« 毎日新聞が英文版で日本と日本人を侮蔑する記事を長年発信していた醜聞騒動。さすがコイズミマンセーし、カルト新聞印刷業のマスゴミらしいや | トップページ | ハーバード大学の社会政治学者が日本の雇用環境を世界で一番冷たい格差社会と指摘 »

2008年6月30日 (月)

フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、落書き発覚の高校野球監督を解任。そこまでやる必要ってあるの。もっと悪がのさばっているのに

フィレンツェ大聖堂への落書き騒動で、高校野球の監督も新婚旅
行中に落書きしていたのが発覚して、夕刊フジによると監督を解
任されたようだ。
…………
“落書き監督”幸せになりたかった!? でも解任処分

 イタリアのフィレンツェにある世界遺産の「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」で、水戸市の私立常磐大高の硬式野球部監督(30)が大聖堂の柱に書いた落書きが見つかった問題で、同校は30日、監督を29日付で解任、無期限謹慎処分としたことを明らかにした。
 同校によると、監督は2006年1月に新婚旅行で大聖堂を訪れた際、油性ペンで自分と妻の名前をハートマークで囲む落書きをした。監督は「聖堂近くでペンを販売する人に『幸せになる』などと勧められ、深く考えずに書いてしまった。大変申し訳ない」と話しているという。
 浅岡広一校長は「大変申し訳ないことで、私自身の指導監督を含め責任を痛感している」と謝罪。イタリア大使館を通じ、被害回復へ向けた協議について連絡を取っていると説明した。
 同校野球部は00年に創部。部員60人。監督は01年から現職で、昨年夏の県大会では準優勝。昨秋の県大会でもベスト8に入った。今夏の県予選ではシード校として初の甲子園出場を目指している。
 県高野連は30日に浅岡校長や監督から事情を聴き、今後の対応を検討する。浅岡校長は大会の出場について「高野連の判断を待ちたい」と話している。
ZAKZAK 2008/06/30
…………
でもね、解任までするような問題か。1ヶ月とかの謹慎処分程度
で十分だろう。政治屋や役人などもっと悪質なことをしていても
知らぬ存ぜぬだ。社会保険庁のコソ泥役人どもは誰も何の責任も
取らず、がっぽりと今日ボーナスまで着服だ。たかが落書きでい
くら馬鹿でも可哀想だよ。

それに、またアホな話をしている。チームの学生たちには何の関
係もないのに、どうして大会出場を検討するなんてことが必要な
んだよ。まさに自己責任だ。監督の野球とは関係ない不始末であ
り、監督自身の処分だけでいいじゃないか。どこまでも偽善者集
団の高校野球連盟だ。

|

« 毎日新聞が英文版で日本と日本人を侮蔑する記事を長年発信していた醜聞騒動。さすがコイズミマンセーし、カルト新聞印刷業のマスゴミらしいや | トップページ | ハーバード大学の社会政治学者が日本の雇用環境を世界で一番冷たい格差社会と指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41694896

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェ大聖堂の落書き騒動で、落書き発覚の高校野球監督を解任。そこまでやる必要ってあるの。もっと悪がのさばっているのに:

« 毎日新聞が英文版で日本と日本人を侮蔑する記事を長年発信していた醜聞騒動。さすがコイズミマンセーし、カルト新聞印刷業のマスゴミらしいや | トップページ | ハーバード大学の社会政治学者が日本の雇用環境を世界で一番冷たい格差社会と指摘 »