« 政権の狗産經新聞が第1面でイージス艦事故防衛省対応は自然、と妄言かましてます | トップページ | 毒入り餃子事件でのシナ公安省の日本をコケにする発言を“前向き”と解釈する福田首相のサル以下の脳ミソ »

2008年2月28日 (木)

日本の警察も政権をもなめ切り、居直るイカサマ国家独裁シナ。シナに媚びるだけのウータン福田では何も出来ないだろう

世紀の虐殺魔王毛沢東の写真をいまだに北京の中心地に大きく
掲げて偉人扱いして、自国の政治には反省など一切辞書にない
世界屈指のイカサマ国家共産(実際は共産党などと言う名とは
無縁のゴロツキ国家)独裁シナが毒入り餃子事件で、自らの責
任を認めず、国内での毒物混入の可能性は極めて低いなどと日
本の政権・警察を馬鹿にしてなめ切った、居直り会見を28日
にした。

時事通信ウェブの記事では
…………
2008/02/28-12:42 天洋従業員に嫌疑なし=「中国で混入」改めて否定−ギョーザ事件で公安当局
 【北京28日時事】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で中国公安省刑事偵査局の余新民副局長は28日、北京で記者会見し、「有機リン系殺虫剤メタミドホスが中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を発表した。製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の生産管理は厳格で、工場内での混入は困難とし、従業員についても「毒物を入れた嫌疑のある人物は発見されていない」と言明。中国側の責任を事実上、全面否定した形で、真相究明は一段と困難となった。
 冷凍ギョーザ中毒事件で公安省が公式見解を出すのは初めて。
 日本側は、未開封のギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された事実から、天洋食品の工場など中国内で混入された可能性が高いとみているが、余副局長は、一定の条件下では外部からの浸透は可能との実験結果を紹介して反論。メタミドホスは中国製との見方についても「そうとは限らない」と指摘した。
 余副局長は、「事件は残留農薬が起こした食品安全問題ではなく、人為的な混入」との認識を示した。しかし、ギョーザの包装、保管などに関係した天洋の従業員55人に対する捜査では混入の嫌疑はなかったと述べ、中国ではなく、日本で混入した可能性が大きいとの見方を示した。
…………
という訳だ。シナって独裁政治国家は元々が唯我独尊。自分の都
合の悪いことは一切非を認めることはしないで、自国は常に正し
いとし、なんでも良いから敵を措定してその責任と言い切る国だ。
まあ、そのやり方を学んだのがコイズミって奴だな。

しかし、ここまで日本政府、警察が馬鹿にされ、コケにされ、反
対に責任があるのはお前たちだと言われているのに、ウータン福
田は何の反応もなしだ。このサルは日本の首相としてのプライド
もまるでないようだ。

餃子を造った工場自体、シナの検閲当局もすでに俺たちの責任じ
ゃないと開き直っている。どこまでも狡猾なシナの守銭奴どもだ。
こういうやり方がいつまでもまともな世界で通じるとでも思って
いるんだろうか。墓穴を掘っていること自体が理解できていない
んだろうな。今回の事件に関する限り、独裁イカサマ国家シナを
攻撃するネットウヨの主張は正鵠を射ている。

そのイカサマ国家シナの開き直りでコケにされているのに、暢気
なトーサン町村官房長官は「まだ聞いていない。発言内容を詳し
く確認しなくてはいけない」なんてボケこいている。馬鹿の極み
だ。ギョーザ事件をめぐってウータン福田は「消費者重視という
内閣の大きな方針からいっても、しっかり取り組まなければなら
ない」として、シナの唐国務委員と会談して原因究明のため意思
疎通を図っていくことを確認したばかりだが、シナ側はそんなボ
ケには考慮なく一方的に責任を日本側に押しつけた訳だ。これで
もシナに平伏するだけなのかウータン福田政権は。

|

« 政権の狗産經新聞が第1面でイージス艦事故防衛省対応は自然、と妄言かましてます | トップページ | 毒入り餃子事件でのシナ公安省の日本をコケにする発言を“前向き”と解釈する福田首相のサル以下の脳ミソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/40303542

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の警察も政権をもなめ切り、居直るイカサマ国家独裁シナ。シナに媚びるだけのウータン福田では何も出来ないだろう:

« 政権の狗産經新聞が第1面でイージス艦事故防衛省対応は自然、と妄言かましてます | トップページ | 毒入り餃子事件でのシナ公安省の日本をコケにする発言を“前向き”と解釈する福田首相のサル以下の脳ミソ »