« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその16、雰囲気だけでつい行きたくなる青荷温泉 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり »

2007年9月 7日 (金)

北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその17、静かな環境でのんびり味わう鄙びの湯、湯段温泉「長兵衛旅館」

青荷温泉でのんびりしていたらもう12時前に。宿泊先の御所温
泉「力荘」には午後4時頃にはチェックインしたいので、あと入
れる湯は二つぐらい。というわけで、青荷温泉から国道102号
線で一気に弘前経由で岩木山麓を走るメインルート県道3号線へ。

1時間ほどで岩木山が間近に見える出来たばかりの大きな産直売
店へ、そこできびソフトクリームなど食べて、岩木山麓のトウモ
ロコシを売る売店(どこも客で大にぎわいだが、あまりトウモロ
コシが好みでないので無視)が建ち並ぶ道を走って午後1時半頃
湯段温泉の「長兵衛旅館」に到着。県道3号線の交差点を左折す
れば湯段温泉、右に行けばすぐに観光客で大にぎわいの嶽温泉が
ある。

湯段温泉は公園や別荘などが建つ通りを抜けて行き、最奥部に4
軒の宿が小さくまとまってある湯治主体の温泉地。そのなかでも
もっとも歴史あるのが一番奥に立つ「長兵衛旅館」で、周辺は静
けさがが支配して、まったく何もない。古い旅館らしいが外見は
それほど古びた感じはなく、内部もきれいにしてある。

声をかけると元気な女将さんが出て来て、250円を払って浴室
へ。わざわざ浴室まで案内してくださる。風呂は奥の方にあり、
男女別に分かれている。脱衣所もシンプルそのもので、女性用脱
衣所と行き来できるドアがある。浴室は2人でいっぱいの小さな
湯舟があるだけ。湯口は岩作りになっているが、湯はパイプから
勢いよく注入され、ざぶざぶと掛け流し。入ってみると、湯がも
ったいないほど溢れて行く。湯量、湯舟の大きさが完璧なバラン
スを取っているのでいつも新鮮な湯が堪能できそう。

源泉温度が45度前後のためか湯は引湯で適温になり、シジミ汁
のような薄い濁り状態。飲泉も出来、薄い甘塩味でミネラル成分
濃厚な味わいでかなり美味い温泉。奥会津金山町の大塩温泉に似
た湯である。湯舟周辺はミネラル成分が濃厚なせいか析出物が堆
積していてデザインされたよう。

肌触り柔らかく、滑らかでいつまでも入っていたくなる極上の湯。
ここは素泊まり宿泊でもかなり安いようだし、静けさの中じっく
りと湯を味わうのに一度泊まってみたくなった宿だ。
Tyoubee1
Tyoubee2

|

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその16、雰囲気だけでつい行きたくなる青荷温泉 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその17、静かな環境でのんびり味わう鄙びの湯、湯段温泉「長兵衛旅館」:

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその16、雰囲気だけでつい行きたくなる青荷温泉 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり »