« 相撲協会がゴネドクの仮病野郎朝青龍をモンゴルに勝手に戻っていいとのカネまみれの寛大なる処置だ。礼節も理解できない筋肉頭脳集団らしいファン無視の処置 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその1、土砂降りの中夜中まで喜多方までひた走り、喜多方の道の駅で久しぶりに車中泊 »

2007年9月 5日 (水)

アホのアベシンゾーの内閣改造ごっこなどどうでも良いし、猛暑逃れで北東北方面へ8日間の温泉巡り。その間アホの内閣はやはり馬鹿集団そのもの露呈

「私か小沢を選択する選挙」なんて見得を切っていたくせに、惨敗
したにも関わらず首相の座に居座り、カイカクを遂行するのが任務
とかなんとか理解不能の寝言を吐きながら、1ヶ月も熟慮(熟慮す
るような思考力がもともとゼロだからただダラダラ伸ばしていただ
けなのだが)とかの内閣改造ごっこ。国民が選挙で示した人心一
新の意味がアホのアベシンゾーの政界からの消滅なのに、それを一
切理解できないで、閣僚の入れ替えだけなんてどうでも良い訳で、
東京のひどい猛暑も加わって朝青龍並にストレス障害。それの治療
には転地療法が一番とモンゴルには興味ないので、大好きな北東北
の温泉巡りドライブに先週火曜日28日午後になって急遽出発。

ほとんど予定なしで、28日午後4時頃東京を出て、国道13号線
で北上するために喜多方方面へ車を走らせる。宇都宮辺りからかな
り激しい雨となりうんざりしながら、午前0時頃喜多方の道の駅に
到着。そのまま道の駅で車中泊。

その後は29日中山平温泉「琢琇」、鳴子温泉「東川原湯温泉」、東
鳴子温泉「田中温泉」入浴、鳴子・川渡温泉「高東旅館」宿泊。
30日小安峡・大湯温泉「阿部旅館」、泥湯温泉「奥山旅館」、巣
郷温泉「静山荘」入浴、鶯宿温泉「うぐいす旅館」宿泊。
31日松川温泉「松楓荘」、蒸の湯温泉「ふけの湯」、秋田・大湯
温泉共同浴場「荒瀬の湯」、アクトバード矢立温泉、湯の沢温泉
「湯の沢山荘」入浴、碇ヶ関の道の駅で車中泊。
9月1日黒石の温湯温泉共同浴場、青荷温泉、湯段温泉「長兵衛旅
館」、嶽温泉「小島旅館」入浴、岩木山麓の御所温泉「力荘」宿泊。
2日津軽半島一周しながら青森板柳町「あすなろ温泉」、平舘不老
不死温泉入浴、八甲田周辺の「谷地温泉」宿泊。
3日元湯猿倉温泉、蔦温泉入浴、再び鶯宿温泉「うぐいす旅館」宿
泊。
4日熱塩温泉共同浴場、金山町・川口温泉入浴。

…………と8日間も回った割には入浴の温泉は25か所程度と少な
め。のんびりとゆっくり入るのを基本にしているし、ひとつの温泉
地では鳴子温泉郷のように湯質にバラエティがない限り基本的にひ
とつの旅館か共同浴場しか入らないし、日帰り入浴したあとはしば
らく車の中などで休憩したりするし、宿泊する時にはゆっくりと過
ごしたいためにチェックインは午後4時頃にはするようにしている
し、混んでいそうだとのんびりできないのですぐパス(だからこれ
まで2度日帰り入浴しようとしながら2回とも駐車場が満車状態で
あった谷地温泉は2回ともパス。だからこそ今回は宿泊した)して
しまうし、気に入ればその旅館か共同浴場の湯に何回も入ってしま
うためになかなか入浴温泉の数が増えない。

青森ではネット上で評判の良いいわゆる公衆浴場も入るつもりはあ
ったが、街中を車を走らせて探すのも面倒で結局「あすなろ温泉」
程度に。そのあすなろ温泉も旅館部があるので厳密には公衆浴場で
はないので、昨年の新屋温泉のような公衆浴場はなかった。そこま
での気力もないと言うわけでもある。

津軽半島を竜飛岬まで行き一周したので走行距離は2032キロに
なり、晴れ間が見えたのが半分程度の日にちしかないと言う残念な
天気だった。しかし、ドライブ旅行としてやはり北東北は楽しい。
なにより車の数が少なく、渋滞がほとんどないので、かなりのスピ
ードを維持しての走りをしても、1800cc車で燃費15・5キロ
ぐらいと好燃費だった。そして気持ち良い景色に素晴らしい温泉と
極上の旅になった。

鶯宿温泉の自炊宿「うぐいす旅館」が先日日帰り入浴して以来好き
になり、今回は2回も宿泊。寝具・夕食付きでなんと2275円支
払いの激安です。2泊しているのに支払い合計が5000円に行か
ないとは驚きの名湯だった。ほかにも「力荘」が2250円、高東
旅館が2750円ほどで、さらには一切高速道路未使用という貧乏
旅行でもあった。それに、旅行中は基本的にテレビや新聞はほとん
ど目にしないのでアホのアベシンゾーのことなども忘れてストレス
障害も改善だわ。


|

« 相撲協会がゴネドクの仮病野郎朝青龍をモンゴルに勝手に戻っていいとのカネまみれの寛大なる処置だ。礼節も理解できない筋肉頭脳集団らしいファン無視の処置 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその1、土砂降りの中夜中まで喜多方までひた走り、喜多方の道の駅で久しぶりに車中泊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16352929

この記事へのトラックバック一覧です: アホのアベシンゾーの内閣改造ごっこなどどうでも良いし、猛暑逃れで北東北方面へ8日間の温泉巡り。その間アホの内閣はやはり馬鹿集団そのもの露呈:

« 相撲協会がゴネドクの仮病野郎朝青龍をモンゴルに勝手に戻っていいとのカネまみれの寛大なる処置だ。礼節も理解できない筋肉頭脳集団らしいファン無視の処置 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその1、土砂降りの中夜中まで喜多方までひた走り、喜多方の道の駅で久しぶりに車中泊 »