« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行7、濃厚な湯が期待以上だった田沢湖高原温泉の「民宿ルーム」 | トップページ | 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行9、岩手に来たらやはり国見温泉「石塚旅館」は見逃せない »

2007年7月27日 (金)

岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行8、乳頭温泉郷の「蟹場温泉」

宿泊した民宿ルームから乳頭温泉郷は車で10分弱。7カ所ある
旅館のどこに入るかいつも迷うのだが、今回は前の日の八幡平の
温泉と民宿ルームが白濁の湯ばかりだったので、単純硫黄泉の乳
頭温泉郷のなかではあまり混んでいないだろう蟹場温泉に決定。
Kaniba1
                                      
                                      
                                      
                                       


蟹場温泉は乳頭温泉郷の一番奥にあるが、駐車場も広く利用しや
すい。妙の湯ほどの女性志向ではないが、館内もこぎれいで女性
にも好かれるタイプ。到着した午前9時頃は予想通りに日帰り入
浴客はまだゼロ。500円を払って早速混浴露天風呂へ。宿の奥
からいったん外へ出て、100メートルほど林の中の小道を行く
と浴舎が見えて来る。

浴舎と言ってもそれは男女別の脱衣所。その前に広い露天風呂が
広がる。20人程度はゆったりと入れるもので、岩などで浴槽を
囲み、周りは森で森林浴気分での入浴だ。男女別の脱衣所から出
ると混浴だが、広さもあるし、岩で一部かくれる部分もあるので
女性でも意外に入りやすいかな。ただ、湯が透明なのでキツいこ
とはキツいが。雰囲気が抜群に良く、湯温も肌に優しく長湯もい
い湯だ。
Kaniba2
Kaniba3
                                       
                                        
                                        
                                        


内湯は玄関から右手に行き渡り廊下部分に左側が岩風呂、右側に
木風呂が並んでいて、それぞれ男女別になっている。そのひとつ
の木風呂は秋田杉で全体が作られていて風情たっぷり。浴室の窓
際にはサワガニがいたという「甲石」があり、腰を下ろすのにも
ちょうどいい。湯舟は5〜6人がゆったりと浸かれる大きさで、
木の感触が心地よい。無色透明の奇麗な湯の中には溶きタマゴ状
の白い湯の花がかなりの量漂っていて、微かな硫黄臭が上品だ。
Kaniba4
                                       
                                       
                                      
                                      
                                     

もうひとつの内湯「岩風呂」は、大きさが少し小ぶりで、湯の花
も少なめで少し熱め。湯自体は同じようなので、木か岩かのお好
みでどうぞか。ほかの乳頭温泉郷の旅館に比べて静かに湯浴みが
出来る落ち着いた温泉で、カップルなんかの隠れ宿的雰囲気があ
る。
Kaniba5

|

« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行7、濃厚な湯が期待以上だった田沢湖高原温泉の「民宿ルーム」 | トップページ | 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行9、岩手に来たらやはり国見温泉「石塚旅館」は見逃せない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行8、乳頭温泉郷の「蟹場温泉」:

« 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行7、濃厚な湯が期待以上だった田沢湖高原温泉の「民宿ルーム」 | トップページ | 岩手県中心温泉巡りのんびりドライブ旅行9、岩手に来たらやはり国見温泉「石塚旅館」は見逃せない »