« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその2、温泉三昧の最初はおなじみの鳴子温泉・中山平温泉の「琢琇」で超ヌルヌル湯を味わう | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその4、鄙びの宿が集う温泉ファン随喜の涙の東鳴子温泉でも屈指の鄙びの極致「田中温泉」で貸し切り湯だ »

2007年9月 6日 (木)

北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその3、鳴子温泉に来るとついやって来る鳴子の鄙びの宿「東川原湯温泉」で2種類の湯を堪能

新庄方面から古川方面に走っているので、鳴子温泉郷の次は鳴子温
泉。まずは車を温泉神社の駐車場に入れる。ここに車を置くと、階
段下りればすぐに有名な共同浴場「滝の湯」があるし、少し歩けば
鳴子駅で便利な場所。

車を置いてさてどこに入浴するかと思案。入りたい旅館はだいたい
これまでに一度は入っているし、鳴子でもお気に入りのひとつ「鳴
子ホテル」はこれまでかなり宿泊しているけど、何回でも入りたい
温泉だ。だがここは日帰り入浴料金が高い。そこでパス。空腹にも
なっているのでまず昼食しながら思案することに。食事は登良屋で
ラーメン。細めの麺が醤油味のスープにあってなかなか美味い。食
べた場所からあまり歩くのも面倒なのですぐそばのこれまたおなじ
みの「東川原湯旅館」に決定。

JRの踏み切り渡って右の急坂を下りてすぐ。ここはこれまでに宿泊
と日帰り入浴とも数回していて、濃厚な硫黄泉ときりっとした味わ
いの芒硝泉の2種類のお湯があるのも高得点、しかも入浴料金が鳴
子でも最安の300円。行くしかないでしょう。

玄関に入ってお願いしますの声をかけるがなかなか旅館の人が出て
こない。玄関の椅子にはチックインするおばあちゃんが座って待っ
ているが、声をかけてもなかなか出てこないのだとか。鳴子の鄙び
系の旅館ではよくあることなので、ちょっと声をかけながら待って
いるとようやく2階から女将が下りて来た。300円払って早速風
呂へ。

東川原湯旅館には2種類の湯があり、まずは奥の硫黄泉へ。大浴場
と家族浴場の二つの浴室が硫黄泉にはあり、大浴場の方は混浴で、
脱衣場も一緒なので女性にはキツい。ここの硫黄泉は成分が濃いの
もあって大浴場も家族湯もいずれも浴室がすごいことになっていて、
潔癖性の人などはちょっと入るのを躊躇するかも。大浴場の湯舟は
10人程度余裕で入れる広さで、グレーがかった青白濁の湯が掛け
流しに、硫黄の香りが鼻をくすぐる。滑らかな肌触りで実に気持ち
良く、湯上がりはサッパリ。ただ、浴室全体がかなり痛んでおり、
アルミサッシ窓など今にも壊れそうで危険な雰囲気も。家族風呂は
方もさらに痛みが激しい。宿泊棟の方は一応普通の旅館並なのだが、
硫黄の浴室だけは鳴子一の鄙びかもね。

もうひとつの芒硝泉の浴室は硫黄泉へ行く手前を左に入ったところ
に男女別に。こちらの方はわりにこぎれいで、入り口前の廊下には
新しいシャワー付き洗面台もある。湯舟はそれほど大きくはなく、
静かに無色透明のお湯が注がれており、だいたいいつもかなり熱め
だ。硫黄泉の優しい感触とはちょっと違う、肌にぴりっと来るよう
な感触があり、熱めなのだが、入ってみると意外にそれほど熱さを
感じないのも特色。二つの湯を久しぶりに楽しめたひとときだった。
鳴子温泉は本当に楽しい温泉ワンダーランドだ。
Higasikawarayu1
Higasikawarayu2
Higasikawarayu3

|

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその2、温泉三昧の最初はおなじみの鳴子温泉・中山平温泉の「琢琇」で超ヌルヌル湯を味わう | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその4、鄙びの宿が集う温泉ファン随喜の涙の東鳴子温泉でも屈指の鄙びの極致「田中温泉」で貸し切り湯だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその3、鳴子温泉に来るとついやって来る鳴子の鄙びの宿「東川原湯温泉」で2種類の湯を堪能:

« 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその2、温泉三昧の最初はおなじみの鳴子温泉・中山平温泉の「琢琇」で超ヌルヌル湯を味わう | トップページ | 北東北方面一人で予定なしのブラブラ温泉巡りドライブその4、鄙びの宿が集う温泉ファン随喜の涙の東鳴子温泉でも屈指の鄙びの極致「田中温泉」で貸し切り湯だ »