« 官房長官会見で、「私はUFOを信じている」とマジ会見してしまう自民政権の精神崩壊状態 | トップページ | 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい »

2007年12月19日 (水)

いつもながら素晴らしい湯小屋の雰囲気の中で浸かるアワアワの紅茶色のご機嫌な湯の「馬場温泉共同浴場」

今回の鳴子温泉4連泊は基本的に湯治療養で、いつものよう
には車で行っていないので宿泊している旅館の湯にじっくり
何回も入り、あとは横になってダラダラしていた。しかし、
せっかくの鳴子だしという訳で、とりあえずしょっぱなに東
鳴子温泉で未湯だった阿部旅館だけには入浴。

そのあとは車が無いので移動も面倒くさいので、どうするか
と思案していたら、車に乗せてもらえることになり、候補と
してとりわけ好きななかでも車が無いと不便な丸進別館、馬
場温泉共同浴場、それに日帰り入浴が基本的に不可のまるみ
や旅館を挙げ、ある一日昼頃から回ることに。

しかし、もっとも入りたかった丸進別館が営業していないと
かで残念なことに断念。ここはヌルヌル湯が有名な中山平温
泉の中でもそのヌルヌル度が一番とも思える湯で気持ち良い
ことこの上ないのだが、今年8月に行った時にも営業してい
なかったのだ。経営者の方の健康面の問題もあるようなので、
入浴できたら幸運ということで、次回を期待。

そこで、馬場温泉共同浴場へ。川渡温泉と東鳴子温泉の間に
ぽつんと存在する独自とも言える源泉を味わえる貴重な湯で、
薄い紅茶色のアワアワの炭酸成分もあるかなり熱めの湯だが、
そのまろやかな肌触りは絶品。包まれるような感触は陶然と
する。

しかも、青森ヒバをふんだんに使用した7〜8年前に建て替
えされた惚れ惚れするようないかにも湯小屋風情の上品な佇
まいがご機嫌なのだ。管理されている方が、この湯小屋の前
の母屋におられるので、そこの方に300円を払い入浴する
のだが、基本的には地元住民の共同浴場なので昼間に邪魔に
ならない程度に入浴させてもらうのだ。

今回は入浴後母屋に上がって、そのご主人ご夫妻とおシャベ
リして楽しい時間も過ごせた。ここでかなりの時間を過ごし
てしまったし、ご機嫌な湯にじっくり浸かれたこともあり、
ここだけで十分な気分になり、そのまま宿泊先の旅館に送っ
てもらった。

Babaonsen1 Babaonsen2

|

« 官房長官会見で、「私はUFOを信じている」とマジ会見してしまう自民政権の精神崩壊状態 | トップページ | 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもながら素晴らしい湯小屋の雰囲気の中で浸かるアワアワの紅茶色のご機嫌な湯の「馬場温泉共同浴場」:

« 官房長官会見で、「私はUFOを信じている」とマジ会見してしまう自民政権の精神崩壊状態 | トップページ | 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい »