« 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい | トップページ | マダム回転寿司小池叩きで東京10区に民主党が女性候補を擁立へ。これは楽しくなりそう »

2007年12月19日 (水)

鳴子温泉のお気に入りの「東川原湯旅館」で4連泊して、美味しい食事に温泉三昧で極楽湯治

今回の鳴子温泉4連泊は普段の温泉巡りとは基本的に異なり、
持病の頸椎脊柱管狭窄症が寒さもあって少し悪化したのか首
から肩、腕にかけていつも以上に痛みと痺れがきつくなった
ための完璧に湯治療養が目的。

そのため5日間ぐらい一人でのんびりと宿泊宿の湯を中心に
入るだけであとはゴロゴロしているつもり。そのためにはや
はりまず湯が良いのが第一条件。そうなると当然に草津温泉
あたりになるのだが、最近行ったばかりだし、違う源泉がい
くつか味わえる温泉地が良いなと考えて鳴子温泉に決定。

4泊する予定だったので、安く利用できないとね。となると、
お気に入りの中では鳴子温泉の東川原湯旅館が湯、食事、ロ
ケーションも一番。早速出発の直前にいつものネット宿泊サ
イトで予約。ポイントなどを勘案すると1泊2食付きが44
00円ほどで確保できた。鳴子温泉郷では素泊まりを多くの
宿で出来るが、それでも1泊素泊まりで4000円程度はす
るので、2食付き4400円ほどの料金は超激安。それに、
これまでの宿泊経験からも食事は十分に美味しいので外食な
んか馬鹿らしくなるほどだ。


Higasikawarayu3Higasikawarayu1 Higasikawarayu2



 

 


あとは交通手段をどうするかだ。いつもは車なのだが、痛み
などもあるし、一人だし、また雪の季節でもあるしで、温泉
旅行では初めての激安の高速バス利用で行くことに。ネット
で探してみるとたくさんの会社があり、出来るだけ安くと探
した結果、8日午後11時半新宿出発仙台駅行き2500円、
帰りが13日午後4時半仙台駅出発午後9時半新宿到着30
00円をネットで即確保。あとは仙台〜鳴子温泉間をJRで移
動するだけだ。東川原湯旅館は鳴子温泉駅から歩いて5分程
度だ。

その4連泊になった東川原湯旅館はこれまで何回か宿泊した
り、日帰り入浴でも何回も利用しているお気に入りの宿。自
炊も出来る歴史ある旅館だが、部屋はまあ少しくたびれた趣
があるが、ごく普通の旅館。ただ、硫黄泉と芒硝泉と掛け流
しの素晴らしい温泉が2種類楽しめる温泉好きにはご機嫌な
旅館。

ただ、硫黄泉のほうは混浴大浴場、小さい家族風呂とあるの
だが、どちらも強力な硫黄成分のために浴室が相当にボロボ
ロ。鄙びな温泉好きには堪らない風呂なのだが、駄目な人に
は駄目だろう。芒硝泉のほうはまあ普通の浴室なので、風呂
に入れないことはないだろうが。風呂は外の寒さの厳しさも
あり、浴室が湯気で充満、写真など撮ってもボケボケ状態。

Higasikawarayu5_2 Higasikawarayu6_2 Higasikawarayu7

 

 

 

 

宿泊した部屋は昨年も1泊したこぎれいな2階の部屋。洗面
台はあるが便所はなし。午後12時過ぎにチェックイン(こ
このチェックイン、アウトともなんと午後12時の太っ腹)
したら、部屋にはすでに布団が敷かれていて、こたつにファ
ンヒーターも置かれていた。しかし、部屋には硫黄温泉利用
のパイプ暖房が入っていて、刺激感の全くない暖かさでポカ
ポカ。宿泊中の5日間ファンヒーターは1回も利用せず、こ
たつを時々利用した程度。とにかく気持ち良い暖かさで、喉
が渇いたり、肌がカサ付くこともない最高の暖房。


Higasikawara Higasikawarayu8_2





まあ、いつものコトなのだが、平日もあって宿泊客は少なく、
いつ風呂へ行ってもほぼ貸し切り状態でのんびり湯浴み。
あまり長湯せず、一日何回も2種類の湯に浸かって、部屋
に戻って布団でゴロゴロはまさに極楽。ゴロゴロしていると、
元気で優しい女将さんが部屋まで出来立てのまさしく家庭
料理を運んで来てくれる。

チェックインしてまずしたのは、旅館から歩いて数分の所に
あるウジエスーパーへ行っての買い出し。買い出しと言って
も、芋焼酎に缶ビール、そのための適当なつまみ、あとはち
ょっとチョコレートなどに、みかん20個ほど。こたつに入
っているとやはりみかんに酒だものね。あとは風呂に入り、
ゴロゴロ、酒飲むだけだ。読書と音楽鑑賞は持参したiBook
で何日間でもOKだ。

食事は毎日少しずつの変化があり、部屋まで温かい状態で持
って来てもらえる。宿泊料金からは考えられない満足度。家
にいると普段はご飯なんてのは夕食時に茶わん1杯程度しか
食べないのだが、温泉地に来るとなぜか朝食も夕食も2杯弱
は食べてしまう。東川原湯旅館の食事は具沢山のみそ汁が毎
回素晴らしく、お新香もたっぷり。それに毎日工夫を凝らし
た女将さん手作りの一皿がびっくりするほどの量のおかずが
並ぶ。夕食時には果物も付くし、朝食時にはヨーグルトかヤ
クルトも付いて来て文句なし。ある日の夕食のみそ汁にはな
んとタラの白子が山盛りに入っていて、それをつまみに酒の
美味かったこと。

Higasi1 Higasi2 Higasi3 Higasi4

Higasi5 Higasi6 Higasi7

Higasi8


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく小食の私でなくても量はかなりで、昼食はほとんど
とらない。私の場合は昼は散歩ついでに軽くそば程度か宿か
らすぐにある和菓子屋さん「深瀬」で鳴子の名物栗だんごを
食べるぐらい。今回はその好きな栗だんごを2回も昼食代わ
りに食べてしまった。350円で出来立ての温かい甘辛い醤
油味のタレがたっぷりとかかった栗がまるまる1個入ったと
ろけるようなだんご餅が味わえる。この美味さは他ではなか
なか味わえないものだ。という訳で、ゆっくりのんびりと湯
治療養が出来た大満足の4連泊。またすぐにでも行きたくな
って来た。

Naruse1 Naruse2

|

« 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい | トップページ | マダム回転寿司小池叩きで東京10区に民主党が女性候補を擁立へ。これは楽しくなりそう »

コメント

こんばんは。
東川原湯の食事写真拝見しました。白子は私も大好きです!
一泊2食で4400円とは・・・30日泊まっても132000円。
部屋代、水道光熱費等すべて含めてですからここでの生活お勧めします(笑)
丸進別館は次回のお楽しみということで・・・

投稿: ドライバー@鳴子温泉 | 2007年12月21日 (金) 21時44分

まったく、温泉入り放題で生活しても
東京では考えられない安さですよね。
しかも健康になるんですからね。
丸進別館は次回の楽しみです。

投稿: kabumasa | 2007年12月27日 (木) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/17419982

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴子温泉のお気に入りの「東川原湯旅館」で4連泊して、美味しい食事に温泉三昧で極楽湯治:

« 「オテル・ドゥ・ミクニ」のコック三国清三が、新米コックを蹴り挙げるシーン拝見。さすが、傷害容疑で書類送検の過去あるコックらしい | トップページ | マダム回転寿司小池叩きで東京10区に民主党が女性候補を擁立へ。これは楽しくなりそう »