« アホのアベシンゾー内閣支持率28%=時事通信調査 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その2川原湯温泉の「聖天様露天風呂」でまったり »

2007年6月16日 (土)

群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その1油臭がたまらない林温泉「かたくりの湯」

梅雨入り直前で週間天気予報によれば6月11日から13日は天気が
良さそう。北東北方面へ行くつもりだったが、宿泊したい旅館の部屋
の予約が電話で取れず、急遽群馬方面へのんびり湯巡りドライブに行
くことにして、日曜日午後にネットで11日は川原湯温泉、12日は
万座温泉を予約。

11日は天気予報とはまるで違って都内は朝方かなりの土砂降り状態
に。雨が降るなどまるで予報では言っていなかったのにまったく社会
保険庁並のいい加減な仕事ぶりだわ。でも、予約したので出かけざる
を得ない。いつもは早めに家を出発するのだが、雨が小振りになるの
を待っていたら、午前8時頃に。まあ、行き慣れた群馬吾妻方面の温
泉だしね、のんびりドライブだ。群馬県内に入る頃には暑いほどの晴
れ間になったしまあいいか。

いつも通りに高速道路なんて使わずに4号線、125号線、122号
線経由で桐生から赤城山麓の車もほとんど走っていないご機嫌な国道
353号線を快適に走って川原湯温泉へ。チェックインにはちょっと
早かったので、川原湯温泉から車で数分の林温泉「かたくりの湯」で
ひと風呂浴びることに。

林温泉は渋川と草津方面を結ぶ国道145号線から山の方向へ少し入
った小高い場所にある小さい林集落にある共同浴場。戦後すぐから計
画されいまだに完成せず工事が続く八ツ場ダムの地元懐柔的な面で温
泉が掘られて作られた基本的には地元民用の温泉。しかし、外部の人
間にも開放されていて、300円で入れる。

最初入浴した時には場所があまりに分かりにくくて迷子になったほど
だった。とにかく道をブラブラ走っていると神社があるのでその前あ
たりの駐車場の奥にひっそりとまったく目立たないで存在する。典型
的な共同浴場建築で湯気抜きがあるので温泉好きには建物を見ればす
ぐにわかるはず。

扉を開けるとすぐに漂ってくるのがかなり強い油臭。近くにある川原
湯温泉のほのかな上品な硫黄臭とはかなり異質。この山の中では珍し
いかも。浴室内は全体が木造りで良い味わいなのだが、浴槽が4人程
度がゆっくり入れる大きさのポリ浴槽なのが味気ない。そこにかなり
熱めの湯がドンドコと掛け流しされていて、油臭が浴室内にいやとい
うほど充満している。この臭いは嫌いな人には我慢できないかもしれ
ない。かなり効く温泉で、長湯は出来ない。入浴後は体がカッカとし
てくる。体やタオルに染み付いた油臭もしばらく抜けないほどだ。し
かし、またすぐにでも来たくなるほどの個性溢れる湯なのだ。
Katakurinoyu
Katakurinoyu1

|

« アホのアベシンゾー内閣支持率28%=時事通信調査 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その2川原湯温泉の「聖天様露天風呂」でまったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その1油臭がたまらない林温泉「かたくりの湯」:

« アホのアベシンゾー内閣支持率28%=時事通信調査 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その2川原湯温泉の「聖天様露天風呂」でまったり »