« 自民カルト癒着腐敗政権の宣伝パンフ産經新聞がタケナカの郵政民営化自画自賛論、丸川結婚会見詳細を掲載するお馬鹿満開 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 »

2008年6月17日 (火)

北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その17嶽温泉「嶽ホテル」は雰囲気抜群の浴室

弘前方面から県道3号線を走ってきて嶽温泉入口から入って足湯
の駐車場から歩いて温泉街に向うと最初にある薄緑色の外壁の旅
館。ホテルの名前とはちょっと違って、大きな民宿風の2階建て
の建物で、中に入れば温泉旅館そのもの。ここも北東北日帰り温
泉本利用して無料入浴できるひとつで有難く利用させていただく。

外見以上に館内は広く奥のほうにある浴室は最近改装したのかか
なり奇麗で清潔。青森だからヒバなのだろか、木造の6〜7人が
ゆったり入れる内湯とすぐ外のベランダ風の場所に小さめの露天
風呂が。

木製の湯口から湯が注がれ、湯舟に白濁の硫黄泉が静かに満ちる
なかなかに雰囲気のある浴室だ。白濁の湯には細かい白い湯花が
たっぷり。西沢旅館と同質の湯なのだが、湯舟や雰囲気が違うだ
けでまた味わいも変わって来る不思議。全体が木造りでほんのり
と薄暗いのも気分が落ち着く。

露天風呂は小さいのだが、さやかな風にあたりながらの入浴は格
別だ。露天と言っても日差しが直接あたらないのもお好みだ。の
んびりとゆっくり出来る。嶽温泉は宿それぞれが魅力ある風呂が
あり、外れなしの温泉である。

Dakehoteru1 Dakehoteru2 Dakehoteru3

|

« 自民カルト癒着腐敗政権の宣伝パンフ産經新聞がタケナカの郵政民営化自画自賛論、丸川結婚会見詳細を掲載するお馬鹿満開 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その17嶽温泉「嶽ホテル」は雰囲気抜群の浴室:

« 自民カルト癒着腐敗政権の宣伝パンフ産經新聞がタケナカの郵政民営化自画自賛論、丸川結婚会見詳細を掲載するお馬鹿満開 | トップページ | 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 »