« 日本は世界最強の国じゃないかと思われるかもしれないノーテンキ映画「トランスフォーマー」 | トップページ | 郵政民営化なるコイズミの売国政策は地方を相当に怒らせたようだ。今日の毎日新聞の島根県での自民拒否の記事が面白い »

2007年8月16日 (木)

交通警察のやっている馬鹿極まるお仕事の典型的事例のニュースがあった

もうどうにかしてくれと言いたくなるような暑さだ。それに売国奴
コイズミ並に米の金魚のフン状態で、暴落を続ける東京市場はさら
に暑さを倍加させるし、そのうえ、アホのアベシンゾーが馬鹿の極
みらしく責任放棄で居座り続けてあの腐敗臭漂う気持ち悪い面を毎
日晒しているわでストレス障害状態だ。そのストレス障害をさらに
酷くさせるような警察のオバカぶりを示す記事があった。その記事
を紹介しているサイト「江草乗の言いたい放題」を紹介。

毎日読むサイトはそんなに多くはないが、なかなか楽しい文章を
書いている「江草乗の言いたい放題」はそのひとつ。その16日
の記事「悪いのはそのババアだ!(自転車は急に止まれない)」

は交通警察の取り締まりのいい加減さ、馬鹿ぶりがよくわかる内
容だった。

そのなかで、読売新聞ウェブの記事を取り上げているのだが
…………
公道で練習中の競輪選手、車に追突し書類送検…大阪・堺
 堺市内の大阪府道で競輪の練習中、先導する風よけの乗用車の直後を自転車で走行し、追突事故を起こしたとして、府警泉北署は15日、同府和泉市の競輪選手(38)を道路交通法違反(車間距離不保持)の疑いで書類送検した。
 自転車の運転者が同容疑で書類送検されるのは異例。府警は「公道で練習する危険性に警鐘を鳴らしたい」としている。
 調べでは、選手は4月17日午前11時35分ごろ、堺市南区三原台の府道で、練習仲間の同府河内長野市の競輪選手(36)が運転する先導車との車間距離を1・8メートルしか取らず時速40キロで走行中、信号無視をして交差点に進入した和泉市内の無職女性(72)の乗用車を避けようと急ブレーキをかけた先導車に追突した疑い。自転車の選手は転倒し、右ひじに2週間のけがを負った。
 先導車の選手と無職女性は業務上過失致傷容疑で書類送検された。
 選手は「時速90キロで走ることもあった。交通ルールの違反はわかっていたが、ほかの練習法が見つからなかった」と供述しているという。
 日本競輪選手会(東京)は「日ごろから公道での練習では注意を払うように呼びかけている」としているが、禁止してはいない。
 自転車競技を巡る公道での事故としては、全国高校総体に出場予定だった千葉県内の男子高校生2人が7月下旬、所属する自転車部の練習で、千葉市内の市道を競技用自転車で走行中、道路脇に駐車していた乗用車に衝突、死亡している。
(2007年8月15日23時54分 読売新聞)
…………という記事なのだ。

この記事を読むと、車を運転する人たちは相当に頭に来るのでは
ないだろうか。そう、日本の交通警察は事故の本当の責任と言う
ものを追及しないで、とにかく事故の当事者すべての責任にして
しまう理不尽な処理ぶりのオバカさが満開なのだ。なにより、こ
の事故の最大の責任者は信号無視して交差点に突っ込んで来た馬
鹿ババアだろう。運転するものは信号に従ってすべての人間が行
動していると信頼しているのだ。それを無視しての信号無視なん
てのは責任100%だ。

それがどうして、その馬鹿車のために急停車せざるを得なかった
車に衝突した自転車の人間が、それもケガまでしている人間が責
任を負わされなければいけないのだ。しかも自転車が車道を走る
のは当たり前だし、競輪選手が練習で走っているのを良く見かけ
るがマナーを心得てたいてい走っている。交通ルールをまったく
無視して危険極まりない自転車の運転をしているオバはんらの馬
鹿たちとはまったく違う。それを「公道で練習する危険性に警鐘
を鳴らしたい」ってどこまで日本の警察は馬鹿なのか。こんな処
理では最大の大馬鹿の責任者である信号無視のババアが自己の責
任がいかに重大であるかがまったく認識できないだろうし、今後
もこのババアは交通ルール無視の運転をするだろう。日本の警察
には交通事故を減らすなんて視点はないのだろう。通り魔に殺さ
れてしまった人間に対して、犯人の近くにいたのが悪いと責めて
いるようなものだ。

ところでストレス障害悪化の最大要因であるアホのアベシンゾー
だが、防衛省での腐れアマ防衛相(だいたいやねこの馬鹿オンナ
「(次官の)携帯に夜、電話をしても返事が返ってくるのは翌朝
で、危機管理上どうかということがこれまでもあった」と言って
いるんだが、盗聴され放題の携帯電話で重要な話をする馬鹿のく
せに、危機管理もないだろうが)と、これまで防衛省(庁)内で
の不祥事の責任を一切取りもしていないくせに、しかも国民の僕
である役人のくせに天皇とか言われて図に乗っているヤクザ顔の
守屋事務次官(こいつもこいつだ。国民にとっては実績マイナス
の税金泥棒の小役人だ。それが人事の流れも無視して4年以上居
座るヤツだろう)とのあまりに醜いセコい争いに、予想通りにや
はり毅然とした対応が取れないアホを晒している。自分で最高権
力者だとか嘯くくせにたかが事務次官人事ひとつ毅然と処置でき
ないアホのアベシンゾーには情けない限り。靖国参拝さえ自らの
戦争大好きな思い込みのアホのくせに参拝するしないも明言でき
ない出来ない体たらく。こんな奴をいまだにマンセーしているネ
ットウヨとかも哀れだよな。アベと同じく人を見る目がない奴ら
ばかりなんだろうね。

|

« 日本は世界最強の国じゃないかと思われるかもしれないノーテンキ映画「トランスフォーマー」 | トップページ | 郵政民営化なるコイズミの売国政策は地方を相当に怒らせたようだ。今日の毎日新聞の島根県での自民拒否の記事が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16133655

この記事へのトラックバック一覧です: 交通警察のやっている馬鹿極まるお仕事の典型的事例のニュースがあった:

» 悪いのはそのババアだ!(自転車は急に止まれない) [江草乗の言いたい放題]
ブログ本文は、エンピツの日記江草乗の言いたい放題 でお読みになってください。こちらには都合により題名のみを掲載します。 ←人気blogランキング投票←4位に上昇 m(_ _)m    株式銘柄情報掲示板 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 01時34分

« 日本は世界最強の国じゃないかと思われるかもしれないノーテンキ映画「トランスフォーマー」 | トップページ | 郵政民営化なるコイズミの売国政策は地方を相当に怒らせたようだ。今日の毎日新聞の島根県での自民拒否の記事が面白い »