« 財政出動絶対悪論の欺瞞性(つまりはコウゾウカイカク=コイズミの犯罪性)を主張する北大の山口二郎教授 | トップページ | 前作よりは少しはましだが、なぜ作り続けるのかさっぱり判らない映画「オーシャンズ13」 »

2007年8月13日 (月)

まがい物食品の宝庫シナは自動車も怖い者なし人命無視のインチキ商品

あまりの暑さが続き、朝青龍ではないがストレス障害か鬱になった
のか思考するのも動くのも面倒で冷えたビールを飲んでテレビを見
るだけ。NHKBSでクレージーキャッツの65年制作の映画「大冒
険」を午後1時から放送しているので観ているのだが、これが面白
くも何ともない。ただ、当時の東京の街並や車を見ているのが面白
くてダラダラ観ているだけ。

その映画に出て来る車だが、40年前の日本車ってこんなだった訳
で、技術進歩はすごいね。映画に映る渋谷なんて言ってもまるでガ
ラ空き状態だ。というわけで、車となると最近ネットで見つけた車
のクラッシュ実験ビデオは面白かった。日本車は当然のことにまと
もな安全対応のクラッシャブル構造を実現しているんだが、シナの
車の実に素晴らしいのが、あのイカサマまがい物毒物入り食品並の
車に仕上がっていることで、安全なんてのはまるで思考にないよう
な雑な造りで人間も一緒にクラッシャブル状態で一瞬であの世行き
の出来。自殺志願の人なんかはシナの車運転して壁にぶつかるのな
んてのは確実に死ねるのでいいかも。こんな国でオリンピックなん
てしたら、競技場が韓国の百貨店のようにあれよという間に崩壊す
るなんてこともあるかもね。

シナの車の楽しい人命無視の造りを楽しめるビデオは
http://www.youtube.com/watch?v=F06LjugtIUo&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=f7rrk3ZjN-I

それに比しての日本の車の素晴らしさを見られるビデオは
http://www.youtube.com/watch?v=cdCn8ci-mWM&NR=1

|

« 財政出動絶対悪論の欺瞞性(つまりはコウゾウカイカク=コイズミの犯罪性)を主張する北大の山口二郎教授 | トップページ | 前作よりは少しはましだが、なぜ作り続けるのかさっぱり判らない映画「オーシャンズ13」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16097956

この記事へのトラックバック一覧です: まがい物食品の宝庫シナは自動車も怖い者なし人命無視のインチキ商品:

« 財政出動絶対悪論の欺瞞性(つまりはコウゾウカイカク=コイズミの犯罪性)を主張する北大の山口二郎教授 | トップページ | 前作よりは少しはましだが、なぜ作り続けるのかさっぱり判らない映画「オーシャンズ13」 »