« どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ | トップページ | 胡散臭い賞の典型ノーベル平和賞をアル・ゴアが受賞で、地球温暖化自体がますます胡散臭い話に »

2007年10月13日 (土)

赤福餅の冷凍販売ってそれほど大げさに騒ぐ話な訳?

伊勢参りの際のお土産として全国的に有名な赤福餅だが、その赤福
餅を冷凍・解凍販売していたのが判明、そんなのは許せないとマス
ゴミが大騒ぎだ。赤福餅は私も小学校の時の伊勢への修学旅行(京
都の小学校では今は知らないがかつては修学旅行が伊勢だった)で
お土産に買った記憶がある。その販売総元締の会社「赤福」がその
冷凍・解凍販売をしていた訳だ。

読売新聞ウェブの12日の記事によると

…………
「赤福」30年前から冷凍・再包装
 創業300年の和菓子の老舗「赤福」(本社・三重県伊勢市)による製造日の偽装表示問題で、農林水産省は12日、同社に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、不適正表示の改善や再発防止策の提出などを指示した。
 同社は、製造日に出荷しなかった商品を冷凍保存し、解凍して包装し直した日を製造日として出荷していた。不適正表示で販売された商品は2004年9月からの3年間で約605万箱に上り、総出荷量の18%にあたるという。
 農水省によると、同社は看板商品の「赤福餅(もち)」について、包装済みの商品を直接、本社工場内の冷凍庫に運んだり、配送車で東海地方の販売店舗を回った後に残った商品を持ち帰ったりして冷凍保存。その後、「まき直し」と称して注文数などに応じて解凍し、再包装した日を製造年月日と表示する行為を繰り返していた。
 赤福餅の消費期限は、夏場が製造日を含め2日、冬場が3日となっている。同社はホームページで「製造したその日限りでの販売としています」などと紹介していた。しかし、実際には最大で2週間冷凍した後に解凍し、再包装したケースもあった。農水省の調査に対し同社は、「まき直し」と呼ばれる行為は1973年から行っていたと説明しているという。
 配送車に積んだ商品を工場内に持ち帰り、冷凍保存する行為は、今年1月下旬にやめていたという。農水省は、大手菓子メーカー「不二家」の期限切れ原料使用が問題化した時期と一致しているため、赤福側が悪質性を認識していた可能性があるとみて調べている。
 また、JAS法は原材料名について使用した重量順に表示するよう定めており、本来は「砂糖、小豆、もち米」としなければならないのに、少なくとも2000年3月以降、「小豆、もち米、砂糖」と表示し続けていた。
 若林農相は12日の閣議後記者会見で、「信用度の高い老舗のメーカーでこのようなことがあったのは、大変重大なことだと受け止めている」と述べた。
 赤福は読売新聞の取材に対し、「農水省の判断の内容をみて、今後の対応を検討し、会見などできちんと説明をしていきたい」としている。
(2007年10月12日14時49分 読売新聞)

…………というものだ。でもね、冷凍販売そのものがそれほど非難
されるものなの。生産ラインの有効利用で冷凍しておくのも別に問
題ないだろう。それほど冷凍が駄目って言うならすべての冷凍食品
自体が販売中止だよ。まあ、冷凍販売を隠していたのがまずいわけ
なんだけどね。マグロなんて冷凍ばかりだし、上手く解凍すれば何
の問題もない訳。最近流行の10円饅頭なんてのも工場で作って冷
凍したものを販売所で解凍・保温して売っている訳で、誰も問題に
もしないし、一応美味しく頂ける。

私の好きな饅頭に「笹まんじゅう」ってのがある。新潟や私の好き
な福島県・中丿沢温泉で売っている。これなんかも赤福餅と似たよ
うなものだが、店の人は「冷凍しておけば長持ちしますし、解凍す
れば美味しく食べられますよ」と言う。解凍も自然解凍が良い。私
もその通りにして食べたことがあるが、冷凍前と何の変わりもなか
った。というわけで、冷凍販売自体を問題にすること自体冷凍食品
そのものを否定していることにもなる訳で、今回は赤福が冷凍販売
を隠していたことが問題なだけで。赤福も冷凍を正々堂々と表明す
れば良いだけだ。それより、冷凍状態で販売すれば日持ちを気にせ
ず食べられて好都合だ。この件で全国の販売店での赤福餅が廃棄処
分されることのほうがよほど不都合な事実だ。

|

« どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ | トップページ | 胡散臭い賞の典型ノーベル平和賞をアル・ゴアが受賞で、地球温暖化自体がますます胡散臭い話に »

コメント

おっしゃるとおり、殆ど問題ないと思います。
「マイナス35度で急速冷凍処理」であれば、鮮度保持については殆ど問題なし。
コレで大騒ぎしてる連中って、まぁとっても素直でマスコミの言う事が「全て真実」で連中が「情報を偽装」するなんてこれっぽっちも考えないんだとおもうので。
言い出したら、ampmの「とれたて弁当」とかありえない商品になっちまいます。
そもそも、製造年月日というのは加工終了した日を言うのであり餅を「素材」として考えるのなら大騒ぎするような問題じゃないですからね。

ま、現代の日本の国民の情報活用リテラシー能力の低さがあからさまに露呈されたのが今回の大騒ぎの原因ではないかと。
そう思います。

投稿: NOISE | 2007年10月15日 (月) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16747899

この記事へのトラックバック一覧です: 赤福餅の冷凍販売ってそれほど大げさに騒ぐ話な訳?:

» 【appeteite】結局、またマスコミ(スポニチ)の報道偽装か:赤福の話 [NOISE's MONOLOGUE]
『弊社は、昭和48年頃より平成19年9月19日までの間、市場の需要に直ちに対応し... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 18時41分

« どこまでも女の腐ったようなヘタレでしかないボクシング興行集団亀田一家の情けなさ | トップページ | 胡散臭い賞の典型ノーベル平和賞をアル・ゴアが受賞で、地球温暖化自体がますます胡散臭い話に »