« 「友人の友人はアルカイダ」と、世界に向けて思い切りアホな発言の鳩山法相の脳内は一体どうなっているのか | トップページ | マツダ・アテンザの新規モデル写真。かなりカッコいい。5ドア欲しいかも »

2007年11月 1日 (木)

死刑執行問題、アルカイダの友人と大ボケ発言連発の鳩山邦夫バタフライ法相がまたまた問題発言。今度は自分は米国の情報源(つまりはスパイ)だったと来た

死刑執行には法相の承認など無用で自動的にどんどん執行すれ
ば良い、「私の友人の友人はアルカイダ」発言と真性の馬鹿か
キチガイか、それともなんらかの深い企みでも胸に秘めての発
言なのか、立て続けに法相としての立場も忘却したかのような
大ボケ発言繰り出し中の鳩山邦夫バタフライ法相が、またまた
何のためにするの(?)って思われても仕方がないような自爆
テロとでも言うしかない馬鹿発言を、それも国会審議の中で、
指名されていないのに出しゃばって来て発言。

一般マスゴミ紙のウェブを見てもほとんど取り上げていないの
だが、夕刊フジウェブの11月1日付けで大きく扱っている。

それによると

…………
鳩山また衝撃発言…田中角栄首相秘書時代は「米国のスパイ」だった
 鳩山邦夫法相が31日の衆院法務委員会で、田中角栄元首相の私設秘書時代、米国防総省(ペンタゴン)から、毎月のように接待を受けていたことを明らかにした。事実上、米国の情報収集の協力者(スパイ)だったことを認めたもので、先日の「友人の友人はアル・カイーダ」発言と合わせて、大臣としての資質が問われそうだ。
 衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。河村氏が日本の情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、こう語り始めたのだ。
 「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。当時、私は金がありませんから『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」
〜中略〜
 鳩山氏は発言後、「ペンタゴンは情報収集にお金をかけている。日本の外交や防衛も情報収集には(お金を)潤沢に回した方がいい」と真意を語ったが、国防総省のヒューミント(人間による情報収集)で、自分が協力者(スパイ)だったことを事実上認めたもので、お金うんぬんといったレベルの話ではない。
 政治評論家の森田実氏は「欧米では即刻更迭される発言だ。鳩山氏自ら職を辞するか、福田康夫首相が更迭すべきだ。これを放置すれば、日本政府に対する国内外の信用を失墜しかねない。先日の『私の友人の友人はアル・カイーダ』という発言もそうだが、鳩山氏は常軌を逸している。法相のような要職に就けるべき人間ではない」と語っている。

…………っていう記事だが、いったいこの蝶々バタフライ死体
収集愛好家の頭の中はどうなっているのだろうか。何か考えが
あっての発言とは思えないほど一連の発言は軽率だし、そして
今回の驚くべき馬鹿発言。この発言を素直に聞けば、自分はア
メリカに買収されて、日本の首相に関する極秘情報を売ってい
たスパイだったと告白しているんじゃないか。このバタフライ
死体愛好家は神経がぶち切れてしまっているんではないのか。
しかも、自分の仕えていた田中首相の失脚の手助けをアメリカ
のためにしたことになるのである。ここまで馬鹿だと救われる
道はない。議員辞職する以外にはないだろう。こんなキチガイ
を放置しておくなら、福田首相の責任も重い。それにしても、
鳩山兄弟って究極の馬鹿揃いだな。兄貴のほうは、野党の代表
的立場にあるくせに、売国奴コイズミの馬鹿政策を持ち上げる
ような“お前はどこまで馬鹿なんだ”と言える発言をかつては
していたし、この蝶々死体愛好家の狂った一連の発言には口あ
んぐりだ。
Zakzak_20071101

|

« 「友人の友人はアルカイダ」と、世界に向けて思い切りアホな発言の鳩山法相の脳内は一体どうなっているのか | トップページ | マツダ・アテンザの新規モデル写真。かなりカッコいい。5ドア欲しいかも »

コメント

こんばんは~

ひどいですね。
この鳩山と言う人間は。
一般人でもこんな能天気な事は言いませんよ。
それも法相ともあろう人間が言う言葉ではありません。

そして、後で謝罪はするものの、開き直った発言も
するし、自分の発現を悪いとは思っていないところに
本物の馬鹿か、資質の無さが浮かび上がります。

人を顔で判断してはいけないのでしょうが、あの人の
顔にすべて出ているように感じます。
あの顔がすべてを物語っていますよ

投稿: まるこ姫 | 2007年11月 1日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/16942490

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行問題、アルカイダの友人と大ボケ発言連発の鳩山邦夫バタフライ法相がまたまた問題発言。今度は自分は米国の情報源(つまりはスパイ)だったと来た:

» 溶けるニッポン  鳩山邦夫法相の漫談 [試稿錯誤]
                                      鳩山邦夫法相のトンデモ発言が止まるところをしらない。 まず日本外国特派員協会での発言である: 10月30日の讀賣新聞: http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071029i313.htm 「バリ島近づかぬよう助言受けた」鳩山法相が発言後に訂正 引用#### 鳩山法相は29日昼、日本外国特派員協会での記者会見で「私の友人の友人が(国際テロ組織)アル・カーイダなんです」と発言。さら... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 10時00分

« 「友人の友人はアルカイダ」と、世界に向けて思い切りアホな発言の鳩山法相の脳内は一体どうなっているのか | トップページ | マツダ・アテンザの新規モデル写真。かなりカッコいい。5ドア欲しいかも »