« 地球温暖化とマスゴミ煽りの中、東京も凄く寒いわ、シナでは歴史的寒波が広州など中南部に襲来とか | トップページ | 給料も上がらず値上がりばかりで消費意欲も消滅の日本国民のカイカクへの怨嗟の声がネット上にはたっぷり »

2008年1月29日 (火)

Mac愛用者にちょっと哀しいニュース。「EGWord」「EGBridge」が販売終了へ

Macパソコンファンにはちょっと哀しいニュースが。マッキン
トッシュ時代からワープロソフトそして漢字変換システムとし
てMac使用者に愛用されて来たエルゴソフト発売の日本語ワー
プロソフト「egword」および日本語入力システム「egbridge」
の販売が終了するとか。

同社は創業当初から一貫してMacにおける日本語環境の向上に
務め、egwordおよびegbrigdeの販売を'84年から開始していた
が、Mac OS Xにおける日本語環境の成熟などから、パッケージ
ソフト事業を終了すると決定したそうだ。

私が初めてパソコンを購入したのが1991年で、憧れの的の
マッキントッシュだったが、あまりに高価だったので、一番安
価だったLCで、ディスプレーは12インチを同時購入。総額が
約25万円だった。それにHPのモノクロプリンターが8万円強。
漢字Talkって奴で、CPUは68Kシリーズ。インストールディ
スクはフロッピーディスク4枚。HDDが120MB、メモリー
が8MB(かなり前にLCは廃棄したからこの容量はちょっと記
憶曖昧)ね。今では信じられない非力。

そのワープロソフトとして買ったのが「EGWordPure」という
「EGWord」の簡易版。それに付属していた漢字変換エンジン
が「EGbridge」だった。あとはワープロソフトとして縦書きが
できる「FlashWriter」ってのも買ったな。他にペイントソフト
や表計算ソフト、ゲームいろいろ入れることができたんだから
現在のソフトの肥大化は想像を絶する。今もまだクラシック2、
パイオニア互換機、PowerBook180を所有していて、ネット
などはもちろん不可だが、ワープロや小さなゲームなど楽しめ
るのでなかなか捨てられない。

漢字変換エンジンはその後ATOKに変えたのだが、「EGWord」
は何とも懐かしい。いまだに存在し、発売されていること自体
が奇跡だろう。Macではネットでも使用できるのでは現在では
iBookG4が唯一のマックだが、それにはATOKも入れていない。
「ことえり」でもあまり困らなくなかったからだ。「ことえり」
の進化もエルゴシステムの撤退の理由なんだろうね。

|

« 地球温暖化とマスゴミ煽りの中、東京も凄く寒いわ、シナでは歴史的寒波が広州など中南部に襲来とか | トップページ | 給料も上がらず値上がりばかりで消費意欲も消滅の日本国民のカイカクへの怨嗟の声がネット上にはたっぷり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/17880923

この記事へのトラックバック一覧です: Mac愛用者にちょっと哀しいニュース。「EGWord」「EGBridge」が販売終了へ:

« 地球温暖化とマスゴミ煽りの中、東京も凄く寒いわ、シナでは歴史的寒波が広州など中南部に襲来とか | トップページ | 給料も上がらず値上がりばかりで消費意欲も消滅の日本国民のカイカクへの怨嗟の声がネット上にはたっぷり »