つとし
てまたまた強行採決した年金時効特例法案採決時の衆院厚労委
で採決阻止の行動をした民主党の内山晃議員を懲罰処分にした。
しかもその処分でさえ強行採決だ。馬鹿の集大成アベシンゾーは
もう自分の思いが叶わないだけで泣きわめく馬鹿ガキと同じレベル
に堕した周章狼狽の精神錯乱状態なのに、馬鹿殿を諌める臣下も
いない崩壊状態になっているのが今の自民党らしい。強行採決の持
つ意味をなかなか分りやすく元衆院議員で弁護士でもある白川勝
彦が説明している。

その説明は白川のコラム「永田町徒然草」の6月20日付けの「fascismは
こうしてやって来る」のタイトルの記事だ。その一部で今回の自民党の異
常さ、つまりはアベシンゾーの異常性を解説している。

……
内山晃衆議院議員について、私はまったく知らない。内山代議士に対する懲罰処分については、リンクした記事に譲る。重複は避ける。この懲罰処分には、大きくいって三つの問題がある。第一の問題は、今回問われた内山代議士の行為は、そもそも懲罰の対象になることだろうか。あの急ごしらえの時効特例法案を衆議院厚生労働委員会でたった4時間の審議で採決しようとしたことに対して、野党議員がこれを阻止しようとした際の内山代議士の行為が問われたのである。あの光景は、永田町徒然草の読者なら一度くらいは見ている筈である。私は国会にいたとき、何度も強行採決を目撃している。かつての強行採決はやる方もこれを阻止しようとする方も、もっともっと激しいものだった。
しかし、強行採決の際の行動を懲罰に問うことなど、話題になったこともまったくなかった。いわゆる「強行採決」は、法律を通さなければならない与党とこれを阻止しなければならない野党の双方の立場を考えて、国対関係者があみ出したある種の“セレモニー”なのである。馴れ合いといわれても仕方ないが、ああいうことでもしなければ問題は先に進まない。与党は強引というマイナスイメージを負うことを承知した上で、野党の立場に配慮してあえてあのような“セレモニー”を行って法案を通してもらうのである。日本の議会が産み出した国会対策上のテクニックなのである。だから、強行採決の際の言動が懲罰の対象となることなどなかったのだ。
第二の論点は、懲罰委員会の審議のやり方である。この点について、ほとんど報道されていない。懲罰常任委員会の常任委員長は、民主党の横光克彦代議士である。自社さ政権を作るとき、これに賛成してくれた社会党議員であった。1996年(平成8年)の総選挙のときには、自民党は大分4区で社民党公認候補の横光氏を推薦した。この前、森田実氏の出版を祝う会でも同席して話をした。かつては俳優でなかななの好男子である。私としても直接電話して訊くこともできるが、社民党の保坂展人代議士のWebサイトにすでに書かれているのでこれを引用する。
  懲罰委員会の委員長は横光克彦議員(民主)だ。以前は社民党にいた議員だから、電話して事情を聞いてみた。15日に懲罰委員会を開いて趣旨説明を聞いた。そして、「与野党筆頭理事同士でよく話しあって下さい」と言い続けたという。昨日の18日に横光委員長は、理事会の場で「与野党の意見は一致しましたか。していないのなら、今日は委員会を開けないですね」と言ったとたんに、不信任動機が島村宣伸理事から出され、その後与党のみ出席の懲罰委員会で「委員長不信任決議案」が決められたという。御当人の内山晃議員が一言も発することなく、また懲罰委員会に呼ばれることもなく、「30日間の登院停止」を決めてしまった。横光委員長は、委員長ではあるが、島村代理がいるので委員会を運営することが出来ないという宙吊り状態に追い込まれた。
 そして、今から再開されようとしている衆議院本会議で、内山晃議員の「身上弁明」を聞いた上で、島村懲罰委員会理事が登壇し、「内山晃議員の登院停止30日間」を宣告する。そして、民主党の10分の反対討論の後で採決するという段取りになっている。社民・国民・民主の3党は抗議して本会議場から退席する予定だ。本人の弁明も一切の審議もなく、強行採決された「登院停止」処分など認めるべきではない。
私も衆議院の商工常任委員会の委員長を1年半にわたり務めたことがある。羽田内閣と村山内閣の時代だった。最初は野党の委員長だった。野党の委員長というのは、委員会運営に苦労する。自分が所属する党は、委員会では少数党なのである。しかし、委員会運営に関しては、委員長の権限は絶対なのである。常任委員長は、本会議で選出される。その解任は、本会議でなければできない。その委員長を無視して、自民党の筆頭理事が勝手に委員長を務めて委員会を開催し、懲罰処分を決めるなどということは国会運営上許されることではない。自公“合体”政権の与党が化け物みたいな多数を衆議院でもっているからといっても、こういうことは許されることではない。もしそのようなことをやりたかったら、本会議で横光委員長を解任した上、新たに委員長を選任した上で行わなければならない。それが議会運営の最低限のルールというものである。
第三の論点は、こうした異常な事態に対して自民党内に自制を求める動きがまったくないことである。報道はされていないが、昨日の本会議に欠席をした議員くらいはいたのかもしれない。しかし、それでは安倍首相を中心とする執行部に自制を求めたり、クレームをつけたことにはならない。かつての自民党ならば、こういう執行部に自制とクレームをつける者が必ずいた。そして、そのような動きは、執行部にとって決して無視できないものだった。いまそのような良識を自民党に求めることは、木に登って魚を求めるようなものである。公明党にそのような良識がないことは、いまさら驚く者もいないであろう。自公“合体”政権は制御能力を失ったダンプカーみたいなものである。そしてジャーナリズムもこれを非難しようとしていない。ファシズムはこうしてやって来るのである。野党は命懸けでこれと戦わなければならない。
……がその説明部分だ。自公政権のどうしようもないほど精神崩壊した
状況とそれをジャーナリズムとして批判し諌めることも出来ないマスゴミ
の腐敗には今さらながらため息をつくしかない。

|

« 都内で事故連発。新宿で看板落下、渋谷では温泉施設爆発の大規模死傷事故。都心を歩くのも大変だ | トップページ | 自民党の中川泰宏衆院議員ってのが固定資産税18年間未納。脱税しておいて歳費は貰う訳かクソが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/15498319

この記事へのトラックバック一覧です: 強行採決時の行動で民主党議員を懲罰したアベシンゾーの異常なまでの周章狼狽ぶりを白川勝彦が上手く説明:

« 都内で事故連発。新宿で看板落下、渋谷では温泉施設爆発の大規模死傷事故。都心を歩くのも大変だ | トップページ | 自民党の中川泰宏衆院議員ってのが固定資産税18年間未納。脱税しておいて歳費は貰う訳かクソが »