« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその22、八甲田周辺の名湯「谷地温泉」にようやく宿泊 »

2007年9月 7日 (金)

北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその21、津軽半島東沿岸の平舘不老不死温泉

午後1時頃に竜飛崎を出発して、午後1時半頃入浴予定の平舘不老
不死温泉に到着。そのちょっと手前に平舘湯の沢温泉の案内があっ
て、どちらにするか迷ったのだが、今回は旅館の温泉である不老不
死温泉に入ることに。

旅館は小さな案内が国道沿いに出ているだけで見逃しやすい。国道
から200メートルばかり入った辺りに地味に存在している一軒宿。
「不老不死温泉」の木製の大きな看板があるのでかろうじて旅館だ
と判るが、外見は殺風景な工事用の建物のようだ。入浴料金は30
0円だと思っていたが、値上がりして400円に。玄関の左すぐが
男女別の浴室。

清潔感のある脱衣所と浴室で、カランと湯舟の距離もたっぷりとあ
り広々としている。湯舟はタイルのシンプルな長方形タイプがひと
つ。湯舟からは静かに無色透明な湯が溢れている。湯は湯舟のなか
から注入されているようで、湯舟の表面はまるで鏡面のような美し
さ。湯はそれほど熱くもなく適温で、あまり特徴のない硫酸塩泉。
この手の湯は肌に優しく、青森の特徴のある湯の合間に入るとほっ
とするものだ。

ここにいたのが午後2時過ぎまでで、八甲田の谷地温泉に午後4時
頃チェックインするにはもうのんびりしていられないと、あとは青
森市経由で谷地温泉へ一直線。酸ヶ湯温泉辺りから雨も降り出し、
濃霧となり午後4時頃谷地温泉に到着した時にはすっかり雨模様に。
周りの景色もまったく判らず。
Furoufusi1

Furoufusi2

|

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその22、八甲田周辺の名湯「谷地温泉」にようやく宿泊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその21、津軽半島東沿岸の平舘不老不死温泉:

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその20、青森の鄙びた「あすなろ温泉」香しいオイル臭温泉を楽しむ | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその22、八甲田周辺の名湯「谷地温泉」にようやく宿泊 »