« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ »

2007年9月 7日 (金)

北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその19、青森岩手山麓の御所温泉保養センター「力荘」で浸かる魅力的な湯

ネットを見ていたら、今は弘前市だが、岩木山麓の旧相馬村に泉
質の良い公衆浴場の湯を引湯している公共の宿泊施設があり、か
なり安く宿泊できるようなので、前日の8月31日に予約。予約
したのは御所温泉「力荘」だ。

場所はいわゆるアップルロードから少し入った旧相馬村役場のあ
る一角で、力荘なる名前からイメージした小さな民宿とは違って、
かなり大きめの公共の保養センター。場所は相馬村の中心地だっ
たようで、役場は現在は弘前市相馬支所に。力荘はその建物のす
ぐ裏に公衆浴場「御所温泉」と並んで立つ。駐車場も大きい。

建物は大きいのだが、住み込みの女性管理人一人が維持管理し、
素泊まりのみを受け付けている。源泉温度45度のナトリウム塩
化物泉の御所温泉の湯を引湯しており、日帰り入浴も午後9時ま
で可能。宿泊料金は2100円で、それに寝具700円、丹前3
00円、テレビ400円などが付加されて行く。私の場合は布団
は持ち込みだったので、支払額は入湯税150円込みで2250
円とかなりの激安で、きれいな部屋と極上の湯を深夜を含めてた
っぷりと堪能できた。

力荘の建っている場所は元五所小学校で、駐車場の隅には小学校
の門柱と校庭にあった二宮金次郎像が移設されて残っている。力
荘も小学校の校舎を改築したものだとかで、廊下も階段もそのた
めに広くて気持ち良い。部屋もこぎれいで素泊まり宿泊は古くて
汚いのイメージはまったくないので女性でも安心して宿泊できる。
しかも、女性管理人が熱意があるのか掃除など行き届いているし、
対応も実に気持ち良い。スリッパはなくジュータン敷きの廊下は
裸足だ。自炊施設もある。浴衣の柄が弘前城、桜、ねぷたでなか
なか可愛い。

浴室は玄関から廊下を行く一番奥に男女別にある。浴室はシンプ
ルな4人程度でいっぱいのタイル湯舟。そこに笹濁りのミネラル
臭たっぷりの湯がかなりの量注入され湯舟から溢れている。薄味
の塩味に苦みにほんのりとした甘さがあり飲んでもかなり美味し
い湯だ。源泉そのままを新鮮な状態で味わえるので肌触りも滑ら
かそのもの。浴室前には冷水も用意されている。

夕方入った時に地元の人が入っていたが、隣の公衆浴場でなく、
いつもこちらを利用するよう。湯が断然力荘のほうが良いよとの
ことだった。あまりの気持ち良さに夜に深夜に早朝にと何回も入
って堪能してしまった。力荘に宿泊すると御所温泉には無料で入
浴出来るのだが、結局入らず。岩木山麓周辺に泊るならここか湯
段温泉で決まりだね。
Tikarasou1
Tikarasou2
Tikarasou3

|

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその19、青森岩手山麓の御所温泉保養センター「力荘」で浸かる魅力的な湯:

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその18、嶽温泉「小島旅館」で白濁の硫黄泉をまったり | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ »