« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その7玄武温泉「四季の里」 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その9乳頭温泉「休暇村田沢湖高原」で2種類の湯を楽しむ »

2008年6月15日 (日)

北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その8水沢温泉「ホテルニュースカイ」で極上硫黄泉堪能

道の駅「雫石あねっ子」で車中泊した翌日4日水曜日も絶好の
ドライブ日和。午前7時過ぎに起床。車中泊すると換気の悪さ
で窓の内側に露がべっとりだ。起床してまずはその窓拭きから
スタート。軽く洗顔や体操などして午前7時45分道の駅を出
発。

お腹が空いているのだが、とくに買い置きがないので46号線
を田沢湖方面へ走り、コンビニ探し。午前8時頃46号線から
国道341号線へ右折する交差点にコンビニローソンがあった
ので、朝食駐車。

ここにはなんと立食い並のうどん・そばコーナーがあり、出来
立てのきつねうどんを美味しく頂く。あとはヨーグルトに野菜
ジュースで朝食終わり。ほかにパンとか牛乳などいろいろ買い
込んでおく。

鹿角方面へ北上する国道341号線は水沢温泉・田沢湖高原温
泉・乳頭温泉、玉川温泉、八幡平温泉郷など温泉好きには堪ら
ない温泉ゴールデン地帯。

北東北温泉本クーポンでも水沢温泉・田沢湖高原温泉・乳頭温
泉、新玉川温泉などいくつかが利用出来る。食後すぐだし、日
帰り入浴時間もまだの時間帯なので、とりあえず食後の休憩も
兼ねて田沢湖畔へ。ちょっとブラブラして、午前9時過ぎにま
ずは水沢温泉の「ホテルニュースカイ」へ。

341号線を右折して乳頭温泉へ行く途中にある硫黄泉が主体
の温泉郷だ。04年年末に火事で消失した人気の露天風呂水沢
温泉(その後建物も再建されて営業中で、相変わらずの人気ぶ
りのようだ)のすぐそばにあるリゾートホテル風の宿で全労済
の施設。外見は少しくたびれているが、内部に入ると、清潔感
もあり奇麗で女性受けもする施設だ。

北東北温泉本には日帰りは午前9時からと書かれていたが、午
前10時からに変更になったとかで入浴をお願いした時点では
まだ清掃中で、午前10時までブラブラして待つことに。

入浴料金は500円。無料入浴なのにフロントの女性の対応も実
に気持ち良い。

浴室は地下にあり,エレベーターで階下へ。男女別の大浴場で、
それぞれに露天風呂がついている。脱衣所も浴室もきれいで気
持ち良い。独占状態で、しかも清掃したてだけに気分最高。硫
黄泉が掛け流されていて、青白くかすかに白濁気味の美しい湯。
湯舟の底にはきめ細かいまっ白の硫黄成分が堆積していて、足
でかき混ぜると奇麗に白濁。さらっとした感触がご機嫌。

露天風呂はあとで作ったものなのか、内湯の湯船の中を歩いて
外へ出る形で、緑の木々を眺めながらの岩作りの壁のある趣の
あるもので、爽やかな風に吹かれながら入るちょっと熱めの硫
黄泉は素晴らしい。館内全体に清潔感あるし、女性でも納得の
宿だろう。

Sukai Sukai1 Sukai2 Sukai3

|

« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その7玄武温泉「四季の里」 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その9乳頭温泉「休暇村田沢湖高原」で2種類の湯を楽しむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その8水沢温泉「ホテルニュースカイ」で極上硫黄泉堪能:

« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その7玄武温泉「四季の里」 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その9乳頭温泉「休暇村田沢湖高原」で2種類の湯を楽しむ »