« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

1年の最後の夜は日本酒をチビチビやりながら大好きなクラシック音楽を聴いて締め

1年を通じて様々の音楽を聴いて来て、さて最後の日を何を聴
いてその年の音楽鑑賞を締めようかと毎年悩むのだが、だいた
いバッハかモーツァルトかブルックナーの8番か9番あたりに
なってしまう。

今年は思い切り静かで落ち着いた気持ちで新年を迎えたいなと
静かな室内楽で夕食後の2時間ほどを美味しい日本酒をチビチ
ビやりながら過ごすことにした。アホらしい限りのくだらない
馬鹿騒ぎして日本国民をコイズミあたりが希望するB層国民と
して洗脳させるかのような紅白歌合戦なる愚民製造番組を放送
する国営放送局しかない日本の哀しさ。

今日のような寒い日には東北のどこか山間の静かな温泉に入っ
て酒でも飲んでいたいのだが、ネットで見ると普段は空いてい
るような旅館まで埋っているようで、きっと静かな雰囲気とは
大違いだろう。それなら、温泉は正月のにぎわいが過ぎてから
が良い訳だ。

ということで、まずオードブル的に心洗われるようなモーツァ
ルト「ロンドイ短調K511」を静謐な達観したかのようなウィ
ルヘルム・バックハウスのピアノで。酒が心に沁みる。そのあ
とは室内楽でもとりわけ好きな曲を3曲ほど。

まずは1年を静かに振り返る気分にぴったりなブラームス「ク
ラリネット五重奏曲」を、馥郁と匂いたつような渋い香りが満
ちるレオポルド・ウラッハのクラリネットで。ブラームスのこ
の曲を聴いたら、当然のごとくにモーツァルト「クラリネット
五重奏曲」だ。ブラームスにはウラッハの渋さがぴったりなの
だが、モーツァルトは心の憂さがまるでないような明澄な明る
さこそ欲しいので、もう40年以上愛聴しているジャック・ラ
ンスロのクラリネットで。透明感のある明るさのなかに垣間見
える巧まざる寂しさが堪らない演奏だ。

そして、1年の最後にはやはりモーツァルトということで、短
調の傑作のなかでもその厳しさが精神を引き締めてくれるよう
な「弦楽五重奏曲K516」をメロスカルテットの清新な演奏で
気持ち良く聴き、今年のクラシック音楽鑑賞を締めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

訪中してシナ首相とキャッチボールする福田首相。そこまでシナに媚びる必要もないだろうが

まともに国会の審議もしていないくせに、まあ何をしにわざわ
ざこの年末に訪中したのかは知らないが、福田オランウータン
「年金問題解決って公約だったのかな」首相が、シナで喋った
のはやたらと友好や協力の大盤振る舞い発言。日本の技術を盗
んで開発した新幹線を自国開発とかぬかす泥棒国家にさらなる
技術協力を惜しまないことや、大学講演ではシナの留学生大量
約束など、シナの本性をまるで忘れたかのようなボケ発言連発。

なのに、台湾問題やシナ国内での人権問題、著作権違反問題な
どシナには何の苦言も呈しないアホぶり。アメリカ様だけじゃ
なく、シナ様にも媚びることしか出来ない清和会の売国奴ぶり
満開のお遊び税金無駄遣い外遊だった。日本には何のメリット
もないこんな外交していて恥ずかしくないものなのか。

その恥知らずぶりをさらに見せつけてくれたものが、なんと野
球のユニフォームをわざわざ着てのシナ首相とのキャッチボー
ルをご披露の媚びぶりには日本人としての矜持もまるでないよ
うで真底こんな愚かな首相を頂く日本が情けない限り。それに
してもクジラの脳ミソシンキロウ、売国奴コイズミ、アホのア
ベシンゾー、オランウータン福田と続く情けなさの連鎖は度し
難いまでに悲惨だ。

20071230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

鳴子温泉でも鄙びの極致の旅館「田中温泉」ご愛用の作家さんのことがようやく判った

大好きな温泉。まあ基本掛け流しのまともな温泉なら嫌いな温
泉はないのだが、好きな温泉というものはある。関東近辺なら
群馬の草津、万座、湯宿、四万、沢渡、川原湯、栃木なら那須
湯本、塩原新湯、塩原元湯等々ね。しかし、ロケーション、雰
囲気、湯の良さ、値段の安さなどからはなんと言っても東北に
尽きる。

その中でも湯の多彩さからはなんと言ってもダントツなのは鳴
子温泉。湯治系の旅館が好きなので、その手の旅館の多い鳴子
温泉はご機嫌だ。鳴子には鄙び系の旅館がいくつもあって、日
帰り入浴するのはもちろん最高なのだが、宿泊するのもなかな
か乙なもの。その鄙び系の中でも東鳴子温泉の鄙びの極致のよ
うなのが田中温泉。お化け屋敷とも揶揄されるほどのボロ旅館
だが、その温泉は素晴らしきもので、温泉ファンなら一度入浴
すれば虜になること必定。

かつてはその斬新な浴室デザインもあり、栄華を誇った時期も
あったろう大きな旅館も今はリフォームなどを全くしないよう
な放置状態で、寂寥感が漂うばかりのボロ状態。混浴の大浴場
脱衣場に置いてある安物のパイプ椅子さえビニールテープで補
修を重ね重ねした跡がどこか芸術性さえ醸し出すほどのボロの
品格を示している。

私はその風呂に日帰りで入浴することが大好きで、これまでに
幾度入ったか覚えていないほど。湯の素晴らしさに対して、入
浴料金が200円の激安もある。しかし、鄙び旅館好きの私で
もその田中温泉にはどうも宿泊までは躊躇するものがある。し
かし、その摩訶不思議な世界を泊って堪能したい奇特な温泉フ
ァンもネットで見る限り数人はいる。その宿泊記を読むと、や
はり食事(価格対比で見るととても見合う食事ではない)など
うーんと言ってしまうようなもので、宿泊だけは遠慮したい旅
館だ。

しかし、もの好きな人は世の中には多いもので、その田中温泉
に頻繁にしかも長期宿泊する作家がいるとかの噂をかつてネッ
トのどこかで読んだことがあった。昨日たまたまネット徘徊し
ていたら、ようやく田中温泉大好きなその作家さんと思われる
方の文章に遭遇した。

その作家さんは南條竹則。その著書を読んだことはないが、作
家、評論家、翻訳者であるようで、何冊もの本を出しているよ
うだ。その南條竹則さんが文春のなんかの雑誌で連載していた
数年前の「湯けむり読書日記」というのがネットに載っていた

のだ。田中温泉に何回も宿泊して、執筆をしている模様が日記
として書かれていたのだ。よほどお気に召しているようだ。ど
こが、どうしてお気に入りになったのかは不明だが、同じ値段
出せば、もっとこぎれいで、美味しい食事が出て、同等の温泉
があり、同じ静かな環境の旅館はいくらでもあるとは思うのだ
が?よほど素晴らしい趣きがあるのだろう。

その一部など引用してみると
…………
ヤレこのところ忙しくて、岩牡蠣の如く東京にへばりついていたが、こんな調子では小説は書けないと考え直し、東北新幹線に飛び乗った。
 やって来たのは、おなじみ東鳴子の田中温泉である。このあたり、山はもう紅葉(こうよう)が盛りを過ぎて、宿の前には黄色い落葉が一面に積もっている。毎年真っ赤に色づく庭前(にわさき)の楓(かえで)は、もう茶色く縮れてしまった。
 天下に名湯は数々あれど、田中温泉の泉質はじつに吾輩の身体に合っているらしい。旅籠(はたご)の方の湯に久しぶりに入ったら、生まれ変わったような心地がした。
 三時頃風呂に入り、蒲団にもぐって原稿を書く。あとは晩御飯を待つばかり。
…………と書くように、とにかくに田中温泉に頻繁に宿泊してい
る。この日記読めば読むほどなかなかに知性あふれ茫洋として
面白い。図書館に行ってこの作家の本を探してみる気になって
しまった。と、暇弄んでの温泉どうでもいい話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

ブット暗殺もあり、急落し年初より下落で大納会の東京市場。世界で年初より下落は日本だけの体たらく

施政方針演説をした直後に仮病で首相の座を投げ捨てて、国民
すべての年金に最終責任を持つと参院選でキーキーとアホ面晒
して怒鳴りまくっていた政治的責任もすべて放棄して病院に駆
け込んで、ベッドに引き蘢り状態になって先天性の馬鹿でしか
ないことを証明したアホのアベシンゾーなんて愚か者が、「ま
だウチュクチイイ国チュクリは始まったばかり」なんて寝言を
こいているノホホン日本。それに比して、独裁軍事政権に対抗
して長年亡命、最近帰国したら即テロにあったのに、その危険
満点の中精力的に活動していた政治使命に燃えたかのような勇
気(というか蛮勇でもあり、ちょっと迷惑な女性でもある)ある女
性政治家ブットが、昨日ついにテロの餌食になって殺されてし
まった。

政治家としての使命感、矜持、愛国心など売国奴コイズミやア
ホのアベシンゾーらアメリカ政権の狗とは比すべきものもない
政治家だったブット。父親も軍事政権に処刑されているまさに
悲劇の一家となった。政治を無駄に混乱に陥れただけでしかな
いアホのアベシンゾーにはブットのような死をも覚悟した政治
姿勢は皆無。あのような恥さらしをしたのに、いまだに議員の
椅子に齧り付いている能無しだ。このような馬鹿を首相に頂い
たことがまさに今年の日本の醜態だらけだった年を象徴するこ
とだろう。ブット暗殺もあって、株式市場は急落で今年の大納
会を終えた。

日経新聞ウェブによると
…………
日経平均終値1万5307円、1年で1918円下落・大納会
 今年最後の取引となった28日大納会の東京株式市場は日経平均株価が前日比256円91銭(1.65%)安の1万5307円78銭で終えた。年末終値としては5年ぶりに前年末を下回った。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題や企業業績の不透明感が響き、年間で1918円5銭(11.1%)下げた。世界の主要株式市場のなかで東京市場の低迷が鮮明になった。
 この日は米国株安や主要統計の発表を受け朝方から売りが先行、ほぼ全面安の展開になった。年末終値は2004年(1万1488円)以来の低い水準。年間の日経平均の下落幅も02年以来、5年ぶりの大きさだった。 (11:15)
…………と、まさしくアホのアベシンゾー並の終わりかただ。

株式では世界の主要市場は年初よりどこもかも最終的には上昇
している国ばかり。サブプライムでガタガタしていたアメリカ
でさえ年初より上昇しているのだ。それなのに、東京市場の体
たらく。憲法改悪だけしか興味を持っていなかった経済無視の
究極の馬鹿、国家・国民を不幸にすることしか能のないアホの
アベシンゾーが首相をしていたなんていう世紀の冗談状態にあ
った日本の今年の締めくくりに相応しいものだろう。それにし
ても株式に関しては面白くも何ともない一年だった。経済成長
には総需要拡大政策が必要なのに、それに反する抑制するばか
り(建築基準法改正に典型的な官製不況などの馬鹿政策)を繰
り出す自民・カルト癒着腐敗馬鹿政権。総需要拡大に効果的な
減税をする器量もないし、消費マインドを刺激しまくる株式上
昇にもなんらの興味も示せないコイズミ・アベ愚か路線継承の
福田オランウータンときては世の中真っ暗闇だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

東北方面の使いやすい新しい地図として「GIGAマップルでか字東北道路地図」は出色の出来

毎月20日過ぎには書店へ行き、月刊誌中心に様々なジャンル
の新刊をチェックするのが昔からのまあ一つの楽しみ。30冊
程度の雑誌をチェックするのだが、ほとんどが読むセクション
が決まっているため、短いものでは数分で終わる。目次だけ見
て終わりのものも多い。

そんな立ち読みをだいたいコーヒー休憩など入れて3時間ほど
するのだが、最近できたモール内の書店では座って立ち読みで
きる(座り読みか?)椅子がかなりの数置いてあるので、足の
痺れなどある身としてはラクチン。

ついでに欲しい単行本探しもするのだが、単行本の品揃えは今
ひとつ。まあ、子供の本、雑誌、文庫・新書に売れ筋本中心に
ならざるを得ないしね。

今回道路地図とくに頻繁に行く東北のドライブ地図の新しいの
が欲しかった。現在使用しているのはJAFの道路地図とワンダ
ードライブ東北編なのだが、5〜6年ほど前のもので、最近の
地方自治体合併の嵐でちょっと不便になって来たのだ。

ドライブしていても、道路標識に出て来る市町村名がまるで知
らないものが出て来て、正しい方向へ走っているのか時々不安
になるときがあるのだ。しかも、新しい地名がまるでその土地
の特色も何もない訳の判らないアホ過ぎる名前が多過ぎるのだ
から困る。一体郷土愛があるのかと疑いたくなるような地名が
わんさだ。まあ、愛国心も郷土愛もないコイズミが地方潰しで
強引に進めたことだからな。

というわけで、新しい東北のドライブ地図をいろいろ検討して
みて、リング方式のものも使いやすそうだったが、以前一度使
用した経験ではリングの通っている穴部分がすぐ破れてしまい
耐久性に問題があり、使いやすいのだが却下。また、字が小さ
いのも最近は疲れるしと思いながら、手にしたものが欲しいな
と思っていた地図のイメージにぴったり。

それは、昭文社発行の「GIGAマップル」の「でか字東北道路
地図」ってやつ。A4版で基本的な縮尺が10万分の1で、かな
り詳細で、しかも字が1・5倍ぐらいあり実に見易い。主要地
方は5万分の1だし、主要都市は1万5千分の1などと臨機応
変に対応しているのもなかなか便利だ。県道などの番号も大き
いのが私向き。あまり分厚くないのも手になじむし、地形図部
分がいわゆる白地図に近く地図に書き込んでも目につきやすい
のもいい。値段も1900円とほかのものにくらべて内容的に
割安だった。早速買って来て、暇があると、地図上でのドライ
ブを楽しんでいる。そのバーチャルドライブが実に楽しい地図
なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

毎年欲しくてもいつも在庫なしの「北東北日帰り温泉」2008年版が26日に発売

温泉巡りの中でも東北が好きなのだが、その中でもとりわけ好
きなのが北東北。いわゆる青森、岩手、秋田の3県のことだ。
東京からはあまりに遠すぎて頻繁には行けないのだが、昨年も
数泊のドライブ旅行を何回かしてご機嫌な湯にたっぷりと浸か
って来た。

その時に欲しかったのが以前から存在だけは知っていた地元3
県のタウン誌3誌が共同で発行している「北東北日帰り温泉」
なる温泉紹介本。数年前から発行されているらしいのだが、入
手できるのが地元の書店などだけ。しかも毎年年末に発行され、
春先には売り切れが多いらしく、毎年雪がなくなってから北東
北へドライブ旅行に行き、書店などで探してみるのだが、いつ
も在庫なし。

まあ、それほど欲しいのは、紹介されている温泉のすべてに何
らかの特典が付いていて、無料になったり、割引になったり、
その他のサービスがあったりと温泉案内書としてなんとも嬉し
い本だからだ。

その欲しい「北東北日帰り温泉」2008年版が12月26日
に発売されたそうだ。値段は980円。タウン誌を発行してい
る秋田県・あきたタウン情報、青森県・フィーラーステーショ
ン、岩手県・東洋アドシステムの共同発行。今回は全301湯
紹介になっている。雪解け時期までは北東北にはドライブで行
く予定はないので、なんとか入手方法はないものかと思ってい
たら、タウン誌「アキュート」を発行している東洋アドシステ
ムのサイトを見ていたら通販で購入できるのだ。

というわけで、購入申し込みの方法を尋ね、今年中に申し込む
ことに。ネットで金を振り込もうと思ったのだが、送金方法が
郵便局の「払込取扱票」なるものを使うしかないそうで、わざ
わざ郵便局まで行かなきゃならないのだ。ネット時代なのにな
んと面倒くさいことか。でも、意外に経費は安くすむようで、
送料も1冊で100円、2冊で150円とか。郵便局での手数
料金は窓口で120円、ATMなら80円とか。早く振り込まな
くちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

アホのアベシンゾーの残滓「教育再生会議」ってのがまだ残っていたんだ。これこそ税金の無駄遣いの極致

アホのアベシンゾー絡みで、アホの残滓がまだ残っていたのが
何の役にも立たないどうでもいいことを井戸端会議的におシャ
ベリして、貴重な税金を貰っている教育再生会議なるゴミ審議
会。それがまだ残っていたんだよな。

再生と喚いていて、自分自身を再生させることもできずに真性
馬鹿であることを晒したアホのアベシンゾーのクソ的残滓その
もの。だいたい、この会議の事務局長かなにかしていたくせに、
さっさと参議院へ調子良く鞍替えしたヤンキー出身だけが売り
だった胡散臭い奴がいなくなったんだし、アベシンゾーが首相
の座を放り出した時点で解散すべき会議だろう。それがいまだ
に存在して、アホみたいな報告をしているのこそ無駄の極致。
いくら座長がノーベル賞受賞者でも、その言っていることがま
るでアベシンゾー並の戯言では呆れるだけの会議でしかないの
だから。

その無駄の極致の会議がまだ残っていたのにびっくりこいたの
が、時事通信ウェブに出ていた記事
…………
2007/12/25-18:41 「徳育教科化」を再提言=3次報告、目玉消え−教育再生会議
 政府の教育再生会議(座長・野依良治理化学研究所理事長)は25日、首相官邸で総会を開き、第3次報告を決定した。小中高大学の「6・3・3・4制」の変更が焦点だったが、小中一貫校の制度化検討など「弾力化」を求めるにとどめた。第2次報告に盛り込んだ「徳育の教科化」は、中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)が消極的なため改めて提言した。年明けに3回の報告を総括するため、最終報告をまとめる。
 会議を設置した安倍晋三前首相の後ろ盾を失い、「教育委員会の第三者評価機関」などの目玉は議論の過程で次々と消え、法改正に至らない穏当な提言ばかりが残った。1、2次報告に比べ内容も減少。来年度予算案編成が終わり、今後の扱いが不透明なため「提言の実現が図られるよう、実効性の担保やフォローアップの在り方も検討したい」との一文で締めくくった。
 報告書は、全国学力調査結果の検証と情報交換のため、国が都道府県に「全国教育再生会議」の開催を呼び掛けるよう提案。小学校高学年の理科専科教員の配置や小学校の体育専科教員の増員も求めた。検討課題だった「教育バウチャー(利用券)制」は、集まった生徒数に応じて予算配分する学校選択制のモデル実施を促すにとどめた。
…………ね。

さらに産經新聞ウェブによるとその要旨は
…………
【教育再生会議】第3次報告の要旨
2007.12.25 17:47
 教育再生会議が25日に決定した第3次報告の要旨は次の通り。
 《1、学力の向上に徹底的に取り組む》理科教育強化へ小学校専科教員を増員▽小中高大の「6・3・3・4」制の弾力化。小中一貫校の制度化を検討▽小学校から英語教育に取り組む
 《2、徳育と体育で健全な子供を育てる》徳育を新たな枠組みで教科化し、感動を与える多様な教科書を作る。点数での評価はせず、専門の免許も設けない▽運動・食育・生活習慣が一体となった体力向上をはかる
 《3、大学・大学院の抜本的な改革》高校での学力担保のため将来的な課題として高卒段階での学力テスト実施を検討▽学長のリーダーシップによる徹底したマネジメント改革の推進。学長選の廃止も検討
 《4、学校の責任体制の確立》校長の5年以上の同一校在職などでリーダーシップを発揮▽不適切な人事慣行、勤務形態を改め、組合との不正常な関係を正し人事の公正化を図る▽偏向した授業や行き過ぎた性教育など不正常な学校を教育委員会が是正
 《5、現場の自主性を生かすシステムの構築》国が学校の第三者評価ガイドラインを作成▽学校選択制と児童生徒数を勘案した予算配分による学校改善システムをモデル事業で実施▽社会人教員の大量採用で学校活性化。普通免許がない教員を採用者の2割以上に
 《6、社会総がかりでの子供、若者、家庭への支援》有害情報から守るため、子供使用の携帯電話にフィルタリング(サイトへの接続制限)を義務付ける法的規制導入
 《7、教育再生の着実な実行》教育再生会議の提言の実効性担保
…………だけどね、これらの報告って何か意味ある訳かい。全
くまあ当たり前的な適当なことを言っているだけ。こんなクソ
報告に税金使うなっての。こんなクソ会議を作って税金無駄遣
いしたのもアホのアベシンゾーの責任だろう。だったら、この
馬鹿会議の経費すべてをアベシンゾーが国庫に返還しろよな。
それこそ、売国奴コイズミやアホのアベシンゾーが大好きな自
己責任の法則そのもだろうが。しかしな、小学校から英語教育
って、馬鹿の見本か。日本人なんだから基本の小学校では日本
語をきちんと教えればいいんだよ。この会議の馬鹿どもはアメ
リカの植民地の奴隷を作りたいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アホのアベシンゾーがまだ「美しい国」造りをすると産經新聞のインタビュー記事でいまだに懲りずに妄想こいている

日本のジャーナリズム精神喪失のマスゴミの中でも究極のカス
で自民政権の狗そのものでしかない便所紙産經新聞らしく、
ホのアベシンゾーのインタビュー記事を大々的に25日付けの
紙面で掲載している。要約を1面の準トップに、インタビュー
記事を4ページ目に紙面のほぼ半分を無駄に使用して掲載して
いる。こういうのを資源の無駄遣いの典型と言う。

題して「理念失えば自民漂流」ときては、冗談としか思えない
訳だ。そもそもアホのアベシンゾーに政治家としての理念など
あったのか。憲法を改悪してアメリカに戦争で奉仕できる奴隷
国家を作ることしか頭になかった単なるクソ低能だろう。何を
言っているのか判らない口舌悪いシャベリで頭の悪さを思い切
り露呈しながら、
…………
「今年を漢字一文字で表わすと、"責任"ですかね」(一文字の意味を理解出来ない馬鹿)
「ホワイトカラーエグゼンプションは残業代ゼロになるから、残業がなくなり少子化対策につながる」(家にいるとセックス三昧らしい、そのくせテメエは子なしの体たらく)
「フリーターや派遣は働き方の多様性の問題。彼らが正規雇用になりたいとは限らない」(どこまでも労働者の視点では思考できない奴だ)
「そのまんま東氏は再チャレンジに成功した。自分の再チャレンジ政策はこういうものだ」(再チャレンジの意味が違うだろうがアホ)
「私はミヤタさん、いやミヤケさんを誇りに思う」(電車にはねら死亡した宮本巡査部長の葬儀に行って何回も名前を間違うボケ晒し)
「私はいま権力の頂点にいる」(と言いながら、その責任だけはすべて回避の無責任の頂点野郎)
「松岡さんが亡くなって慙愧に耐えない」(「慙愧」って「恥じ入る」ことでね。国語能力もないって訳ね)
「コムスンは一生懸命やっておられる」(ゴミ企業を擁護するのはよほど旨味があったんでしょう)
「1996年当時の厚生大臣は菅さんじゃありませんか」(戦後政権にずっといるのは自民党なんだけどね。責任転嫁もここまで言う恥知らずぶりには唖然)
「たかが800円で辞任する必要があるんですか!!」(赤城大臣の事務所経費問題で自らが究極の馬鹿であることを自らが証明)
「改革実行力があるのは自民党と民主党です!!」(選挙応援演説で公明党と民主党を間違えるほどのアホ)
「今回は多くのご支持をいただいた。引き続き改革をすすめるのが私の責任」(私か小沢かを選ぶ選挙だと見得を切った参院選で惨敗しているのに負けの意味が理解できないようだ)
…………等々素晴らしい低能ぶり露呈のアホこきまくった世紀
の低レベル政治屋そのものだった。

その馬鹿が、参院選敗退の責任も一切取らず、政権の椅子に居
座り、施政方針演説した直後に意味不明の言葉吐き散らして、
仮病で病院に駆け込んで「ママー、ボクお腹痛い、頭痛いんだ
よーん」風情の恥知らずな国民無視の辞任をして、政治家とし
ての資質ゼロを証明したくせに議員辞職もせず、税金の無駄食
いを続けるだけ。いまや政界の穀潰し、吹き出物でしかないく
せに、便所紙産經新聞のおべんちゃらインタビューでは偉そう
に自民党は理念の党なんだとさ。アホらしくて笑うしかない。

しかも国会運営は「国民の視点に立って知恵を絞っていくこと
が大切だ」と来ては、お前には言われたくねえよと、タイゾー
程度のゴミ議員でも思うだろう。

まあ、どうでもいいインタビュー記事なんだが、最後のほうだ
けでもこの馬鹿の譫言を少し載せると
…………
療養中に考えたのですが、自民党が半世紀にわたり政権の座にあったのは、結党以来の理念を貫いてきたからではないでしょうか。昭和30年の保守合同で結党した自民党の使命は2つありました。1つは米ソ冷戦下で自由主義陣営の一員であることを明確にし、国を安定させ、経済を発展させること。もう1つは憲法改正を中心とした占領体制からの脱却でした。
 この2本立てだったからこそ、自民党は「理念ある政党」として生き残ってきたのだと思います。私は理念先行型といわれてきましたが、先送りにされてきた2つ目の使命を失ってしまえば、自民党が自民党たるゆえんを失ってしまうのではないでしょうか。
 おかげさまで体調はほぼ元の状態に回復してきました。来年からは自民党の一議員として徐々に活動を再開していきたい。ジワジワと固まりつつある良質な保守基盤をさらに広げていくことが私の使命だと思っています。「美しい国」づくりはまだ始まったばかりですから…。

…………ときたもんだ。理念もねえ、思考能力もねえ、国語能
力もねえ、国民の視点で国民生活を考える能力もねえお前が政
界から消えることこそ「美しい国」づくりの第一歩だと山口県
の愚かなアベシンゾー支持者以外は思っているんだけどね。そ
れより、「ウチュクチイクニチュクリ」はとうに放棄したはず
だろうが。選挙戦でもあまり言わなかったし、敗退後は全く封
印したくせにね。まあ、この馬鹿は妄想しか頭にないのだろう。
こんな馬鹿を日本の救世主みたいに賛美したネットウヨなどの
ボケ連中もいたがな。ああそうか、産經新聞はそのネットウヨ
の仲間みたいなものってことか。だいたい「私は理念先行型と
いわれてきました」
って、自分で自分のコトを最高権力者とう
そぶくだけの馬鹿だけはある。理念ゼロのくせによく言うぜ。
それより、だいたい療養じゃねえだろうが、単なる“引きこも
り”だろうが。失笑するのみ。さらにはジワジワと固まりつつ
ある良質な保守基盤
ってね、コイズミが保守基盤を根底から破
壊し、お前がさらに悪化させておいてよく言うよ。お前の使命
は議員辞職して、山口県の馬鹿な支援者たちに飼われることだ
けだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

年金問題は国民の責任、長妻議員の責任と訳の判らない妄言を吐き散らす自民の狗エセ文化人の代表、曾野綾子

自民・カルト癒着腐敗政権の広報便所紙として毎日のようにトン
デモ記事満載の産經新聞。その中でも支離滅裂、唯我独尊、自民
政権の狗の典型ゴミ文化人として大宅映子と甲乙付けがたい曾野
綾子ってばあさんが書くコラム「透明な歳月の光」なるクズ文章
が24日付けでも馬鹿丸出しの政権ゴマスリを書いている。

書いているのは年金問題。「5千万・・そうした数の資料を、厚
労大臣が3月までに調査する、と言って、その通りにできると皆
ほんとうに思っていたのだろうか。私は実は一度もできると思っ
たことがない」と、さも自分だけが慧眼の持ち主であるかのごと
く偉そうに御託宣だ。あんたのような耄碌ばあさんに言われなく
ても、国民のほとんどはそんなことはできるとは思ってもいない
よ。そもそも、それができると言い切ったのはアホのアベシンゾ
ーが参院選で国民を騙すために暴走して言ったんだろうが。国民
はそのアホの言ったことなど微塵も信じていなかったから選挙で
“ノー”を突きつけたんだろう。

この耄碌ばあさんは、アホのアベシンゾーがそもそも来年3月ま
でにすべてを解決し、国民のすべてにきちんと年金を支給すると
見得を切ったのを忘れているんじゃねえのか。

自分だけが慧眼を持つ知恵者のように書いた上に、このばあさん
言うことに事欠いて、なんと「そういう無理なことを軽々に口に
した大臣に責任がないとは言わないが、それを言わせた空気が国
民にもあった。・・・・・・・長妻氏は自分ならできると思った
のだろうか。その点を私は一番聞きたいところだ。できないこと
を知りつつ言わせておいて今追及するというのは、政治的手腕と
してはおみごとだろうが、ほんとうに国民の立場を考える人のや
り方ではない
」と、アホのアベシンゾーの選挙目当ての詐欺言辞
をそのまま勝手に使った舛添などの責任を糊塗するかのように、
それらの詐欺言辞を言わせたのは国民の責任、さらには年金問題
を掘り起こした長妻議員の責任だときた。さすが、政権にたかる
ゴマすりエセ文化人だけはある羞恥心もなにもない耄碌ばあさん
だ。こいつにとっては、長妻議員が年金問題を取り上げ、問題に
したこと自体が問題だったようだ。笑止千万。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

サブプライム問題でユダヤ外資が日本のメガバンクにカネ寄越せと言っていた基金創設は結局断念だとさ

資産もねえ、収入もねえ乞食みたいな奴らにジャブジャブカネを
貸し出し、焦げ付くのが目に見えていたサブプライム問題。先日
は日本の3メガバンクからユダヤ外資どもがカネを騙しとろうと
して、基金の創設に日本のメガバンクにカネ寄越せと言う自己責
任はテメエでは言うくせに、自己責任なんて精神ゼロの新自由主
義標榜のハイエナどもらしい恐喝を日本の銀行に対してしていた
が、結局さすがアマちゃんの日本の銀行もそんなカネ捨てるよう
なことは拒否したよな。

それがそれが、日本のメガバンクがカネ出すの拒否したら、なん
とユダヤの守銭奴どもは基金そのものの創設を辞めるんだとさ。
結局は日本の甘い認識の銀行屋どもからカネ騙し取るのだけが目
的だったのが明白だったってことだ。こんなハイエナどもに日本
の貴重な金融資産をハイエナにやるように食わせるために役立つ
政策をしたのがタケナカ・コイズミ売国コンビだった訳だ。

日経新聞ウェブに出ていた記事ね
…………
米シティなど3行、サブプライム基金創設見送り
 【ニューヨーク=発田真人】信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)対策を巡り、シティグループなど米銀3行は21日、今秋から準備を進めてきた証券化商品の買い取り基金設立の構想を見送る方針を決めた。みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行の邦銀2行が保証枠を供与するシンジケート団への不参加を伝えるなど、日欧主要銀の協力が得られない見通しとなったため。シティなどは資金繰りが悪化している簿外の運用組織を連結化し、自前で支援する。
 シティ、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースの3行は21日夕、邦銀などに対し「現時点では基金創設の必要がなくなった」と事実上、断念する意向を伝えた。
…………とね。テメエらのケツはテメエらで拭けってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

薬害C型肝炎訴訟に見える国民の命へ冷淡なのは自民政権・官僚のいつものこと

薬害C型肝炎訴訟での一連の騒ぎに見る自民党政権・官僚の
国民の命など考慮もしない冷淡なのはいつものこと。薬害エ
イズ事件など何の学習効果にも活かされいないことの証明。

それにしても、まるで啖呵を切ったかのように官僚を抑え込
んで患者たちのためになる結論にすると勇ましいことを言っ
ていた舛添の根性なしと言うか口先だけのさすがネズミ男ら
しい動きではあった。そして、専門家に任せるとかなんとか
官僚任せの自ら断固として決断も出来ない、官僚以上に国民
に冷淡な内面をさらけ出した福田オランウータンは政治家と
しての資質もないどころか、あの喋れば喋るほど単なる猿脳
でしかない実態が暴露される楽しさ。

そして、いつもの呆ればかりのアホ会見やってくれる町村と
言う名前からは想像もできないほど地方の町や村に住む国民
のことには無頓着な馬鹿がまたこの訴訟問題でアホこいてい
るね。

時事通信ウェブに出ていた記事だが
…………
2007/12/20-17:53 原告側の対応批判=「司法判断どうお考えか」−町村官房長官
 町村信孝官房長官は20日午後の記者会見で、薬害C型肝炎訴訟の和解協議で原告側が国の修正案を拒否したことについて「大変残念だ」とした上で、「『この案でなければ受け入れられない』と言うのは、司法の立場をどういうふうにお考えなのか。ただ、簡単に駄目というだけでなく、何らかの対応を考えてほしい」と述べた。全員一律救済を主張する原告側の対応に疑問を呈し、問題解決へ一定の歩み寄りを求めたものだ。
…………とね。都合の良いときは司法の判断を大切にしろか。な
らば、これまで政府に絡む司法判断で、とくに憲法問題などで
自民党政権に不利な判断が出た時に司法判断に素直に従ったこ
とがある訳なのか。適当にいい加減なことばかり言う奴ではあ
る。米軍の贅沢のためにはポンと何兆円を税金から払うことは
出来るが、厚生省の役人がまともな仕事をしなかったために体
を破壊された国民の命のためにはカネが惜しいらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JRが来年3月のダイヤ改正で寝台列車をさらに削減とか。鉄ちゃんではないがなんだか寂しいね

ネットでニュースを読んでいたら、来年3月のダイヤ改正でJR
がさらに寝台列車を削減するようだ。夕刊フジウェブによると
…………
鉄ちゃん、また号泣…ブルトレ、JRが一部廃止へ
 「ブルートレイン」などの愛称で知られるJR寝台列車のうち、終戦直後から約60年間走り続けた「銀河」(東京—大阪)のほか、「なは・あかつき」(京都—熊本・長崎)などが来年3月に姿を消す。
 定員に対する乗車率が3—4割程度にとどまっていることが要因。JR各社は「新幹線などの登場で移動手段としての競争力がなくなりつつある」としている。
 このほか「日本海」(青森—大阪)と「北斗星」(上野—札幌)は、ともに本数が半減。北海道新幹線建設工事の関係で一部運行を取りやめる北斗星以外は、いずれも乗車人数が平均100人未満。なは・あかつきはJR発足の1987年当時と比較し、乗車人数は2割弱にまで落ち込んでいた。
 一方、同じ寝台列車でも、青い寝台車を機関車が引っ張るブルートレインではなく、豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」(大阪—札幌)や「カシオペア」(上野—札幌)は6割以上の乗車率で推移。「列車内での食事など乗ることそのものが目的になっている」(JR社員)という。ZAKZAK 2007/12/21
…………という訳なのだが、ちょっと寂しいね。

別に鉄ちゃんではないのだが、14〜5年ほど前から車以外の
旅行では使用できる年齢になったので、フルムーンパスを利用
しての旅行をかなりの回数しているのだ。その時に北海道や九
州への便利なまた楽しい手段として寝台特急をたいてい利用し
てきたのだ。

とくに北海道への「北斗星」、九州へ行く時に京都から行ける
「なは」などはフルムーンパスで2人用個室も利用できてご機
嫌なのだ。それがそれが、「なは」はなくなるわ、「北斗星」
は減便になるわではがっくりだ。しかも、最近は東海道・山陽
新幹線では「ひかり」がどんどん減り、「のぞみ」ばかりにな
って来ているのだが、フルムーンパスでは「のぞみ」が乗れな
いのだ。ということで、これではフルムーンパスで旅行する楽
しみがどんどんなくなって来る訳だ。

団塊世代の退職増加で、旅行する人間も増えて来て、フルムー
ンパスの利用拡大もあるのにJRは冷淡だね。まるで地方の人間
などカス扱いの自民党政権なみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新自由主義政策批判でがんばる鈴木宗男が、売国の似非自称経済学者タケナカを強烈に批判

地方経済の活況あってこその日本。しかし、ユダヤ外資の手先
として新自由主義なる弱肉強食を善として、他人を出し抜き騙
し、美味い汁を吸うものが勝ち組と煽ったタケナカ、その似非
自称経済学者にまんまと丸め込まれた低能野郎コイズミに完璧
までに破壊された日本の地方経済。

タケナカなんかは地方での公共事業をいまだにアプリオリに無
駄遣いとアホにして、参院議員を無責任に放り出した国民愚弄
のクソ野郎のくせにカネ稼ぎだけがまさに一番の新自由主義者
らしくテレビに出まくってB層国民の洗脳に精を出している。
しかし、公共事業のどこが無駄なのか。人口の少ない地方で道
路整備するのがそれほど無駄か。都会の人間だけが利便性豊か
な生活を満喫すればそれでいいのか。道路は生活の基本だ。住
民の安全や生活もそれによって守られるし、一度作れば究極の
インフラとして将来の役に立つ。コイズミ以降自民党政権が国
民のためになる政策をしたことがあるだろうか。米軍のためな
ら巨費を貢ぐだけのような売国政策だらけじゃないか。公共事
業にカネを投入していればどれほど景気浮揚にもなったことか。
したリ顔の馬鹿ほど公共事業を悪徳視するものだ。

そんな中、新党大地代表である鈴木宗男が、地方や弱者を軽視
する新自由主義経済政策を強く批判し、北海道の自立などを旗
印にがんばっている。コイズミに尻の毛まで抜かれて腑抜け状
態の耄碌馬鹿ばかりの自民党に比して目立っているのだ。売国
の集団でしかない外務省批判の急先鋒ぶりでも評価できる。そ
鈴木宗男のホームページの中にある「ムネオの日記」がなか
なか辛辣な記事もあり面白い。

ちょっと最近のものをチェックしてみたら、11月24日付け
でタケナカを強烈に批判していた。さすが愛国保守政治家だ。
…………
2007年11月24(土)鈴 木 宗 男
 十勝岳連邦で日本山岳会パーティーが雪崩(なだれ)に巻き込まれ4人が亡くなるという悲しいニュースに驚く。雪山シーズンを迎え、山の事故は毎年繰り返されるが自然の力の大きさ、自然の計算出来ないエネルギーを十分頭に入れて冬山登山を行って欲しい。「そこに山があるから」有名なセリフではあるが念には念を入れていただきたい。
 午前中、札幌は日本ハムファイターズの優勝パレードで交通規制。大勢のファンがパ・リーグ連覇を祝福する。パレードした日ハム選手は雪の札幌で寒かった事と思うが、道産子の熱い思いを感じ取ってくれた事だろう。北海道の球団として日本ハムは定着し、道民に勇気や誇りを与えてくださった。来年も優勝し、是非とも日本一になってもらいたいものだ。
 午前中、札幌事務所で頼まれていた色紙書きをする。12時40分千歳発で女満別空港へ。私の秘書をしながら北見市議会議員である鳥越良孝君の出版記念フォーラムにパネリストとして参加。全日本柔道監督の斉藤仁さんも来ており「逆境からの挑戦」というテーマで二人で経験談を話させていただいた。
 17時から新党大地北見地区・鈴木宗男北見地区後援会の役員会。国会情勢・次期選挙についての報告をする。連休中にも関わらず役員の方々が足を運んでくださり有難い限りである。
 朝8時からの日本TVで竹中平蔵氏が出ており「北海道は無駄な道路が多い」と言っていた。どこが無駄な道路か、具体的に上げて話すなら解るが評論家宜(よろ)しく無責任な話は迷惑である。「人口が減っていくから道路は必要ない」という言い方もしていたが、道路がないから人が出て行き過疎になっている地域もあることを解って言っているのか、北海道の高速道路についてもヒト・モノより、命に関わる人道的、生命線としての道路の果たしている現状を解っているのか。
 アメリカ型の新自由主義政策で小泉政権以後の日本はどうなったか。格差が拡がり、都会と地方の溝は深まり、国民はやる気を失い、子が親を、親が子を、子供同士が殺し合う、荒(すさ)んだ社会になってきたではないか。弱肉強食、強いものが、勝った者が善という価値観をつくってきたのは竹中平蔵氏を中心としたアメリカ帰りの連中が政策を展開してきたからでないか。
 TV放送が終わったあと「竹中平蔵は地方の実態を知っているのか」「道路財源は目的税であり、目的を果たしたというなら国民に戻すようすべきでないか」「手を挙げて参議院選挙に出て当選させてもらい、すぐ議員辞職する。こんな無責任な男がものを言う資格があるのか」「政治が無くて泣いている人、過疎で苦しんでいる年寄りの事を、都会でぬくぬくと生活している竹中は知らんだろう」と言った厳しい辛辣(しんらつ)な電話が沢山入って来た。私が怒られているような複雑な気もしながら国民はきちんと見ているし、解っている。この事に安心感を覚えながら、私はあくまで「北海道が良くなれば日本が良くなる」「明日の日本をつくる北海道」と言う旗を堂々と高く掲げながら信念を持って訴えていく。生活感のない、痛みのわからない、困った人の心を知らない人に国民の声を届けていきたい。誰かがはっきりものを言わなければ日本がダメになる、アメリカ至上主義でいいのか、今、政治があるかと私は発信していく。
 振り返れば小渕総理の時、竹中平蔵氏は政府の中枢に入って来た。それが森総理、小泉総理へと結果的に引き継がれた。小渕、森政権と小泉政権では、右ボックスと左ボックス位の差があった政策にも関わらず、ぬくぬくと、したたかに権力に居座っていた竹中平蔵氏であった。裏をかえせば、大変な人である。こんなにも器用に立ち回れる人は、そうそういるものでない。感心しているのではなく、人間としていかがかと、人の道として、学者として、それでいいのかと問うのは私だけではないだろう。

…………と来た。タケナカの人間としての人間失格ぶりを根底
から批判しているのだ。タケナカのような愚劣極まる奴を本質
も見抜けずいまだに使用するマスゴミ自体が日本をダメにする
元凶の一つでもあるのだが。しかし、カイカクカイカクと怒鳴
りまくる奴らほど、他人には自己責任をうるさいほど言うくせ
に、自己の犯したことに対する責任はまるで無関心でチョー無
責任である。コイズミ,タケナカ、アホのアベシンゾーらこい
らに自己責任という言葉は辞書にはないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

日本の金融危機ではハイエナ行動したくせに、テメエたちの危機ではサブプライム基金へ金出せとジコチュウの米外資

日経新聞ウェブに出ていた記事ね
…………
3メガ銀、サブプライム基金への融資枠設定見送りへ
 三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友銀行、みずほコーポレート銀行のメガバンク3行は19日、大手米銀から要請のあった信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)対策基金に対する融資枠の設定を見送る方針を固めた。各行が要請された融資枠はそれぞれ50億ドルと巨額なうえ、貸し倒れリスクが不透明だと判断した。
 同基金は米シティグループやJPモルガン・チェースなど米大手銀が設置を検討。総額500億ドルの資金を準備して、資金繰りが苦しくなっている銀行傘下の運用会社から、格付けの高い証券化商品を買い取る仕組み。混乱が続く金融市場の安定につながるとして米財務省も歓迎している。(07:03)
…………ってね。拒否するのが当たり前の話じゃねえか。

日本の銀行が貸し出しの基本としていたのは土地担保主義だ。
それがバブル崩壊でおかしくなった時に、ユダヤの手先タケ
ナカなんかは日本の金融機関のコトをさんざん馬鹿にしてい
たよな。そしてそれを不良債権なんて名前をつけて、強制的
に解消させようとしたよな。しかし、そのときでも日本の金
融機関の多くが凌げたのは、日本流のシステムがあったから
こそだった。そのバブル崩壊時にアメリカの奴らが日本の金
融機関を助けたか。助けやしないな。それを奇禍として、日
本資産の安値買い叩きの盗人そのままのハイエナ行動をこれ
までしてきた訳だ。

それなのに、てめえらが近視眼的に借金返す当てもなく、土
地資産等の担保もないつまりはただの乞食どもに資産査定も
まともにせずにカネ貸しまくって、それが行き詰まったら、
日本の金融機関に助けろだってことだ。アメリカの奴らって
のはどこまで自己チューな訳だ。売国奴コイズミやタケナカ
は言っていたよな。自己責任がグローバルスタンダードだと。
テメラのケツは自分の手で拭くのがグローバルスタンダード
だろ。こんなクソどもの新自由主義ってのをまるで正義のよ
うに喧伝したタケナカ、コイズミなんてのはまったくどうし
ようもないゴキブリって訳だ。証券化ね、あほらしい限りだ
わ。それってのは単なる詐欺の空手形だろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊ダイヤモンドが郵政民営化批判の大特集。今更遅いよ。郵政詐欺選挙前から判っていたことだ

買いたい本があったので1週間ぶりに書店に寄って欲しい本を
買ったあと、20日ということで雑誌の新刊をパソコン関係か
ら始まりいろんなジャンルをチェック。

その中で表紙の大きな見出しが引きつけたのが週刊ダイヤモン
ドの「郵便局を信じるな!」だった。早速立ち読み。基本はつ
まりは郵政民営化は日本にとって何の意味もない、害にしかな
らないクソ政策にしか過ぎないと言うごく当たり前のコトを書
いている訳だ。

当たり前じゃないか。新自由主義なる弱肉強食をグローバルス
タンダードとか騙すタケナカなどという似非経済学者が郵政民
営化しかあたまにない異常者の馬鹿の売国奴コイズミを誑かし
て、まんまとユダヤ外資にしか資することのないアホ政策を強
引にやらさせてしまったその中心にある愚か極まる政策が郵政
民営化だ。コイズミやタケナカは地方での利便性確保など守る
と言いながら、法案化したあとは知らん顔で、地方の郵便はど
んどん不便になっている。そのことに関しては、無責任の集大
成野郎コイズミは自らの責任には一切無視だ。タケナカはいま
だに自画自賛するだけのクソぶりだ。

しかし、あの詐欺そのものの憲法破壊してまでの郵政選挙の際
にマスゴミはコイズミの詐欺言辞に一切批判をしない世紀の失
態を演じたくせに、その責任は知らん顔だ。

ダイヤモンドがその当時どういう論調をしたのかは知らないが、
ようやくコイズミの馬鹿政策を批判するまともなマスコミが出
て来たというわけか。

だいたいカネ亡者の住友銀行出身の西川なんて奴が社長をして
いるだけで、いかに民営化が国民のためにならないかが明白じ
ゃないか。国民を完璧に騙したコイズミ,タケナカを国会で証
人喚問して徹底的に奴らの膿を抉り出すのが日本の政治の正常
化の第一歩だが、今の情けない政治屋ばかりではまあ無理か。

週刊ダイヤモンドの特集はとにかく読む価値がある。そのHP
の中で、
…………
本特集班の結論。「郵政民営化が日本を不幸にします」
(『週刊ダイヤモンド』編集部 臼井真粧美)
…………と書いている。ここまで言い切るようになったマスコ
ミが出て来ただけでも大きな進歩とは言えるが。
20071220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マダム回転寿司小池叩きで東京10区に民主党が女性候補を擁立へ。これは楽しくなりそう

政策ビジョン一切なし、怨念だけの郵政民営化なる売国政策に
黒い執念を燃やした異常野郎コイズミに媚を売るためだけに、
民営化反対議員落しの刺客に自ら進んでなって選挙区まで変更
したコイズミチルドレンの先輩の代表、マダム回転寿司こと小
池百合子議員に対して、因果と諦めるしかないかのごとくに逆
刺客が襲うことになったようだ。

民主党が18日に小沢代表直々に発表したのによると、次期総
選挙の東京10区に、前東京大学広報室特任准教授の江端貴子
(47)さんって女性を擁立することになったとか。

同選挙区は前回、郵政造反組への刺客として自ら率先して売国
奴コイズミに媚を売るためだけに出馬して当選した小池百合子
のバーチャル選挙区だ。その小池への逆刺客として起用された
のが、ルックス、若さ、きちんと結婚し子供もいるまともな生
活経験もあり、それにアジア人ではまともに留学できるはずが
ないと言う訳の判らないカイロ大学留学に対してフルブライト
留学してマサチューセッツ工科大経営大学院でMBA取得して
東京大学で准教授と知性でも、小池は全く歯が立たない訳だ。
これは楽しいね。回転寿司が回転板に乗ったまま食われなくて
ゴミ箱に直行が期待される。
Zakzak_20071220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

鳴子温泉のお気に入りの「東川原湯旅館」で4連泊して、美味しい食事に温泉三昧で極楽湯治

今回の鳴子温泉4連泊は普段の温泉巡りとは基本的に異なり、
持病の頸椎脊柱管狭窄症が寒さもあって少し悪化したのか首
から肩、腕にかけていつも以上に痛みと痺れがきつくなった
ための完璧に湯治療養が目的。

そのため5日間ぐらい一人でのんびりと宿泊宿の湯を中心に
入るだけであとはゴロゴロしているつもり。そのためにはや
はりまず湯が良いのが第一条件。そうなると当然に草津温泉
あたりになるのだが、最近行ったばかりだし、違う源泉がい
くつか味わえる温泉地が良いなと考えて鳴子温泉に決定。

4泊する予定だったので、安く利用できないとね。となると、
お気に入りの中では鳴子温泉の東川原湯旅館が湯、食事、ロ
ケーションも一番。早速出発の直前にいつものネット宿泊サ
イトで予約。ポイントなどを勘案すると1泊2食付きが44
00円ほどで確保できた。鳴子温泉郷では素泊まりを多くの
宿で出来るが、それでも1泊素泊まりで4000円程度はす
るので、2食付き4400円ほどの料金は超激安。それに、
これまでの宿泊経験からも食事は十分に美味しいので外食な
んか馬鹿らしくなるほどだ。


Higasikawarayu3Higasikawarayu1 Higasikawarayu2



 

 


あとは交通手段をどうするかだ。いつもは車なのだが、痛み
などもあるし、一人だし、また雪の季節でもあるしで、温泉
旅行では初めての激安の高速バス利用で行くことに。ネット
で探してみるとたくさんの会社があり、出来るだけ安くと探
した結果、8日午後11時半新宿出発仙台駅行き2500円、
帰りが13日午後4時半仙台駅出発午後9時半新宿到着30
00円をネットで即確保。あとは仙台〜鳴子温泉間をJRで移
動するだけだ。東川原湯旅館は鳴子温泉駅から歩いて5分程
度だ。

その4連泊になった東川原湯旅館はこれまで何回か宿泊した
り、日帰り入浴でも何回も利用しているお気に入りの宿。自
炊も出来る歴史ある旅館だが、部屋はまあ少しくたびれた趣
があるが、ごく普通の旅館。ただ、硫黄泉と芒硝泉と掛け流
しの素晴らしい温泉が2種類楽しめる温泉好きにはご機嫌な
旅館。

ただ、硫黄泉のほうは混浴大浴場、小さい家族風呂とあるの
だが、どちらも強力な硫黄成分のために浴室が相当にボロボ
ロ。鄙びな温泉好きには堪らない風呂なのだが、駄目な人に
は駄目だろう。芒硝泉のほうはまあ普通の浴室なので、風呂
に入れないことはないだろうが。風呂は外の寒さの厳しさも
あり、浴室が湯気で充満、写真など撮ってもボケボケ状態。

Higasikawarayu5_2 Higasikawarayu6_2 Higasikawarayu7

 

 

 

 

宿泊した部屋は昨年も1泊したこぎれいな2階の部屋。洗面
台はあるが便所はなし。午後12時過ぎにチェックイン(こ
このチェックイン、アウトともなんと午後12時の太っ腹)
したら、部屋にはすでに布団が敷かれていて、こたつにファ
ンヒーターも置かれていた。しかし、部屋には硫黄温泉利用
のパイプ暖房が入っていて、刺激感の全くない暖かさでポカ
ポカ。宿泊中の5日間ファンヒーターは1回も利用せず、こ
たつを時々利用した程度。とにかく気持ち良い暖かさで、喉
が渇いたり、肌がカサ付くこともない最高の暖房。


Higasikawara Higasikawarayu8_2





まあ、いつものコトなのだが、平日もあって宿泊客は少なく、
いつ風呂へ行ってもほぼ貸し切り状態でのんびり湯浴み。
あまり長湯せず、一日何回も2種類の湯に浸かって、部屋
に戻って布団でゴロゴロはまさに極楽。ゴロゴロしていると、
元気で優しい女将さんが部屋まで出来立てのまさしく家庭
料理を運んで来てくれる。

チェックインしてまずしたのは、旅館から歩いて数分の所に
あるウジエスーパーへ行っての買い出し。買い出しと言って
も、芋焼酎に缶ビール、そのための適当なつまみ、あとはち
ょっとチョコレートなどに、みかん20個ほど。こたつに入
っているとやはりみかんに酒だものね。あとは風呂に入り、
ゴロゴロ、酒飲むだけだ。読書と音楽鑑賞は持参したiBook
で何日間でもOKだ。

食事は毎日少しずつの変化があり、部屋まで温かい状態で持
って来てもらえる。宿泊料金からは考えられない満足度。家
にいると普段はご飯なんてのは夕食時に茶わん1杯程度しか
食べないのだが、温泉地に来るとなぜか朝食も夕食も2杯弱
は食べてしまう。東川原湯旅館の食事は具沢山のみそ汁が毎
回素晴らしく、お新香もたっぷり。それに毎日工夫を凝らし
た女将さん手作りの一皿がびっくりするほどの量のおかずが
並ぶ。夕食時には果物も付くし、朝食時にはヨーグルトかヤ
クルトも付いて来て文句なし。ある日の夕食のみそ汁にはな
んとタラの白子が山盛りに入っていて、それをつまみに酒の
美味かったこと。

Higasi1 Higasi2 Higasi3 Higasi4

Higasi5 Higasi6 Higasi7

Higasi8


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく小食の私でなくても量はかなりで、昼食はほとんど
とらない。私の場合は昼は散歩ついでに軽くそば程度か宿か
らすぐにある和菓子屋さん「深瀬」で鳴子の名物栗だんごを
食べるぐらい。今回はその好きな栗だんごを2回も昼食代わ
りに食べてしまった。350円で出来立ての温かい甘辛い醤
油味のタレがたっぷりとかかった栗がまるまる1個入ったと
ろけるようなだんご餅が味わえる。この美味さは他ではなか
なか味わえないものだ。という訳で、ゆっくりのんびりと湯
治療養が出来た大満足の4連泊。またすぐにでも行きたくな
って来た。

Naruse1 Naruse2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい

たまたまテレビのスイッチを入れたら、なぜかBSデジタルの
12になっていて、「シェフ列伝」なんてのを放送していた。
そこで取り上げていたのが、四谷に本店(本店ね、やけに多
店舗展開して、儲け第一主義に徹しているからね)を構える
値段ばかり思い切り馬鹿高いフランス料理食堂である「オテ
ル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三。

その放送の中でこのコックらしく、入店3ヶ月の新米がオー
ブンを開けるためにしゃがんでいるのに気がつかず、鍋を運
ぶ時にこの新米にぶつかってしまう。下も前も歩くほうを全
く見ないテメエが悪いのに、このコックが何をしたかと思い
きや、その仕事をしている新米を瞬間的にかなりの勢いで右
足で2発ほど蹴り挙げているのだ。蹴られた本人は「私が悪
うごぜえました」みたいなことを言っているが、あんたはた
だ仕事を一生懸命していただけで少しも悪くないよ。

しかしね、番組ナレーションがフランスのレストランで学ん
だことは愛情を持って料理することとか言っているのが思い
切り笑えるとこだ。どこが愛情を持ってだよ。放送中も全編
にわたり、この三国ってコックはイライラした表情を浮かべ
てばかりで、愛情の欠片さえ感じない。そんな奴の作った料
理なんて美味いはずが無いし、馬鹿なセレブ気取りのアホど
もからカネをふんだくることだけを考えているのだろう。

事実、この三国って奴は昨年傷害事件で書類送検されている
ぐらいの暴力体質そのものの男な訳だが。私自身のその時の
ブログ記事の一部だが、

…………
そんな中新聞関係のウェブを見ていたら、都内のフレンチシェフ二人が
刑事事件を起こしている報道が。10数年前ごろかなりの頻度でフレン
チレストラン巡りをしていたときがあるが、最近はかなり少なくなって
いたが、やはり好きなフレンチなのでちょっと興味があって読んでみる
と。事件のひとつは四谷に一軒屋レストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」
を構えて、暇とカネをもてあます女性層を狙いに繁盛している商売上手
な三国清三シェフが従業員を殴っての傷害罪容疑で書類送検されたとか。
ありえるなと思った。三国シェフはテレビにはかなり出ている出たがり。
その番組の中などで、従業員を思い切り罵倒していた。まあやらせもあ
るのだが、普段の傲慢な喋りなど見ても従業員への対応はかなり横柄だ
とはおもえる。それだけに今回の殴打もやりそうなこと。
10数年前にこのレストランに行ったことがあるのだが、値段の高さ
ばかりが際立つ期待はずれの店だった。このシェフ、スイスの日本大
使館での料理番をしていたとかが売りで、べらぼうに高いメニューで
虚栄心だけの客をうまくひき付けていた料理人というより商売人。あの
値段と料理では過大評価もいいとこだと当時思ったものだ。だいたい
大使館の料理番なんて何でも屋。普段の惣菜も作る立場だ。
…………なんて書いている。イヤー、この三国って男の体質は
少しも改善していないってことだ。そういえば、かなりいい加
減な作りで、日本人騙してカネ巻き上げることだけ考えて作っ
たような「東京版ミシュランガイド」でもオテル・ドゥ・ミク
ニは完璧に無視されている訳で、意外にフランス人も見るべき
所は見ているのだなと納得した次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもながら素晴らしい湯小屋の雰囲気の中で浸かるアワアワの紅茶色のご機嫌な湯の「馬場温泉共同浴場」

今回の鳴子温泉4連泊は基本的に湯治療養で、いつものよう
には車で行っていないので宿泊している旅館の湯にじっくり
何回も入り、あとは横になってダラダラしていた。しかし、
せっかくの鳴子だしという訳で、とりあえずしょっぱなに東
鳴子温泉で未湯だった阿部旅館だけには入浴。

そのあとは車が無いので移動も面倒くさいので、どうするか
と思案していたら、車に乗せてもらえることになり、候補と
してとりわけ好きななかでも車が無いと不便な丸進別館、馬
場温泉共同浴場、それに日帰り入浴が基本的に不可のまるみ
や旅館を挙げ、ある一日昼頃から回ることに。

しかし、もっとも入りたかった丸進別館が営業していないと
かで残念なことに断念。ここはヌルヌル湯が有名な中山平温
泉の中でもそのヌルヌル度が一番とも思える湯で気持ち良い
ことこの上ないのだが、今年8月に行った時にも営業してい
なかったのだ。経営者の方の健康面の問題もあるようなので、
入浴できたら幸運ということで、次回を期待。

そこで、馬場温泉共同浴場へ。川渡温泉と東鳴子温泉の間に
ぽつんと存在する独自とも言える源泉を味わえる貴重な湯で、
薄い紅茶色のアワアワの炭酸成分もあるかなり熱めの湯だが、
そのまろやかな肌触りは絶品。包まれるような感触は陶然と
する。

しかも、青森ヒバをふんだんに使用した7〜8年前に建て替
えされた惚れ惚れするようないかにも湯小屋風情の上品な佇
まいがご機嫌なのだ。管理されている方が、この湯小屋の前
の母屋におられるので、そこの方に300円を払い入浴する
のだが、基本的には地元住民の共同浴場なので昼間に邪魔に
ならない程度に入浴させてもらうのだ。

今回は入浴後母屋に上がって、そのご主人ご夫妻とおシャベ
リして楽しい時間も過ごせた。ここでかなりの時間を過ごし
てしまったし、ご機嫌な湯にじっくり浸かれたこともあり、
ここだけで十分な気分になり、そのまま宿泊先の旅館に送っ
てもらった。

Babaonsen1 Babaonsen2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

官房長官会見で、「私はUFOを信じている」とマジ会見してしまう自民政権の精神崩壊状態

年金問題でアホこきまくるばかりの福田オランウータンや舛添
ネズミ男、アルカイダ等々オバカ発言満開の蝶々マニア鳩山弟
に、訳の判らんことばかり言っているちょっとボケ気味の伊吹
とか自民・カルト癒着政権のマンガぶりはほとんど吉本興業な
みだが、官房長官会見でついに「UFO信じてます」発言まで出
るに及んでは、年金や経済不安が大きくのしかかる国民のこと
などまるで忘却の自民政権の馬鹿ぶりが度し難いまでに膨張し
てしまった哀しい現状のようだ。

時事通信ウェブの記事で
…………
2007/12/18-20:06 UFOは存在する=町村官房長官
 「個人的には絶対あると思っている」。町村信孝官房長官は18日午後の記者会見で、未確認飛行物体(UFO)は存在するとの持論を展開し、笑いを誘った。
 政府は同日の閣議で、UFOについて「存在を確認していない」とする答弁書を決定。会見で、見解を求められた町村長官は「政府答弁は政府答弁だが、そうじゃないと(UFOが存在しないと)ナスカ(の地上絵)など説明できない」と力説。このところ、年金問題で政府の責任を繰り返しただされているとあって「どうぞ毎回こういうご質問をお願いします」と言い添えた。
 これに関し、福田康夫首相は同日夜、首相官邸で記者団に「わたしはまだ(UFOを)確認してません」と語った。
…………と来た。もともと馬鹿の典型みたいな町村だが、福田
オランウータンともども、自分たちで現状の重たい政治課題を
解決する能力の無さをはっきりと自覚し、もうどうなとなれと
の投げやりな気分で精神崩壊状態に近くなって来たようだ。も
ともと、売国奴コイズミ、アホのアベシンゾーと最初から精神
崩壊のゴミが首相をして来た自民党だからドンだケーの馬鹿が
いても驚くことはないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

今年のシングル売り上げトップが「千の風になって」というシラケ鳥が飛ぶような寂しいレコード業界

Googleニュースを見ていたら、芸能関係に今年のシングルの
年間売り上げランキング発表の記事があって、いくつかの掲載
マスコミが並んでいた。その一つであるデイリースポーツの記
事によると
…………
「千の風」がシングル年間首位
 音楽情報会社オリコンは十八日、二〇〇七年の音楽ソフトの年間ランキングを発表した。シングルの売り上げ首位は歌手秋川雅史さんの「千の風になって」だった。
 昨年十二月二十五日から今年十二月十七日までのオリコンチャートを基に算出した。「千の風になって」は約百十二万枚を売り上げ、二位となった歌手宇多田ヒカルさんの「Flavor Of Life」の約六十四万枚を大きく上回った。
…………というものだ。

一方朝日新聞ウェブによると
…………
「千の風になって」売り上げ年間1位 クラシック初
2007年12月18日19時38分
 市場調査会社のオリコンは18日、07年の音楽関連商品の売り上げランキングを発表した。シングルセールス部門はテノール歌手、秋川雅史さん(40)の「千の風になって」が1位となった。売り上げ枚数は111万5000枚。
 「千の風になって」は06年5月発売。同年末のNHK紅白歌合戦で秋川さんが歌ったのをきっかけに売り上げを伸ばした。同部門でクラシック系アーティストが年間首位となるのは初めて。
…………となっている。

紅白歌合戦というゴミ番組自体この30年ほど見たことがない
ので、「千の風になって」という歌自体も全く知らなかったの
で、それがシングル売り上げトップだったと言ってもどうでも
良い訳なんだが、それにしても80年代までは一般国民でも
口ずさむような曲が一応シングルの売り上げベストテンに並ん
でいて、紅白歌合戦もマスゴミがご丁寧にNHKのたかが一歌謡
番組を仰々しく出場歌手、歌う歌まで発表する記事を見ていた
限りはかつてはとりあえずその年のヒット曲が並んでいた。

しかし、90年代に入って以降は一般に膾炙する大ヒット曲が
なくなり、紅白歌合戦自体がなんだかサッパリ意味の不明な放
送時間ばかりダラダラ長くして、一年を振り返る大事な時間に
クソのような曲ばかりを国営放送局が大騒ぎして流すまさに自
民党が望む国民B層化痴呆化番組でしかない訳だ。

「千の風になって」という曲が売れたのもまさにそのB層化の
狙いにぴったり合ったのだろう。この記事を読んでちょっとこ
の曲をチェックしてみたが、まったく興味の湧かない曲。しか
も歌っている秋川雅史ってのもなんだかくどい歌い方で、朝日
が書くような「クラシック系アーティスト」なんて大げさなも
のじゃないよ。大した出来でもない曲(クラシック曲なんて物
じゃない。歌謡曲そのものだよ。かつての歌謡曲や演歌のほう
にもっと素晴らしい曲がいくらでもある)をことさらクラシッ
ク臭く歌っただけのことだな。曲も歌手も胡散臭いだけ。

まあ、この程度の低レベルの曲を付和雷同して買いに走る国民
がいてくれてこそやっとこそさ成立しているのが現状の日本の
レコード業界ってことだね。1位が100万枚ちょっとで、2
位の宇多田ヒカルが60万枚台ってことはいかにCDが売れて
いないってことか。かつての歌謡曲のベストテン番組などが
林立してた頃とは隔世の感そのもの。そらそうだよな、数年後
にでも普通の国民が口ずさんでいるような曲なんてないしね。
それは海外ポップスにも言えることだけど。プレスリーがいま
だに愛され、ビートルズ、ストーンズの曲がいまだに売れ、7
0年代80年代のロックがいかに素晴らしかったか。最近の
海外ポップス聴くとげんなりするだけなのと同じ訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

さすがどこまでもアホのアベシンゾーだ、年金問題の自分の発言の責任問われて逃げ回っていやがる

年金問題を巡る福田オランウータンや舛添ネズミ男と国民
愚弄そのもののまさしく売国奴コイズミにケツの毛まで抜
かれた腑抜けの税金泥棒どもらしい無責任居直り発言連発
だ。ここまで馬鹿にされても自民党支持って奴らはどこま
でも売国奴コイズミの期待するB層国民なんだな。

ところで、この年金問題で「厚生大臣だったのは菅さんじ
ゃあーりませんか」と、戦後一貫して政権を握って来た自
民党の責任ということを一切忘れたかのような先天性馬鹿
の素質を満開させたのが、カルト犯罪集団の集会に祝電ま
で送る売国野郎アホのアベシンゾーだ。

その参院選での最大の争点となった年金問題で、この馬鹿
の集大成オムツ野郎アホのアベシンゾーは、「年金問題に
関しては私の内閣で徹底的に調べ、最後のお一人まで確実
にお支払いすることを国民の皆様にお約束いたします」と
気持ち悪い弛んだ皮膚の顔を引きつらせてデカイ声出して
国民にお約束していた訳だ。

それが、そのワタクチュの内閣を仮病で放り投げて、一番
の公約としていた年金問題の約束も完全に忘れたのか、恥
さらしの姿晒したまま議員を辞職する矜持も見せないで、
アホの巣窟山口県へ馬鹿ヨメ連れてお国帰りして、ノーテ
ンキに政治屋をまだまだ続けるとボケ状態。

その馬鹿のアホのアベシンゾーが、今夜のテレビ朝日の報
道ステーション見てみたら、年金問題での自分の最後の一
人まで解明するという発言の責任を問われても、ニタニタ
笑いするだけで、一切答えず、逃げ回っているだけ。この
自民党でも清和会に属する馬鹿議員どもは売国奴コイズミ、
アホのアベシンゾー、福田オランウータンと責任と言う言
葉は一切辞書にはないようだ。こんなクソどもが利権ばか
り私物化で政治を牛耳る日本の悲惨さは世界の恥そのもの
だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ではキチガイに銃が野放し状態なのが一番の問題なのだが

長崎県佐世保市のスポーツクラブでの銃乱射による殺人事件
は日本での銃規制がまるで機能していない現状を示した典型
的な事件だろう。銃所持が基本的に禁止されていると言うの
が日本の銃規制だが、狩猟や射撃競技などのためとすれば普
通の日本人が銃を持つのは、簡単な講習などを受ければほぼ
所持は自由な状態だ。犯罪歴などで制限されるだけだ。いわ
ばキチガイに銃がほぼ野放し状態なのだ。もっともキチガイ
に銃以上に危険なのは、世界的に見ても当然キチガイに政権
な訳だが。

今回の佐世保の事件もそれを如実に示している。意味もなく
犯人は複数の銃を簡単に所有し、狩猟や射撃競技以外の日常
の場で持ち出していたようだ。その危険性を近在の人々が不
安がって警察に訴えていたのに、警察はまたまた無視だ。ス
トーカー殺人のときなどと同じように殺人が起る可能性を予
防する警察としての国民を守る義務を全く果たしていない。

銃所持のプロセスとバリアーがあまりに容易過ぎるのが基本
的問題なだけだ。銃を所持できる目的が狩猟と射撃競技なん
だから、自宅でそれらのことが基本的に一切出来ないのだか
ら自宅で保管させる必要が全くない。猟場は場所も季節も限
定されている訳だし、射撃場も限定されている。ならば、猟
場の管理場所か役所、そして射撃場ですべてを管理保管して
それらの場以外に持ち出しが出来ないシステムにすればすむ
ことだ。そうすれば、馬鹿な親のせいで子供がいたずら暴発
で死ぬこともないだろう。

また、もともと猟や射撃という趣味で所持するのだから、車
所有なんかとは次元の違う高度の趣味性があるものだ。なら
税金などを掛ければいいのだ。今や生活や仕事に必需品の車
でさえ異常な税金をかけているのだから、銃の所有、保有、
管理費用、免許更新費用など、初めて所有する段階だけでも
車3〜4台買える程度の税金などを掛ければいいし、毎年の
保有・管理費用も50〜100万円程度、更新も毎年にして、
その更新費用も50万円とか掛ければいいだろう。どうせ環
境破壊の金持ち趣味だ。財政赤字解消のためにも多いに役立
つぞ。ただ、狩猟を職業にしている人たちだけは除外指定す
ればいいのだ。

年間の銃使用に関しての詳細記録も更新に際して必ず提出さ
せるなどいくらでも安全のための規制は出来る。銃規制にま
で売国奴コイズミに毒された自民政権は規制緩和しようとで
も思っている訳はないだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

東鳴子温泉の外れに孤立して存在の阿部旅館にようやく入浴。2種類の特徴ある湯を堪能

夜行バスで東京を8日午後11時半に出発して、仙台駅東口
代々木ゼミ前に到着したのが午前5時過ぎ。東京から仙台ま
で高速バスが2500円、仙台から鳴子温泉まで1620円
と合計4100円程度でガソリン代、高速料金なく酒飲んで
眠りながらで鳴子とは、一人だとなかなか良い移動手段か。
仙台駅へ行くが、まだどの店も開いていず、マックが開いて
いたので入ってみる。コーヒーとアップルパイなど食べなが
ら休憩。


Senndaibus1 Senndaibus2



 

                                                        
                                
                                
                               

普通なら仙台から鳴子温泉まではJRの電車で直通はないらし
いのだが、季節電車として豪華仕様の鳴子直通の湯けむり号
が日曜日には出ている。その列車が普通料金で乗れるという
ので、午前7時36分仙台発の「湯けむりこがね1号」に乗
車、1620円。1号車と3号車が指定席で、2号車が自由
席だが、指定席には客ゼロで、自由席にも客はたった3人。

すべての席が3座席とゆったりで、リクライニングも出来る
豪華版。先頭車の運転手横が展望車になっていて、そこが眺
めも良く、L字型のゆったりしたソファーもあり、しかも自
由席なのでそこへ移動。一人鉄道オタクと見られるちょっと
太り気味のお兄ちゃんがしきりと車掌さんとこちらには興味
のないお話で盛り上がっていた。

Kogane1 Kogane2 Kogane3 Kogane4               



 

 

昨年一度日帰り入浴に訪れたのだが、2種類の湯の一つの
ポンプが故障とかで、入浴を断念していて東鳴子温泉ではい
まだに入浴できていない「阿部旅館」に今回は入るのがまず
目的の一つなので、午前9時13分に鳴子御殿湯駅で降車し
て、阿部旅館に女性委託駅長に連絡して貰ったら、大丈夫と
かで旅館へ。


Higasinarukoeki1Higasinarukoeki2



 

 

 

旅館は駅を出て、川の向こうにぽつんと孤立して存在してい
て、「赤這温泉」と東鳴子温泉とは別名で呼ばれることもあ
り、あまり知られていなくて穴場か。入浴料金は300円で、
基本的には湯治旅館。玄関だけは清潔感ある立派なドアなの
だが、なかに入れば懐かしさ漂う温泉湯治旅館。

今回は2種類ある風呂も掃除が終わり、湯も入ったばかりと
かで、浴室入り口に貸し切りの札(ボール紙に手書きのもの)
をかけておけばどちらも独占使用可能だ。ただ、貸し切りと
言ってもほかの宿泊客なども利用するので迷惑にならない程
度の時間で切り上げるのが肝要だが。

玄関から左手の廊下を奥に進むと、二つの浴室が並んでいる。
左が硫黄泉、右側が単純温泉なのだが、ここのは単純温泉と
いっても東鳴子温泉らしくただ者ではない訳で、ネット上で
も「どこが単純な訳?」なんて言われるほどだ。

ということで、まずは右側の単純温泉へ。左の浴室とは天井
部分が繋がっている構造。2メートル強四方のシンプルなタ
イル浴槽で、パイプ管湯口から源泉が浴槽の大きさとしては
十分過ぎるほどの量が投入されている。床部分などには鉄成
分と思われる赤茶けた付着も見られ、薄い黄土色の濁りで、
奥会津只見川沿いの共同浴場あたりの湯を少し柔らかく、成
分を薄くしたような湯で、単純温泉というにはあまりにも特
徴あり過ぎ。感触は肌にまとわりつくようで、それほど湯温
も高くなく実に気持ち良い。入ったり出たりいつまでも浸か
っていられる湯だ。

20分ほど味わってから、硫黄泉のほうに誰も入っていない
ようなので、左側の浴室へ。こちらはいわゆる含硫黄-ナトリ
ウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)なのだが、湯舟に入ってい
る湯は無色透明で、臭いもかすかにほんのかすかに硫黄臭が
ある程度、こちらのほうが単純温泉と言いたくなる。

湯舟にはパイプから源泉と源泉が70度近いことから水も同
時投入されている。まだ掃除が終わったばかりで湯が半分ほ
どしかなく、文字通りの半身浴に。しかし、湯温ちょっと高
めで、単純温泉に入ったばかりなので半身浴状態がちょうど
良かったのだが。

ネット上では硫黄泉のほうは白濁気味の写真などが出ている
こともあるが、温泉の基本通りに新鮮そのものの湯では濁り
は全くなし。暖まり度も高く、この旅館の2種の湯はかなり
レベル高い。ちょっと不便な場所なのだが、東鳴子温泉湯巡
りには欠かせない湯だろう。雨模様でかなり寒いのだが、ま
ずはご機嫌な鳴子の湯始め。今回は宿泊旅館の湯以外はあま
り日帰り入浴しない予定なので、あとは宿泊先のおなじみの
鳴子温泉は東川原湯旅館へ直行。なんと言っても、東川原湯
のチェックインは12時からOKなのだ。

Aberyokan1 Aberyokan2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

あまりのオバカ映画ぶりに唖然とするしかない「ミッドナイト・イーグル」には笑えました。突っ込みながら観るには最高だよ

鳴子温泉へ4連泊の湯治療養に行くのに利用したのがほとんど
初めての経験になる激安の高速バス。新宿西口から午後11時
半出発で、朝5時という超早朝に仙台駅東口に到着するバスで
ある。その出発までどう過ごすかが問題。酒を飲んでいてもい
のだが、トイレなしのバスではあまり飲むのも不安。という訳
で、映画でもそれまで観ていくことに。2本観たのだが、その
うちの1本「ミッドナイト・イーグル」が午後10時終了で、
待ち時間も少なくてちょうど良かった。

待ち時間はちょうど良く、観るのにも株主優待券を使用するこ
とが出来たのだが、その内容にはあまりのアホらしさに唖然と
するだけの久しぶりの超駄作であった。

まあ、日本映画自体最近はあまり観ないのでもっと駄作はいく
らでもあるのだろうが、この映画は松竹が配給の一応は超大作
のようだから、その駄作ぶりはちょっと困る訳だ。

いわゆるジャンルとしてはポリティカル・サスペンスアクショ
ンてなものなのだろうが、あまりに稚拙な政治面での内容、そ
してサスペンスも興奮も何もないお馬鹿なアクション、突っ込
みだらけの設定のアホらしさなどどこまでも隅から隅までとこ
とんのくだらなさ。だいたいこの手のサスペンスアクションと
松竹がまったく相性が悪いのだからもともとが無理なのだ。

それよりなにより、私にとってはサッパリ判らないのが、主演
に起用されている大沢たかお。21世紀に入ってからやたらと
主演作の映画が多いのだが、いくつか観たどれもこれもなんじ
ゃこれはと言いたくなるようなクソ作品ばかり。顔自体がどこ
からみてもハンサムじゃないし、強烈な印象がある訳でもなく
て、田舎あたりにいくらでもいそうなイモ兄ちゃん。演技を観
ても別に特別上手い訳でもなく、パッションを感じる訳でもな
いし、それがどうしてこれほどに起用されるのか、まともなプ
ロデューサーが映画界にいないんじゃないかと疑いたくなるほ
ど。

その俳優起用でプロデューサー能力欠如を典型的に示す映画ら
しく、内容のほうもこれまた脚本段階できちんと脚本をチェッ
クしているのかと疑いたくなる情けないばかりの出来。

まず、アメリカ基地から飛び立ったステルス爆撃機が北朝鮮の
日本に潜入させた工作員が仕掛けた爆弾で北アルプスに墜落す
るのが発端になるのだが、そんな北朝鮮の工作員が簡単に米軍
基地に潜入して最高機密のステルスにたどり着いて、撃墜させ
るだけの爆弾を設置し、時限装置でステルス機に搭載の原爆を
爆発させるなんてことがそもそも現実問題として不可能だろう。
しかも、ステルスが墜落したのに映画のなかでは米軍がまった
く捜索などに動く気配もないアホらしさ。

捜索に動くのは自衛隊だけで、そのうえ、その上その墜落情報
を弱小の写真雑誌の女性記者(竹内結子ね)が嗅ぎ付け、工作
員の一人の隠れ家まで嗅ぎ付けて、隠匿(犯人隠匿の犯罪だろ
うが)までして、工作員の攻撃から拳銃まで発射して対抗する
大活躍ぶりにはあまりの不自然さに唖然。

また、北朝鮮と思われる(映画のなかでははっきりとは明示し
ないのだが)工作員が一対何人いるんだよ。北アルプスの墜落
現場には自衛隊より先に、まるでピンポイントで墜落させたか
のように雪中活動の準備万端でかなりの重火器(一体あれほど
の装備を日本国内に持ち込めると言うんだよ)まで持参してい
るに及んでは馬鹿らしさ満開。

その武装工作員らは墜落機捜索に来たエリート自衛隊をさっさ
とあっさりと壊滅させてしまうのに、カメラマン(大沢たかお)
と後輩の新聞の地方支局記者の武装もしていない二人を何度も
襲撃するのに、殺すことも出来ないそんなアホなとため息が出
て来る馬鹿ぶり。

あと、ひげ面の首相(ひげ面の首相というのもかなり疑問)を
しているのが藤竜也なのだが、なんだかアホのアベシンゾー以
上に馬鹿ぶり発揮なんだよな。いやあ、とにかく笑いどころ満
載のオバカ映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

鳴子温泉で4連泊温泉湯治。その間も世間は政府の馬鹿極まる年金問題対応など大騒ぎのようで

持病の頸椎脊柱管狭窄症から来る首、肩から腕にかけての痛
みと痺れがちょっと最近ひどいので、その温泉療養というこ
とでお気に入りの鳴子温泉へ9日から4泊連泊。いつもは車
で行くのだが、雪の季節もあるし、一人で湯治宿宿泊もある
ので夜行バスと電車でのんびりと温泉へ。いつもなら日帰り
入浴をいくつかするのだが、今回は基本的に湯治療養という
ことで、宿からはほとんど外出せずに、宿の2種類ある温泉
に一日に何回も入っては横になり、昼間から酒を飲みながら
持参の本で読書したり、パソコンで音楽聴いたりとまさにダ
ラダラ温泉三昧。その効あってか、少しは痛みや痺れも和ら
いだかも。

その間あまりニュースも熱心に見ていなかったが、年金問題
はじめ実に馬鹿極まる動き満載だったよう。まずはアホのア
ベシンゾーが「私の政権が一人残らずすべて解決する」と最
初から出来もしないこと明白なのものをさすがに先天性の馬
鹿らしくあの気持ち悪い弛み切った頭脳の弛緩そのものの象
徴のような顔を歪めて怒鳴りまくっていたあの年金問題。そ
の馬鹿の大見得をやはり馬鹿の見本らしく、よほど大臣にな
ったのが嬉しかったような舛添ネズミ男が同じく来年3月ま
でに解決すると見得切った訳なんだが、こちらの温泉湯治中
に「消えた年金」5000万件のうち、特定できたのは11
00万件で、本人の特定ができないのが1975万件もある
ことがわかったんだとさ。まあ、あの口先デカイだけのネズ
ミ男は人ごとみたいにアホこいていた。しかも、選挙のスロ
ーガンだったから仕方ないみたいなまさに売国奴コイズミに
ケツの毛まで抜かれた腑抜けの自民党議員らしい国民愚弄の
発言。

さらにあのしたリ顔の全くの能無しの町村官房長官というこ
れまた世襲議員の腐れ野郎が「選挙だったから縮めて簡素に
言った」とか何とかかんとかの訳判らん開き直り発言はする
は、福田オランウータン首相は年金問題に絡んで12日の夜
の立ち会見で「公約というほど大げさなものか・・」云々と
まるで人ごとのようなシレッとした発言。しかし、このオラ
ンウータンには公約は一応“大げさ”なものらしい。あの売
国奴コイズミは「公約を破るなんて大したことじゃない」と
思い切り国民を馬鹿にしてくれたのに比べるとさすがに売国
奴コイズミほどの精神異常者ではないようだ。しかし、この
オランウータンはその発言に関してなんだかしどろもどろの
訳の判らん言い訳するアホぶり。お前ら仕事もまともにでき
ないくせに、国民を不幸にするしかできないだけのくせに莫
大なボーナスを貰っている場合じゃないだろうがボケナスが。
まあ、この一連の自民のゴキブリ議員どものふざけ切ったま
さに売国奴コイズミを見習ったような国民愚弄の発言を見て
まだ自民党に投票するなんていう奴は全くの低能だと判るだ
けなのだが。

あと見たニュースのなかではちょっとおもろかったのが、王
監督の娘が結婚することになったらしくて、王監督と一緒に
その婚約者らしいのとどこか外国へ遊びに行くシーンがどこ
かのマスゴミで流していたのだが、そのビデオを見て笑っち
ゃったね。その婚約者ってのが、仮病のイカサマ横綱朝青龍
を診断して、すぐにもなんだか鬱病になってしまう危険があ
るとかなんとかよくそこまで馬鹿言えるわなという誰が聞い
てもアホ極まる発言をしていた自称精神科医の実は包茎専門
医らしい奴だったんだわな。よほどスポーツ関係にこね作っ
ているのかね。それとも、王監督はじめ簡単に騙されてしま
うのか。

大阪知事選候補選びに絡むゴタゴタもまさに馬鹿の巣窟大阪
らしい騒ぎだ。タレントの人気者が立候補したらホイホイと
投票してしまうようなアホ揃いの府民だらけというのがこれ
までの歴史が証明しているので、国民愚弄が趣味の自民党だ
けにマスゴミテレビのゴミバラエティショーでアホこきまく
っているグラサン野郎を候補にしてしまうってんだから笑う
しかない。それに対して民主党の選んだ対立候補ももう少し
まともなのがいないのかとがっくりだよ。大阪大学教授らし
いが、どこまでも世間知らずの技術屋さんだよ。そんなお方
が腐敗し切った府政をただし、赤字の府財政をどこまで操縦
できるんだろうかね。まだ弁護士でタレント活動で金儲けの
上手いグラサン野郎のほうがまだましってものだわ。それに
しても、民主党ってのももう少し国民の求める政治を少しは
理解してほしいよな。まあ、大阪府民がタレント候補に投票
しがちなアホが多いと言っても、アホのアベシンゾーを選ん
でいる山口県、売国奴コイズミをいまだに選出する究極の馬
鹿である神奈川県、クジラの脳ミソシンキローを選ぶ石川県
の有権者とアホぶりはたいして違いは全くないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

あの首相の座を仮病で無責任に投げ出した馬鹿のアホのアベシンゾーが山口に行って「再起」を目指すとアホこいてます

頸椎脊柱管狭窄症からくる首、肩、腕の痛みと痺れで世間の
動き、大事な株価の動きももうどうでもいい気分だ。あすか
らの鳴子温泉でののんびり湯治だけが楽しみの隠遁気分満開
状態。

その隠棲をすれば日本が少しでも良くなるはずのクズ野郎が、
すでに政治屋としての価値が完全に消滅しているのにまだグ
ズグズと政治屋をやり続けるようだ。そう、あの首相の座を
無責任放題の仮病で放り投げたアホのアベシンゾーのことだ。

朝日新聞ウェブを見たら、
…………
9月に退陣した安倍晋三前首相が7日、約1年3カ月ぶりに地元・山口県の有権者に姿をみせた。10日まで滞在し、県政界の関係者との懇談や支持者集会に顔を出して「再起」を目指す姿勢をアピールする。地元で配られたチラシでは「生涯『闘う政治家』でありつづける覚悟だ」と訴えているが、「皆様にご迷惑をおかけした」とも書かれ、苦しい謝罪の旅になりそうだ。
…………をリードとする記事が出ていた。「再起」と来るとも
う笑うしかない。そういえば、この究極アホのオムツ野郎だが、
そのまんま東が知事選に勝った時に「これこそが私の言う所の
再チャレンジそのもの」みたいなどこまで底抜けの馬鹿かと呆
れ返る間抜け満開のクソ発言をしたが、この「再起」もそうだ
な。

誰もお前に再起などしてもらいたくなどねえよ。さっさと県庁
が県民を見下すような高台に豪華絢爛な姿で建つ山口県なる馬
鹿の巣窟(そらそうだろう。このアホのアベシンゾーを議員に
送り出すだけでアホの証明だ)であるど田舎に引っ込むのが日
本のためなんだよ。

なにが「闘う政治家」だよ。オムツをケツに巻いて逃げ出す朝
鮮人のカルト宗教に祝電送る売国奴だろうが。

夕刊フジに出ていた同じお国入りの記事の一部に
…………
健康状態も良好なようで、「胃腸も治り、(落ちていた)体重も首相就任時まで戻った。先週は(東京の)高尾山に登ったが頂上まで行けた。体力は回復した」と、元気な様子を見せた。
…………なんてのがあった。胃腸も治りってね、もともとオム
ツするほど弱い胃腸なんだろう。そんなのが簡単に治るかよ。

それよりお前が入院したのが鬱じゃなかったのか。そいつの
ほうはどうなった。というより、もともと仮病だったか。ま
た、これでまた大笑いしたのだが、たかが高尾山に登った程
度で体力は回復したかよ。高尾山なんて登山じゃねえよ。杖
ついた老人でも頂上行けるがな。まだ50代前半のお前なら
行けるのが当たり前だろうが。どこまでもKYな馬鹿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

首から腕にかけての痛みを和らげるには温泉湯治しかないかと、9日から4泊の鳴子温泉へ

座って本を読んだり、パソコンに向っていると首から肩、腕
にかけて痛みと痺れがジワジワと襲って来てつい横になって
しまう。横になっていると少し痛みが和らぐのだ。後は酒を
飲んで風呂に入るのが和らぐ一番の薬。横になるということ
では一番効果が大きいのが眠ることなので、ついダラダラと
昼過ぎまで眠ってしまう怠惰な毎日。

痛みを和らげるにはやはり温泉湯治しかないかと、9日から
13日まで4泊で鳴子温泉へ行くことを急に決定。雪の中走
る可能性もあるし、一人で行くので、ガソリン高騰の折もあ
るしで高速バスなるものを一度使ってみるかとネットで検索。
するといくつもの会社が高速バスを走らせていて、思いのほ
かに料金が安い。東京から仙台まで高速バスで行き、仙台か
らJRで鳴子温泉へ行くと、安いものでは出発地の例えば新宿
からトータルで4100円程度ですんでしまう。一人で行く
なら、運転する必要もないし、楽だね。

というわけで、8日夜遅く出発の高速バスを利用することに
決定。帰りは深夜高速バスはちょっと疲れるので、夕方仙台
駅発のバスで東京へ帰ることに。そこで、早速今日の昼間ネ
ットで予約。いわゆる乗車券代わりになるのは、料金支払い
確認のメールをコピーして乗車時に持参するシステムのよう
だ。このバスに加えて、宿泊先のほうも、鳴子温泉で何回も
宿泊している極上の温泉だが激安の旅館をこれもネットで9
日から2食付きで4連泊を予約。全くネットは便利。交通手
段に宿泊が検索始めてからわずか30分ほどで家のパソコン
から予約完了だものね。

ただ、温泉巡りドライブ旅行をする時はいつもほとんど車な
ので、持参する荷物をいい加減に車に放り込んで行くのだが、
自分で荷物を持つとなるとかなり厳選しなくちゃならないの
が面倒くさい限り。しかも足の痺れもあるので、あまり手で
物は持ちたくない。そこで、持参するのはデイバッグとショ
ルダーバッグ程度にして最小限に。鳴子の極上湯に一日中の
んびり入れるのが今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

もっとも流行語と言えるアホのアベシンゾー関係の言葉を避ける流行語大賞ってなんか意味あるの?

時事通信ウェブの記事で見ると
…………
2007/12/03-21:32 「どげんかせんと」「ハニカミ王子」=「そんなの関係ねぇ!」も入選−流行語大賞
 今年1年の世相を反映した言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が3日発表され、東国原英夫宮崎県知事(50)のキャッチフレーズ「どげんかせんといかん」と、高校生ゴルファー石川遼選手(16)のニックネーム「ハニカミ王子」が大賞に選ばれた。
 東国原知事は「この言葉がノミネートされたのは、日本社会の地方間格差を如実に表している証左ではないかと考えている」と分析。「宮崎県民が選んだことと思っているので感謝したい」と話した。
 石川選手は「こんな賞を頂けるなんて思ってもいなかった。これからも勉強とゴルフのどっちも頑張っていきたい」と意気込んだ。
 ほかに入選したのは、海水パンツ姿で人気を集めた芸能人小島よしおさん(27)のギャグ「そんなの関係ねぇ!」など。バラエティー番組などを通じて広まったヘアメークアーティストのIKKOさん(45)の口癖「どんだけぇ〜」も選ばれた。また、昨年は「メタボリックシンドローム」が入選したが、今年は一転して「大食い」がトップテン入りした。作家渡辺淳一さん(74)の著書名「鈍感力」も受賞。社会問題を反映した言葉では、社会保険庁のずさんな年金記録問題を反映した「消えた年金」をはじめ、「ネットカフェ難民」「食品偽装」が選ばれた。観測史上74年ぶりに最高気温を更新した「猛暑日」も入選した。
…………となっているが、同時に掲載されている写真を見ると
「消えた年金」で会場に呼んでいるのが、年金問題でいい加減
なこと言いまくっている厚労省のネズミ男大臣って、「そんな
の関係ねぇ!」じゃないの。呼ぶべきは年金問題をあきらかに
した民主党の長妻議員ではないのか。ネズミ男が受賞なんての
は、犯罪犯した犯人を捕らえた人間を警視庁表彰するんじゃな
くて、犯人を表彰するみたいなもんだ。この賞は政府の宣伝で
しかないということか、あほらし。

というより、「どげんかせんと」「ハニカミ王子」「そんなの
関係ねぇ!」もそれから「どんだけぇ〜」なんてまったくどう
でもいい言葉だよ。ほとんど馬鹿マスゴミ、それも糞テレビが
勝手にテレビのなかで喚いていただけだろうが。というよりも
小島よしおってのもIKKOってのもまるで知らないんだけどね。
ハニカミ王子なんてのは流行語じゃねえじゃねえか、単なる高
校生ゴルファーの属性にしか過ぎないだろうが。

もっと一般化された言葉こそ流行語だろうが。となると、政治
に関したことなどが一番適性がある。となると、なにより、ア
ホのアベシンゾーに関する事象に関係する言葉こそ出て来るべ
きだろう。となると、「アベる」「KY」「たった800円」な
ど山のようにあるし、赤城バンソウコー大臣はどうした。あい
つなら「大したことありません」「法に則って処理している」な
んて馬鹿らしいのがある。防衛疑惑逃れで緊急入院のキュウマの
「(原爆投下は)しようがない」なんてのもあったし、柳沢前厚
労相の「産む機械」なんてのあったぞ。それらはどうした。
まる
で無視だ。政権に都合の悪い言葉は流行語じゃないようで、とい
うことで最近じゃ誰も買わなくなった「現代用語の基礎知識」な
んていうゴミ本が主催の賞をマスゴミが大騒ぎのようで。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

NHKスペシャル「技能五輪国際大会での若き技能者たち」を見て、日本のモノ作りの未来を若い人たちに期待

昨日は病院へ診察に行ったのだが、いつものことながら診察
に行くとえらく疲れてしまう。夜は夕食後酒を飲んでいたら
眠気が激しく、見ようと思っていたテレビ番組を予約録画し
て就寝してしまった。録画してまで見ようと思ったのは、N
HKが夜10時から放送したNHKスペシャルで、11月下旬
に日本で開催された技能五輪国際大会を取り上げていたから
だ。

この大会は例えば朝日新聞ウェブでは

…………日本、金16で世界一 技能五輪閉幕
2007年11月21日20時25分
 静岡県で開かれていたユニバーサル技能五輪国際大会のうち、46カ国・地域の若手技能者が技を競った「第39回技能五輪国際大会」が21日、沼津市で閉幕した。日本は16職種で金メダルを獲得し、05年の前回フィンランド大会に引き続き、金メダル数で1位となった。 金メダル数は日本16、韓国11、フランス5、スイス4、シンガポール3など。日本は他に銀5、銅3を獲得した。 ・・・・・・
…………のような形で報道されていた。3日夜放送のNHK
スペシャルはそのなかから抜き型(安達裕喜=デンソー)と
ポリメカニクス(畑弾手=エプソン)2部門を取り上げ、ま
だ20代前半の参加者たちの熱意溢れる取り組みを見せてく
れていて、モノ作り立国日本として若い技術者たちががんば
っている姿が見られて楽しかったし、まだ日本もモノ作りの
精神を以前のように取り戻すのは不可能ではないと思えたも
のだ。

サムスンの躍進に象徴されるように、やはり韓国のモノ作り
への国家挙げての姿勢はかなりのもののようで、若者たちも
まるで60年代の日本人のように技術者として勉強に励み、
その職に誇りを持とうとする姿が韓国の躍進を支えているん
だなと納得するような内容だった。

特に抜き型でデンソーの若い社員と競う形になった韓国青年
は工業高校を出たばかりの19歳。それが素晴らしい技術を
すでに持っているのだ。設計から工作までのスピードの速い
こと圧倒的なのだ。教育の成果の現れだろう。日本の安達君
というのがそれとは正反対に冷静沈着に緻密に進めるタイプ
で、設計に時間をかけ過ぎ、工作が遅れてヒヤヒヤさせたの
だが、設計の緻密さが功を奏して結局金メダルに。こういう
若い素晴らしい技術者を育てているデンソーのような部品会
社があってこその優秀な日本の自動車産業ってのが実感でき
る訳だ。トヨタの車なんてのは極言すればそれら優秀な部品
を買い叩いて、寄せ集めただけとも言える訳だが。

もう一つ取り上げていたのが精密加工組み立てのポリメカニ
クスで、与えられた課題の設計図から部品製造加工、組み立
てをしていく恐ろしく複雑な仕事。パソコンで計算などもし
ながら、超精密部品を作り組み立て、設計通りに動かすなん
て凄いことをわずか21歳の若い技術者がやってしまう。そ
んな驚異の技術者を育てているエプソンもさすが精密企業の
トップランナーだ。この21歳の畑君は設計図の誤りを指摘
して、その誤りを直して完成させる凄腕を発揮して海外の審
査員たちを驚愕させていたほどだ。

こういういわばスーパー技術者たちがいてこそ日本のモノ作
りが万全の体制で大きくなって行けるのだが、給料を安く挙
げるために生産拠点を海外移転するとか、人件費削減のため
にベテラン技術者をリストラするなど日本の生産企業はあま
りに近視眼的視点で動き過ぎ、基本中の基本であるモノ作り
の原点である旋盤やフライス盤などを駆使して金型などモノ
作りの基本になるべきものを超精密に作れるスーパー技術者
をあまりに蔑ろにして来た。それが韓国などの躍進に繋がっ
た訳だ。もっとも、これら超精密加工を可能にする工作機械
を作る日本企業が凄いこともあるのだが。

しかし、売国奴コイズミ以来、その動きはますます進み、ベ
テランなど給料のかさ上げ要因のごとくに看做してリストラ
が善のごとくになってしまった。しかも、パートなどで給料
を安く抑えてしまおうとする馬鹿なことまでして、日本のモ
ノ作りのいわば揺りかごであった終身雇用制を破壊しようと
するまでになった。そして、スーパー技術者たちは若手への
技術伝承をすることなく企業を追われ、パートでこき使われ
る人間は馬鹿らしくなって企業を内部告発だ。

日本の宝そのものである今回金メダルを獲得した安達君や畑
君のような技術者を企業だけでなく、国家が大事にし、金銭
面でも大切にしなくては日本のモノ作りに将来はないだろう。
しかし、日本の馬鹿な経営者、その典型のトヨタの馬面奥田
やキャノンのおトイレ野郎らは自社の利益のみしか頭にない
動きしかしない。そして、日本のゴミそのものである売国奴
コイズミやアホのアベシンゾーらのゴキブリ政治屋の尻舐め
をしている始末だ。今回の五輪で畑君の応援に会場まで来て
いたエプソン会長などは、これらの馬鹿経営者とは極北の存
在なのだろう。エプソンダイレクトで4年前に買ったパソコ
ンは動き快調、プリンターもね。エプソンますます応援した
くなった。トヨタ、キャノンなんて誰が買うかいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

結局現時点では手術なしで安静しかないことに。「椿三十郎」観ようと思ったが、やはり鑑賞意欲湧かず

今日は朝からちょっと小雨が降り肌寒い。外出する気なんて
起きないのだが、12時に整形外科で診療予約がしてあるの
で仕方なく外出だ。1週間ほど前から持病の頸椎脊柱管狭窄
症から来る首から肩、腕にかけての痛みが突然襲って来て我
慢できなくなっての半年ぶりの診療だ。手術するしかないの
かななどと気分は晴れない。

12時に予約と言っても午前診療の受付が午前11時までな
のでそれまでに行く必要がある。しかもどうせX線撮影もあ
るだろうしで、午前10時半頃には到着で外出。

診療して、痛み自体は寒さや患部が少し炎症を起こしている
ために来るもので、横になって安静にしているか薬を飲むほ
かないそうで、確かに横になっている時や風呂に入ると痛み
は和らぐ。手術はまだ必要はないそうとか。しかし、左肩甲
骨中心にズキズキとする痛みはうんざりだ。

診療終わって、薬をたっぷりと貰って帰宅の途に。朝飯も食
べていなかったのでお腹も空いて来たということで、アリオ
西新井へ。フードコートなどうろうろするが、食べたいもの
がない。アリオ西新井玄関向いに最近人気のラーメン屋が確
かあったなとそこへ。ラーメン屋は「椿」で、行くと午後2
時頃なのにまだ入り口前に数人が並んでいて、なかにも数人
が順番待ち。ラーメン食うために並ぶのも嫌なんだけど、表
の能書きを見ると濃厚な豚骨スープなんてあって食べてみた
くなり、行列へ。列はすぐに捌けて行き、5分程度で椅子に。

食べたのはオーソドックスに初めてのラーメン屋では基本の
ラーメンで、ここでは「中華そば」650円。売りは、つけ
麺のようで、客の多くがつけ麺を食べているが、そんな面倒
くさいのは私の趣味でなし。最初から麺がスープに行水して
いるほうが美味いのに決まっている。店内はジャズが流れて
いて、木を多用したモダンな作りで、3〜4人いる店員も黒
のTシャツで決めている。

出て来た中華そばは、麺は中太のかなりコシのある麺で、メ
ンマ、三つ葉、ノリに厚さ2センチもあるボリュームたっぷ
りのチャーシュー。豚骨ベースに魚成分がたっぷり入ってい
る旨味成分濃厚な味で美味い。ちょっと魚の味が突出する感
じもあり、好みとしては豚骨ベースをもっと濃厚に出してほ
しかった。あと、チャーシューはもう少し柔らかくとろける
ような仕上げだとご機嫌だが。でも、満足度は高い。500
円なら100点だ。

そのあと、目の前のアリオ西新井のなかのTOHOシネマズへ。
何か映画でも観ようかなと思って上映作品を見ていたのだが、
結局観たいものはなく、ブラブラ館内散策して帰宅の途になっ
た。「ベオウルフ」を以前は観ようかとは思っていたのだが、
主演のレイ・ウィンストンが映画の中のベオウルフとはあまり
にも違っていて(実際のレイはデブの中年のオッサンで、映
画のなかではまるでハルク・ホーガン状態)、これはCG全編
多用だなとその時点で鑑賞しないこと決定。予告編でアンジェ
リーナ・ジョリーのCGで作ったエロチックな姿観るだけで十
分だろう。

という訳で、今日は公開されたばかりの「椿三十郎」にちょっ
と食指が動いたが、やはりポスターを観ているだけで鑑賞意欲
減退。主演があの世界陸上などのスポーツ番組でアホのアベシ
ンゾー並みのキモイカメラ目線でうるさいシャベリの織田裕二
だし、監督が初期の数作品以外期待外ればかり森田芳光だ。し
かも、もうウンザリ気味のまたまたのリメイク。あの黒沢監督
のなかでもぶっきらぼうなユーモアと斬新なアクションで傑作
のほうの作品で、なんと言っても三船敏郎の良さが満開となり、
ラストのショッキングな仲代達矢との決闘だ。リメイクする必
要性がまるでない。なのに、オリジナルと同じ脚本使用だと来
たら観るのが馬鹿らしくなるばかりだ。これはあのボケ作品ガ
ス・ヴァン・サント監督の「サイコ」級だろうなと金を払うの
もったいなくなった訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 2日 (日)

持病の悪化で温泉ドライブへ行く気にもならず、家でダラダラ

金曜日から日曜日と天気も良さそうだし、那須辺りへ温泉ドラ
イブにでも行こうかと思っていたのだが、持病が悪化してきた
のか、数日前から体の調子が悪くて、ドライブする気にもなら
ずに、家でダラダラと読書やビデオで映画。

しかし、座っていると首から肩、腕にかけて痛みが走り、足の
痺れもいつもより増加しているようで、すぐに横になってしま
う。

持病は頸椎脊柱管狭窄症で、狭窄症は腰椎にもある。しかも数
年前に背中の真ん中あたりの脊髄の一種のヘルニアで大手術し
ており、とにかく脊髄中心に満身創痍。だからこそ、大昔から
好きな温泉は楽しみではあるのだが、最近は文字通りの湯治に
なっている趣。温泉に入るとはやり楽と言うか痛みが和らぐの
だ。鳴子川渡温泉の湯が一番効果があるようなのだが、東京か
らは遠いんだよね。鳴子がせめて家から200キロ程度なら毎
週のように療養湯治に行けるんだけどね。痛みがこの半年ほと
んどなかったのに、ここ数日の痛みはちょっと我慢の限界。明
日は久しぶりに整形外科へ。手術の可能性濃厚かな。嫌だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »