« 元気はつらつだったウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのプレートル。昨年の新規開拓温泉でお気に入りベストテン | トップページ | 青春18きっぷ利用で、京都、奈良、日光とだらだら初詣ツアーを敢行 »

2008年1月 3日 (木)

日本だけじゃないけど、車はどうして大きくなるばかりなの。温暖化対策、省エネなどと喚くわりには逆行するばかりの車

今乗っている車は94年に新車で買ったマツダの日本ではまる
で売れなかったランティスなる車で、しかもヨーロッパでは人
気あるのだが日本ではまるで人気が出なかった5ドアハッチバ
ッククーペタイプ。日本では人気のないこと2乗の車だ。しか
し、その人気のまるで出なかった、ガソリンスタンドでも車名
さえ認識されることのない車が超お気に入りなのだ。

まずは車体の大きさが5ナンバー枠に収まるほどよい大きさで、
車幅は枠いっぱいだが、車長は4.2メートル程度とかなり小
さめになっている。しかし、5ドアハッチのおかげでリアシー
トを倒せば緊急時(年に1〜2度程度しかないが)には大きな
荷物も積載できる。タイヤがかなり四隅に配置されているデザ
インで、車長のわりに、見かけ以上に車内は広くゆったりして
いる。リアシートに座ってもゆったりと膝が組める。その上に
デザインが秀逸だ。今でもその独特のデザインは古さを全く感
じない。斜め後ろから見るボディはグラマラスで惚れ惚れする
ほどだ。

というわけで、かなり気に入っていて、何度か新車に乗り換え
ようかと思いながらも結局13年目の車検も通してしまって現
在14年目に突入。買い替えようと思う気持ちもあるので、新
車情報はかなりチェックしているのだが、どの車もモデルチェ
ンジするたびに大きくなり、日本では邪魔でしかないほどに不
必要に車幅が広くなって来て、しかも好きなMTが元から用意
されていない車が増加して、買いたい車がまるでなくなり、知
らない間に14年目ということになった。

しかし、エンジンなど絶好調で、遠出しか利用しないのもある
が、東北などをかなりのスピードで走っても渋滞の少ないのも
あり、1800ccの135馬力にしては燃費15・5キロを越
える時もあるし、高速道路に乗っても14キロ台で、好燃費。
CARVIEWあたりでユーザーレポート見てみても、人気の軽自
動車なんてのも意外に燃費が悪い。どうして軽のくせにそんな
に悪いのかと思って、スペックを見てみて驚いた。

軽で人気のダイハツ・タントを例にとると、軽く車両重量が9
00キロを超えていて、4WDだと1トン近くになっている。
まあ、どんどんかつての軽自動車と比べると規格が大きくなっ
て来たのだから仕方ないとして、これではすでに軽自動車なん
て言えない大きさだ。30年前に初めて買った車である当時人
気だったホンダ・シビック3ドアハッチなんて700キロ前後
だったんで、すでにその重量を軽くオーバーしている。しかも
そのシビックの大きさと比べても幅が10センチほど狭い程度
でほとんど同じだ。当時出たシビックの格上車アコードでも9
00キロをちょっと超える程度だったんだから、いかに車が年
を追って馬鹿でかくなって来たかということだ。現在乗ってい
るランティスより燃費が悪いのに、小さくて運転しても面白く
もなさそうな軽自動車もこれでは買い替えの対象にもなりやし
ない。しかし、軽自動車ってのはあの大きさの中で収納やシー
トアレンジや安全対策など工夫の固まりで、やはり売れるのは
判る。ふつうに使用するならあれで十分だ。私も今初めて車を
買うならダイハツ・ムーヴカスタムのちょっと馬力アップのタ
ーボ版にするかも。価格はコンパクトカーと遜色ないので悩む
ところだが。

そんな大きさ競争をしているくせに、燃費向上とか省エネとか
温暖化対策とか言っていることの馬鹿らしさ。パソコンや電気
製品の多くが日本人の得意技である極小化技術でどんどん小さ
くなって来ているのに車だけが実に不思議な傾向を辿っている。
電気製品でも大きくなって来ているのは当然ある。冷蔵庫など
その典型だろうが、消費電力は大きくなっても少なくなってい
るし、テレビなどもどんどん大きくなっているが、どんどん薄
くなり軽量化されて来ている。その中で車だけがどんどん大き
くなり、重量増大化して来た。

安全対策ということがあるのだろうが、しかし、小さくても安
全対策を向上させてこその技術開発じゃないのか。小さくても
頑丈で安全で、室内がほどよく心地よい広さ(たいてい一人か
二人しか乗車しないのに無駄に広く、運転して面白くもない荷
物運搬車でしかないミニバンのアホらしさ)で、4輪ディスク
ブレーキががっちり付き、ほどよいスポーティなエンジンで、
運転して楽しい燃費の良い車。そんな車を開発してこそのエン
ジニア魂なんじゃないのか。大きくしただけでは、腕の発揮し
ようがないだろうが。世界中の自動車メーカーが同じような傾
向にあるのは単に儲け重視でしかないのかもしれない。そんな
ことを思いながら、気持ちにぴったりの新車が欲しいなと思う
新年だった。マツダさん、私のお気に入りのランティスのコン
セプトを大きさ拡大しないでリファインした車を開発してくだ
さい。新しいデミオは、大きさを拡大しない方針でなかなかの
力作なんだけどね。でも、やはりクーペタイプのほうがいいな。

なんてことを思いながら、ネットで車サイトをいろいろ見てい
たんだけど、天気もほんわか良さそうなのでちょっと京都へ行
きたく(戻るってことだけど、もう父母も亡くなり、実家も売
ってしまってないのでやはり行くかな)なり、たまに正月の雰
囲気のある京都の街をブラブラしたいというのもあって、急遽
行くことに。これまで正月時期に京都へ戻っていた時にはいつ
もあまり混んでいない年末にしていたので、久しぶりに年始の
京都を3日間ほどぶらついて来ることに。当然車ではなく、電
車でのんびりと。

|

« 元気はつらつだったウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのプレートル。昨年の新規開拓温泉でお気に入りベストテン | トップページ | 青春18きっぷ利用で、京都、奈良、日光とだらだら初詣ツアーを敢行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/17563303

この記事へのトラックバック一覧です: 日本だけじゃないけど、車はどうして大きくなるばかりなの。温暖化対策、省エネなどと喚くわりには逆行するばかりの車:

« 元気はつらつだったウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのプレートル。昨年の新規開拓温泉でお気に入りベストテン | トップページ | 青春18きっぷ利用で、京都、奈良、日光とだらだら初詣ツアーを敢行 »