« 日本経済を破壊するだけの能無し政治屋と役人に経済実態関係なく微増のボーナス支給。ノーテンキな穀潰しのシロアリどもだ | トップページ | フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、落書き発覚の高校野球監督を解任。そこまでやる必要ってあるの。もっと悪がのさばっているのに »

2008年6月30日 (月)

毎日新聞が英文版で日本と日本人を侮蔑する記事を長年発信していた醜聞騒動。さすがコイズミマンセーし、カルト新聞印刷業のマスゴミらしいや

大マスゴミ新聞の中でも貧乏ぶりはダントツ、馬鹿連発の系列の
TBSも抱える毎日新聞が英文版のデイリーマイニチとかで日本と
日本人を侮蔑するコラム記事を長年にわたり発信していたとかで
ネット上ではその問題でお騒ぎ。まあ、新自由主義とかカイカク
とかの詐欺言辞で国民を騙し続けたコイズミをマンセーしたマス
ゴミのひとつらしいと言えばらしいお似合いの醜聞だ。

毎日新聞は27日付けに「WaiWai」問題で処分」なるもの
を掲載している。
でも、これを読んでもどう言う記事で処分をし
たのかまったく不明。読む一般読者は「????」でしかないだ
ろう。赤福などどこが問題なんだというような事件でもさも正義
漢面して赤福などの当事者を晒す会見をしていたくせに、自分た
ちの問題になるとまるで真相隠しに徹するのみか。しかも、この
処分記事の中で「インターネット上には、今回の処分とは全く関係のな
い複数の女性記者、社員個人の人格を著しく誹謗(ひぼう)・中傷する
映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するな
ど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる。」と、自
分たちが犯した日本・日本人を著しく誹謗・中傷する記事のことはまる
で忘却したかのようにネットを規制したいかのような居直りぶり。

この件では夕刊フジが28日付けで記事にしているのは
…………
変態、芸者…毎日新聞英文サイト“エロ”挿入
担当者の処分は発表したが…
 毎日新聞の英文サイト「毎日デイリーニューズ」のコラムに低俗な描写の風俗記事が掲載されていた問題で、毎日新聞社は27日、担当記者を懲戒休職3カ月、編集部長や当時の担当局長らを役職停止(1-2カ月)などとする懲戒処分を発表した。だが、同サイトのエロぶりはそれだけではなかった。検索エンジンが各サイトをピックアップする際の目安となる「METAタグ」(サイト内容の紹介)のキーワードにも「hentai」などの言葉を挿入していたのだ。
 【METAタグに登録】
 ホームページはHTMLと呼ばれる専用記述言語のタグ(文字列)で構築されている。タグの1つである「METAタグ」には、そのサイトの内容を的確に表現する単語がサイト運営者によって記述される。ヤフーやグーグルなどのネット検索各社は、この単語を目印にサイトを分類し、検索結果に反映させる。METAタグの内容は通常のアクセスでは表示されないが、簡単な操作で誰でも見ることができる。
 【意図理解できず】
 毎日の英文サイトでは、そのMETAタグに「japanese girls」「geisha」(ゲイシャ)「hentai」(ヘンタイ)といった、アダルトサイトなどでよく使われる破廉恥単語が記述されていた。同サイトは外国人の信頼も厚いが、その“中身”が「ヘンタイ」だったとは驚きだろう。
 HTMLに関する著書もある津田塾大教授の青柳龍也氏は「新聞社のサイトでこのような言葉が埋め込まれることは、常識的には考えられない。低俗サイトと同列で検索される可能性が高くなるのは確かで、サイト管理者(=毎日新聞社)の意図はさっぱり理解できないし、コメントのしようもない」と語る。
 【現在は削除調査中】
 夕刊フジの指摘を受け、毎日新聞社広報は「3つのタグキーワードについては不適切と判断し、すでに削除した。タグの設定(経緯)については現在調査中」と回答した。
…………
毎日新聞ってのはそうですか、こういう新聞だと言うことです
か。報道やジャーナリズムということに矜持があるんでしょう
かね。毎日のロートル記者でテレビなどに出演してはコイズミ
マンセーしまくりの恥さらし晒している奴も多いし、牧太郎と
かも自分のブログ(ブログなんだけどコメントもトラックバッ
クも一切出来ないまさに聞く耳持たない記者らしいブログ)で
競輪や競馬のヨタ話書いている暇があるなら定年後も碌食んで
いる自社毎日新聞の醜聞のことぐらい徹底的に詳細に書けよな。

この日本国民愚弄の毎日新聞の事件に関しては「毎日新聞の英語版サイト
がひどすぎる まとめ@wiki」とのタイトルのサイトが詳細だ。

その中でどのような記事が配信されたかを見るとあまりの酷さに
反吐が出そうだ。
ここまで日本人を侮蔑し、コケにする記事を英
文で世界に向けて発信していたとは毎日新聞の存在自体が売国組
織でしかない訳だ。その記事を責任編集みたいにやっていた奴が
クジラ問題などで日本人を馬鹿にしているオーストラリア人であ
り、しかもどこから見ても不良在日外人そのもの。
そんな奴に日
本・日本人侮蔑の記事を好き放題書かせていた毎日の奴らの脳細
胞は腐り切っているようだ。

この件に関してはネットウヨのひとつ「博士の独り言」がこれに
関してだけはまともな記事を出している。参考にどうぞ。
25日付け「毎日新聞おわび一考」

26日付け「毎日「創意捏造」一考」

28日付け「毎日「懲戒発表」一考」

|

« 日本経済を破壊するだけの能無し政治屋と役人に経済実態関係なく微増のボーナス支給。ノーテンキな穀潰しのシロアリどもだ | トップページ | フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、落書き発覚の高校野球監督を解任。そこまでやる必要ってあるの。もっと悪がのさばっているのに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41694499

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞が英文版で日本と日本人を侮蔑する記事を長年発信していた醜聞騒動。さすがコイズミマンセーし、カルト新聞印刷業のマスゴミらしいや:

» 毎日新聞問題は大規模な報道被害を引き起こしている [スティッカム TV 名古屋のブログ]
毎日新聞問題とは、毎日新聞が公式の英語版サイト「毎日デイリーニューズ」内のコラム「WaiWai」において、何年間も日本を貶めるような事実無根の醜悪な記事を世界に向けて発信していた問題を指します。この問題で、日本人からの多数の苦情を受けて、毎日新聞は該当記事の削... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 16時56分

« 日本経済を破壊するだけの能無し政治屋と役人に経済実態関係なく微増のボーナス支給。ノーテンキな穀潰しのシロアリどもだ | トップページ | フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、落書き発覚の高校野球監督を解任。そこまでやる必要ってあるの。もっと悪がのさばっているのに »