« 韓国の寡占電気企業サムスンが日本で一般消費者向け販売から完全に撤退したようだ | トップページ | 芸能人ってのは日本地図見て県名もまともに解答できない馬鹿ばかりなんだねやはりね »

2007年11月10日 (土)

切れ味鋭いアクションが高揚感満点のマット・デイモン主演「ボーン・アルティメイタム」

近所に6日に出来たTOHOシネマズはまったく便利だ。上映時
間の30分前に家を出て、ブラブラ歩いて行けば上映開始10
分前には指定席だ。東京の下町足立区の西新井に最新鋭設備の
映画館は映画好きにはワンダーランド。10スクリーンがあり、
上映映画数は20以上はあるから便利至極。毎日のように映画
通いだが、今日は待望の「ボーン・アルティメイタム」の鑑賞。

昨夜日本テレビでシリーズ第2作になる「ボーン・スプレマシ
ー」を放送していたので久しぶりに今日の鑑賞のために再鑑賞。
映画館で観たのがちょっと前になるので忘れている部分も多く、
なるほどなるほどで、ジェイソン・ボーンシリーズ第3作へ。

ロバート・ラドラム原作のスパイアクション大ヒットシリーズ
3作目で、一応完結編か。どうしてそれほど過去を自分の本名
さえ忘れてしまったんだと突っ込みたくなるボーンもついにア
イデンティティを確認できる訳だ。

主演はハーバード大卒のアカデミー賞脚本賞まで獲得している
知性派マット・デイモン。その知性派がこの映画のために体を
鍛えて取り組んだだけにあり、1作目「ボーン・アイデンティ
ティ」から目にも止まらないほどの必殺アクションを繰り広げ
て、イメージを一気に拡大させた。とにかくマット・デイモン
滅茶苦茶カッコいい。かつてはジミー大西クリソツぶりが揶揄
されていたが、ボーンシリーズではドンドンカッコ良さが急上
昇だ。

シリーズ物ってのはたいてい続編はパワーが落ちて面白さが下
落して行くもんだが、このシリーズだけは別格だ。話が3作す
べて繋がって行き、複雑化して行き、さらにアクションが過激
になっていき映画的興奮度、高揚度が濃厚になっているんだか
ら。一瞬の弛緩もなく展開するだけに観る時は体調万全で。

今回の第3作は第2作「ボーン・スプレマシー」と同じ監督の
ポール・グリーングラスが担当し、手持ちカメラ多用(そのた
めに揺れる場面も多く疲れるが)のスピード感ある展開、多重
視点から撮影した短いカットを叩き込むように編集した切れ味
鋭い映像がますます冴えて来ている。世界観光旅行的味わいも
ある世界の都市を舞台に、それぞれで繰り広げられるアクショ
ンが工夫を凝らしひと味もふた味も違っていて、ボーンが雑踏
の中を歩きながら携帯電話で指示を与えて行くなんていう地味
なアクションでさえ高揚感とワクワク感で大盛り上がり。

イギリスの駅を舞台にした新聞記者を守る逃避・追跡アクショ
ンのリアリティなどすごい。また、モロッコでの警察に追われ
ながら、殺し屋に追われる仲間の女性を救うために建物を飛び
移って行くボーンを追尾する変幻自在のカメラワーク。度肝を
抜かれるのはラストのニューヨークでのカーチェイス。カーア
クションの時間自体はそれほどないのだが、スタントマンの究
極の技と度胸がはじけ散るような凄まじく強烈で濃密なカーア
クションで、「フレンチ・コネクション」で犯人が乗る電車を
追うカーチェイス以来の興奮度。

それにしても格闘シーンでもマット・デイモンの動きは素晴ら
しい。よほど鍛えたのだろうが、あまりに動きが速くて何が起
きているのかよほど凝視していないと判らないほど。このハイ
スピード感あるアクションは撮影、編集、そして切迫感溢れる
音楽も相俟ってかつてないワクワク感をもたらす。さらに脇を
固めるキャストもマット・デイモンに劣らず地味系なんだけど、
それがリアリティさを生じさせている。これでこのシリーズが
終わってしまうと思うとちょっと残念だ。ジュリア・スタイル
ズが良い笑顔を魅せるラストの終わり方などから観ると、さら
なる続編がある可能性なきにしもあらずかな。この映画のデイ
モンを観ると、ハリウッドで一番カネになる俳優ってのも納得
だ。

|

« 韓国の寡占電気企業サムスンが日本で一般消費者向け販売から完全に撤退したようだ | トップページ | 芸能人ってのは日本地図見て県名もまともに解答できない馬鹿ばかりなんだねやはりね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切れ味鋭いアクションが高揚感満点のマット・デイモン主演「ボーン・アルティメイタム」:

« 韓国の寡占電気企業サムスンが日本で一般消費者向け販売から完全に撤退したようだ | トップページ | 芸能人ってのは日本地図見て県名もまともに解答できない馬鹿ばかりなんだねやはりね »