« 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その1油臭がたまらない林温泉「かたくりの湯」 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その3川原湯温泉共同浴場「王湯」 »

2007年6月16日 (土)

群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その2川原湯温泉の「聖天様露天風呂」でまったり

11日に宿泊するのは八ツ場ダム完成でそのダム湖に沈む予定の川原湯温
泉の「高田屋」旅館で、川原湯温泉に宿泊するのは6年ぶり2度目。その
時も確かダム完成は2〜3年後なんて聞いていたのだが、今回宿泊しても
ダム完成は3年後ぐらいかとまるで進捗していない感じだ。145号線を
走っていてもでかいダムが出来るような大工事をしている雰囲気もないし
でまったく不思議なダムではある。しかし、いつ完成するのかがいつまで
もペンディング状態なんて客商売の旅館などは施設整備などうんざりして
くるだろうな。

ダム完成後は現在の温泉地からはかなり山の上に移転するなども決まって
いて、その整備も進んでいるそうだし、使用する温泉も現在のものが使用
できるはずとか。まだ4年程度は現状の温泉地での商売が継続するらしい。

まあ、温泉を楽しむ身としては現状のちょっと寂れた雰囲気も悪くはない
し、温泉街に掲げてある新温泉街の完成予想図のオシャレな雰囲気も良さ
そうだし期待して待ちましょう。

高田屋には午後4時前にチェックイン。部屋で夕食前までごろんとしてい
るという連れを旅館に残して、まずは外湯だと「聖天様露天風呂」へ宿の
下駄を履いて直行。草津温泉や万座温泉などへ行くたびに川原湯温泉駅前
は必ず通るのだが、最近ちょっとご無沙汰気味で、「聖天様露天風呂」に
入るのも6年ぶり。露天風呂は以前は無料だったのだが、数年前に有料と
なったようで、露天風呂の前に100円を入れる料金箱が設置されていた。
それに100円を投入するとかなり大きな音がしてびっくり。無料入浴の
阻止策だね。

風呂は20メートルほど山の中に上がった場所。露天と言っても東屋風で
立派な屋根付き。周りは森の中で気分良く入浴できる大好きな風呂だ。た
だし、混浴で、しかも脱衣所が5〜6人は入れる石作りの湯舟の前に仕切
りもなくあるため女性にはかなりキツいかな。今回も平日の夕方だし貸し
切りかなと思っていたら男性二人が入浴中。しかも、一人は高崎から頻繁
に来るようで、飲み物食べ物をたっぷり横に置いての長風呂で、昼頃から
入浴時間ギリギリの午後7時過ぎまでいるのだとか。これでは女性は入浴
できやしないね。100円で7〜8時間居座るってのも共同浴場のマナー
としては如何なものかな。

それはそれとして、久しぶりの聖天様露天風呂。ちょっと熱めの湯がたっ
ぷりと満ちあふれ、ほのかな硫黄臭と言うか茹で玉子臭というのか鼻腔を
気分良く刺激してご機嫌だ。屋根付きなので日差しも気にならないし1時
間ほどまったりしてしまった。川原湯温泉の湯は源泉温度が80度近くあ
るので、聖天様露天風呂、二つある共同浴場、旅館の湯すべてがもちろん
源泉掛け流しなのだが、源泉と同時に水が常時注がれている。しかも張り
紙で水は絶対に止めないようにと注意書きがある。そうでないとあまりの
熱さに火傷するからだ。
Syoutensama3
Syoutensama1
Syoutensama2

|

« 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その1油臭がたまらない林温泉「かたくりの湯」 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その3川原湯温泉共同浴場「王湯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その2川原湯温泉の「聖天様露天風呂」でまったり:

« 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その1油臭がたまらない林温泉「かたくりの湯」 | トップページ | 群馬の温泉はやっぱりご機嫌だね、その3川原湯温泉共同浴場「王湯」 »