« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

毎日新聞が社説で守屋逮捕で、コイズミに任命の結果責任の感想を是非聞きたいと弱腰ながらまともな主張

マスゴミはとにかく売国奴コイズミに関しては、奴が何をし
ようが、まったく責任を問うこともなく放任の恥知らず状態
が継続していて、コイズミの「人生イロイロ・」発言他のふ
ざけきった国民愚弄発言に関してまともに問題にしたことも
ないジャーナリズム精神放棄の体たらくだ。

そのマスゴミだが、毎日新聞が11月30日付けの社説でコ
イズミの責任を恐る恐る問うような文章を載せている。題し
て「前次官の功罪 小泉元首相の感想が聞きたい」となんと
も及び腰な書き方でちょっと失笑ものなんだが。

まあ、それでもこの程度のコトを書くだけでわずかでも毎日
新聞の知能が少しは進んだ証だ。なんと言ってもこの新聞に
は毎日新聞を代表するようなデカイ態度でテレビの自民党宣
伝ゴミ番組に出演しまくって、コイズミ政権時代あたかもコ
イズミの広告宣伝係かのように振る舞いジャーナリスト精神
を放棄してコイズミ鈍一郎礼賛を恥も外聞もなくやっていた
岸井成格なんていうひげ面のゴキブリブンヤが政権ゴマすり
に大活躍の実績があるからね。

その中で
…………
まず01年12月、旧テロ対策特別措置法に基づくインド洋での給油活動が始まった。03年6月には長年の懸案だった有事関連3法が成立し、イラク復興特措法の成立(同7月)、ミサイル防衛システム導入の閣議決定(同12月)と続いた。さらに守屋次官時代の大仕事には、在日米軍再編の日米合意(06年5月)がある。
 一見して明らかなのは、これらの政策転換が小泉政権時代に集中し、守屋容疑者はその実現に奔走することで実力次官としての地歩を固めていったことだ。特に小泉純一郎元首相の懐刀であった飯島勲元首相秘書官を後ろ盾にし、再編協議では外務省をしのぐ影響力を発揮したと言われる。
 ならば、小泉元首相は事件を受けて結果責任をどう考えるのか。なぜ彼を重用し続けたのか。検証作業の一環としてぜひ感想を聞かせてほしいものだ。
…………と、コイズミに責任者としての発言を求めている。
まあ、無理というものだろう。青木建設が倒産してもそれ
をカイカクの進展みたいに言ったり、社会保険違法加入に
関しても「人生イロイロ、会社もイロイロ・・・」と国民
をとことんコケにし馬鹿にする無責任の集大成みたいなど
うしようもない人間だ。

Mainichi1130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防衛省ってのは底抜けの馬鹿なのか。最高軍事機密のイージス艦をシナ軍人に視察させようとしたってね

軍備品の調達に関しての調査などを商社などにやってもらわ
ないとまるで何も出来ないらしい防衛省の奴らってのが馬鹿
揃いってことは、守屋タカリ前事務次官逮捕を通して良く判
ったのだが、それ以上の馬鹿ぶりをまたまた見せてくれた。

軍事機密とかで防衛関係のことは何でも国民には秘匿するく
せに、台湾侵略を公言しているような共産独裁国家のシナの
軍人に防衛省でも最高の機密であろうイージス艦を視察させ
ようとしたようなのだ。

読売新聞ウェブに出ていた記事によると
…………
中国海軍のイージス艦視察計画、米側抗議で中止

 日本と中国の防衛交流の一環として、日本に寄港した中国海軍艦艇乗員が予定していた海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(7250トン)の視察が、計画を知った在日米軍などからの抗議で中止となったことが29日、明らかになった。
 米側が防衛機密漏えいの可能性を懸念したためで、計画は補給艦視察に変更され、30日午前に実施される予定だ。
 海自と中国海軍による艦艇の相互訪問は、8月の日中防衛相会談で実施が決まり、中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン」(6000トン、乗組員350人)が第一陣として、11月28日に東京・晴海ふ頭に入港した。(深センのセンは土ヘンに「川」)
 同艦艇は12月1日まで滞在する予定で、中国側の希望により、同艦指揮官ら乗員幹部十数人が11月30日午前に海自横須賀総監部(神奈川県横須賀市)を訪問する際、横須賀基地を母港とする第1護衛隊群所属の「きりしま」を視察することを予定していた。
 複数の政府関係者の証言によると、28日に視察計画を知った在日米軍や在京米大使館から、防衛省や外務省に問い合わせや中止要請があったため、防衛省では急きょ、「きりしま」視察を中止して、インド洋での給油活動から23日に帰国したばかりの補給艦「ときわ」の視察に変更した。
 同省関係者によると、海自は今回の視察に備え、以前に米海軍が中国軍関係者にイージス艦を公開した事例について在日米軍に照会したが、中国海軍の視察については米側に正式に連絡していなかったという。
 イージス艦は米国で開発された世界最高の防空能力を持つ艦船。防衛省幹部は、「海自は戦闘指揮所(CIC)などのイージス・システムの中枢部分を見せなければ大丈夫だろうと判断したようだが、事の重大性を分かっていなかった」と話している。
(2007年11月30日3時5分  読売新聞)
…………と来た。ここまで馬鹿だと、今の防衛省の奴らに防
衛任務を任せておくこと自体が日本・日本国民にとって今そ
こにある危機そのものではないのか。シナは一応日本の同盟
国のアメリカにとっての敵対国のはずだ。そのシナの軍人に
アメリカの軍備品でももっとも機密性の高いイージス艦を視
察させようなんてアホな考えが一体どこから出て来る訳なん
だよ。まあ、トップの気持ち悪い目つきと喋りの防衛大臣が
軍事オタクでアイドル歌手オタクってノーテンキ野郎だし、
そのノーテンキぶりが全防衛省内に蔓延しているんかい。と
いうか、シナ軍人に視察させても構わないような程度のもの
がイージス艦なら、そんなものを莫大な税金投入して買う必
要もないだろうが。

読売新聞ウェブには守屋タカリ夫妻のごちそうさま人生をい
ろいろと書いた記事も出ている。その中で「夫妻は、局地的
な集中豪雨に見舞われた新潟・福島両県に自衛隊が派遣され
ていた最中の04年7月18日、北海道でゴルフ接待
を受け、
米ワシントンで額賀同庁長官(当時)が出席して日米防衛首
脳会談が開かれた昨年5月3日の3日後にも、広島県内でゴ
ルフに興じていた。」なんてのがあった。素晴らしき楽しい
ノーテンキ防衛事務次官人生でしたね。自衛隊員が災害救助
で命をかけてがんばっている時にそのトップがおねだり妻と
接待ゴルフで遊んで、ゴチソウ食べてたってね。事務次官と
いうのはよほど暇なんでしょうね。楽な仕事だわ。そんな暇
で楽な職に長年就かせて、人事権まで専横させた責任者って
誰ですかね。あの無責任大将コイズミですね。さすが守屋と
お似合いの首相でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヌカガ財務相の証人喚問中止を参院財政金融委が決定だってさ。野党も腑抜けだわ

昨夜あたりのニュースを見たりした時からこらあかんわなと
思っていたヌカガの証人喚問。共産党なんかが弱腰になって
全会一致が証人喚問の基本なんて言い出していたものな。そ
の嫌な予感が的中だ。

ネットニュース見てみたら、朝日新聞ウェブに
…………
額賀財務相の証人喚問中止を決定 参院財政金融委
2007年11月30日15時07分

 参院財政金融委員会で12月3日に予定されていた額賀財務相と守屋武昌・前防衛事務次官への証人喚問について、同委員会の理事懇談会は30日、「守屋氏の逮捕で2人同時に呼ぶことができなくなった」(峰崎直樹委員長)として、証人喚問の中止を決めた。証人喚問は与党欠席で議決されたが、この日の理事懇談会には与党も出席、中止に賛成した。
 証人喚問の強行には、与党のほか、共産党など他の野党からも異論が出され、江田五月参院議長が民主党参院幹部に「円満な解決」を要請していた。
…………と出てますがな。「円満な解決」を参院議長から要請さ
れてハイ中止だそうで。証人喚問開催は全会一致でなければ駄目
なんてのは笑止千万。だいたいやね、アホのアベシンゾー権力の
頂点にいると自称時代には国民への重大な影響ある法案が全会一
致どころか自民カルト癒着腐敗政権が多数の横暴そのものの強行
採決オンパレードだったわけだ。それが、たかが事実の確認をす
るだけの国民生活に何の影響もない証人喚問で全会一致こそ基本
で、円満解決だって。所詮野党と言っても利権まみれの政治屋野
郎どもばかりってことか。共産党なんてのはどこまで行っても自
民党のシャドー応援団であることが証明されただけだ。

そして、まさに自民腐敗政権との阿吽の呼吸よろしく、証人喚問
決定の翌日に守屋タカリ夫婦を逮捕して立法府の権限を消滅させ
る素晴らしい自民応援をした特捜も所詮は権力の守り狗ってこと
が判っただけ。しかし、国民はB層国民ばかりじゃない。利権享
受集団の一人でしかないアワーなんて胡散臭いアメリカ人をわざ
わざ呼んで会見までさせてヌカガのアリバイ工作をした自民党の
真っ黒ぶりは国民にはあまりにも鮮明に印象に残っているからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食品表示偽装問題多発は非正規従業員を安給料でこき使いのコイズミ流カイカク下の経営で当たり前

最近はめったやたら食品関係の表示偽装とかの問題が連続して
発覚して大騒ぎだ。横浜シューマイの件でも使用材料の使用量
に応じてその順に表示内容の表示をすべき所を、ブタにホタテ
貝柱と書いていたのがJAS法違反で問題になった訳だ。しかし
この件にしても、内部告発でもない限り、そんなはっきり言え
ばどうでも良いJAS法なんていうクソ法律の形式的違反が発覚
する訳がない。

つまりは赤福にしてもシューマイにしても、船場吉兆にしても
どれもこれも内部告発しか発覚のきっかけなんかない。食品以
外の製造にしても、サービス業にしても規制法の一部には突け
ば何らかの違反なんてあって当然だ。

それが今まだそんなに発覚しなかったのはなぜか。当たり前の
ことに企業が従業員を年功序列の給与で生涯にわたって雇用し
てきた安心感があり、従業員も些細な違反に関して内部告発し
てまで自分の生活基盤を破壊する必要性がなかっただけだ。そ
れはつまり反対の意味で言えば、責任感を持って自分の仕事を
全うし、雇用企業の発展が自分の生活を向上させることにも繋
がり、製品の質も向上していた訳だ。

それが、売国奴コイズミ、そして新自由主義経済なる弱肉強食
の世界がまるで正義であるかのように国民をごまかしたタケナ
カなるアメリカの狗エセ学者の旗ふりで急激に日本の企業が自
社の従業員を使い捨てのように見るようになった。しかも、給
料をさらに安くするためにシナや東南アジアへ工場を移転して
まで従業員を切って捨てて来た。売国の典型のようなトヨタ奥
田やキャノントイレ野郎のような奴らが正規社員激減政策に協
力してまで日本人を虐めて来た。

そんな日本社会で、馬鹿にされて来た従業員がまともにかつて
のように自社に愛着なんて持てるだろうか。正規社員であって
も主力工場を簡単に閉鎖してさっさと首にしたあのゴーンの日
産のようになる可能性がある訳だ。それなら適当に仕事する人
間が増えるだろうし、愛着もない企業のことだ、ちょっとした
欠陥でも内部告発してやろうとする気になる。だいたい、世界
に冠たるモノ作り技術を持つ技術者が自分を大切にしてくれな
いと判った従業員切り捨て企業で若者に自分が長年にわたって
身につけた究極の技術を伝えようなんて考えるだろうか。それ
だけでも日本企業の技術水準が低下して行くことだろう。

損して得するという素晴らしい言葉を最近の馬鹿な売国経営者
は忘れてしまったんだから、大切にする気も最初からない従業
員から裏切られても当然ということで、これからも食品だけで
なく、あらゆる分野で内部告発は増加するだけ。それを停める
にはユダヤ外資とアメリカ支配層に資するだけのいわゆるタケ
ナカ・コイズミカイカクを止揚するしかなく、かつての日本的
経営にこそ回帰するしかない。その日本的経営こそが世界一の
モノ作り国家日本を作り、大きくしたのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

完璧すぎるわざとらしいアリバイほどアリバイ工作なんだよな。ヌカガの自民大森提出の証拠こそその証明のようなもの

守屋タカリ夫婦のチンケな収賄疑惑逮捕から始まる防衛利権疑
獄の解明こそ本道であり、そのプロセスの中でのヌカガの宴会
出席問題などはっきり言ってゴミのような話だ。自民党は守屋
を事務次官にして防衛利権を我がものにしようとしたコイズミ
へ疑惑が侵攻するのを防御したいがためにヌカガ防衛に必死で
ある醜い姿にしか見えない。

その宴会に出ていないとのアリバイのために自民の大森国体委
員長とか言うのが録音と写真のアリバイ工作を出して来たのは
墓穴を掘るだけなんだよな。推理小説好きとしてはビートたけ
しが犯人逮捕に執念丸出しの刑事を演じたテレビドラマ「点と
線」は原作とはちょっと離れていた部分も多いのだが、なかな
か楽しめた。テレビドラマなんてここ数年見たこともないのだ
が、日本での鉄道アリバイ崩し推理小説の原点ともいうべき松
本清張の傑作のほぼ50年ぶりの映像化(原作発表直後に東映
で映画化されている)だけについ観てしまったのだが。

その中でも刑事たちが言っていたな。取って付けたように完璧
過ぎるわざとらしいアリバイは用意されたもの、犯人の証明だ
みたいな趣旨のコトを。

そうなのだ。どのアリバイ崩し推理小説でもそうなのだが、犯
人はいつもまさにアリバイ工作そのもののようなアリバイを準
備しているのだ。しかも、普通ならあり得ないような写真や証
言者まで周到に用意して。

その観点からいうと、ヌカガ宴会出席アリバイのための大森議
員が出して来たアリバイがあまりに出来過ぎと言うか、犯人は
私ですとわざわざ自分で白状してきたような趣なのだ。

06年12月4日に人形町の料亭で開催のアワー囲む宴会は、
18時半頃始まった。21時半頃までにはアワーも宮崎も退出
した。大森提出のアリバイによると、この日の夜ヌカガは18
時から銀座のホテルで家族らと食事、19時50分過ぎまでホ
テルに滞在。永田町での勉強会には20時13分頃から参加し
て、21時42分まで在席なので、人形町の宴席に出席するの
は不可能。

ヌカガの説明を証明するものとしては、日程表の記録。銀座の
ホテルで撮影のヌカガの写真撮影日時が同日19時51分とデ
ジタルカメラの記録で判明。勉強会は20時から録音があり、
内容を文字にした文書を提示し、録音内容から20時13分に
会に到着し、ヌカガの最後の発言が21時42分であることか
ら、その時間帯は勉強会の場に出席だ、と大森は説明。

さて、この提出アリバイ証拠が録音と証人だね。しかしね、録
音はICレコーダらしく、しかもタイマーが17時間遅れの設定
だったんだとさ。アホらしい限り。2年前のICレコーダーの録
音が残っていること自体がチャンチャラおかしい。そのうえに
だ、その勉強会に出席の連中と言えばヌカガと防衛利権を共有
するような仲間だろうが。そんな怪しげな会合の話をわざわざ
記録に残すか普通。犯罪の証拠を残すようなもんだろうが。

ホテルの食事の証人が家族、勉強会の証人が利権仲間。しかも
その証拠である写真や録音があとからいくらでも捏造できるも
のなんだよな。そんなものを後出しでコソコソ出して来たこと
こそアリバイ工作と普通の感覚なら思うのだが、売国奴コイズ
ミにケツの毛まで抜かれてしまっている腑抜けの馬鹿ぞろいの
自民党の議員連中には想像力もなくなってしまったようだ。そ
んな怪しげな証拠より、守屋が偽証罪で罪に問われる可能性の
ある証人喚問で証言した内容のほうこそどれだけ信憑性がある
か自明のことだ。

12月3日の参院証人喚問を自民党は絶対拒否するとか喚いて
いるらしいが、収賄で逮捕された前事務次官が宴席を一緒した
と言っている人物が、一緒なんてしてないと断言しているんだ
から、どちらかが嘘言っている訳だろうが。それを判断するた
めにきちんと証言してもらうのがどこがおかしいんだ。ヌカガ
絶対正しいと思っているなら証言喚問されても何の問題もない
わな。それを拒否するほうがよほどおかしい。しかも、自民党
は問題の宴席にいた一人アワーとか言う米人をわざわざ米から
呼んで会見までさせて、ヌカガは宴席にいなかったと言わせる
始末。普通そこまでやるか。しかも、このアワーなんて奴は防
衛利権に絡むアメリカ側の利権享受する片割れだ。そんないわ
ば犯人の一人でもある奴の話なんか眉唾も良いとこだ。自民党
相当逝かれてしまっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統のヨーロッパのピアノメーカー・ベーゼンドルファーをヤマハが買収とか

ネットでニュース関係をブラブラ徘徊していたら、朝日新聞
ウェブにクラシック音楽好きとして興味ある記事が出ていた。
…………
ヤマハ、ピアノ名門ベーゼンドルファー買収へ
2007年11月28日18時50分
 ヤマハは28日、オーストリアの世界的ピアノメーカー、ベーゼンドルファー(本社・ウィーン)の買収に向け、優先交渉権を得たことを明らかにした。ヤマハが全株式を取得する方向で最終調整している。
 ベーゼンドルファーは1828年創業で、米スタインウェイ、独ベヒシュタインとともにピアノメーカーの「世界御三家」と呼ばれる。年間生産量はわずか数百台で、創業からの累計も5万台に満たない。現在は米投資会社サーベラス傘下のオーストリアの銀行が同社の株式を所有しているが、経営難から売却先を探していた。
 ヤマハは、ピアノの販売金額シェアでは世界一。販売力を生かしてベーゼンドルファーの経営を立て直し、高級ピアノ市場を開拓する考えだ。
…………というものだが、あのベーゼンドルファーがヤマハ
傘下になるっていうのもヨーロッパ文化の粋が日本企業のも
のになる訳で、凄いと言えば凄いことだ。

クラシック音楽に興味ない人には名前も聞いたことのないだ
ろうベーゼンドルファーって企業名だが、グランドピアノと
しては昔からの伝統的存在。あのリストも愛用したと言われ、
20世紀ではウィーン系のピアニストが多数愛用し、ヴィル
ヘルム・バックハウスとかフリードリッヒ・グルダなんかの
弾いたピアノとして有名だ。まあ、プロ御用達のグランドピ
アノとしては世界的にはスタインウェイ(とくにハンブルク
製ね)がダントツだが、個性派ピアノとして愛用するプロも
多い訳だ。

ヨーロッパではフランスのプレイエルなんてのがショパン愛
用で、コルトーの愛用したピアノとして著名だが、今や風前
の灯的存在だろう。現在では生産台数ではなんと言ってもヤ
マハ。プロ用グランドピアノでもその生産数は相当だ。プロ
でもリヒテルなどがヤマハを評価していたりして、超高額の
ピアノではヤマハもなかなかなのである。そのヤマハがドイ
ツ系の個性派ベーゼンドルファーを買収ということになれば
技術交流も親密になり、ヤマハにとっても良い刺激になるだ
ろう。また、ヤマハがベーゼンドルファーの個性を潰さない
で育てていけば高く評価されるだろう。だが、その度量が現
在のヤマハの経営陣にはあるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

守屋武昌前防衛事務次官が妻とともに収賄で逮捕される。こいつを好き放題させたのはコイズミ。コイズミも証人喚問しなきゃ意味ないな

防衛庁の天皇とか言われて、売国奴コイズミ政権下で4年以上
と異例の長期間事務次官の椅子に居座り続けた守屋武昌前防衛
省事務次官が収賄でゴルフ三昧接待三昧をご相伴したおねだり
妻とともに逮捕された。昨日参院での証人喚問を12月3日に
実施すると決定したばかりの逮捕。なるほど阿吽の呼吸って奴
だね。しかも政治家も含めての巨大な防衛利権問題がどこかへ
消えてしまったようなチンケな収賄事件としてこれでチャンチ
ャンとなったら自民党らのクソ政治屋が喜ぶだけだ。

時事通信ウェブの記事によると
…………
2007/11/28-17:52 守屋前次官と妻逮捕=ゴルフ旅行わいろと認定−収賄容疑、現金供与の疑いも
 防衛装備品の調達をめぐり、便宜供与の見返りにゴルフ旅行の接待を受けたとして、東京地検特捜部は28日、収賄容疑で前防衛事務次官守屋武昌(63)と妻幸子(56)両容疑者を逮捕、自宅を家宅捜索した。守屋容疑者は接待について、わいろだったと認めているとみられる。
 特捜部は丸抱えの接待ゴルフ旅行をわいろと認定、大物次官による汚職事件に発展した。
 特捜部は、防衛専門商社「山田洋行」元専務宮崎元伸容疑者(69)を贈賄容疑で再逮捕。多額の現金が守屋容疑者側に渡っていた疑いもあり、特捜部はさらに追及する。
 調べによると、守屋容疑者は幸子容疑者と共謀し、自衛隊の装備品納入で便宜を図った見返りに、次官在任中の2003年8月9日から06年5月6日にかけ、宮崎容疑者から北海道へのゴルフ旅行など12回、計約389万円相当の接待を受けた疑い。
 接待はいずれも泊まりがけのゴルフ旅行で、ほかに福岡、長崎、熊本各県などを訪れていた。収賄額は夫妻2人分の経費で、航空機やゴルフのプレー代、飲食費などが含まれる。1回に20万〜40万円掛かっており、全額を山田洋行側が負担していた。
 幸子容疑者はすべての接待旅行に同行。特捜部は、次官の妻として接待を受けているとの認識があることから、収賄容疑の「身分なき共犯」に問えると判断した。
…………で、この種の収賄事件では珍しく、妻も共犯で逮捕と
かなり異例の逮捕となったな。嫁はんのほうは防衛省内で婦人
会とかなんとかを仕切っていたらしいから、震え上がっている
税金喰い放題の官僚や嫁はん連中も多いんじゃないか。年末の
お歳暮が官僚の家に配達されてもみんなビビって受け取り拒否
続出じゃねえか。

そのチンケな官僚どもは別にして、この守屋武昌を神聖な防衛
任務を統括する事務次官に据え置きにして好き放題にさせた最
大の責任者が誰かだ。防衛庁長官・防衛相を任免できる権限を
持っているのは首相だ。この守屋の任官時期の首相と言えばあ
の無責任の集大成日本政治史上最悪の売国野郎コイズミだ。先
日も国会に出席せずにシンガポールへユダヤ外資の主催する洗
脳講演会で馬鹿高いギャラ頂いて講師して、「日本はカイカク
がまだ足りない」とテメエの政策失敗でグチャグチャにした日
本経済のことなどまるで忘却したかのようなふざけたことほざ
いていた奴だ。コイズミの地盤は横須賀、いわば米軍と直結の
軍事利権まみれの土地だ。その売国政治屋が防衛事務次官に据
え置き続けただけでも疑惑満載だ。ヌカガやキュウマだけでは
意味がない、コイズミその手下飯島も証人喚問しなきゃこの防
衛利権疑獄の闇は解明できやしない。

ところで、今回のような収賄事件が起った根本は兵器調達に絡
んで商社などいわゆる仲買人的な仲介者が介在しているからだ
ろう。そんな最初から一切排除しろよ。防衛省なんて事務官に
武官と山のように人間がいるだろうが。しかも、専守防衛だか
らこれまで税金に見合うだけの仕事はしたことがない。つまり
はだ、役人たちが自分たちの責任で兵器などの調達調査を自分
自身ですれば良いだけだ。それもまともにせずに商社などに調
査などを任せていたこと自体が仕事をしていない証拠じゃない
か。それとも兵器調達に関して調査などする能力も防衛省の役
人や武官には能力がないってことだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月27日 (火)

ヌカガと守屋を一緒に国会の場で証人喚問すればすむだけの話だ。そのヌカガの証人喚問を自民党はなぜ拒否するんだ

財務大臣という政権の要職にあるヌカガが軍需専門商社元専務ら
との宴席同席をめぐって自民、民主両党が侃々諤々だ。

27日の閣議後会見ではヌカガは「勉強会は会議録もあるし、
テープもとっている」とか述べたようだ。さらには自民党の大島
国対委員長が会見し、家族 らとの会食の写真やその日の詳細日
程、勉強会の一部を公表したりしている。しかし、そんなのど
うでもいい。あとで捏造できる証拠だ。

守屋のほうは国会の証人喚問と言う偽証罪に問われる場で証言
しているわけで、それを否定するならヌカガも証人喚問で証言
すれば良いだけだ。それほどヌカガ本人が違うと言うんだから
証言でそう言えばすむ話だ。それを自民党はどうして証人喚問
を執拗に拒否するんだ。よほど証言するのが不味い訳なのか。

そんなこんなのうだうだする話が続いていたが、12月3日に
参院で守屋とヌカガの証人喚問が行われることが決まったよう
だ。当たり前の話だ。そのニュースをテレビでやっているのを
見たら、自民の議員が「多数の横暴だ」なんてアホこきまくっ
ていた。なにが多数の横暴だよ。アホのアベシンゾー政権では
一体どれほどの数の法案を国民の意思、野党の声も無視して議
論もまともにせずに強行採決していたんだよ。そういうのを多
数の横暴って言うんだよボケナスが。

時事通信ウェブによると参院での証人喚問は
…………

2007/11/27-21:10 額賀、守屋氏の証人喚問を議決=来月3日実施、与党は抗議−参院財金委
  参院財政金融委員会は27日夜、額賀福志郎財務相と守屋武昌前防衛事務次官に対する証人喚問を来月3日午後1時から実施することを議決した。防衛専門商社 元専務との宴席同席問題をめぐり両氏の説明に食い違いがあり、民主党など野党側は、喚問が必要として議決に踏み切った。与党は採決に抗議した。
  同問題について、民主党はこれまで、守屋氏の喚問での証言を受けた党独自の調査に基づき、額賀氏が元専務と同席したとされる宴席について「昨年12月4日 夜、場所は東京・人形町の料亭」などと指摘。額賀氏は「(当日夜は)家族と食事をした後、勉強会に出た」などと否定していた。
 こうした中、同委 員会は27日夜、理事会懇談会を断続的に開き、野党が要求していた額賀、守屋両氏の喚問について協議。民主党は、独自調査の情報源が守屋氏であることを明 かした上で、「喚問を実施すべきだ」と主張。与党側は「他の関係者は同席を否定している」などとして反対したが、野党側が押し切った。これを受け、民主党 所属の峰崎直樹委員長は職権で、委員会を開会。与党理事らが委員長席に詰め寄って採決に抗議する中、野党の賛成多数で喚問実施を議決した。両氏一緒か、別 々に証言を求めるかなど喚問の形式については、峰崎委員長に一任した。
…………ということのようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉政権で総務相していた麻生が郵政民営化は上手く行かないと発言とか。どこまでも国民を馬鹿にするゴキブリどもだ

Yahooニュースを見ていたら、日刊ゲンダイ27日の記事の一
つとして、郵政民営化に関して麻生太郎が講演で話したことが
掲載されていた。

それによると
…………
今月21日、前自民党幹事長の麻生太郎が講演でこう語ったのである。
「(郵政民営化は)5年たったらうまくいかなかったと証明できるんじゃないかと思うほど、あまりうまくいかないと元経営者としては見ている」
「郵便配達はちゃんと採算に合う商売なのか。巨大なギガバンクだけが残ったみたいになりはしないか」
…………と、この世襲の3世か5世か知らないが口の歪みがそ
のまま心の歪みを象徴しているような政治屋麻生だが、こいつ
売国奴コイズミの政権時代に総務相していて、まさしく郵政民
営化への売国政策の責任者そのものじゃないか。それよりなに
より、民営化上手く行かなくなると思っているなら即刻民営化
を凍結する動きをするのが国家・国民のために働く政治家じゃ
ないのか。つまりは民営化を放置のままにしておくつもりの麻
生は真の政治家じゃないと自白しているようなもんだ。

それがなんだ。テメエらがコイズミの詐欺言辞に合わせて民営
化すればなんだかすべてが良くなるようなことをほざいていて、
僻地でのサービスもまったく低下しないようなことをさんざ吐
き散らしていただろうが。それがどうだ、僻地なんかではどん
どん郵便局が閉鎖され、地方の人たちは不便が拡大だ。

そんな日本国民には何のメリットもなく、外資の日本資産の合
法的略奪に役立つだけの民営化。そんな売国奴コイズミらゴキ
ブリ政治屋の利権だけ拡大した郵政民営化が5年すればうまく
行かなかったと証明される、だって。その責任を背負うべきな
のはお前たちだろうが。それが人ごとのようになにをノーテン
キな戯言吐いているんだこの馬鹿は。まったくアホのアベシン
ゾーはじめゴキブリだらけの政治屋どもだ。

Asou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皇太子の車が走行中に突然停止したのは、電源接続部品の摩耗が原因だったんだとさ。まだ1年の超高級新車で最重要部品が簡単に摩耗ってトヨタの車ってのは素晴らしいんだな

10月に皇太子が乗った車が突然止まった事件があったね、その
原因が発表だとさ。読売新聞ウェブによると
…………
皇太子さまの車「突然停止」、電源接続部品の摩耗が原因
 秋田県横手市で10月、皇太子さまの車が走行中に突然停止したトラブルについて、宮内庁は26日、エンジンを制御するコンピューターの電源接続部品の摩耗が原因だったと発表した。
 トラブルは10月13日夕に発生。車列を組んで走行していた皇太子さまのトヨタセンチュリーが、横手市の路上で止まった。皇太子さまは秋田市で開かれた全国障害者スポーツ大会の開会式に出席された後だった。
 同庁によると、エンジンを制御しているコンピューターと電源との接続部分の金属が、振動などで摩耗。その結果、電圧が異常になって安全装置が作動したため、減速したという。トヨタ側が先週、同庁に社内調査の結果を報告してきた。
 トヨタ自動車広報部の話「走行に大きな影響を及ぼすものではなく、現段階でリコールの対象とは考えていない。今後更なる社内調査をしていく必要がある」
(2007年11月26日19時55分  読売新聞)
…………とのことだ。おいおい、「エンジンを制御するコンピュー
ターの電源接続部品の摩耗が原因」って一体なんなんだよ。この御
料車はな昨年新規に納入されたばかりの車のはずだぜ。トヨタの最
高級車ってのはそんなにボロなのかよ。しかも、なんだ。「走行に
大きな影響を及ぼすものではなく」ってのは。突然機能不全で運転
不能になったのが走行に大きな影響を及ぼしたものでないってのが
トヨタの論理らしい。新車が突然ストップするってのは最高度の走
行に大きな影響だと普通は考えるけどな。トヨタの車は動かなくな
っても問題じゃないらしい。こんなクソ車買うのはよほどの馬鹿だ
けだな。

さすが労働者を安くこき使って利益だけを挙げるしか能のないクソ
企業らしいや。しかも、売国奴コイズミの政策を上手く利用して、
円安誘導のドル買いで莫大な利益を挙げながら国民への還元など一
切しない恥知らずのあの馬面奥田の会社らしいや。まあ、この原因
についてはコイズミ以来自民の狗と化しているテレビやマスゴミは
広告で大貢献の飼い主のようなトヨタ様だけに追及なんてのは一切
しないだろうがな。

ところでね、この御料車ってのはウィキペディアによると
…………
1967年以来御料車として使用されてきた「日産・プリンスロイヤル」が経年のため更新されることとなったが、同車を納入した日産自動車は現行車台をはじめ、御料車に要求される生産要素をめぐる判断から次代の車両納入を辞退した。その後、トヨタ自動車が新規車種の納入を提案したことを受け、2005年8月、同社の貴賓・要人向け大型高級車「センチュリー」をベースとした特別生産車「トヨタ・センチュリーロイヤル」の採用が決定。2006年7月7日以降、宮内庁に順次納入され9月28日の臨時国会開会式臨席の際から使用された(元は8月15日の全国戦没者追悼式から使用される予定であった)。
全長6.155メートル、幅2.05メートル、高さ1.77メートル、車両重量2.92トン、8人乗りのリムジン。
同車の特別仕様として、側扉は天皇・皇族らの乗降や案内に資する観音開きを採用し、式典時における沿道からの注目に、後席の天皇・皇族らの姿がより明瞭に開かれるよう、後扉窓・扉後方窓の窓枠を一体的に拡大している。
内装には、天井に和紙、座席に毛織物、乗降ステップに御影石、その他に天然木などの自然素材が使われている。
価格は1台5,250万円(税込)。宮内庁はプリンスロイヤルの台数と同じ5台の購入を予定していたが、国の財政状況を考慮し、1台減の4台(うち寝台車1台)となった。
一部の大企業や富裕層から、特注車としての一般向け販売を希望する声も見られるが、トヨタでは同車を御料車専用車種と位置付け、一般販売は行わない方針である。
…………とのこと。つまりはまだ1年ほどしか使用してない訳だ。

今の車ってのはね、1回目の車検が3年目。ほとんどの日本の車は
その車検で何もしないですんなりと車検を通るほど出来が良いんだ
よな。ちなみに私の愛車であるマツダの日本ではまるで売れなかっ
た素晴らしいスタイルの性能も抜群のランティスだが、94年11
月に新車購入して以来大きな故障ゼロ。経年変化する部分を交換し
たぐらい。今回の13年目の車検もとくに問題なしで通過だぜ。そ
れが1年目で突然ストップする車なんてはっきり言ってゴミだろう
が。それが1台5000万円だと、ふざけるんじゃねえよ馬面の奥
田のトヨタよ。5000万円も税金ふんだくっておいて、どこまで
安物部品使ったんだ。どうでも良い見せかけ(その見せかけだけに
金かけまくって本質はカローラと同質のレクサスなんて糞車でB層
国民を騙しまくってボロ儲けしているわな)だけに金かけたんか。
皇太子の乗る車ってのは、緊急の場合を考えてストップなんかした
ら、それこそ腹切りものだぞ。売国奴コイズミの売国政策で自社の
金儲けしか考えない売国企業トヨタらしいクソ車を皇室に売りつけ
た(実質は税金泥棒だが)もんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

ミシュランガイド東京版はやはり買う必要はまるでないようで

22日に発売されたミシュランガイド東京版だが、書店に立ち
読みに行ったら、すでに売れ切れとか。そんなに皆さん馬鹿高
い食堂に行っているんかいな。これもブランド信仰というべき
日本人の付和雷同の見本か。

立ち読みできなかったのでどのような構成になっているのか判
らなかったのだが、ネット情報やテレビでの情報でどのような
書き方をしているかは把握できた。1店が2ページ構成で、左
側に写真が、右側に文章なんだが、その文章が料理の評価自体
があまりなくて、歴史など店のこと自体がかなり多くを占めて
いるようだし、メニュー内容、その値段、場所情報にしても情
報としてはまるで役立たない代物のようだ。と言うか、フラン
ス版ミシュラン(地図たっぷり、文章・写真なんてなし)とは
まるで違う水増し版だよ。

だいたい、フランス版のミシュランガイドはたしか1ページに
店が写真も紹介文章もなくかなりの数の店が掲載されていたわ
けで、東京版の構成はちょっと水増しすぎる。たった5人で1
年半で1500店を調査したとか言っているが、かなり眉唾だ
な。言うだけはいくらでも言えるわな。調査員自体がまるで不
明なんだし。とにかく東京版を出すために適当に選んだ店を適
当に食べ歩き、ともかく150店ぐらいになったので300ペ
ージ程度の本にまとめられるので本にして、馬鹿な日本人から
カネをふんだくる急ごしらえとしか思えない本だ。

それよりも、唯我独尊のフランス人らしい本とも言える。もし、
フランス国内のフランス料理店を日本人が食べ歩いて、それを
格付けする本をフランスで発売したとしたら、フランス人たち
はどういう反応をするんだろう。例えば、その本の名前が「ブ
リヂストンガイド」なんてしたら頭から馬鹿にして吐き捨てる
んじゃないだろうか。それを突然に日本の日本料理、寿司なん
ていう日本人の微妙な舌でしか真価は判らないようなものまで
土足で踏み込んで格付けしているんだものな。なんでもソース
で素材の味をスポイルする料理ばかりのフランス料理で味わい
DNAを育てられたフランス人が醤油、味噌主体で素材の味を重
視する日本料理の本質を理解できるってのが根本から疑問な訳
でね。だいたい一般のフランス人庶民が食っている食事とワイ
ンの不味さと言ったらかなりのもんだぜ。安くても美味い台湾
などのシナ料理とは別ものだしね。はっきり言って西洋人の庶
民の食っている食べ物はエサに近いしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最大のテロ軍団のボス猿ブッシュの尻舐め狗の一匹豪州ハワード首相が総選挙で落選の楽しいニュース

世界最大のテロリスト軍団のボス、猿ブッシュの尻舐め狗の一匹
であるオーストラリアのハワード首相が総選挙で落選という楽し
いニュースが南半球から飛んで来た。

時事通信ウェブによると
…………
2007/11/26-12:51 ハワード氏落選、「刺客」に屈す=現職首相の敗退は史上2人目−豪総選挙
 【シドニー26日時事】24日行われたオーストラリア総選挙で、野党労働党に大敗した与党保守連合のハワード首相(68)が、労働党の「刺客」である女性新人候補マキシン・マキュー氏(54)に敗れた。豪州で現職首相が落選するのは1929年以来で、史上2人目。歴代第2位の長期政権だったハワード氏は最後に不名誉な記録を残すこととなった。
 選挙区はシドニー北部のベネロンで、ハワード氏が74年の初当選以来守ってきた議席。選挙戦は接戦となったが、26日までに選挙委員会がマキュー氏の勝利を確定した。
…………ということだね。現職首相の落選がオーストラリアでは
78年ぶりね。しかも長期政権の首相がだ。これはオーストラリ
アの国民も相当に米猿ブッシュの狗状態の馬鹿政治屋に頭に来た
ということだろう。

しかし、B層国民だらけの日本ではこんな楽しい事態が実現する
のは無理なのか。あのイラクの場所さえ知らない無知の固まりで
ある山本チビタとかの参院議員を選んでしまうB層国民だらけの
群馬県民ではオランウータン顔のただの世襲だけで首相になった
老害福田を落選させるなんて出来ないよな。

それにしても今回の豪州総選挙での与党敗退は意義が大きい。イ
ラクからの部隊撤収が公約の労働党ラッド党首が、猿ブッシュの
盟友ハワード首相の保守連合(自由党と国民党)を破ったんだか
ら。ラッドは来年中にイラク駐留部隊のうち戦闘部隊を撤退させ
ることになるだろう。

日本のマスゴミはこのハワード敗退をあまり突き詰めて報道しな
いんじゃないかな。なにしろ、売国奴コイズミに尻の毛まで抜か
れて腑抜け状態の日本のクソマスゴミだ。民主党小沢が国会を欠
席したら大きく問題視するくせに、売国奴コイズミが国会欠席し
てもまったく知らん顔だものな。先日のコイズミがユダヤ外資が
シンガポールで開催の洗脳講演会の講師として外遊、日本破壊が
まだ足らないからもっとカイカクだとカネたんまり貰って絶叫し
たまさに売国奴の証明の時でさえ無視だったからな。

この日本破壊しか脳のなかった売国奴コイズミこそ世襲議員とし
て税金を喰いものにする奴の見本なんだが、このコイズミがハワ
ードみたいに落選する姿を見る時こそ日本復活の時だろう。横須
賀あたりのコイズミ地盤のB層国民も少しは目覚めろよ。いつま
で最低のクズ野郎を議員にしておいてテメエらの生活を破壊させ
ているんだよ。

あともう一人究極のボケナス世襲議員の典型政治屋がいるな。年
金問題を菅直人の責任だと思い切りのアホこいたりとにかく底抜
けの馬鹿らしく首相の座を仮病で無責任に放り出したアホのアベ
シンゾーだ。こんな究極の馬鹿をさらに議員の座に据えてしまう
ようなことをすればまさに山口県民のアホの証明なんだが、山口
県庁の平民を見下ろすような建築のあり方を見ただけで山口県民
のB層国民ぶりは明白だし、まあアホのアベシンゾーを落選させる
なんて理性的な行動を取れるわけないよな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

なんだか興味減退し、ほとんど見ないうちに終わってしまった大相撲九州場所

昔から大好きな大相撲。体重に関係なく、多彩なわざとテクニックで
小が大をあっという間に倒してしまう勝敗のはっきりとした短時間で
勝負の決まるその潔さが好きで、これまでNHKの中継は時間がある限
りほとんどを見た来たのだが、なんだか今回の大相撲九州場所はほと
んど見ることもなかった。知らないうちにあっけなく終わってしまっ
た感じだ。

朝青龍を巡る相撲協会のグダグダの対応。それに続いてのシゴキ殺人
事件での警察、協会の対応の曖昧さと、相撲を巡る不祥事が多すぎて
急速に興味が減退してしまったのだ。興味がなくなると、まったくそ
のものがどうでも良くなる。朝青龍のヘタレぶりには、モンゴルから
戻って来る必要性を全く感じなくなっているし、大相撲自体が消滅し
ても全く構わない心境になっていた。そこでの九州場所だ。

いつもも中継見るためにテレビの前にすぐ座るのが、全くなくなって
しまって、時々ちらっと見る程度。館内の様子をテレビで見ると、客
がまるで入っていないようで、やはりファン離れが厳しいようだ。あ
の体たらくの対応しか出来なかった北の湖理事長などがいまだにのさ
ばっていてはファンから見放されて当然だろう。

千秋楽の今日も、なんと盛り上げるべき大関の千代大海が休場という
アホらしい限りの状態になり、試合前に横綱白鵬の5回目の優勝が決
まる醜態。これでは白鵬も優勝が決まって勝負はどうでも良くなるだ
ろうと見る気も起きなかった。予想通り、白鵬は気の抜けた試合ぶり
で敗退だ。千秋楽を家にいてテレビで見なかったなんてのは20数年
ぶりだろう。それほどどうでも良くなっているのだろう。今日はその
時間帯はNHKBSHiがメトロポリタンオペラのロッシーニ「セビリアの
理髪師」を放送していたのでそちらを堪能。アルマヴィーヴァ伯爵を
人気のフアン・ディエゴ・フローレスが歌うんだから気の抜けた大相
撲なんてまったくどうでもいいものな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

船場吉兆事件に見るブランド信仰のアホらしさ。吉兆でも超有名な京都吉兆のお笑い通販

船場吉兆事件はブランド信仰のアホらしさを典型的に示す事件。
ブランドさえあれば中身は関係なくてもボロ儲け出来る構造が
鮮明に示されている訳だ。しかも、矜持のあるべきそのブラン
ドの経営側が不祥事の責任を回避して、責任を従業員や出入り
業者に転嫁してしまうなんていう屋上屋を架すアホぶりを満開
している。まさに政治の世界での世襲議員のアホぶりと同列だ。
世襲議員てのも一種のブランド信仰。しかし、その世襲議員の
典型である売国奴コイズミ、アホのアベシンゾーなんてのは馬
鹿丸出しで日本を破壊しまくってもその責任を感じるどころか、
野党や国民に責任転嫁だしな。

しかし、吉兆てのは料亭としては滅茶苦茶歴史がある訳ではな
い。京都なんかにはウン百年なんてのもある。料亭じゃないが、
お花やお茶の家元制度ってのが日本で昔からあるブランド商売
の頂点。なにしろ、家元の頂点にいさえすればいくらでもピラ
ミッド構造の下部からカネが転がり込んで来る訳だ。その家元
に生まれれば、よほどの馬鹿でない限り一生、子々孫々安泰な
訳だから凄い。

その家元制度に近いのも歴史ある料亭だろう。料理ってのは作
曲や絵画のように天性の才能がある種必要だろう。しかし、家
元制度的なものになっている老舗料亭は生まれただけで、その
料理の才能があるかのごとき扱い。その料亭の家元制度的なも
のをうまく取り入れた商売上手が吉兆の創業者だったと言える。
料理の才能に関係なく、息子、娘すべてに吉兆の暖簾分けをし
て吉兆だらけにした商売上手なんだから。

その商売上手DNAの才能を最大に発揮したのが船場吉兆なんだ
ろうな。マスゴミなどの情報では船場吉兆は馬鹿高い値段のカ
レーなんてのまで発売して金儲けに励んでいたそうな。そんな
ものに騙されてコストパフォーマンスゼロのものを有難く買っ
て行く馬鹿が多い日本も結構な国だが。

ところで、吉兆と言えば一般的に有名なのはなんていっても嵐
山に料亭がある京都吉兆だろう。創業者の孫である徳岡某なん
てのがマスゴミや宣伝マンである料理評論家なんてのから信じ
られないほど持ち上げられているしね。

ということで、貧乏な私には関係のない京都吉兆ではあるんだ
が、ネット時代ってことでその京都吉兆のことはすぐに判る訳
だ。そのサイトを見てみたら、11月の料理でランチが367
50円。3675円じゃないよ。3万7650円ね。その中身
を詳しく書いてある。よほど凄く高い素材を使うんでしょうね。

それにしてもすごいや。接待以外誰が使うちゅうねん。個人で
これに金出すってのはよほどの金余りか馬鹿か。夕食は同じコ
ースで4万2000円。(ところで、昨日はアリオ西新井でま
た映画観たあと、遅めの昼飯を軽く食べようと歩いて10分弱
にある焼き肉屋「長興屋」ってとこへ。足立区デフォルトのス
タミナ苑レベルのボロ屋。そこで焼肉5皿、キムチ、焼き飯食
べて腹一杯になり3800円弱ね。
実質値段は京都吉兆の10
分の1で、味も大満足)

そのランチと夕食の値段の違いについてサイトで断り書きが書
いてある。それによると、「36750円と42000円の違
いは、品数が一つ増え、一つ一つの料理が充実することです」
だとさ。充実するってね、36750円でも夕食ほどは充実し
ていないって言っている訳で、京都吉兆では36750円出し
てもランチで充実した食事を出さないってことなんかい。凄い
ボッタクリだわ。その料理の説明で、椀もので「集中を要する
仕事です」と書くが、家庭の主婦でも集中して料理しているが
な。さらにご飯を「アルデンテに仕上げ」と来た。吉兆のご飯
はパスタかい。

さらに笑えるのは、京都吉兆のオンラインショッピング。通販
までやっているってのがさすが商売上手吉兆。
しかも、その中
身がもうお笑いの領域。かなり客を馬鹿にしている。馬鹿にし
ているのは通販の客だけでなく、馬鹿高い料亭料理を食いに来
る客もだろう。

そのオンラインショッピングのなかに、「ご提案商品」っての
がある。これがもうマンガの世界。その趣旨に「ここでご紹介
する商品は、同じ吉兆の商品でもデパートでも購入することの
できない、オンラインショップ限定商品です。皆様に、嵐山吉
兆にて実際に使用している物や調味料を体験いただき、今の時
代はもちろん、先の世代を担う子ども達が生きていく為にそし
て育むために『本当に必要なものは何か』を選ぶ"基準"みたい
なものを考えるための捨て石に成ればと思っております。」と
来たもんだ。どれだけ凄い商品を売ってはるんやと思いきや、
その情けなさにドッチラケ。もうほとんど場末の香具師並み。

まず、デパートでも購入することができない商品てね、どれも
これもネット通販でどこでも買えるがな、ボケなすが。そして、
「本当に必要なものは何か」を選ぶ基準ってね、ここに出てい
る商品のどれもこれも“本当に必要”なものは一つもねえよ。
笑える一例だが、火消し壷なんて吉兆通販で買ったら料理の味
が変わるんかい。どこかのネット通販でも山のように火消し壷
は売ってるわ。

しかも、「捨て石に成れば」とくると、もう腹抱えて笑うだけ。
捨て石って何だよ。ここに載っている商品を買う奴は捨て石に
なるってことだろう。それはつまり買って損したことになるっ
て意味じゃねえのか。なんだか論旨ハチャメチャの京都にある
馬鹿高い料亭の言葉とも思えない変な日本語だわ。私は絶対に
吉兆の金儲けのための捨て石には成りたくはないね。この程度
の感性の商売している高卒の徳岡某が偉そうに蘊蓄垂れるのを
有り難がって掲載しているグルメ雑誌なんてのもお笑いだね。

だいたい、「吉兆と同じ炭を使って、愛する人に気持ちを伝え
よう」って、12個420円のどこでも売っている着火剤をネ
ット通販しているなんて恥ずかしくないのか。着火剤や炭を京
都吉兆のネット通販で買って使うと、吉兆気分になって愛する
人が幸せになれるって発想が何ともセコくてみすぼらしいばか
り。こんな発想で商売している京都吉兆ってのもお馬鹿の見本
だね。12個420円の貴重な着火剤を使用している京都吉兆
の36750円のランチをみんなで食いに行って、カネの超無
駄遣いをするのも内需拡大には役立つわな。京都吉兆の進物品
もなかなかのお勧め品ですよ。しゃぶしゃぶ用牛肉180グラ
ムで12600円なんてゴージャスですね。



20071124_2  




















Photo_2






Asahicom_20071124








2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

商売上手なミシュランに踊らされる自称グルメたち

夕刊フジウェブを見ていたら、今日発売の東京版ミシュランガ
イドに関して、六本木で21日深夜に発売カウントダウンイベ
ントが開かれたんだって。

それによると、
…………
東京・六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」で開かれた発売イベントには、同ガイドの総責任者ジャンリュック・ナレさんも参加し、集まったファンらとカウントダウン。約500人が午前零時の発売開始と同時にガイドを手に取り、レジに行列をつくった。購入を待ちきれず、列に並びながら目を通す人も。
 同店広報は「1冊の本のためにこんなに行列ができたのは開店以来初めて。深夜にこれだけ人がいるのも見たことがない」と目を丸くした。
…………とか。
なんだかまるでパソコンの新OS発売に並んで
パソコンソフトのバグフィックス検証のためにわざわざ金出
して生け贄になるのに驚喜しているのと同じか。この寒い時に
たかが馬鹿高い食堂案内を買うために並ぶってかなりの馬鹿が
多いようだ。さすがアホが深夜に山のようごった返しているク
ソタウン六本木らしい。

それより、ディナー1人前食うだけで数万円するような食堂を
推薦している本を買うために寒風の中並ぶような奴がそんな食
堂に行くか。並んだ500人てのはなんだか侘しさ漂うばかり
だ。ミシュランも金もなくてその手の食堂にも行けそうもない
馬鹿な貧乏な日本人がたっぷりとミシュランガイドを買ってく
れることが判って万々歳だろう。

ところで、ミシュランの記者会見があったニュースなんかで星
3に格付けされた「すきやばし次郎」の80歳を超える老人店
主(80なんて年になれば味覚も手の動きも衰えて来るから普
通分を弁えて引退するんだけどね)と並んで山本益博が並んで
写っているのがあったが、どうして奴がしゃしゃり出てくる訳。
あれ見ただけで今回のミシュラン胡散臭さがフンプンだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

大江健三郎「沖縄ノート」名誉毀損裁判巡る曾野綾子の低能ぶり、文学者失格ぶりを鋭く指摘する山崎行太郎ブログが面白い

大江健三郎の「沖縄ノート」をめぐる名誉毀損裁判は戦争と
責任を追及する問題のひとつとして興味津々の裁判ではある
が、それを巡って自称愛国保守の曾野綾子らが馬鹿丸出しの
論説をしている。それらを徹底的に馬鹿扱いにして、曾野綾
子の文学者失格ぶりを鋭く抉っているブログがあった。文藝
評論家山崎行太郎のブログなのだが、裁判の根本部分を根幹
から曲解している曾野綾子、その論調に乗っている人間たち
のアホぶりを徹底的に氷解してくれる。しかし、この馬鹿そ
のものの曾野綾子らが売国奴コイズミらをまさに強力に支持
してマスゴミに曲学阿世の論を撒き散らし、日本破壊を手助
けしたのだからどこまでも売国の自称保守な訳だ。

その山崎行太郎の沖縄ノート裁判を巡る曾野綾子らへ向けて
の批判は
大江健三郎を擁護する

誰も読んでいない「沖縄ノート」

大江健三郎は集団自決を記述したか?

梅沢裕は朝鮮人慰安婦とともに米軍・・・・

曾野綾子の誤読から始まった
 
と詳細に鋭く続く。これらを読むと、曾野綾子っていう自称文
学者が漢字も読めない、文脈も理解できない究極の馬鹿である
ことが鮮明になる。

PS:さらに11月22日付けでこの裁判に関する記事が3本追
加になっている。
渡辺昇一よ、お前もか。「沖縄ノート」読まずして・・・・

池田信夫君、頭は大丈夫か?

池田信夫君、逃げないでね。気味の日本語は大丈夫か?

さらに23日付け以降でも攻撃強化して

池田信夫君が自爆、尻尾巻いて、逃亡宣言・・・

曾野綾子と宮城晴美の同一性と差異性

曾野綾子「ある神話の背景」は歴史的実証に耐えられるか

曾野綾子の「誤字」、「誤読」の歴史を検証する

池田信夫における「墓穴の掘り方」の研究

「ネットイナゴ=池田信夫君」の「恥の上塗り」発言

「曾野綾子誤字・誤読事件」のてんまつ

曾野綾子における「マサダ集団自決」と「沖縄集団自決」・・

曾野綾子の「沖縄差別発言」を総括する

曽野綾子の「誤字」は今月号(1月号)にも

これらの一連の記事は読めば読むほど自称愛国保守の馬鹿ぶ
り満開で実に楽しい記事だ。それにしてもだ、こんな知性の
欠片もないような自称作家曾野綾子程度の輩があのコイズミ
なるゴロツキ政治屋やアホのアベシンゾーなんてのを愛国政
治家のごとくに褒め讃えていた訳なんだから全く失笑ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ミシュランガイド東京版が発売へ。3つ星店が8店とか

世界的なグルメ情報誌ミシュランがついに東京版を発売とか。そ
の22日発売に向けて19日に記者会見があり、東京の調査結果
が発表になった。東京で星付きになったレストランは和洋中総計
で150店。その内星3が8店、星2が25店とかで、あと11
7店が星1。他の都市なら星なしレストランも掲載されているの
だが、東京は世界でも有数のグルメ都市のようで、星なしは掲載
なしとかの異例の措置。

この手のレストランガイドなんてのは昔からの文春が出していた
ものとか、料理評論家の山本益博のものとか、海外から進出では
ザガットなんて山のようにある。でもね、料理なんてのは素材が
高ければ価格が高くなって行くのが基本なんで、高額店ほどどの
案内書を見ても評価が高くなるのは当たり前だ。ディナー1人前
で数万円も取られて不味かったら怒り狂うだろう。1000円も
出せば腹が満たされて美味しい料理屋なんていくらでもあるんだ
から。バブル当時は頻繁にフランス料理店なんて行っていたが、
最近は居酒屋やB級グルメのほうが楽しくなっているこちらとし
てはどうでも良い評価なんだが。しかし、このミシュランにもう
な丼の店(うなぎとしては他にいい店あるのだが)なども入って
いるし、この本片手にリーズナブルな価格のメニュ主体にグルメ
歩きも楽しいだろう。新橋の「ひろ作」なんて夜は高いが(ミシ
ュランは当然夜の料理評価だね)、ランチはおいしいそばコース
なんて良いしね。でも、ご近所北千住には、立ち飲み割烹「徳多
和良」なんてあまり知られたくない安くて美味しい店があるわで
下町グルメのほうがやはり楽しいね。

今回のミシュランにしても、まあそのいわゆる高額店ばかりだ。
庶民が自腹で家族一緒に行くなんて雰囲気の店ではない。庶民で
も記念日とかにたまに贅沢するときに行く程度の店ばかりだ。だ
いたいこういう店ばかりで毎日食っていたらメタボリックへ一直
線だろうし、普通はよほど金あまりじゃなきゃ行けないわな。フ
ランス版ミシュランの星3のレストランなんてのには大金持ちが
ヘリコプターで乗り込めるようにヘリポートまであるような店が
あるぐらいだ。

今回の選定で日本料理がかなり多いのが意外で、日本料理の凄さ
が高く評価されているのがなかなかに好印象。フランス料理やイ
タリア料理で人気だけが一人歩きしているようなボケ料理店が星
ひとつにも評価されていないのが他の案内書とは異質だね。そう
いう意味ではたまに贅沢して高い料理でも張り込んでみようと思
う時には役立つ案内書とは言えそうだ。星3になっている店にし
ても若手の高額ではあるがリーズナブルと言えそうな店も入って
いておもしろい。しかし、5人の調査員のうち3人がヨーロッパ
人であり、どこまで日本食を判っているか疑問もあるが。

それより、だいたい料理評論家山本益博の案内なんて、タレント
並みに衆知の人物が食いに行けば店の対応も当然最初から違う訳
で、その店としては特別の客に作った料理で評価自体が意味がな
くなっている。ミシュランガイドは一応信じるとすれば、完全に
匿名状態で食している訳で、その信頼度は一応高いともいえるだ
ろう。ただ、味覚は人それぞれだし、料理もその時点一回限りな
ので、評価通りの味がいつも確保されている訳でもないが。今回
の星3の中でもすきやばし次郎にしても、大昔に一度いわゆる一
人前握りを昼間に食べたことあるが、値段のわりには別にどうっ
てことなかったしね。
(PS:この話題はネット上でもいろいろ書かれている。3星の食堂
等がネット上ではどんな評判なのかちょっと見てみたら、すきや
ばし次郎なんてこてんぱんだね。こちらなんかは大昔に一人前盛
り合わせを食っただけし、あの店ではそれ以上の金は出す気は全
く出ない訳で、カウンターに座ってお任せ食った人たちの反応は
やはり行く店ではないって感じだ。だいたいここの店主ってのは
山本益博あたりの自称食いもの評論家あたりから過剰に持ち上げ
られた人物だしね。それにしてもヤフーグルメでの感想読んだだ
けでもぼったくりも良いとこだね。20〜30分ほど雰囲気悪い

中で慌ただしく食って4万円とか払っているなんてね。、この
郎に関する食事感想ではブログ「酒徒善人」さんの記事がなかな
かに辛辣で面白い。

夕刊フジウェブの記事では150店全店が掲載されている。わざ
わざミシュランガイドを買うまでもなく、行きたい店をググって
必要な情報を判断すれば十分間に合うね。あとは立ち読みね。

Zakzak

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

温泉巡りドライブ旅行のつもりが、雪がかなり降って中止に

明日あたりから4〜5日ぐらいかけてのんびりと一人で温泉巡りの
ドライブでもしようと考えていたのだが、今日はあっという間に冬
のような寒さになり、東北などはかなりの積雪に。好きな只見川沿
いを北上して、喜多方から米沢に抜けて適当にブラブラと鳴子辺り
まで行こうとしたのだが、南会津方面でもかなりの雪になったよう
だし、あまりスピードも出せない状況になってしまって急遽中止に
した。

温泉好きでいつでも行きたいのだが、やはり11月に入って来ると
雪の予測は難しくなるし、無理してまで行くこともないやね。寒い
時は家でのんびりと読書に音楽、ビデオで映画の鑑賞などが良いよ
うで。しかし、地球温暖化、温暖化なんて騒ぎまくっているが、そ
の温暖化なんてのは本当なのかな。CO2と温暖化の因果関係なん
てのは証明されている訳でなし、あの夏の暑さもあっという間の雪
の季節に。学者によっては長い目で見れば現在は間氷期ということ
で、温暖化よりむしろ氷期へじわじわ向っているなんて説もある訳
だしね。温暖化危機論なんてのもどこかがたんまりと得をするガセ
でしかないのかもしれない。誰もが反論することがおかしいとされ
るようなことはたいてい騙しだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

映画的遊びに徹した映画馬鹿ぶりに大いに楽しめた映画米国版「グラインドハウス」

B級風味のアクションやホラーなんてのが大好きな身としては9
月初めから六本木シネマズあたりで公開されていたタランティー
ノ一家の「グラインドハウス」の米国版の2本一気上映は観たか
ったのだが、馬鹿高い交通費払い、アホが山のように徘徊する六
本木なんてクソタウンに行きたくもなかったので結局行かずじま
いに。それが、なんとご近所に出来たばかりのTOHOシネマズ西
新井で特別上映とかで先週末から公開だ。割引料金設定はなく、
シニアも子供も誰でも2000円。まあ、2本で2000円と思
えば良い訳で、行ってきました。

 ところで、グラインドハウスなんて言葉は全く知らなかったの
だが、B級映画ばかりを2本立て、3本立てで上映する映画館の
ことらしく、かつては全米大都市周辺に多く存在したとか。グラ
インドなんてつくぐらいだからセックスを匂わせている訳で、そ
んないかがわしい家ってことね。

 その手のB級映画上映館が大好きだったクエンティン・タラン
ティーノがグラインドハウスを蘇生させるのが狙いで、盟友ロバ
ート・ロドリゲスとアクション・ホラー映画を競作し、2本立て
の形態で米国では上映されたイベント映画。それが、日本では時
間を延ばしたバージョンを1本立てで上映した。一部の映画館で
だけ米国版の上映となったようだ。

 ロドリゲス監督作はゾンビ相手にサバイバル戦が展開されるホ
ラー・アクション「プラネット・テラー」、タランティーノ監督
作は車を凶器に女たちを血祭りにあげる殺人鬼と復讐に燃えるス
タントウーマンのカー・アクション映画「デス・プルーフ」だ。

 そのグラインドハウスの雰囲気を醸し出すために架空の映画の
予告編4編を付けたり、編集でわざとフィルムに傷を付けたり、
フィルム1巻が紛失したりとか、途中でフィルムが燃えてしまう
などのギミックを付加する凝り方。さらに、予告編もロドリゲス
監督のほか、ロブ・ゾンビ、エドガー・ライト、イーライ・ロス
とホラー系の監督がそれぞれ担当し、かなり大物のキャストが参
加して映画で遊びまくっている映画。

 予告編4編と本編2作で合計3時間強になり、しかも全編にわ
たってド派手なアクションに血飛沫がドッバーで、映画で泣きた
い人や感動したいとかの真面目志向な人は避けるのが良いんじゃ
ないかなという映画。

 まずは予告編「マチェーテ」だ。組織に裏切られた暗殺者ダニ
ー・トレホが組織に復讐するなんて内容で、実際にあったら観て
みたくなる映画。共演はチーチ・チョンで、監督はロドリゲス。
一気に場末の映画館で楽しんでいる気分に浸らせてくれる。

 続いて始まるのが「プラネットテラー」で、テキサスの田舎町
で陸軍部隊と科学者が生物兵器取引中にひょんなことから毒ガス
が放出され、謎のウィルスに感染した人間はゾンビ化して行く。
そのゾンビと戦うサバイバルアクションが全編に展開される。陸
軍部隊長がブルース・ウィリスだったり、作りもかなり金をかけ
ているが、わざとチープな雰囲気にして作り手が思い切り楽しん
でいる。金玉集めする科学者、狂気に満ちた医者、ガーターベル
トに差した注射器を武器に戦う女医などコメディタッチのキャラ
が山のように登場。その中でも超絶キャラがポスターなどでも登
場のローズ・マッゴーワン演じる女性。片足をゾンビに食いちぎ
られたのだが、自動小銃を義足代わりにして、ゾンビを撃退して
行くのだ。その戦いぶりが凄まじく多彩でカッコいい。ここまで
馬鹿に徹すると批判など超越してしまうのだ。

 この「プラネットテラー」が終わると、3本の予告編となり、
ロブ・ゾンビ監督「ナチスの人狼作戦」、エドガー・ライト監督
「ドント」、イーライ・ロス監督「感謝祭」とこれまたワクワク
するようなアホらしい内容の架空映画の予告編がずらり。しかも、
ウド・キア、ニコラス・ケイジ、ティム・ロビンスなどが嬉々と
して遊んでいる。

 タランティーノ監督作「デスプルーフ」は、改造パワフル車に
乗った殺人鬼(カート・ラッセルがこれまた凝りに凝ったお馬鹿
演技で笑わせる)が、最後はちょっかい出した女性スタントウー
マンたちにこてんぱんにやられてしまう超単純な映画。

 構成は若い女性たちの意味のないダラダラとした会話のあとに
突然怒濤のカーチェイスというのが前半と後半の2回趣向を変え
て繰り返される。女の子たちのアホな長ーい会話のあとに来る2
回のカーチェイスはかなりの迫力と面白さ。前半のカーチェイス
での女の子4人の死に方のむごたらしさなんか笑ってしまう域に。
後半のスタントウーマンたち(とくにボンネット上でスタント技
繰り出す本物スタントウーマンであるゾーイ・ベルがすごい)の
圧倒的な強さにはタランティーノ節が炸裂する。まあ、「不都合
な真実」のような偽善映画に感動しているような人は避けるのが
いいようで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

「スターダスト」は意外に楽しめたが、その予告で流れた「シンプソンズ」の声優陣にはなんじゃこらあ!!!

家から歩いて20分弱の場所にアリオ西新井なんて大きな
ショッピングモールが出来て、そのなかにTOHOシネマズ
が併設。映画館がまるでなかった東京の下町足立区に一気
に10スクリーンが誕生して、映画好きには大歓迎。東武
線、地下鉄使用して銀座くんだりまで高い交通費に鬱陶し
い電車なしですぐ映画館だ。

というわけで、上映している映画は日本中にあるシネマコ
ンプレックスと同じく似たような映画ばかりだが、まあそ
の手の映画を見る限りは便利ということで、かなりの回数
通ってしまった。ただ、単館ロードショーしているような
どうしても観たい映画がないのは残念だけどね。

シネマズで6回観たら1回は無料で観られるというのがあり、
すでに8回ほどになっていたので昨日は早速利用。観たの
は英ファンタジー小説の映画化「スターダスト」なるちょっ
と子供向けの映画かなと思っていたが、観てみれば大人向け
だね。子供向けとしてはちょっと趣が違う。でも、意外に楽
しめた。客はたった3人だったのがちょっと寂しかったが。

ロバート・デ・ニーロ、ピーター・オトゥール、それにミシ
ェル・ファイファーなんて大物が出演して乗りに乗った演技
見せているんだけどね。デ・ニーロなんて女装趣味の海賊船
船長で、ひげ面にドレス姿まで披露の悪のりぶり。ファイフ
ァーは老醜の魔女で大活躍と、ハリー・ポッターなんてのよ
りよほど楽しめた。ハリー・ポッターの最近作なんて観てい
る間中眠気襲来だったが、この作品眠気なかったもの。ただ、
主演の若い男優に魅力薄いし、その相手の星の女王様のクレ
ア・デインズが超ミスキャスト。妖精感ゼロで、引きつった
おばさん顔ではげんなり。この役こそ、先日観た「プラダを
着た悪魔」のアン・ハサウェイのような可愛さ満点の女優で
なきゃね。

映画は一応楽しめて意外な佳作だったのだが、数本上映され
た予告編の1本になんじゃこれはと映画配給会社のアホぶり
拝見。それは来月公開されるらしいアメリカのアニメ「シン
プソンズMOVIE」だ。20年ほど前からテレビで放送されて
いるアニメで、何回も観たことあるのだが、その吹き替えが
映画版ではまるで違うのだ。

テレビ版ではお父さん役をあのスーパーマンから始まりダー
スベーダーなど数多くの吹き替えで有名な大平透がやってい
たはずだが、それがなんと所ジョージと来た。あんな中途半
端な芸しかないテレビ界の寄生虫タレントを声優界の伝説的
存在の話芸の持ち主と変えてしまうとは、配給会社はアホし
かいないのか。しかもほかにも和田アキ子、ロンドンブーツ
の片割れ、ベッキーなどの起用を大げさに宣伝している。声
優の素晴らしい技術を馬鹿にしているとしか思えない。

もっとも、最近はテレビでの洋画放送時に話芸まるでなしの
でくの坊人気タレントを起用する(そういう時には俳優のイ
メージが変わるため一切観ないが)ことがよくあるので、そ
れと同じ馬鹿らしい話題作りなのだろうが、シンプソンズフ
ァンを映画館から遠ざける効果しかないことが判らないのだ
ろうか。馬鹿の極みだ。今回の予告編を観ただけで映画版シ
ンプソンズは観ないことが決定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

88歳のおばあちゃんがポーンと10億円を寄付の太っ腹。守屋や政治屋らのセコい奴らとは雲泥の差

アメリカ辺りじゃ寄付は成功した人間の社会貢献みたいなもの
で税金的にも優遇されていて多額の寄付をする人が多い。日本
では税金面などネックも多いが、その中でテレビニュースで取
り上げていた話題はカネに汚い政治屋、官僚、財界人らばかり
のなか一服の清涼剤。なんと88歳のおばあちゃんが自治体に
ポーンと10億円を現金で寄付だ。

スポニチウェブに出ていた記事によると
…………
88歳女性 現金10億円どーんと寄付
 ふるさとにどーんとビッグな恩返し―。神奈川県大磯町の横溝千鶴子さん(88)が
米寿の誕生日を迎えた16日、「教育やスポーツ振興に役立ててほしい」と生まれ育っ
た同県南足柄市に10億円を現金で寄付、市役所で贈呈式が行われた。
 市役所3階の会議室にピラミッド状に積み上げられた10億円は、1000万円の束
が100個で、重さは約100キロ。市の本年度一般会計予算の6・7%、教育費の約
53%に相当するプレゼントに職員らは思わず顔をほころばせた。
 横溝さんは旧南足柄村の出身。教育者の両親の元で育ち、戦後、高校教諭などを務め
た後、夫(故人)と調理場設備関係の会社を興し成功した。1999年にも地元の大磯
町に5億円を寄付し、障害者福祉施設の設立にかかわるなどしてきた。
 贈呈式で横溝さんは「ふるさとに恩返しできたのは人生最大の喜び。子供たちの教育
のため、命ある限り続けたい」と穏やかな笑みを浮かべた。南足柄市は寄付金で横溝さ
んの名前を冠した基金を設立し、スポーツや文化活動で活躍した児童・生徒の表彰や子
育て支援、教育関係の研究の助成などを行うという。
…………というものだが、すごいの一言しかない。テレビで会見
模様を放送していたが、節約がお金を貯める一番の秘訣とか軽く
おっしゃっていたが、こういう方を見ていると、防衛官庁のトッ
プにいながらその矜持も何もなく、ゴルフに接待などセコいお貰
いのタカリ生活をしていた守屋武昌なんていう恥さらしや利権ば
かりしか目になく、日本国家を破壊するだけで、税金に寄生する
コイズミらのような政治屋ら愚劣な奴らのいかにチンケなことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

参院での証人喚問で守屋武昌が宴席に同席した議員として久間と額賀の名前をばらしたそうな

昨夜はなぜか突然にワグナーのオペラ「ニーベルングの指環」を
ビデオで久しぶりに観てみたくなり、午後10時頃からまずは第
一夜「ラインの黄金」を観始めてしまった。ビデオと言っても今
は亡きレーザディスク版。演奏はサヴァリッシュ指揮のバイエル
ン歌劇場ライブ版。なんとLD11枚組だ。値段はと見ると税込み
82400円。消費税3%時代だね。もっともこんな高価なもの
自分で買った訳じゃなく、お仕事として見本盤で頂いたもの。

株式市場はサブプライムローン問題などでアホみたいに下落して
いるわ、政治は馬鹿なアメリカ傀儡の清和会なる売国集団の首相
が日本を破壊しまくってるわで面白くもない世界。しかし、オペ
ラは良いね。そんな馬鹿極まる世間を忘却させてくれる。とくに
ワグナーのそれもニーベルングはそのあまりに悠久の音の流れが
麻薬的だ。ラインを観始めて、結局ワルキューレの半分ほどまで
観て就寝。でも、ほぼ朝方になっていたので起床したのが午後3
時頃。参院で守屋武昌の証人喚問をしていたのも忘れていた。

その証人喚問だが、守屋が宴席に同席した議員の名前をばらした
そうな。時事通信ウェブの記事によると、
…………
2007/11/15-14:32 宴席同席は「久間、額賀両氏」=再喚問で守屋前次官−山田洋行社長証言・参院
 参院外交防衛委員会は15日午後、守屋武昌前防衛事務次官(63)を証人喚問した。前次官は、防衛専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務宮崎元伸容疑者(69)=業務上横領容疑などで逮捕=との宴席に同席した政治家について「久間章生元防衛相と額賀福志郎財務相ではなかったかと思う」と証言した。
 午前中に行われた参考人招致では、山田洋行の米津佳彦社長(60)が、宮崎容疑者による前次官へのゴルフ接待について「8年間で300回以上、1500万円以上」と証言した。
 守屋前次官は次期輸送機(CX)エンジン納入をめぐり、省内で「随意契約でいいじゃないか」と宮崎容疑者寄りの発言をしたとされる問題について、前回の喚問同様「そういう発言をした記憶はない」と証言した。
…………そうな。やはり、キュウマにヌカガね。誰もが思う通りの
名前。でも、この二人だが、衆院での守屋証人喚問のあとではた
しか宮崎と会ったこともないし、そんな宴席に出る訳がないとか
何とか完全否定していなかったか。守屋は偽証罪に問われる証人
喚問の場で証言している訳で、いい加減なことは言わないわな。
となると、いつもニタニタ笑いの締まりのない奴キュウマと、こ
れまで確か2回大臣辞任しているヌカガが嘘言っている可能性濃
厚な訳だ。

キュウマなんてのは先日の守屋証人喚問まではピンピンとニタニ
タしていたくせに証人喚問直後に心臓か頭かどこかが悪いとか言
って入院するとか言っていたよな。まあ、アホのアベシンゾーの
仮病での入院騒ぎと同類の政治屋らしい行動だが。福田も嘘言っ
たこと明白なヌカガなんてのを重要ポストの大臣にそのまま就け
ておいていいんかい。それより、この薄汚い防衛官僚を4年以上
に渡り事務次官に据え置いた責任者は誰か。あの売国奴コイズミ
じゃないか。久間を初代防衛相にして防衛省の看板まで書かせて
しまったのもコイズミ。しかもコイズミは横須賀というアメリカ
軍事利権の巣出身だ。いまも、カイカクが足りないなどとユダヤ
外資の手先ぶりを露見しているこのクソこそ日本劣化のすべての
元凶。

PS:この守屋証言に関して、ヌカガ財務相は15日、宮崎容疑者や
守屋前防衛事務次官との宴席同席について「全く記憶にない」と
述べたとか。宮崎容疑者からの接待についても「全くない」と全
面否定しただとさ。でもね、守屋は偽証罪に問われるかもしれな
いのに嘘つくかいな。嘘つくメリットがない。

一方で、町村官房長官は会見で「何ら問題ないと思う」との認識を
示す一方、民主党がヌカガの国会招致を求めていることには「どう
いう理由か。法案審議もしないで、理解し難い反応だ」と批判した
と、まさにKYそのものの典型的世襲議員らしいボケ発言。そんなに
出席が問題ないなら、ヌカガが嘘ミエミエの「全くない」発言をす
る必要もない訳だ。ヌカガにとって、宴会出席がいかに問題だった
かを自らの発言で証明しているアホらしさ。そのヌカガが否定した
くて仕方ないことを「何ら問題ないと思う」と国民愚弄発言しかで
きないボケぶりには自民党議員のコイズミに尻の毛まで抜かれてし
まった馬鹿ぶり露呈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月14日 (水)

売国奴コイズミ、アホのアベシンゾーと、二つの日本破壊の亡霊が13日は彷徨ったようだ

テロ特措法新法強行採決の衆院本会議に「はってでも出る」な
んてアホこいていたのが仮病で首相の座放り投げた世紀の無責
任男アホのアベシンゾーだ。よほど病気が悪化していて(国民
としては嬉しいことなんだが)、這ってでないと動けないのか
とまったく心配なんかしていなかったのだが、その心配無用の
通りに元気いっぱい、車椅子に乗って出てくる訳でもなく2本
の脚を動かして本会議にやって来た。どこが病気なんだよ、ふ
ざけやがって。

このアホのアベシンゾーは、本会議終了後、記者団に体調につ
いて聞かれると、「国民の皆さんに大変ご迷惑をかけたが、本
会議に出席できるぐらいまでには回復した。議員としての義務
を果たせるようになって良かった」と笑顔をまじえながら話し
ただとさ。どこまでも馬鹿の極みのクソらしくKYだ。病気でも
無理して厳しい労働をしている日本人ばかりなんだよ。それが
なんだ。たかが本会議に出席して採決に加わっただけで、義務
を果たしただと。本当にこの顔の皮膚が気持ち悪い色して垂れ
下がったクソは馬鹿そのものだ。お前の義務はさっさと議員を
辞任することだけ。もう政治家としての資質ゼロだということ
が鮮明になったんだから。このクソをまた議員に選出するよう
なことしたら、山口県の有権者がただのボケナスばかりという
ことの証明なだけだけどね。

このアホのアベシンゾーの日本破壊の師匠と言うかアメリカの
狗の親玉、売国奴コイズミがまたまた、日本破壊の元凶として
亡霊のごとく蠢いている。

時事通信ウェブに出ていた記事
…………
2007/11/13-18:13 次期衆院選「今後10年を規定」=小泉元首相が講演
 【シンガポール13日時事】自民党の小泉純一郎元首相は13日午後、シンガポールで開かれた米証券大手モルガン・スタンレー主催の国際会議で講演し、参院での与野党逆転を踏まえた今後の政治動向について「日本は程なく次の衆院選を実施するだろう。今後10年間の日本の経済と政治のビジョンを明確にする選挙になる」との見方を示した。
…………というやつだ。主催がモルガン・スタンレーだ。これほ
ど判りやすい図式はない。この手のユダヤ外資のために日本経済
を破壊し尽くしたのがコイズミ。たんまり手先としてのお駄賃は
手にしている上に、さらにこのユダヤ外資どものために洗脳講演
してギャラ手にする売国奴ぶり。こいつには日本を愛するって思
考は一切ないのだろう。そして、お仕えするユダヤ外資のために
衆院選はマジかと御託宣だ。ここまで開き直って売国奴ぶりを開
陳して汚いカネ懐にして行くゴロツキ政治屋ってのも空前絶後だ
わ。

読売新聞ウェブの記事によると、この講演の中でコイズミは
…………
自民党の小泉元首相は13日、訪問先のシンガポールで講演し「日本は改革をやりすぎたのではなく、まだ足りないという気持ちで、徐々に発言していきたい」と述べ、構造改革路線の堅持を目指し、政治活動を活発化させる考えを示した。
小泉氏は「新内閣(福田内閣)が道路特定財源に終止符を打てば一歩前進と言えるが、そうしなければ一歩後退だ」と語った
…………ときた。「カイカクがまだ足りない気持ち」なんだと
さ。こいつにとっては地方の経済疲弊、国民の生活困窮など屁
のゴトキもののようだ。とにかくユダヤ外資の日本資産強奪に
地獄まで協力のようだ。しかし、ここまで売国奴コイズミがユ
ダヤ外資の手先だとはっきりすることまでするってのは、コイ
ズミがどこまでも日本国民を馬鹿にし、B層国民扱いしている
証拠。最近の大連立巡るマスゴミの民主党叩きもそのためって
訳ね。こんなアメリカ傀儡のゴキブリに騙され続けた日本人っ
てのもよほど馬鹿だった訳だ。それでも馬鹿な国民だらけのよ
うだから仕方ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

新テロ法案採決で本会議へ「はってでも出たい」だとさアホのアベシンゾーが。まだ生きていたんだクソが

時事通信ウェブに出ていた馬鹿らしい記事だが
…………
2007/11/12-20:49 新テロ法案採決、本会議出席へ=「はってでも出たい」−安倍前首相
 安倍晋三前首相が、新テロ対策特別措置法案の採決が行われる13日午後の衆院本会議に出席することが12日、分かった。安倍氏の国会出席は福田康夫首相の指名選挙が行われた9月25日以来。安倍氏は首相在任中、海上自衛隊の給油活動継続に強い意欲を示していた経緯があり、周辺には「この法案の採決にははってでも出たい」と語っているという。
…………ということらしい。馬鹿らしい極みだ。何が「はって
でも」だ。売国奴コイズミの憲法無視の郵政民営化詐欺選挙で
騙しとった衆院の絶対多数を背景に、国民の声をまったく無視
して教育基本法改悪、防衛庁昇格など国会論議もまともにせず
に強行採決オンパレードの国会蹂躙を晒しまくった末に、テメ
エのあまりの頭脳の悪さに事態に対応できなくなっての首相の
座を無責任に放り投げて、「お母ちゃんボクもう駄目だよーー
ーん」と病院に仮病で逃げ込んでいまだにベッドに引き蘢って
いるのか、お家に引き蘢っているのか知らないが、仕事もしな
いクソ馬鹿野郎のくせに。まともに政治家の任務も果たせてい
ない税金泥棒なんだからさっさと議員辞職して、山口の田舎に
でも隠遁していれば良いんだよこのクソカスが。なにが「はっ
てでも」だ。ならば、はって出てこいや。

PS:これを書いたあと、ネットを徘徊したら、「ネトウヨのブロ
グ」っていうネットウヨのアホの見本のひとつが同じ記事を取り
上げて「安倍前首相は、歴代総理の中では最も日本のために働い
た総理といっても過言ではないでしょう。よくやったと思います。 
メディアの執拗な攻撃と、野党による批判、最後には演説すら野
次で中断させるような愚劣な敵に囲まれた中、よくやってくれま
した。安倍前首相には、またいつか、然るべき役割を果たしてい
ただきたいと思います」と、政治家としての存在自体がすでに消
えてしまった霞のような糞存在であるアホのアベシンゾーにいま
だに希望を抱いているなんてまったくアベ並のKYだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

外資の餌食となりますます資産を強奪されて行く日本。喜んでいるのは売国奴コイズミ一派だけ

サブプライムローン問題でガタガタしているアメリカ市場の
下落があると、それ以上に過剰反応してさらに下落していく
ばかりの東京市場。円高だから株は下げるなんてアホこいて
いる馬鹿もいるが、円高は日本の貨幣の相対価値が上昇なん
だから日本経済が評価されていること。サブプライムローン
問題なんてのは日本にとっては影響は軽微そのもの。ここま
で過剰反応するのは馬鹿らしい限り。しかし、現在の市場を
牛耳っているのは外資。そいつらの日本資産強奪が進むばか
りか。笑っているのは外資の手先みたいな売国奴コイズミ一
派だけだろう。

その売国奴コイズミの政策がいかに日本を破壊したかを論証
する本が面白いらしい。その書名は小野盛司『日本はここま
で貧乏になった』(ナビ出版)である。

その内容を簡明に紹介している方がいる。ブログ「神州の泉」
の12日付けの記事。
いかにコイズミが日本・日本国民のこ
とを考慮しないで、日本破壊に専念したかはすでにこの手の
本を読まなくても明瞭だが、克明な論証でさらに明白だろう。
他のまともな国なら、コイズミやタケナカなんて奴らは逮捕
され、隣の国あたりなら死刑判決でも出ているだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

芸能人ってのは日本地図見て県名もまともに解答できない馬鹿ばかりなんだねやはりね

今日も雨の中ぶらぶら歩いて20分弱のSC内にあるTOHOシ
ネマズ西新井へ映画鑑賞へ。今日はスピルバーグの秘蔵っ子
とされるシャイア・ラブーフ主演のサスペンス「ディスター
ビア」で、小粒でもピリリと辛い楽しめる作品だった。

そのあと、帰宅途中の居酒屋で一杯やってほろ酔い加減で帰
宅。そして、日曜日の夜の定番である教育テレビの午後8時
からの新日曜美術館を見ようとして、午後8時ちょっと前に
テレビのスイッチをオンにしたらたまたま10チャンネルテ
レビ朝日になっていて、芸能人たちが小学生のしかも低学年
並みの日本地理問題に回答をしていた。しかも、その問題が
あまりに馬鹿らしい幼稚園児でも判る程度の日本地図上の県
名を答えるなんていう地図を見たら1秒もかからないで判る
アホらしいもの。

ところがだ、日本地図が出されて、その一部の県がどこかを
答えるのに、この番組に出演している芸能人らが地図を見て
もほとんどが一瞬で答えられずに考えてしまっているのだ。
おい、県名など見た瞬間に判るだろうが。お前らどこまでア
ホなんだと、見ていて突っ込みを入れてしまい、あまりの馬
鹿ばかりに唖然として、午後8時まで呆然として見てしまっ
た。

日本人の一般的な知能レベルってのはこの程度なんだね。だ
からこそ、あの売国奴コイズミに郵政民営化なんていう歴然
とした詐欺に簡単に騙されてしまうってことなのか。

その馬鹿芸能人の愚かな答えとしては、例えば西川史子って
いうブス女が福島県を茨城県と間違っている。西川って医者
か何かじゃなかったか。医者なら大学ぐらい出ているんだろ
うが。それでこの程度の日本地理が判らないってのは、まと
もに医学部の入試に合格したって訳じゃない馬鹿なんだって
ことか。ほかにも京都府を和歌山県と間違ったり、青森県を
なんと長崎県と言ってしまう究極の馬鹿女とか、いかにこの
手のバラエティに出ている奴らの頭脳が低レベルかってこと
か。

松木安太郎っていう顔を見ただけで馬鹿だと自明の奴が栃木
県を茨城県と間違っているアホぶり。たしか松木ってサッカ
ーの解説とかしている奴だよな。茨城県にはかつて確かアル
シンドとかいうカッパ頭の外人選手がいて強かったなんとか
言うサッカーチームがあるだろうが。サッカー解説している
くせに、そういうチームの所在さえ判らないほどの馬鹿なの
か。さすがヘッディングばかりしていて頭脳が破壊されただ
けはある。

しかし、元からノイロンがまともに発達していない奴らだか
ら仕方ないとして、政治屋にもいたよな。イラク支援が日本
の義務なんて言って、アメリカの尻なめしていた群馬辺りに
巣くっている山本チビタとか言う参院議員な。テレビ番組で
イラクの場所がまるで分からなかったクソ馬鹿だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

切れ味鋭いアクションが高揚感満点のマット・デイモン主演「ボーン・アルティメイタム」

近所に6日に出来たTOHOシネマズはまったく便利だ。上映時
間の30分前に家を出て、ブラブラ歩いて行けば上映開始10
分前には指定席だ。東京の下町足立区の西新井に最新鋭設備の
映画館は映画好きにはワンダーランド。10スクリーンがあり、
上映映画数は20以上はあるから便利至極。毎日のように映画
通いだが、今日は待望の「ボーン・アルティメイタム」の鑑賞。

昨夜日本テレビでシリーズ第2作になる「ボーン・スプレマシ
ー」を放送していたので久しぶりに今日の鑑賞のために再鑑賞。
映画館で観たのがちょっと前になるので忘れている部分も多く、
なるほどなるほどで、ジェイソン・ボーンシリーズ第3作へ。

ロバート・ラドラム原作のスパイアクション大ヒットシリーズ
3作目で、一応完結編か。どうしてそれほど過去を自分の本名
さえ忘れてしまったんだと突っ込みたくなるボーンもついにア
イデンティティを確認できる訳だ。

主演はハーバード大卒のアカデミー賞脚本賞まで獲得している
知性派マット・デイモン。その知性派がこの映画のために体を
鍛えて取り組んだだけにあり、1作目「ボーン・アイデンティ
ティ」から目にも止まらないほどの必殺アクションを繰り広げ
て、イメージを一気に拡大させた。とにかくマット・デイモン
滅茶苦茶カッコいい。かつてはジミー大西クリソツぶりが揶揄
されていたが、ボーンシリーズではドンドンカッコ良さが急上
昇だ。

シリーズ物ってのはたいてい続編はパワーが落ちて面白さが下
落して行くもんだが、このシリーズだけは別格だ。話が3作す
べて繋がって行き、複雑化して行き、さらにアクションが過激
になっていき映画的興奮度、高揚度が濃厚になっているんだか
ら。一瞬の弛緩もなく展開するだけに観る時は体調万全で。

今回の第3作は第2作「ボーン・スプレマシー」と同じ監督の
ポール・グリーングラスが担当し、手持ちカメラ多用(そのた
めに揺れる場面も多く疲れるが)のスピード感ある展開、多重
視点から撮影した短いカットを叩き込むように編集した切れ味
鋭い映像がますます冴えて来ている。世界観光旅行的味わいも
ある世界の都市を舞台に、それぞれで繰り広げられるアクショ
ンが工夫を凝らしひと味もふた味も違っていて、ボーンが雑踏
の中を歩きながら携帯電話で指示を与えて行くなんていう地味
なアクションでさえ高揚感とワクワク感で大盛り上がり。

イギリスの駅を舞台にした新聞記者を守る逃避・追跡アクショ
ンのリアリティなどすごい。また、モロッコでの警察に追われ
ながら、殺し屋に追われる仲間の女性を救うために建物を飛び
移って行くボーンを追尾する変幻自在のカメラワーク。度肝を
抜かれるのはラストのニューヨークでのカーチェイス。カーア
クションの時間自体はそれほどないのだが、スタントマンの究
極の技と度胸がはじけ散るような凄まじく強烈で濃密なカーア
クションで、「フレンチ・コネクション」で犯人が乗る電車を
追うカーチェイス以来の興奮度。

それにしても格闘シーンでもマット・デイモンの動きは素晴ら
しい。よほど鍛えたのだろうが、あまりに動きが速くて何が起
きているのかよほど凝視していないと判らないほど。このハイ
スピード感あるアクションは撮影、編集、そして切迫感溢れる
音楽も相俟ってかつてないワクワク感をもたらす。さらに脇を
固めるキャストもマット・デイモンに劣らず地味系なんだけど、
それがリアリティさを生じさせている。これでこのシリーズが
終わってしまうと思うとちょっと残念だ。ジュリア・スタイル
ズが良い笑顔を魅せるラストの終わり方などから観ると、さら
なる続編がある可能性なきにしもあらずかな。この映画のデイ
モンを観ると、ハリウッドで一番カネになる俳優ってのも納得
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の寡占電気企業サムスンが日本で一般消費者向け販売から完全に撤退したようだ

パソコンネタ続きになるが、韓国の寡占電気企業サムスンが
日本での一般消費者向け販売から完全に撤退したようだ。韓
国や海外では安売りなどで日本企業を脅かしているサムスン
もさすがサムスン以上の技術力などを有する電気企業がひし
めく日本では太刀打ちできなかったようだ。

サムスンのホームページに出ていたニュース記事ではじめて
判ったのだが、10月末で完全撤退し、法人向け販売だけに
なったようだ。

そのニュースによると、
…………
2007.9.18
サムスンダイレクトサービス終了のお知らせ
平素より「サムスンダイレクト」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
  さて、2000年3月から運営を行ってまいりましたサムスン製品のオンライン直販サイト「サムスンダイレクト」ですが、誠に勝手ながら2007年10月末を持ちまして、すべてのオンライン直販サービスを終了させていただくことになりました。
 ご愛顧いただいておりますお客様には、多大なるご迷惑をおかけいたしますことを謹んでお詫び申し上げます。またこれまでご愛顧をいただき、また多くのご意見・ご要望をお寄せいただき誠にありがとうございました。
  なお、これまで「サムスンダイレクト」を通じてご購入いただきました製品のアフターサービスに 関しましては、これまでと同様に通常通りの体制で継続運営いたしますのでご安心ください。修理・故障・部品交換等につきましては、下記のお問い合わせ窓口までご連絡ください。
  お客様にはご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ありません。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。
 <製品のアフターサービスに関するお問い合わせ>
フリーコール(無料) 0120-327-527
受付期間 : 9:00〜17:00(平日のみ)
…………ということのよう。ついでに凶悪犯罪し放題
の在日も南か北に勝手に帰ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップデートされたiTunes7.5が変だ。ジャンル名の英語が勝手に日本語になってしまい、曲がフォルダから消える。頭にきたぞ

数日前にアップデート版7.5が公開されたiTunesなんだが、おか
しなバグがある。曲を再生すると、再生した曲のジャンル名が勝
手に英語から日本語に書き換えられてしまうのだ。しかも、英語
ジャンルのついているフォルダから曲ファイルが消滅して、日本
語ジャンルになったフォルダに移動してしまうのだ。

例えばだ、Classicalならクラシックに、Jazzならジャズという具
合にだ。こんな変更をパソコンソフトが勝手にやってしまうので
は困ってしまう。相当ひどいバグだ。しかもKayoukyokuとつけ
たジャンル名は英語のままだし、実にいい加減な動きになってし
まい、せっかく英語で統一したジャンル名が統一感ゼロに。

このアホみたいなバグを確認せずに、Windowsパソコンのほうの
iTunesもアップデートしてしまい慌ててしまった。そちらのほう
が膨大な量の曲が入っているからだ。しかし、再生してみたら、
iBookで再生した時のように英語から日本語への変化はWindows
のXP仕様のパソコンでは発生しなかった。

Apple関係のブログなどちょっと徘徊してみたら、やはり同じよ
うな症状があるらしいので、Appleパソコンだけに生じているよ
うだ。Appleが作ったソフトでAppleのパソコンだけで不具合な
んてかなりお笑いだ。AppleパソコンでiTunesを使っている人
はバージョン7.5にはアップデートしないようにね。頭に来るよ。

PS:この書き込みの数日後、iTunesをいじっていたら、超簡単に
この仕様変更を回避する仕方が判った。ミュージックライブラリ
ーのジャンル名で例えば「Classical」を選び、そのジャンルの
すべての曲ファイルを選択、「情報」をクリックし、その中の
情報タグの「ジャンル」で「Classical」なら、「classical」と
大文字のCを小文字のcに1文字だけ変更する。そしてOKクリッ
ク。それで選択したすべてのファイルのジャンル名が変更されて、
そのあとは再生してもジャンル名が勝手に書き換えられることは
ない。数分で解決だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

大連立騒ぎを巡る世界一の発行部数だけが自慢のゴミ新聞の自民の狗状態の馬鹿ぶりを“きっこ”が連日罵倒

小沢代表辞任表明騒動になった自民が政権維持を図るためだけに
画策した大連立構想。連立を持ちかけたのは自民だとはっきりし
ているのに、世界一の発行部数だけが誇りの資源の無駄遣いの極
致であるゴミ新聞読み捨て新聞は狂ったように自民の尻舐め馬鹿
記事オンパレードだ。その馬鹿ぶりはネットで読めば一目瞭然な
のだが、どんなことを馬鹿記事を書いているかを書くのも馬鹿ら
しいほどのアホのアベシンゾー状態になっている。

その馬鹿マスゴミの資源の無駄遣いゴミ新聞読み捨て新聞の自民
の狗ぶりをあの“きっこ”が連日に渡り罵倒しまくってくれてい
る。大連立推進の読み捨て新聞罵倒はきっこにおまかせだ。
11月8日「強欲ジジイの茶番劇」
11月9日「厚顔無恥な新聞の私物化」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

民主党小沢代表が辞任を撤回して、政権奪取へ頑張るそうです。辞任する必要もないのに拗ねただけだったしね。まあ豪腕なんてことはなく、ただの弱い人間だと判った訳で

小沢代表辞任表明騒動は結局何事もなかったもとの状態に戻る
ことになったようで。ただ、あの“ちょっと拗ねた”結果の辞
任表明は小沢への信頼、民主党への信頼を増したことにはなら
なかったことだけは確かで、その国民の信頼感をいかに取り戻
すかがこれからの鍵だけどね。

読売や産經新聞など自民党の狗的存在でしかないジャーナリズ
ム精神喪失のマスゴミは、小沢攻撃はするものの衆議院絶対多
数を詐欺選挙で抑えて、アホのアベシンゾーのもと国民の声も
完全に無視して、強行採決繰り返し、今回もその反省もなく政
権維持だけのために連立を持ちかけた犯人である自民党を批判
しない実に都合の良いゴミ言説をまき散らしているのは笑うだ
けだが。

時事通信ウェブの記事では
…………
2007/11/07-21:49 小沢民主代表、大連立考えず=新テロ法案に反対、対決を基本−続投を正式表明
 民主党の小沢一郎代表は7日午後、党本部で開かれた両院議員懇談会に出席し、「この体にもう一度むちを入れ、次期衆院選に政治生命のすべてを懸け必ず勝 利する決意だ」と述べ、続投を正式に表明した。この後、記者会見し、辞意表明の発端となった自民党との大連立について「それを考えずに衆院選で頑張る」と 明言。福田康夫首相との党首会談も「中身などを(事前に)役員会で検討し、応じるかどうかを決めないといけない。基本的にはやることにはならない」と述 べ、今後は応じない考えを示した。
 大連立構想を封印することで、政府・与党との対決を基本に、今後の国会に臨むことにしたものだ。しかし、小沢氏の求心力低下は必至。同氏は連立への方途を依然捨てていないとの見方もあり、路線問題を内包した民主党の結束維持と態勢立て直しは容易ではない。
 会見で小沢氏は、焦点であるインド洋での給油活動再開のための新テロ対策特別措置法案への対応に関しても「基本的な考え方の違いなので、足して2で割る手法は通用しない」と述べ、根幹部分の修正がない限り反対の姿勢を変える考えのないことを強調した。
…………ということだそうで。

また、辞任表明したことに関して小沢は
…………
2007/11/07-21:59 批判に「プッツンした」=辞意の理由を説明−民主・小沢氏
 民主党の小沢一郎代表は7日の記者会見で、4日に辞職願を提出したのは、思わず「プッツンした」からと釈明した。
 小沢氏によると、7月の参院選以降は「体も精神面もくたびれていた」状態。「もう一踏ん張りと体にむち打っていた」が、大連立で批判を浴びて「張り詰めていた気力が途切れた」結果、「プッツン」したという。
 一方、小沢氏は、辞意を撤回したのは「党内の大多数が衆院選までやれという意見だったので、『何とかやってみよう』(と思い直したため)」と説明したが、「まだ完全に戦いのペースに気持ちが戻っていない」とも付け加えた。
…………だそうで、まさに“拗ねた”だけだったよう。もとも
とアホのアベシンゾーと同じ典型的世襲議員の小沢。我がまま、
独断専行体質はアベと似たようなもんだしね。まあ、そんなお
方に自民打倒を任せるしかないようだし、首相の座にいながら
「人生いろいろ・・・」など超無責任発言繰り返し、自分の政
治が惹起した国家・国民生活破壊などまるで人ごとのような売
国奴コイズミの人間精神破壊ぶりに比べれば、こんな辞任表明
や撤回なんて別にどうでもいい話だ。それによって、国家・国
民に何らの悪影響を与えた訳でもないやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「プラダを着た悪魔」って、いわゆるブランドファッションを思い切り馬鹿にして楽しんでいるんじゃないの

我が家からブラブラ散歩がてら歩いて20分弱の場所に出来た
ばかりの「アリオ西新井」のなかにデーンと存在が「TOHOシ
ネマズ西新井」だ。昨日はプレプレオープンの見学がてら、シ
ネマイレージカードを作って、早速今日からの映画鑑賞券を買
って来たのだが、今日は朝からウキウキ気分で出来立てホヤホ
ヤの映画館初体験となった。

まず観賞第一弾は、銀座まで交通費使ってまで行く気も起きず、
レンタル店まで行く気も起きなくてまだ観ていなかった映画の
「プラダを着た悪魔」。

それが、このシネマズ西新井のオープン記念特別サービスで5
00円で上映のうちの1本に入っていた。500円なら安いよ
ね。しかも、出来立てホヤホヤの最新映画館で観られるんだか
ら。

というわけで、今日の朝一発目の上映に行ってきた。500円
と言っても、すでにレンタルDVDも発売済みの映画だし、正式
オープンは9日からという訳で気持ち良く空いていた。

劇場の出来は最高だね。椅子は感覚的にちょっと横幅広目に感じ
るし、シートバックも高めで首が楽。しかも、足元がかなり広々
して普通に座っていれば足を伸ばしても前の椅子にぶつかること
はないほど。そして、この手のシネマコンプレックス共通の傾斜
がかなりあって前の人の頭がまったく気にならないことがご機嫌。
古い映画館は床に傾斜があまりなく前の客の頭が邪魔なこと多い
しね。

また、非常口の明かりもすべて消灯されるので、真っ暗に近い状
態になるのも良い。ある映画館であまりに非常口灯が明る過ぎる
ので、弱くするとか消すことはできないのか尋ねたことがあるの
だが、地元消防署が異常にうるさいのだとか。禁煙の明かりを上
映中にも照明しろと消防署が言うほどなんだとか。とにかく、役
所の馬鹿ぶりが伝わる話だ。非常口なんてのはある場所はドアで
判っているのだし、なにかあれば即照明できる体制になっていれ
ばすむ話だ。照明させておけば、役所としては責任逃れ出来ると
でも思っているのだろう。

肝心の映画「プラダを着た悪魔」のほうだが、まあ500円で観
れば十分な内容。キャリアウーマン目指す若い女の子の成長物語
をファッション雑誌の編集部を舞台にブランドファッションいっ
ぱいにファッション産業の舞台裏などを背景にコメディタッチで
描いたもの。突っ込みどころ満載なのだが、メリル・ストリープ
の鬼編集長、鬼編集長の新人アシスタントのアン・ハサウェイの
お高いファッション取り替えライトコメディは一応飽きずには楽
しめる。ただ、同じようなテーマの映画では「ワーキング・ガー
ル」のほうがずっとドラマ的には面白くて出来は良かったけどね。

しかし、スタイル抜群で美貌のハサウェイ(と言っても、目も口
もそれに鼻も異常にでかくて変な顔なんだけど)を同僚の女性た
ちがデブでダサイファッションセンスなんて言うのには抵抗感大
ありだ。あんたたちのほうが高価なだけで良いと思っている服着
ているだけだろうがと突っ込みだ。また、編集長の命じる仕事の
中でも無理な注文の筆頭の「ハリー・ポッターの新作の出版前の
を入手しろ」なんてのは「?」も良いとこだし、それを新米社員
が適えてしまうに及んではあまりに現実離れし過ぎ。また、ハサ
ウェイの恋人も彼女が仕事で忙しいのに文句ばかり言っているわ
で変な奴だしね。さらにはだいたいサラリーマン編集長があんな
に独裁者ぶりなのもだいたいリアル感ないよ。

それより、アン・ハサウェイが見本服を着てどんどんファッショ
ナブルになり、化粧も濃くなって行くなんてのあまりにお手軽設
定だ。ハサウェイのダサイと同僚から言われていたファッション
のほうが観ていてカジュアルで自然でカッコいいし、最後の新聞
社の面接に行く時に着ていたジーズンに革ジャケットなんてのが
一番カッコ良かったものね。ストリープあたりが着ていたブラン
ドファッションなんて、まあゴージャスと言えばゴージャスなん
だろうけど、金ぴか成金趣味服ばかりで、銀座の夜の女あたりが
似合いそうなものばかり。もしかしたら、脚本家や監督はこの手
のブランドファッションを基本的には馬鹿にしているとしか思え
ない訳で、この映画に駆けつけたブランド大好きな日本女性も実
はコケにされているんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

イトーヨーカドーの「Ario西新井」が誕生、西新井地区雰囲気一変。うれしいのは10スクリーンの「TOHOシネマズ」が併設されていること

民主党の小沢代表辞任表明騒動はなんだかんだの大騒ぎが継続
して、結局今夜の段階では辞任を撤回することで騒ぎは終息す
るようだ。一体何のための騒ぎだったのかサッパリ判らない事
件だったが、小沢、民主党への信頼感がかなり減殺されたこと
は確実で、これを衆議院選までにいかに回復するかが問題。相
当慎重に大胆に行かないとまたまた自民の罠にかかるだけだ。

閑話休題。政界の騒ぎをよそに、東京の片隅の下町の我が家の
近くではイトーヨーカドーが大きなショッピングモールを新設、
今月の9日から正式オープンするのだが、今日プレプレオープ
ンなる名で近隣住民へのお披露目的オープンをした。

オープンしたのは「Ario西新井」で、メインがイトーヨーカド
ーで、111の専門店がテナントで入る大規模な施設。日清紡
の元工場・社宅跡の宏大な敷地の一部の利用だ。その他の敷地
内にはすでに野村不動産・三菱地所共同開発の大規模分譲マン
ションがすでに入居済みになっているほか、いくつかのマンシ
ョンや病院、警察署などが新築中で、西新井大師以外とくに目
につくものがなかった足立区の西新井地区が一気に活気づいて
いる。しかも来年には日暮里駅から足立区を貫く新交通システ
ムも開通するので、まるで雰囲気一変だ。

私にとってはまあそのショッピングモールなどはあまり興味な
いのだが、なにより嬉しいのは、その「Ario西新井」のなかに
東宝がシネマコンプレックス「TOHOシネマズ西新井」を設置
してくれたこと。大昔はいくつも映画館があったらしい足立区
も今ではつい最近北千住に出来たアート系の映画館があるだけ
の映画館不毛の地。それが、一気に10スクリーンが誕生だ。

午後1時からの仮オープンに早速お出かけ、見学だ。シネマズ
のロビーも広々として落ち着く雰囲気でなかなか良い。
すでに
上映は始まっているのだが、今日は見学だけ。とりあえずシネ
マズカードを作って、明日から観る映画の券数枚を早速購入。
映画によっては数日500円で観られるものもあり、オープン
記念の11日までは毎日映画鑑賞通いの楽しい日々だ。これで
東宝系の主な映画はわざわざ銀座まで高い交通費を払い、鬱陶
しい地下鉄などにも乗らなくて良いのでご機嫌だ。なんと言っ
ても歩いて15分ほどで最新鋭設備の映画館があるなんて映画
好きには最高だ。夕食食ってからでもゆっくり映画を観に行け
るんだから。

この西新井駅前大規模開発に関しては、熱心に写真も付けてブ
ログで書いている人がいて、今日のプレプレオープンも実況中
継的ブログを書いていた。写真も情報も豊富で楽しめるブログ
だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

ジョディ・フォスター主演「ブレイブ・ワン」は、女性版「狼よさらば」的B級風味のすっきり楽しめるサスペンス

「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督が、
ジョディ・フォスターをヒロインに迎えてニューヨーク
を舞台に撮ったサスペンス映画と来れば、食指が当然の
ごとくに動く。

その映画「ブレイブ・ワン」は、犯罪の被害者となり、
婚約者を殺され、自らも瀕死の重傷を負った女性がヴィ
ジランティズムに嵌って行くってんだから興味津々だ。
ニューヨークを舞台に犯罪被害者がヴィジランティズム
を自ら実行して行くプロットならなんといってもチャー
ルズ・ブロンソン(ブロンソン映画の最高にご機嫌なの
は「雨の訪問者」だけど)の代表作「狼よさらば」だ。
そして、「ブレイブ・ワン」を見た第一印象は完璧まで
に「狼よさらば」の女性版。デジャ・ヴュたっぷり。し
かも、女性版のほうが意志強靭にヴィジランティズムを
実行していく。時代の変化だろう。ブロンソンオヤジの
ほうは、平和主義者で、銃を手に取るのも商談相手の西
部男から銃をプレゼントされたのがきっかけで、銃の魔
力に嵌り込んで行く。しかし、フォスターは違う。自ら
の意思で銃砲店で銃を買いに行くが、その場で買えなく
て、闇売買で銃を不法購入までして手に入れてしまう積
極性なのだ。

ジョディ・フォスター、現在45歳。「パニック・ルー
ム」「フライト・プラン」に今回の「ブレイブワン」と
なんだかますますマッチョウーマンになって来ている感
じだ。化粧っけほとんどなしで、凛とした毅然として表
情がいかにも切れる知的女性ってな雰囲気プンプンなの
だが、でも怖い顔だ。あまりおつきあいしたくない範疇
の女性だ。私なら最近ちょっとスクリーンからご無沙汰
気味のアシュレイ・ジャッドみたいな凛とした中に優し
さがにじみ出る美形のほうが良いな。

Brave_one

 

 

 

 

 

と、映画の中身とは関係ない方向へ行ってしまうが、実
はこの映画のエリカ役をアシュレイ・ジャッドがやって
いればまたイメージも変わった映画になっていただろう
し、さらにエリカの心情に同化できた可能性が大きい。
当初ジョディ・フォスター出演の予定がアシュレイに変
わったとか言われるのが、身に覚えの無い夫殺しで逮捕
され投獄されてしまう映画「ダブル・ジョパディ」だが、
それもアシュレイ・ジャッドの健気な女性らしさが映画
的に成功した。あれが、気丈そのもののジョディ・フォ
スターだったら面白みが欠けていたかもしれない。

「狼よさらば」では家族を殺した実際の加害者に復讐す
るのはなかったが、「ブレイブ・ワン」ではその加害者
グループを最後には抹殺するラストまで突っ走る過激ぶ
り。最後は「タクシー・ドライバー」的になる。ここま
でやるかと思うほどヴィジランティズムが擁護的に描か
れる。

ハンサムな若手黒人俳優テレンス・ハワード(かなりカ
ッコいい。この俳優はこれから大きくなるんじゃないか
な)演じる刑事が「狼よさらば」の刑事以上にヴィジラ
ンティズムに寛容な精神を見せてしまう(そこまでやる
かって感じだが)のも大きな違い。

なんだかんだと言っても、悪人がのさばるのを法が人権
重視とかでまともに処罰できず、日本でも放置状態にあ
るのも事実であり、自らが暴力の被害者になってみれば
やはりエリカのような行動を銃が手に入ればどうなるか。
政治の世界も国民を不幸にして薄ら笑いしているコイズ
ミのようなクズがのさばる日本。すっきりしないこの世
の中、法が裁けぬ悪人の影の処刑人はやはりすっきり楽
しい。最近この手のB級風味のサスペンスアクションが
お好みのようなジョディ・フォスターだけに(しかも製
作総指揮の一人にフォスター自身が入っている)、さら
に残酷過剰に悪人を抹殺して行く女性版マック・ボラン
的処刑人エリカシリーズを作ってほしいかもとも。暴力
犯だけでなく、悪徳政治家なども含めて抹殺対象に頑張
ってもらいたい。

PS:ALLCINEMA ONLINEを見てみたら、11月5日付
けのニュース(というより噂情報)で、「狼よさらば」
のリメイク噂が出ていた。それによると、「狼よさらば」
のリメイクでシルヴェスター・スタローンが監督と主演
の可能性があるんだとさ。脚本は「ターミネーター3」の
マイケル・フェリスとジョン・ブランカトーのコンビが担
当とか。もうハリウッドはアイデア枯渇でリメイクオンパ
レードだが、ここまでリメイクとなるとは。もっとも、今
回の「ブレイブ・ワン」も「狼よさらば」の換骨奪胎のリ
メイクもどきだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

民主党小沢代表が連立政権構想拒否されたんで、拗ねて代表辞任表明とか。所詮政党潰し屋、政局混乱好きなだけなのか

今日は朝から映画を3本立て続けに、「インベージョン」「ヘア
スプレー」「ブレイブ・ワン」とSFスリラー、ミュージカル、サ
スペンスとバラエティ豊かな3本を観て来て楽しんで来た。その
あとちょっと居酒屋で一杯やってからホロ酔いで帰宅。パソコン
でニュースサイト見てみたら、なんと連立政権構想騒ぎの民主党
小沢代表が、連立政権構想かなにかを党内で拒否されたのを拗ね
たのかどうか知らないが、「もう代表やっているの嫌になっちゃ
ったよ」的な開き直り会見して、代表辞任を表明したなんて記事
が出ていた。

自民サイドからの連立政権構想を打診されて、党に持ち帰ったの
は小沢一流の深謀遠慮から来るものなんじゃないかなんて深読み
してしまったのが馬鹿らしくなって来た。単に自分の思い通りに
ならなかったから拗ねているガキ同然の反応じゃないか。参院選
大勝利して、さてこれから衆院選へ盛り上がっているなかで、そ
の気運自体をぶち壊すような行動。国民の期待をあっさり裏切っ
てしまうのも同じで、これじゃこれから小沢を信用なんて一切で
きないわな。やはり、かつての小沢から変身したと勘違いしたの
が大間違いのようで、単なる政治を金のなる木としての道具とし
てしか見ていない訳で、所詮政党潰し屋、政界混乱大好き屋でし
かないってことか。期待し過ぎた国民も馬鹿だったってことか。

辞任会見で、民主党が衆院選で勝てる可能性がないみたいなこと
を言っているが、だからこそ参院選での勢いを継続して、これか
ら選挙への態勢を熟成させ、小沢の言っていた政権奪取、本来の
意味での2大政党体制を作ろうとしているんじゃないのか。何を
寝言言っているんだという感じだ。毎日新聞ウェブの記事に出て
いたのに、「『連立構想』が党役員から拒否され、小沢氏は『お
れはもう疲れた』と周囲に漏らしていた」なんてあったが、その
程度の柔な精神だった訳か。それじゃ、首相の椅子投げて病院に
逃げ込んだアホのアベシンゾーとそれほど代わり映えしない。な
んとも情けない話だ。それほど政治に携わっているのが疲れるの
ならさっさと政治家辞めれば良いじゃん。カネたんまり持ってい
るんでしょう。

それとも、徹底的な政界再編を目論んでいて、真の保守政党を自
民と作ろうという策略でもあるのか。売国奴コイズミやタケナカ
一派を自民党から放逐して、民主党内のコイズミシンパ的要素を
粛正しての新党を作って、自民との大連立にしようとでも思って
いるのだろうか。それなら面白くもあり、コイズミやタケナカを
塀の中に送り込んでしまうベクトルになる可能性もあり楽しいの
だが。どうも理解不能の動きばかりだ。この辞任表明自体が小沢
流のブラフの可能性なきにしもあらずなのだが、民主党の支持を
大きく失う可能性大のそんなことまでやるかの疑問もあるし、読
売新聞の露骨なまでの小沢叩きぶりは常軌を逸して来ているわで
まさに混沌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

自民・民主の大連立政権構想の大騒ぎ

昨日の2回にわたる福田首相と小沢民主党代表との党首会談
で出された連立政権打診でマスゴミ、政界は大騒ぎ。今日の
朝刊もその話題関連の記事満載だ。

その内容はとりあえず時事通信ウェブの記事で見ると、
…………
福田首相が連立打診、民主は拒否=政府・与党、新テロ法で会期延長検討
 福田康夫首相(自民党総裁)と小沢一郎民主党代表は2日午後3時から休憩を挟み、国会内で約2時間10分、党首会談を行った。首相は、衆参ねじれの下で国会運営が行き詰まっている現状を打開するため、連立政権協議を打診。小沢氏は持ち帰ったが、民主党はこの後の緊急役員会で連立拒否を決め、小沢氏が電話で首相に「連立はのめない、受諾できない」と伝えた。
 与野党は先月30日の党首会談後、法案処理で歩み寄りの動きが出ていたが、連立政権構想が頓挫したことで再び対決機運が高まるとみられる。政府・与党は新テロ対策特別措置法案の成立を図るため、10日までの会期を延長する方向で検討に入った。
 会談で首相は「今の政治情勢を見て、政策を実現するための新体制をつくる必要がある」と連立を提案。新テロ法案の成立も改めて求めた。これに対し小沢氏は、自衛隊の海外派遣を随時可能とする恒久法の制定を条件に、新テロ法案成立に協力する考えを示したが、回答は留保した。
 これを受け、小沢氏は2日夜、緊急役員会を招集し、対応を協議した。しかし、「大連立は国民から批判を受け、党がもたない」(鳩山由紀夫幹事長)との意見が相次ぎ、連立協議には応じない方針を決めた。新テロ法案にも賛成できないとの考えで一致した。この後、小沢氏は「役員の皆さんは、政策協議に入ること自体も反対の考えの人が多数だった」と述べた。
…………というものだ。

そして、今日の読売新聞朝刊社説は
…………党首会談 政策実現へ「大連立」に踏み出せ(11月3日付・読売社説)
 衆参ねじれの下で、行き詰まった政治状況の打開へ、積極的に推進すべきである。
 自民党総裁である福田首相が民主党の小沢代表との党首会談で、連立政権協議を提起した。いわゆる大連立である。実現すれば、日本政治に画期的な局面を開く。
 だが、小沢代表は、民主党役員会での拒否の決定を福田首相に電話で伝えた。役員会の大勢が、「先の参院選の民意に反し、国民の理解を得られない」としたからだという。
 これは疑問だ。
 会期末を目前にしながら、法案は一本も成立していない。国益や国民生活の安定のための重要政策の推進という、政治の責任がまったく果たされていない現状こそが、国民の利益に反することをしっかりと認識すべきである。・・・・・
…………と、さすが自民党翼賛新聞らしい論調をまき散らす。

さらに、民主党議員からは小沢批判が続出。会談に応じたこと
自体、連立提案をその場で即拒否しなかったことなどの批判だ。
しかし、提案を持ち帰って、民主党全体の意見を聞くのは当然
のことじゃないのか、小沢が独断専行しないことの証明にもな
る。それより、この会談から出た連立提案を民主党が全体意思
で拒否したことの既成事実が重いんじゃないのかな。これで、
売国奴コイズミあたりに近い思考の連中も自民との連携をする
こと自体が裏切りとなるからだ。そして、この提案があったこ
とで、自民カルト癒着政権の片割れであるカルト政党に自民に
対する深い疑念が沸き立ったからだ。もとから、参院選で大勝
利し、衆院選でも与野党逆転を狙い、政権奪取を狙う立場にあ
る小沢が国民を裏切り、自民下野自体を無にすることをする訳
がない。今回の連立提案の拒否で自民の弱体化の確認、自民党
とカルト政党の間に相互不信を生じさせる効果、民主党の裏切
り分子の縛りもはっきりできたり、と小沢の深謀遠慮があった
んじゃないだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ドン亀1号がメキシコへ行くそうで、マスゴミはすっかり元の木阿弥状態のアホぶり

夕方5時からのニュースを見ようとスイッチ入れたらまあ
日本テレビのニュースだったんだけど、そのトップニュー
スがなんとドン亀一家の亀田1号興毅がメキシコへ行くと
いうどうでもいい話だった。それを延々と20分ほどやっ
ていた。他にニュースはないんかい。

しかも、この20歳のイカサマ馬鹿ガキ相手にわんさか集
まった報道陣がご丁寧なお言葉で質問だ。その質問に答え
るドン亀1号のシャベリだが、まるであのイカサマ試合の
コトを忘れたかのような以前と同じ態度の悪いまま。いく
ら馬鹿マスゴミ相手だとしても、相手は年上ばかりだ、少
しは丁寧語を使うのが普通じゃないのか。まあ、普通じゃ
ない馬鹿一家だから学習効果はゼロなんだろう。それより、
もうこのガキどもを馬鹿みたいに追いかけ回すなよなマス
ゴミ。

それと、メキシコにドン亀3号の「トモキ」っているのが
いるらしく、試合をするらしいが、そんなさらにガキのど
うでもいい試合をまたマスゴミは大騒ぎする訳かうんざり
だな。ところで、トモキ、トモキって言っているから、名
前は興毅、大毅の連想から、どこかで見た活字のイメージ
から知毅だと完璧に思い込んでいたのだが、字幕に出た漢
字は「和毅」だった。どうしてこれでトモキって読む訳。
まあ、名前の漢字はどう読んでもかまわないんだけど、コ
ウキ、ダイキが普通の読み方なのに変だよな。どうでもい
いことだけど。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月 1日 (木)

マツダ・アテンザの新規モデル写真。かなりカッコいい。5ドア欲しいかも

現在マツダの日本ではまるで売れなかった車、ランティス5ドア
クーペにもう13年も飽きずに乗っている。今月が車検でもう車
検の予約もしたので、このままでは15年間乗り続けることにな
ることは必定。コンパクトな大きさで、しかもクーペというのに
も関わらず、このランティスは外見から想像される以上に室内空
間が意外に広々としている。

乗り始めてから何度も買い替えを考えて、この手のスポーティセ
ダン系の車を見にディーラーに行ったのだが、車体が大きくなっ
ているのに乗車してみると、なんだかあまり広さを感じない車ば
かりで、車体ばかりでかくなって来た。現在のランティスは18
00ccで、135馬力程度なのだが、実にバランスが取れている
のか運転をしても楽しいし、少し硬めの乗り心地も最高。二人分
の荷物も十分積める。マニュアルなのでスタートダッシュも早い。
街中乗りでは燃費は悪いが、遠出する(私はほとんど遠出ドライ
ブ)とかなり飛ばしても14キロを超えるほど燃費抜群。

大きな故障もいまだになく、それでいまだに乗り続けているのだ
が、今回の車検を受けると次は満15年。そろそろ買い替えも考
えないという時期になった。

と思っている時期だが、ネットを見ていたら、マツダ・アテンザ
の次期モデルの写真が海外のサイトにたっぷりと載っていた。

でに東京モーターショーには現物が出ているはずだが、行くのも
面倒だし、この写真で我慢。アテンザはヨーロッパではマツダ6
の名前で人気。4ドア、5ドア、ワゴン3種類の写真が満載だが、
とくに5ドアハッチバックがお好みの感じかな。ワゴンも現在の
アテンザよりグンと雰囲気が良いな。でも、どこの新車もそうだ
けど、アテンザってやはりでかいんだよな。日本ではいつ発売に
なるのかな。噂では来年の1月のようだ。まあ、発売されてすぐ
は買わないが、熟成された2年後ぐらいにこれなら考えても良い
かなとちょっと食指が動いた。
東京モーターショーの記事もあった。
1
1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死刑執行問題、アルカイダの友人と大ボケ発言連発の鳩山邦夫バタフライ法相がまたまた問題発言。今度は自分は米国の情報源(つまりはスパイ)だったと来た

死刑執行には法相の承認など無用で自動的にどんどん執行すれ
ば良い、「私の友人の友人はアルカイダ」発言と真性の馬鹿か
キチガイか、それともなんらかの深い企みでも胸に秘めての発
言なのか、立て続けに法相としての立場も忘却したかのような
大ボケ発言繰り出し中の鳩山邦夫バタフライ法相が、またまた
何のためにするの(?)って思われても仕方がないような自爆
テロとでも言うしかない馬鹿発言を、それも国会審議の中で、
指名されていないのに出しゃばって来て発言。

一般マスゴミ紙のウェブを見てもほとんど取り上げていないの
だが、夕刊フジウェブの11月1日付けで大きく扱っている。

それによると

…………
鳩山また衝撃発言…田中角栄首相秘書時代は「米国のスパイ」だった
 鳩山邦夫法相が31日の衆院法務委員会で、田中角栄元首相の私設秘書時代、米国防総省(ペンタゴン)から、毎月のように接待を受けていたことを明らかにした。事実上、米国の情報収集の協力者(スパイ)だったことを認めたもので、先日の「友人の友人はアル・カイーダ」発言と合わせて、大臣としての資質が問われそうだ。
 衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。河村氏が日本の情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、こう語り始めたのだ。
 「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。当時、私は金がありませんから『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」
〜中略〜
 鳩山氏は発言後、「ペンタゴンは情報収集にお金をかけている。日本の外交や防衛も情報収集には(お金を)潤沢に回した方がいい」と真意を語ったが、国防総省のヒューミント(人間による情報収集)で、自分が協力者(スパイ)だったことを事実上認めたもので、お金うんぬんといったレベルの話ではない。
 政治評論家の森田実氏は「欧米では即刻更迭される発言だ。鳩山氏自ら職を辞するか、福田康夫首相が更迭すべきだ。これを放置すれば、日本政府に対する国内外の信用を失墜しかねない。先日の『私の友人の友人はアル・カイーダ』という発言もそうだが、鳩山氏は常軌を逸している。法相のような要職に就けるべき人間ではない」と語っている。

…………っていう記事だが、いったいこの蝶々バタフライ死体
収集愛好家の頭の中はどうなっているのだろうか。何か考えが
あっての発言とは思えないほど一連の発言は軽率だし、そして
今回の驚くべき馬鹿発言。この発言を素直に聞けば、自分はア
メリカに買収されて、日本の首相に関する極秘情報を売ってい
たスパイだったと告白しているんじゃないか。このバタフライ
死体愛好家は神経がぶち切れてしまっているんではないのか。
しかも、自分の仕えていた田中首相の失脚の手助けをアメリカ
のためにしたことになるのである。ここまで馬鹿だと救われる
道はない。議員辞職する以外にはないだろう。こんなキチガイ
を放置しておくなら、福田首相の責任も重い。それにしても、
鳩山兄弟って究極の馬鹿揃いだな。兄貴のほうは、野党の代表
的立場にあるくせに、売国奴コイズミの馬鹿政策を持ち上げる
ような“お前はどこまで馬鹿なんだ”と言える発言をかつては
していたし、この蝶々死体愛好家の狂った一連の発言には口あ
んぐりだ。
Zakzak_20071101

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »