« 自民党右派の代表でもある中山成彬議員が沖縄戦集団自決での軍の命令・強制を認める発言 | トップページ | 知的美女の典型女優デボラ・カーが死去 »

2007年10月19日 (金)

売国奴コイズミのもとで防衛庁事務次官に居座り続けた守屋武昌の“美しい”実態

テロ特措法継続に絡み、無料供給の燃料のイラク方面への転用など
が問題になっているが、高村外相が19日の閣議後会見で、インド
洋で海上自衛隊が米艦船に給油した燃料がアフガニスタンでの対テ
ロ作戦以外に転用さていないとする米政府声明について「はっき
り(転用は)なかったと言っている。私は十分だと思う」と述べ、
目的外転用の疑惑は否定されたとの認識を示したんだとさ。はあ、
そうですか。アメリカなどは無料で燃料をバカスカ供給する日本は
単なる馬鹿にしか見えないだろうし、タダでくれるんだから誰も
有難いのは当たり前。その貰い手が転用していないと言うのは当然
のことじゃないか。そんな言葉をそのまま信じるってのが無理と言
うもんだろうが。日本の外相ってのもこんな甘チャンでも勤まるほ
どお気楽な仕事ってことか。

この問題に限らず、シビリアンコントロールを完全に忘却したかの
ように実態を国民の目から隠して陰でコソコソしまくっているのが
防衛省(庁)だ。その役所で売国奴コイズミ時代から普通ならあり
得ない長期にわたり事務次官をしていたのがヤクザ顔の守屋武昌な
る人物。なんだか知らないが、防衛庁のドンとか言われていたよう
だ。何がドンだよ。国民の僕であるべき役人だぞ。ドンと言われて
いたってことは役所を私物化していたのと同義語だ。しかも、国民
の真の声も憲法も無視して政治を私物化し己の派閥の利権漁りだけ
をしていたようなコイズミの子飼いみたいな奴だったんだから相当
に好き放題の実態だったのだろう。事務次官を辞めてからも顧問と
かの立場で残って利権の甘い汁を吸い続けようとまでしていた奴だ
からな。

この守屋ってのが、そもそも防衛なんて崇高な意思もまるでない奴
だったのがはっきり判るような話が出て来た。19日の時事通信ウ
ェブの記事では

…………
守屋前防衛次官が業者とゴルフ=「昔、したことある」−倫理規程に違反、妻同伴も
 防衛省の守屋武昌前事務次官(63)が在職中、防衛専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務(69)と頻繁にゴルフをしていたことが19日、関係者の話で分かった。自衛隊員倫理規程は利害関係者とのゴルフを禁止している。守屋前次官は元専務と今年春ごろまでゴルフをしており、現職なら処分の対象となる可能性もあった。
 守屋前次官はこれまでの取材に対し、「昔、一緒にゴルフをしたことはある」と認めた。元専務も「前次官とは20年来の知り合い」としたが、いずれも「やましいことはない」と話していた。
 関係者によると、守屋前次官は在職中、元専務と山田洋行のグループ会社が運営するゴルフ場などを頻繁に利用。元専務の部下に車で送り迎えさせ、守屋前次官の妻も同伴させて一緒にプレーすることもあった。
……だ。部下にはゴルフを禁止して、テメエは妻も一緒にゴルフ
三昧か。コイズミのおかげで贅沢三昧の生活が出来て良かったな。
まあ、売国奴コイズミのような胡散臭いブッシュの尻舐め狗政治
屋の掲げるカイカク何ぞはこの手の薄汚い官僚を付け上がらせた
だけの国民生活無視の政治だったというだけだが。

さらにこれの関連で共同通信ウェブの記事2本だ。その1本は

…………
「守屋氏に確認する」 防衛相が事情聴く意向
 石破茂防衛相は19日午前の閣議後の記者会見で、守屋武昌前防衛事務次官が防衛・航空専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務とゴルフをしていた問題をめぐり「防衛省全体の信用にかかわることで、先日まで事務方トップにいた方なので必要な確認は行いたい」と述べ、本人から事情を聴く考えを示した。石破氏が直接事情を聴くことも検討するという。
 また、石破氏は疑惑が新テロ対策特別措置法案の審議に与える影響について「論理的に影響を与えるものではないが、全体の信用という点ではまったく影響なしとはしない」と述べた。
 2000年4月に施行された自衛隊員倫理規程は、防衛省と契約を結んでいる事業者などとゴルフをすることを禁じている。これに抵触するかどうかについて石破氏は、守屋氏が取材に対してゴルフをしていたのは規定前と説明していることに触れ「言っていることが間違いないかをまず確認したい」と強調した。

…………だが、軍事オタクのキモイ目つきと喋りの石破が仲間みた
いな守屋から事情聴取ってのが出来る訳もなく、お笑いなのだが。

さらに、この件で刑事事件に発展しそうな面白さになって来たもう
1本の共同通信の記事

…………
山田洋行元専務を聴取 不正経理で特別背任容疑
 防衛・航空分野の専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務(69)が、不正な経理処理による“裏金”作りなどで同社に損害を与えていた疑いがあるとして、特別背任などの容疑で東京地検特捜部が元専務や関係者らから事情聴取を進めていることが19日、分かった。
 元専務は守屋武昌前防衛事務次官(63)ともたびたびゴルフをするなど防衛官僚や国防族議員らに幅広い人脈を持つとされ、特捜部は元専務周辺の資金の流れや政官界との接点について慎重に調べているもようだ。
 山田洋行は1969年設立。元専務は実質的に同社の経営や営業を取り仕切ってきたとされるが、経営方針などをめぐりオーナー側と対立し、昨年6月退社した。 関係者によると、元専務は山田洋行の在職時に、米国子会社などを利用し、簿外で資金処理をするなどの背任的行為に関与した疑いが持たれている。
 また退社後の昨年7月には、正当な権限がないのに米国の取引先との代理店契約書を、山田洋行側に不利な内容に勝手に書き換えた疑いもあるという。
 元専務は昨年9月に「日本ミライズ」(東京都港区)を設立し、山田洋行時代の部下20人以上も相次いで退社してミライズへ移籍。

…………だ。こんな奴らとゴルフだ接待だと陰で甘い汁吸い放題
の役人などは国会へさっさと証人喚問だ。コイズミ,タケナカな
んとかのカイカク利権連中も証人喚問して徹底的に締め上げるの
が日本の真のカイカクなんだけどね。こういう防衛の要のトップが
腐っているのに、民主党攻撃や沖縄検定撤回集会の人数問題な
んてのはごり押し誹謗攻撃するネットウヨの腐れ野郎たちってのは
まったく批判もしないんだよな。まあ馬鹿ぞろいだから仕方ないが。

PS:午後7時からのNHKニュースを見ていたらトップ扱いでこの
事件をやっていて、この防衛庁のドンとか言われていた奴のこと
で「会社が行った内部調査ではその回数は1年間に20回から40
回近くに及び、平成13年からおととしまでの5年間で140回余
りに上ることが新たにわかりました。週末の休みや祝日にほとんど
の場合、前次官の妻が同伴して、毎月のように行われ、平成14年
の1月には最も多い6回に上ったということです。」と放送してい
た。その中でこの防衛庁のドンは「倫理規程ができてからはゴルフ
や飲食はしていない」と話しているとしているから、NHKの報道が
本当なら、このドンは嘘ついているってことだ。ここまでくると、
倫理規定とかの問題じゃない。事務次官というのはその役所の仕事、
人事すべてにわたり権限を持っている訳で、関係業者との癒着によ
り得てはいけない利益を享受していたことで、収賄そのもじゃない
か。この問題で警察・検察がこのドンをスルーするならそれこそ官
僚どもの仲間内のもみ消しそのものだな。
1_3

|

« 自民党右派の代表でもある中山成彬議員が沖縄戦集団自決での軍の命令・強制を認める発言 | トップページ | 知的美女の典型女優デボラ・カーが死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16809201

この記事へのトラックバック一覧です: 売国奴コイズミのもとで防衛庁事務次官に居座り続けた守屋武昌の“美しい”実態:

» 守屋前防衛次官 接待ゴルフ [王様の耳はロバの耳]
プレー100回以上、飲食も=守屋前防衛次官ゴルフ問題 (時事通信) - goo ニュース 「テロ特措法」に替えて「給油に限った新法」で対米協力を明らかにする政府と自公両党に対し反対の中核である民主党の小沢氏が「ISAF参加」とか「反対する奴は(党から)出てゆけ」と言ったとか、さらには「ISAFに参加の人員に警備会社(傭兵部隊だよ)による護衛をつける」とかかまびすしい。 {/kaeru_shock1/} 「反対」とその理由を明確にしておけば足りるのに、「対案を示せ」と言われそれに乗せられたかどうか爺... [続きを読む]

受信: 2007年10月20日 (土) 09時26分

« 自民党右派の代表でもある中山成彬議員が沖縄戦集団自決での軍の命令・強制を認める発言 | トップページ | 知的美女の典型女優デボラ・カーが死去 »