« マスゴミを代表する便所紙産經新聞が教科書検定問題での沖縄県民集会の11万人を捏造だと大騒ぎするボケぶりには腹抱えて大笑い | トップページ | どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ »

2007年10月12日 (金)

ボクシング界のヘタレゴキブリ族亀田一家の馬鹿そのものの醜態をさらした内藤戦での亀田大毅のアホのアベシンゾー並のKY

昨夜のボクシングフライ級タイトルマッチの礼儀なし挑戦者亀田
大毅はボクシング史上でも最低最悪まさにヘタレゴキブリそのも
のを一家で晒しまくっていたな。年上のチャンピオンをゴキブリ
呼ばわりしたり例のごとくにあの馬鹿一家のDNAを満開にしての
スポーツマンとして最低のマナーを披露して、負けたら「切腹し
てやる」みたいな大口叩いていたくせに、負けると相手への敬意
も見せず、逃げるように退場だ。切腹するとまで大口叩いたんだ
からそれに見合った行動ぐらいまともな男ならとれよな。まあ、
口先だけ傲慢馬鹿のアホのアベシンゾー並に女の腐ったような性
根のヘタレなんだろう。さっさとボクシング界から一家揃って消
えるのがせめての罪滅ぼしだろうが、ヘタレらしくアベシンゾー
のように男らしい毅然とした決断を出来ない馬鹿だろうが。

その試合前に会見をした記事をスポーツ紙で見てみた。いやーひ
どいものだ。こういう馬鹿は今回の試合での汚いやり方も含めて
ボクシング界から追放するのが良いんじゃないのか。この一家の
発言、試合を観ているだけで気分悪くなり、ボクシングが嫌いに
なって行くんだから。

そのスポーツ紙の会見の内容では、亀田一家に肩持ち過ぎて記者
のKYなアホぶりを晒している代表がデイリースポーツだ。その記
事の一部は

…………
“総口撃”の先陣を切ったのは、長男・興毅だった。報道陣席の2列目に三男・和毅(ともき)と陣取った興毅は、会見中の内藤の言葉を遮るように横やりを入れた。
 興毅「内藤クン、国民の期待に応えろよ。期待してるよ」
 内藤「俺がしゃべってるんだよ。何言ってんの?」
 興毅「国民の期待に応えろよ。(応えるって)言ってみろ!」
 畳みかけるような興毅の連射砲に、内藤は二の句が出ない。こうなれば亀田家の一方的なペースで、興毅の援護射撃を受けた二男・大毅は一気にヒートアップした。
 大毅「俺は負けたら切腹するわ」
 内藤「えっ、切腹するの。どうやって切腹するの?」
 大毅「オマエが刀を持ってこいや。オマエは負けたら切腹するんか?」
 内藤「俺はそんな約束は出来ないよ」
 父・史郎氏「そんなんで成立するか!そんな話あるかいな」
 大毅「思いが違うねん。俺はベルトを死ぬ気で奪いにいくわ。根性ゼロやな」
 興毅「ほんま、根性ゼロやんけ」
 左隣からは大毅と史郎氏、そして前方から興毅の“口撃”を受けた内藤のダメージは深刻。王者がペースを握れないまま、ワンサイドの舌戦は終盤戦へと突入した。
 大毅「内藤の印象?顔がでかい。びっくりしてん。(内藤の)そのしゃべり方、なんとかならへんのか。吉本(興業)いけや。俺よりおもろいやんけ」
 一方的な展開で迎えた“最終ラウンド”。さらに亀田家が内藤に容赦なく畳みかけた。
 内藤「なんのために戦うか?(アンチ亀田の)国民のためです」
 興毅「よっしゃ、よっしゃ。きっちり答え出せや。国民のためにな」
 内藤「俺はKOとは言わない。勝ちにこだわります」
 大毅「俺はKOするよ。見とってくれれば分かる。俺のパンチは宇宙一や」
 亀田家のパワーに圧倒され、完全に委縮してしまった内藤。対照的に前哨戦で圧勝した亀田家の“ボス”史郎氏は「この会見を見たら勝負が分かるやろ」と自信満々。亀田軍団を引き連れ、威風堂々と会場を後にした。

…………なんだとさ。この記者のアホぶりにはアゼンだ。どこが
亀田家のパワーだよ、どこが威風堂々だよ。内藤の大人の対応に
軽くいなされているだけの馬鹿そのもののお子チャマ一家の醜態
じゃないか。ここまでKYな記者ってのも笑える。

一方ではスポニチの同じ会見の記事の一部を読んでみると、当た
り前の見方をしている。

…………
口火を切ったのは興毅だった。大毅とともに突然、会場に現れ、報道陣席の内藤のほぼ正面でにらみを利かせていた長男が、会見のスタートとともに仕掛けた。
 大毅選手へのメッセージは?との質問に内藤が「ないです」と答えた直後、「国民の期待に応えたれや」と突っ込んだ。内藤陣営が作ったポスターに使われている「国民の期待」のフレーズ。内藤が「オレ、記者会見してんだから。何で怒ってんの」と返して雰囲気は一気に険悪になった。
 大毅「オレが負けたら切腹するよ。おまえ、負けたら切腹するんか」
 内藤「オレはそんな約束できん」
 史郎氏が「それじゃ成立せんやんか、あほ」と割って入る。
 大毅「根性ゼロや。おまえとは意気込みが違うんや。そのベルト死ぬ気で奪いにいくわ」
 ――あらためて内藤選手の印象は?
 大毅「顔がでかい」
 続いて、大毅がこの日のために用意した金色のハーフコートに質問が及んだ。
 ――きょうの衣装は?
 大毅「内藤と全然違うやろ。ボクシングのこと知らん人が見たら、どっちが王者に見える?こっちやろ。内藤君、これ着ても似合わんと思うわ」
 内藤「なかなか似合う人もいないと思うけど」
 スポーツ・メーカーからプレゼントされたグレーのジャージー姿の内藤が答えると、場内は爆笑に包まれた。
 最後に「あらためて内藤選手、あしたは何のために戦いますか」との質問が飛ぶと、内藤は「国民のためです」と答えて再び笑わせた。
 会見後の計量では、大毅がツーショットの写真撮影と握手を一方的に拒否。報道陣を振り払うように会場を後にした。残った内藤はゆっくりと水分を補給。「頭にくるかと思ったけど、家族愛を感じた」と振り返った。いきり立つ18歳の挑戦者と泰然自若を貫く33歳の王者。前哨戦の軍配は誰の目にも明らかだった。

…………だ。内藤の「なかなか似合う人もいないと思うけど」「家
族愛を感じた」には内藤の余裕とユーモアを感じさせる。まあ、普
通にこの会見を記事にすればこのようなニュアンスになるだろうが、
デイリースポーツのような扱いが亀田一家をのさばらせて来たマス
ゴミの典型なのだろう。アホのアベシンゾーをのさばらせたのが産
經新聞のアビルみたいなマンセー記者や白痴の自称政治評論家ども
みたいなのと同じだ。

|

« マスゴミを代表する便所紙産經新聞が教科書検定問題での沖縄県民集会の11万人を捏造だと大騒ぎするボケぶりには腹抱えて大笑い | トップページ | どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16737435

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング界のヘタレゴキブリ族亀田一家の馬鹿そのものの醜態をさらした内藤戦での亀田大毅のアホのアベシンゾー並のKY:

» 内藤大助、WBCフライ級初防衛おめでとう。糞ッたれ亀田大毅、もうボクシングやめろ。お前のはレスリングか、アホ。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 亀田大毅はマナーは悪いわ、足にしがみついたり、投げ飛ばしたりとか、お前のはレス [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 16時54分

» 亀田一家と安倍前総理・・・「虚像を作って落とす」マスコミも恥を知るべし [広島瀬戸内新聞ニュース(主筆・さとうしゅういち)]
昨日行われた、ボクシングのフライ級世界タイトルマッチは、内藤大助選手が、亀田大毅選手に3-0の大差で判定勝ちしました。 「負けたら切腹」「覚悟が違う」などと大口を叩いた亀田選手。 しかし、日本人と闘ったことのない亀田選手がどれほどの実力が試された今回の試合、全くボクシングの格が違うことが明らかになってしまいました。 しかも、亀田選手は、内藤選手を投げ飛ばす、足をすくうなど、ほとんどレスリング状態でした。 全くふざけています。 「切腹」というのは冗談でしょう。しか... [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 21時10分

» 元チャンプたち [Э 夏の月 Э]
赤井と鬼塚は [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 22時05分

« マスゴミを代表する便所紙産經新聞が教科書検定問題での沖縄県民集会の11万人を捏造だと大騒ぎするボケぶりには腹抱えて大笑い | トップページ | どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ »