« 民主党小沢代表が連立政権構想拒否されたんで、拗ねて代表辞任表明とか。所詮政党潰し屋、政局混乱好きなだけなのか | トップページ | イトーヨーカドーの「Ario西新井」が誕生、西新井地区雰囲気一変。うれしいのは10スクリーンの「TOHOシネマズ」が併設されていること »

2007年11月 5日 (月)

ジョディ・フォスター主演「ブレイブ・ワン」は、女性版「狼よさらば」的B級風味のすっきり楽しめるサスペンス

「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督が、
ジョディ・フォスターをヒロインに迎えてニューヨーク
を舞台に撮ったサスペンス映画と来れば、食指が当然の
ごとくに動く。

その映画「ブレイブ・ワン」は、犯罪の被害者となり、
婚約者を殺され、自らも瀕死の重傷を負った女性がヴィ
ジランティズムに嵌って行くってんだから興味津々だ。
ニューヨークを舞台に犯罪被害者がヴィジランティズム
を自ら実行して行くプロットならなんといってもチャー
ルズ・ブロンソン(ブロンソン映画の最高にご機嫌なの
は「雨の訪問者」だけど)の代表作「狼よさらば」だ。
そして、「ブレイブ・ワン」を見た第一印象は完璧まで
に「狼よさらば」の女性版。デジャ・ヴュたっぷり。し
かも、女性版のほうが意志強靭にヴィジランティズムを
実行していく。時代の変化だろう。ブロンソンオヤジの
ほうは、平和主義者で、銃を手に取るのも商談相手の西
部男から銃をプレゼントされたのがきっかけで、銃の魔
力に嵌り込んで行く。しかし、フォスターは違う。自ら
の意思で銃砲店で銃を買いに行くが、その場で買えなく
て、闇売買で銃を不法購入までして手に入れてしまう積
極性なのだ。

ジョディ・フォスター、現在45歳。「パニック・ルー
ム」「フライト・プラン」に今回の「ブレイブワン」と
なんだかますますマッチョウーマンになって来ている感
じだ。化粧っけほとんどなしで、凛とした毅然として表
情がいかにも切れる知的女性ってな雰囲気プンプンなの
だが、でも怖い顔だ。あまりおつきあいしたくない範疇
の女性だ。私なら最近ちょっとスクリーンからご無沙汰
気味のアシュレイ・ジャッドみたいな凛とした中に優し
さがにじみ出る美形のほうが良いな。

Brave_one

 

 

 

 

 

と、映画の中身とは関係ない方向へ行ってしまうが、実
はこの映画のエリカ役をアシュレイ・ジャッドがやって
いればまたイメージも変わった映画になっていただろう
し、さらにエリカの心情に同化できた可能性が大きい。
当初ジョディ・フォスター出演の予定がアシュレイに変
わったとか言われるのが、身に覚えの無い夫殺しで逮捕
され投獄されてしまう映画「ダブル・ジョパディ」だが、
それもアシュレイ・ジャッドの健気な女性らしさが映画
的に成功した。あれが、気丈そのもののジョディ・フォ
スターだったら面白みが欠けていたかもしれない。

「狼よさらば」では家族を殺した実際の加害者に復讐す
るのはなかったが、「ブレイブ・ワン」ではその加害者
グループを最後には抹殺するラストまで突っ走る過激ぶ
り。最後は「タクシー・ドライバー」的になる。ここま
でやるかと思うほどヴィジランティズムが擁護的に描か
れる。

ハンサムな若手黒人俳優テレンス・ハワード(かなりカ
ッコいい。この俳優はこれから大きくなるんじゃないか
な)演じる刑事が「狼よさらば」の刑事以上にヴィジラ
ンティズムに寛容な精神を見せてしまう(そこまでやる
かって感じだが)のも大きな違い。

なんだかんだと言っても、悪人がのさばるのを法が人権
重視とかでまともに処罰できず、日本でも放置状態にあ
るのも事実であり、自らが暴力の被害者になってみれば
やはりエリカのような行動を銃が手に入ればどうなるか。
政治の世界も国民を不幸にして薄ら笑いしているコイズ
ミのようなクズがのさばる日本。すっきりしないこの世
の中、法が裁けぬ悪人の影の処刑人はやはりすっきり楽
しい。最近この手のB級風味のサスペンスアクションが
お好みのようなジョディ・フォスターだけに(しかも製
作総指揮の一人にフォスター自身が入っている)、さら
に残酷過剰に悪人を抹殺して行く女性版マック・ボラン
的処刑人エリカシリーズを作ってほしいかもとも。暴力
犯だけでなく、悪徳政治家なども含めて抹殺対象に頑張
ってもらいたい。

PS:ALLCINEMA ONLINEを見てみたら、11月5日付
けのニュース(というより噂情報)で、「狼よさらば」
のリメイク噂が出ていた。それによると、「狼よさらば」
のリメイクでシルヴェスター・スタローンが監督と主演
の可能性があるんだとさ。脚本は「ターミネーター3」の
マイケル・フェリスとジョン・ブランカトーのコンビが担
当とか。もうハリウッドはアイデア枯渇でリメイクオンパ
レードだが、ここまでリメイクとなるとは。もっとも、今
回の「ブレイブ・ワン」も「狼よさらば」の換骨奪胎のリ
メイクもどきだけどね。

|

« 民主党小沢代表が連立政権構想拒否されたんで、拗ねて代表辞任表明とか。所詮政党潰し屋、政局混乱好きなだけなのか | トップページ | イトーヨーカドーの「Ario西新井」が誕生、西新井地区雰囲気一変。うれしいのは10スクリーンの「TOHOシネマズ」が併設されていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョディ・フォスター主演「ブレイブ・ワン」は、女性版「狼よさらば」的B級風味のすっきり楽しめるサスペンス:

« 民主党小沢代表が連立政権構想拒否されたんで、拗ねて代表辞任表明とか。所詮政党潰し屋、政局混乱好きなだけなのか | トップページ | イトーヨーカドーの「Ario西新井」が誕生、西新井地区雰囲気一変。うれしいのは10スクリーンの「TOHOシネマズ」が併設されていること »