« 日銀総裁人事の武藤総裁案に関しては、白川勝彦のコラムが言うべきことを言ってくれている | トップページ | 抜群の出来の脚本と編集の豪腕ぶりで一気に魅せる全編クライマックス状態の映画「バンテージ・ポイント」 »

2008年3月12日 (水)

映画「それでもボクはやっていない」を彷彿させる痴漢冤罪を利用して金儲けを企む卑劣な奴ら

昨年公開の映画で「それでもボクはやっていない」というのが
あった。電車内で痴漢に間違われた気の弱い男性が巻き込まれ
る冤罪と裁判を描くもの。
どの男性にとってもいつ自らに降り
掛かるかもしれない切実な現代的テーマで、内容的にも面白く
キネマ旬報でもベストワンになったばかりだ。

混む電車の中で女性から痴漢だと一方的に指摘されたら、いく
ら否認しても男性は完全に痴漢と看做されて理不尽な扱いを受
け、不条理な冤罪地獄へ落ち込んで行くだけだろう。

混雑が日常的な日本の通勤電車にとくに固有に発生しがちな痴
漢を金儲けに利用した許しがたい奴らがいた。これまでの痴漢
事件でも冤罪地獄に今回の痴漢捏造の二人のようなクズに犯人
にされたままの人間がきっといるはずだろう。

どこでも記事にしているが、朝日新聞ウェブで読むと
…………
痴漢ねつ造、「被害者役」自首で発覚 容疑の大学生逮捕
2008年03月11日20時32分

 知人女性とうその痴漢被害をでっち上げたとして、大阪府警阿倍野署は11日、甲南大学4回生の蒔田(まきた)文幸容疑者(24)=京都市山科区=を虚偽告訴容疑で逮捕した。無関係の会社員が府迷惑防止条例違反容疑で逮捕されたが、後になって被害者役の女性が「示談金ほしさにうそをついた」と自首し、事件が発覚した。
 調べでは、蒔田容疑者は2月1日、大阪市営地下鉄御堂筋線の車内で、男性会社員(58)の腕をつかんで取り押さえ、「痴漢した」と、同署員に虚偽の申告をした疑い。この際被害者役の知人女性(31)が泣き崩れる演技をしたという。
 会社員は当初から否認し、同署が逮捕翌日の2月2日に釈放し任意で調べていたところ、女性が同月7日に自首。「金が必要だから協力しろと蒔田容疑者に持ちかけられた」と話したという。同署は女性も虚偽告訴容疑で書類送検する方針。
…………
ふざけたクズどもだ。大学を遊びの場ぐらいにしか考えていない
のばかりだろうお坊ちゃん大学の馬鹿学生らしい発想の事件だ。
これまでの痴漢事件でもこの種の美人局的な冤罪で痴漢にされ、
人生を破壊された人間がいくらでもいるんじゃないのかな。警察
なんてのは痴漢に間違われた男性の否認なんてのはまともに聞く
耳も持たないだろうしな。

混んでいる時にはドア部分の隅や電車連結部分のドアあたりなど
出来るだけ人と接することの少ない位置にいるようにする、女性
とくに馬鹿だと外見からはっきり判る格好や集団でいる女子高生
(コイツラはふざけ半分で冤罪を起こしかねない危険性がある)
などには近づかない。仕方なく近くに女性が存在する場合は背を
向ける、両手を何か持っている状態(鞄を持っているとか釣り革
を掴む、両手で本を持って読書など)にしておくなど対策を講じ
るしかない。

一番効果的なのは、精神状態不安定な振りをして、訳の判らない
独り言をちょっと大きめの声で喋っているなんてのが良いかもし
れない。危険人物扱いで、近くには男性も女性も近づいてこない
だろう。混雑していても椅子に座れるかもしれない。冗談好きに
はこんな自衛策も良いかもね。かなりの度胸がいるけどね。

今回の事件記事を見て、これを参考に痴漢冤罪利用の金儲けを考
える奴がきっといるからとにかく自分で防衛するしかないだろう。
女性専用車などというふざけきった馬鹿車両を設定するんだから、
男性専用車両を複数設定するってさらなる馬鹿発想もいいんでな
いかい。そんな世の中悲惨すぎるけどね。

|

« 日銀総裁人事の武藤総裁案に関しては、白川勝彦のコラムが言うべきことを言ってくれている | トップページ | 抜群の出来の脚本と編集の豪腕ぶりで一気に魅せる全編クライマックス状態の映画「バンテージ・ポイント」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/40473339

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「それでもボクはやっていない」を彷彿させる痴漢冤罪を利用して金儲けを企む卑劣な奴ら:

« 日銀総裁人事の武藤総裁案に関しては、白川勝彦のコラムが言うべきことを言ってくれている | トップページ | 抜群の出来の脚本と編集の豪腕ぶりで一気に魅せる全編クライマックス状態の映画「バンテージ・ポイント」 »