« ネット上ではiPhoneの話題が満載。物欲刺激されまくりなんだが、携帯電話が基本的に無用の私には残念至極 | トップページ | 中身ゼロ、読みにも躓く心を感じさせないウータン福田の“国民目線のカイカク”と言うだけの自画自賛碌でなし会見のアホらしさ »

2008年6月23日 (月)

岩手宮城内陸地震で水没状態の湯の倉温泉・湯栄館の悲惨な状況には言葉もない

岩手宮城内陸地震で栗駒山周辺の秘湯的温泉がかなりの被害
を受け、駒の湯温泉は完全に崩壊して数人の死者が出る悲惨
な事態となったが、花山温泉郷の山奥にあるランプの宿とし
て人気のあった湯の倉温泉「湯栄館」も地震で出来た土砂ダ
ムのために日々水没の状況が加速しているようだ。

テレビやネットでの同温泉の写真を見ていると、最初は被害
を免れたかと思っていたのが、土砂ダムのために川のすぐそ
ばにある旅館は水没の度が増し、今日の朝日新聞の記事を見
て見たら2階のかなり上まで水没が進み、ほぼ全体が水没し
てしまいそうな状況で、写真を見るとあまりの惨さに言葉も
ない。

2                

                 
                 
                
                
                
                  
                   
                 
                   
                   
                    
                    
                   
                               

同温泉に行くには国道398号線から脇道を入り、さらに歩
いて行くしかない電気もないまさにランプだけの秘湯。旅館
のすぐそばにある清流沿いの岩造りの露天風呂が最高の温泉
だ。行くのがちょっと面倒なために、398号線を何回も通
りながら日帰り入浴したのが6年ほど前の一度だけ。一度は
宿泊で行きたかった宿だけに今回の惨事は言葉もない。経営
者家族の方々が無事だったのが不幸中の幸いか。

朝日新聞の記事では経営者の8代目主人である三塚倉雄さんが
「先代たちに顔向けできない」と落胆するインタビューが出て
いる。温泉の本によると、湯栄館の創業は文政3年1820年
となっていて、実に200年に近くにもなる歴史ある旅館だ。
それがわずか数秒の地震でこのような事態になるとは、自然は
なんと惨い仕打ちをするのだろう。

地震当日の模様は「地震が起きた14日朝、三塚さんは調理場で、この日
来る宿泊客のための料理の下ごしらえをしていた。下から激しく突き上げ
られ、体が飛ばされそうになった。茶の間の柱にすがるようにつかまった。
 数年前のくも膜下出血で、体が不自由になった妻の洋子さん(68)を
引きずるようにつれて宿から脱出した。崩れ落ちた岩が転がる山道を歩き、
途中で迎えに来た長男泉さん(39)と合流。宿を出てから約11時間後、
やっと国道にたどりついた。」と書かれている。

さらに三塚倉雄さんは「200年近く続いた旅館が、おれの代で水の底に
入っちゃった。天災だけど、先代にも全国のファンにも申し訳ない。つら
いなんてものじゃない。せめて建物が壊れず頑張り続けてほしい」と無念
な思いを語っている。あの地域の素晴らしい温泉や穏やかで癒される美し
い景観が大好きなだけに涙なくして聞けない言葉だ。

|

« ネット上ではiPhoneの話題が満載。物欲刺激されまくりなんだが、携帯電話が基本的に無用の私には残念至極 | トップページ | 中身ゼロ、読みにも躓く心を感じさせないウータン福田の“国民目線のカイカク”と言うだけの自画自賛碌でなし会見のアホらしさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41623594

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手宮城内陸地震で水没状態の湯の倉温泉・湯栄館の悲惨な状況には言葉もない:

« ネット上ではiPhoneの話題が満載。物欲刺激されまくりなんだが、携帯電話が基本的に無用の私には残念至極 | トップページ | 中身ゼロ、読みにも躓く心を感じさせないウータン福田の“国民目線のカイカク”と言うだけの自画自賛碌でなし会見のアホらしさ »