« ウータン福田が道路特定財源で緊急会見したのだが、内容まるでなしのアホ満開 | トップページ | 今日はグーグルカレンダーが不調で反応なし »

2008年3月28日 (金)

大江健三郎「沖縄ノート」の沖縄集団自決記述を巡る名誉毀損裁判で元戦隊長側請求を棄却の判決下る

産経や右翼ゴキブリ学者や自民政権癒着の自称文学者曾野綾子
などが集団自決の命令などなかったと喚き立てている「沖縄ノ
ート訴訟」だが、28日大阪地裁で元軍人側から出されていた
名誉毀損の訴えはすべて棄却された。

全マスゴミが一点集中で報道することになる訳で、とりあえず
朝日新聞ウェブの記事を見ると
…………
「沖縄ノート訴訟」判決、元隊長側の請求を棄却
2008年03月28日

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、旧日本軍が住民に集団自決を命じたとした岩波新書「沖縄ノート」などの記述で名誉を傷つけられたとして、元戦隊長と遺族がノーベル賞作家の大江健三郎さん(73)と出版元の岩波書店(東京)に出版差し止めなどを求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。深見敏正裁判長は「元戦隊長の命令があったとは断定できないが、関与は十分推認できる」とし、集団自決には「旧日本軍が深くかかわった」と認定。元隊長らを匿名で「事件の責任者」などとした記述には「合理的資料や根拠があった」として名誉棄損にはあたらないと判断し、請求をすべて棄却した。元隊長側は控訴する方針。
 原告は、大阪府内に住む元座間味島戦隊長で元少佐の梅沢裕さん(91)と、元渡嘉敷島戦隊長で元大尉の故・赤松嘉次さんの弟秀一さん(75)。裁判は、高校歴史教科書の検定にも影響を与えており、軍の関与の有無が最大の争点だった。
 判決は、集団自決について、軍から自決用に手榴弾(しゅりゅうだん)が配られたという生存者の証言が多数ある▽手榴弾は戦隊にとって極めて貴重な武器で、軍以外からの入手は困難▽集団自決が起きたすべての場所に軍が駐屯し、駐屯しない場所では発生しなかったことなどを踏まえ、集団自決への「軍の深い関与」を認定した。
 そのうえで座間味、渡嘉敷両島では元隊長2人を頂点とする「上意下達の組織」があり、元隊長らの関与は十分に推認できるとしつつ、「自決命令の伝達経路は判然とせず、命令それ自体まで認定することには躊躇(ちゅうちょ)を禁じ得ない」とした。だが、本のもととなった住民の証言集など元隊長の関与を示す内容は「合理的で根拠がある」と評価し、大江さん側が「命令があったと信じる相当の理由があった」と結論づけた。
 「隊長命令説」は遺族年金を受けるために住民らが捏造(ねつぞう)したとする元隊長側の主張についても、住民の証言が年金の適用が始まる前から存在していたとして退けた。
 また判決は、元隊長らの実名を挙げて住民に自決を命じたと指摘した歴史学者の故・家永三郎さんの著作「太平洋戦争」(68年、岩波書店)も、名誉棄損は成立しないとの判断を示した。
 「沖縄ノート」は、住民の証言集など集団自決の証言を集めた文献を引用しながら、両島では「部隊の行動をさまたげないために、また食糧を部隊に提供するため、いさぎよく自決せよ」という軍の命令があったと指摘した。
 元隊長側は裁判で「住民に集団自決を命じた事実はない。逆に、住民には自決しないよう厳しくいさめ、後方で生き延びるよう伝えた」などと軍の命令を否定。集団自決は「家族の無理心中」と受け止めるのが自然と訴えた。
 大江さん側は、「日本軍が『軍官民共生共死』の方針を住民らに担わせ、タテの構造の中で自決を強制したことは明らか」と反論していた。
…………
まあ当然の当たり前の判決だろう。日本の馬鹿揃いの裁判官
の中にもまだまともなのがいただけの話。

この訴訟の根源には曽野綾子の「ある神話の背景」なる自称
愛国保守の軍国体制大好きなオバハンの沖縄の集団自決の事
実を隠蔽するのだけが目的のゴミ文章がある。もともと原告
側自体が「沖縄ノート」をまともに読んでいないことも明ら
かになっている馬鹿らしさで、曽野綾子の欺瞞だらけの取材
と「沖縄ノート」の誤読、誤解、誤字によるゴミ文章に煽ら
れての訴訟みたいなもので、曽野綾子の知能レベルがアホの
アベシンゾー並だったってのが露呈されただけ。

この曾野綾子なる徹底的に甘やかされて育ったくせに他人と
くに政権とは縁のない国民には厳しいことだけを偉そうに言
う政権にゴマすっては甘い汁吸い放題のばあさんに関しては
この訴訟に絡み、「文藝評論家山崎行太郎のブログ」でも痛
烈に批判されているのは以前書いた通り。

|

« ウータン福田が道路特定財源で緊急会見したのだが、内容まるでなしのアホ満開 | トップページ | 今日はグーグルカレンダーが不調で反応なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/40666530

この記事へのトラックバック一覧です: 大江健三郎「沖縄ノート」の沖縄集団自決記述を巡る名誉毀損裁判で元戦隊長側請求を棄却の判決下る:

« ウータン福田が道路特定財源で緊急会見したのだが、内容まるでなしのアホ満開 | トップページ | 今日はグーグルカレンダーが不調で反応なし »