« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行10、鶯宿温泉の鄙び宿「うぐいす旅館」の自噴泉を味わう | トップページ | 高福祉なんて出来ない、自助努力しろと、手前たちの税金食い放題は知らん顔で国民が悪い!と暴言かます態度ばかりでかい政治屋片山虎之助。こいつを政治屋にするのは殺してくれと頼むのと一緒 »

2007年7月27日 (金)

岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行11、羽根沢温泉「松葉荘」でヌルヌル湯を堪能

22日に宿泊したのは20日続いての鉛温泉・藤三旅館。美味し
いほどよい量の料理に満足し、白猿の湯にまた何度も入って大満
足。帰りは横手市へ出て、国道13号線をいつものように米沢方
面まで南下して、高速道路使用せずに東京までダラダラ帰宅の途
に。この行程は途中に日帰り入浴したくなる温泉もあるし、いく
つか道の駅もあり、地元産野菜など買い込みながら帰宅できる楽
しい道。帰りはいくら遅くなっても関係無しだしね。高速道路な
んか馬鹿らしくて使えない。

午前9時20分にチェックアウト。途中道の駅で買い物や稲庭う
どんで昼食などして午後1時すぎに羽根沢温泉に到着。どこか温
泉に寄って行こうとなって、羽根沢温泉を選択。

国道13号線から20分ほどの距離なので距離的にも遠くなくて
ちょうどいい。昨年一人旅の時に羽根沢温泉の共同浴場に入浴し
たことがあった
ので、今回は旅館の湯に入ることに。ネット上の
評判では「松葉荘」本館が良さそうだったのでそこに。営業して
いないような雰囲気でちょっと心配だったが、日帰り可能という
ので300円払って早速入浴。
Matuba1
                                       
                                      
                                      
                                 
                 

内湯二つのどちらでも自由に使っていいとのことなので、速攻で
右側の浴室に決定。小型の奇麗なタイル張りの湯舟に透明な湯
が満たされ、静かに溢れている。左側の浴室の湯舟とは底の一部
で繋がっている。かつては混浴だったのだろう。館内も脱衣場も
かなりの鄙び具合だが、浴室は意外にきれいだ。源泉が湯溜めか
ら湯舟にかなり掛け流され、上品なオイル系の匂いが漂う。湯の
中には黒いかなり大きめの湯の花がいっぱい漂う。かなり濃厚な
湯だ。床や湯舟の内壁は手でなでるとヌルヌル。床など危ないほ
どだ。鳴子・中山平のヌルヌル湯よりヌルルヌ度は上かもしれな
い。PH8.4という数値以上に実感ヌルヌル度はすごい。体を手
で撫でるとオイルの膜ができたような気持ち良さ。あまりの気持
ち良さに床に寝転んでトドしてしまったほどだ。
Matuba2
                                      
                                       
                                      
                                  
                          

途中で買い物などで寄り道しながら東京へ。4日間で総走行距離
1484キロだった。

|

« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行10、鶯宿温泉の鄙び宿「うぐいす旅館」の自噴泉を味わう | トップページ | 高福祉なんて出来ない、自助努力しろと、手前たちの税金食い放題は知らん顔で国民が悪い!と暴言かます態度ばかりでかい政治屋片山虎之助。こいつを政治屋にするのは殺してくれと頼むのと一緒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行11、羽根沢温泉「松葉荘」でヌルヌル湯を堪能:

« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行10、鶯宿温泉の鄙び宿「うぐいす旅館」の自噴泉を味わう | トップページ | 高福祉なんて出来ない、自助努力しろと、手前たちの税金食い放題は知らん顔で国民が悪い!と暴言かます態度ばかりでかい政治屋片山虎之助。こいつを政治屋にするのは殺してくれと頼むのと一緒 »