« 売国奴コイズミのもとで防衛庁事務次官に居座り続けた守屋武昌の“美しい”実態 | トップページ | 美しい国会議は「無駄だということ」と、アホのアベシンゾー全否定をさりげなく言っちゃう福田首相 »

2007年10月19日 (金)

知的美女の典型女優デボラ・カーが死去

映画ファンとしては哀しいニュース。最近ではあまり見かけない
端正な知的美女の典型だった女優デボラ・カーが亡くなった。最
近はパーキンソン病だったらしいけど、あのエレガントな女優だ
けにあまり想像はしたくない。

時事通信ウェブの記事では

…………
【ロンドン18日時事】「王様と私」(1956年)などの映画主演で知られる英女優デボラ・カーさんが16日、英東部サフォーク州で死去した。86歳だった。パーキンソン病を長年患っていた。
 これまでに、「王様と私」のほか「地上より永遠に」(53年)などでアカデミー賞主演女優賞候補に6度上がったことがあるほか、94年には映画界に多大な貢献をしたとしてアカデミー賞特別名誉賞を受賞した。

…………で、中学生時代に観た映画でのあまりに整った知的な
美貌にはノックアウトだった。エレガントさではグレース・ケ
リーより上だった気が。佇まいにシャベリなどすべてにエレガ
ンスが漂っていた。実質現役最後の映画あたりになったカザン
監督の駄作「アレンジメント」を観た時にはこんなのに出るな
よと思った記憶が。

私にとって忘れがたいデボラ・カーの映画の代表はなんといっ
ても「めぐり逢い」だ。ほかには「王様と私」「地上より永遠
に」「悲愁」「旅路」そして「黒水仙」あたりかな。今夜は「めぐり
逢い」でも見直すかな。
1_2

|

« 売国奴コイズミのもとで防衛庁事務次官に居座り続けた守屋武昌の“美しい”実態 | トップページ | 美しい国会議は「無駄だということ」と、アホのアベシンゾー全否定をさりげなく言っちゃう福田首相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16809501

この記事へのトラックバック一覧です: 知的美女の典型女優デボラ・カーが死去:

» 訃報 王様と私の女優デボラ・カーさん、死去 [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画地上より永遠にや王様と私などに出演した女優デボ [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 18時08分

« 売国奴コイズミのもとで防衛庁事務次官に居座り続けた守屋武昌の“美しい”実態 | トップページ | 美しい国会議は「無駄だということ」と、アホのアベシンゾー全否定をさりげなく言っちゃう福田首相 »