« 国土交通副大臣やっている松島みどり議員が参院予算委員会に出入り禁止処分のお粗末 | トップページ | 暴力と死の世界を淡々と描く映画「ノーカントリー」 »

2008年3月16日 (日)

今年初の温泉ドライブ旅行で、那須の硫黄臭漂う温泉にどっぷり

金曜日夕方から降った雨も上がって、土曜日朝起きてみると
すっきりと晴れ上がり、かなり暖かい。すでに午前8時を過
ぎていたのだが、急にどこか温泉へ行きたくなり、那須へで
も行こうと急遽決定して午前9時前に東京を出発。

ドライブに行く時はいつもかなり朝早めに出ているので、今
回のような中途半端な時間は初めて。ということで、予想通
り土曜日もあってか車の流れは悪く、いつもなら宇都宮辺り
までは2時間ちょっと、遅くても3時間弱で到着なのだが、
今回は4時間もかかってしまい、途中昼食も取って、那須湯
本に到着したのは午後3時前になってしまった。

人気の共同浴場「鹿の湯」は当然いつも以上に混んでいるだ
ろうからパスして、民宿街で「鹿の湯」の源泉を引湯して内
湯を持つ民宿で日帰り入浴することに。

那須湯本の民宿は基本的には民宿などの関係者だけ利用でき
る二つの共同浴場「滝の湯」「河原の湯」(いずれも利用は
午前5時〜午後11時)で外湯入浴で、内湯を持っているの
は「新小松屋」(以前宿泊したことあり)
と「南月」だけ。
今回は南月で入浴をお願いした。南月には「鹿の湯」と同じ
「鹿の湯源泉」と「行人の湯源泉」の混合泉が引湯されてい
て、24時間いつでも味わえる。日帰り入浴料金は400円。
3〜4人でちょうどいい湯舟と小さめの湯舟の二つの浴室が
あるが、貸し切り利用になるようで、日帰り入浴は玄関入っ
てすぐ右手にある大きめの浴室を利用させてもらった。

壁などは板壁で、湯舟は石張りの家族で貸し切りで入るには
ちょうどいい大きさ。湯口からは混合泉源泉が少量投入され
ている。湯温は41度ぐらいで長湯にはちょうどいい温度。
投入の源泉はかなり熱い。熱めの湯が好みなら木の栓を外せ
ばホースで湯を投入できる源泉蛇口もある。気持ちの良い硫
黄臭の灰白色の濁り湯で肌触りも滑らかだ。


Img_0001 Img_0004             

 

 

 

 

民宿宿泊者や民宿関係者などが利用できる「滝の湯」と「河
原の湯」だが、以前「滝の湯」に入浴した経験はあるのだが、
「河原の湯」はまだ未湯。そこで、南月の女将さんに頼んで、
「河原の湯」にご好意で入浴させてもらうことに。借りた鍵
は非接触型の電子キー(合鍵を作れないメリットありか)で、
「河原の湯」扉脇のセンサーにかざせばロック解除。その最
新システムとは不似合いなのが「河原の湯」のいかにも古び
た共同浴場そのものの佇まいと風情。

外見からは想像できないほど脱衣所も大きく、浴室は全面木
造。湯舟は檜造りのものが2つあり、最近新しくされたばか
りのようで、木の色が湯に濡れて美しい。源泉は湯温68度
の「行人の湯」で、手前の湯舟が温めで、奥の湯舟が43度
ちょっとの熱め。熱めの湯にアゴまでたっぷりと入る心地良
さ。硫黄の匂いが鼻をくすぐる。今年初の温泉入浴は極上の
湯二つでの始まりとなった。

Img_0012 Img_0009 Img_0010    

 

 

 

 

 

帰宅前に夕食は安くて美味しく量もたっぷりの那須街道沿い
にある肉屋さん直営のレストラン「寿楽」で食事。帰りは渋
滞も一切なく、4時間弱で帰宅。ガソリンは東京、埼玉、栃
木と4号線沿いだけだが、140円台後半の価格が中心でや
はり高いね。これまでセルフ給油(面倒くさいよ)は一度も
したことがないので、当然フルサービスの店にしたのだが、
そのセルフでない店が一番安かった。だいたいいつも安い小
山の店で、今回は140円。ドライブ中にはそれ以上に安い
店はなかった。セルフでないのに最安値でしかも店はこぎれ
いなので当然にその店は混んでいた。

|

« 国土交通副大臣やっている松島みどり議員が参院予算委員会に出入り禁止処分のお粗末 | トップページ | 暴力と死の世界を淡々と描く映画「ノーカントリー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年初の温泉ドライブ旅行で、那須の硫黄臭漂う温泉にどっぷり:

« 国土交通副大臣やっている松島みどり議員が参院予算委員会に出入り禁止処分のお粗末 | トップページ | 暴力と死の世界を淡々と描く映画「ノーカントリー」 »