« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその13、アクトバード矢立温泉は成分の濃さから来る独特の強烈な個性 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその15、温湯温泉の共同浴場はあまりに立派すぎてちょっと違和感 »

2007年9月 7日 (金)

北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその14、矢立温泉に続いて濃厚な湯の沢温泉「湯の沢山荘」に入りヘトヘトに

矢立温泉で入浴すんだのが午後7時頃。濃厚な湯にちょっと疲れた
し、お腹も減って来たので夕食と休憩のために9キロほど弘前方面
にある道の駅碇ヶ関へ。大きな道の駅で、日帰り温泉もあり、入る
つもりだったが、レストランと同じく午後8時までのため断念。と
りあえず食事だとレストランへ。奇麗なレストランで、天丼800
円を注文。

食事が終わって、道の駅の温泉は時間的に無理なので、ひげ剃りな
どのための就寝前の風呂としては午後9時まで入浴可能な湯の沢温
泉しかない。道の駅から6キロほど大館方面へ国道7号線を走り、
国道7号線から湯の沢温泉の看板のある所から1・7キロほど横道
に入って午後7時50分頃湯の沢温泉一番手前にある「湯の沢山荘」
に到着。

これまでに湯の沢の湯の沢山荘、なりや、秋元の3軒の温泉にはす
べて入浴しているが、湯の沢山荘が比較的空いているのでここに。
入浴料金は300円。午後8時頃でも入浴客は3人ほどいた。

ここも矢立温泉に負けず劣らず成分が濃厚で、析出物が湯舟の枠や
床に蓄積して元板であった部分が析出物でまるで石のように変化し
ている。床は千枚田のようだが、矢立温泉と違ってトゲトゲした畝
部分を削って滑らかにしているので芸術的なほどだ。

その析出物で覆われた湯舟枠がつるつるで気持ち良く、さらにその
幅が人間の幅ぐらいあるので、その枠がちょうどトドになって寝転
ぶのにぴったりで、地元客がトドになって気持ち良さそうだ。

湯口から投入される湯は熱めで無色透明のようなのだが、湯舟の湯
は薄緑色っぽい濁り状態で、がつんと来る触感。味は少し塩味のあ
る苦みと甘みと酸味のあるもので私には美味しく感じる。湯の沢温
泉の湯はどこも超強力で、訪問のたびにひとつずつ入るのが健康の
ためにいいようで、とにかく暖まり度はすごいし、ちょっと長湯す
ると疲れ切るのだ。ひげ剃りもしてさっぱりとなり、再び弘前方面
へ走り、道の駅碇ヶ関に午後9時15分頃に戻り、31日の夜は車
中泊となった。
Yunosawa1
Yunosawa2

|

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその13、アクトバード矢立温泉は成分の濃さから来る独特の強烈な個性 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその15、温湯温泉の共同浴場はあまりに立派すぎてちょっと違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその14、矢立温泉に続いて濃厚な湯の沢温泉「湯の沢山荘」に入りヘトヘトに:

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその13、アクトバード矢立温泉は成分の濃さから来る独特の強烈な個性 | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその15、温湯温泉の共同浴場はあまりに立派すぎてちょっと違和感 »