« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 | トップページ | 自民カルト癒着腐敗政権サイドが褒め殺しする前原誠司なる民主党にとりどこまでも有害無益な議員 »

2008年6月17日 (火)

北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その19「ウェスパ椿山」で北東北温泉巡りは終了

鯵ヶ沢温泉から南下する五能線沿いの道は国道101号線で、ほ
ぼ能代辺りまで海沿いを走る眺望抜群のドライブだ。途中十二湖
とか名所はあるが、大昔のドライブ時に一応見ているし、当然の
ごとくにパスして、青空のもとドライブを楽しむことに。

右には日本海を眺めながらの快走は気分最高。走る車もほとんど
ない。ご機嫌、ご機嫌。鯵ヶ沢温泉から約50キロほど走ったあ
たりであったのが北東北温泉本クーポンでこれも無料入浴出来る
「ウェスパ椿山」だ。

目立つ看板の入り口を入ると何だかレジャーランドのような施設
が点在するし、オシャレな洋館風建物がいくつもある。それら洋
風建物はパンフレットを見たら宿泊ロッジらしく、その風呂にも
温泉があるらしい。あとは昆虫館、物産館、レストラン、ガラス
工房などが広い敷地に点在
し、鍋石温泉「ウェスパ椿山開閉式展
望風呂」ってのが敷地の一番奥、日本海を一望出来る絶景の場所
にある。

利用料金は500円。午前7時から午後9時までの営業のようだ。
開閉式というのは浴室全体がドーム形状になっていて、大きなド
ーム型の窓が4月から10月の天気のよい日に限り開かれて、露
天風呂状態になるのだ。

入浴した日は幸い天気も良く、ドーム窓は半開状態で、日本海を
眼下に一望出来る素晴らしい絶景風呂になっていた。右眼下に見
える小山が椿山と言うらしく、山の麓の海辺で数人が遊んでいる
のが見えた。

湯は典型的な食塩泉で塩味だ。含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉となって
いるので、注がれる湯が透明ということは濾過しているのだろう
か。源泉そのままに入りたいのだが。

人気のある風呂らしいのだが、運良く誰もいなくて独占状態での
んびりと入浴。午後4時前後に入浴したのでまだ夕陽の時間帯で
はなかったが、晴れの日の夕陽時間帯に入ると最高の気分だろう
ね。夕陽の時間帯にまた入ってみたいがとにかく遠いや。

風呂上がりに日本海を眺めながら休憩。そのあとは能代まで走り
国道7号線に入って今夜の宿となる道の駅「象潟ねむの丘」へ。
途中の夕陽も素晴らしい眺めだった。ウェスパ椿山から道の駅「象
潟」まで約145キロ。到着したのは午後8時前。すでに象潟は
秋田県の最南端。北東北温泉本クーポン利用の温泉巡りもここで
終了。

この道の駅で車中泊の夜になってこのドライブ旅行中初めての雨
となり、かなり激しい雨に。でも走っている訳でもなし、車の中
で買い込んでおいたものを摘みにのんびりと酒盛り。6日金曜日
朝起床するとまだ雨模様。それほどの降りではないが、酒田市方
面あたりから国道47号線に入る頃までは雨が続いた。新庄市に
出て、いつも走り慣れた国道13号線で米沢経由で喜多方、会津
若松、奥会津経由で帰宅の途に。金山町ではお好みのひとつ「大
塩温泉共同浴場」の温湯にゆっくりと入って温泉巡りの締めとな
った。

総走行距離は1745キロほど。高速道路使用ゼロ、旅館宿泊は
肘折温泉での2食付き4000円弱の激安1回、温泉入浴22カ
所ほどで支払い入浴料金合計300円ほどの貧乏旅行決算となっ
た。使用ガソリン約108リッター。あとは適当に食費。高速道
路をもし使用すると、浦和から碇ヶ関辺りまで片道12500円
ほど。高速道路を使用しないといかに安上がりかということ。高
速使用しないで途中ブラブラしながらのドライブは楽しいよ。北
東北温泉本クーポンで利用した温泉の入浴料金で浮いた合計は9
140円ということで、ありがたい北東北温泉本クーポンでした。
それにしても、象潟から東京まで高速なしの580キロはやはり
長かった。

ところで、デジタル一眼を最近2台も立て続けに購入したので、
ドライブ中は撮影しまくるつもりだったんだけど、もっとも活躍
したカメラは防水機能のサンヨーCA65。これまでコンパクトデ
ジカメを防水袋に入れて使用、その使いにくさに辟易していたの
だが、CA65は水に関しては気にすること一切ないので温泉撮影
にはやはり最高。軽いし小さいし、スチール撮影していても、2
つあるシャッターの片方を押せば即ビデオ撮影(2000円ほど
で購入の4GBSDHCにビデオで2時間45分ほども録画できてし
まう)になる便利さもあり、旅行カメラとしては最高。デジタル
一眼のほうは風景撮影などに使用したものの、元々カメラ自体が
好きで、撮影にはあまり熱心でないので、素晴らしい景色があっ
ても記憶に残すほうを重視してしまい、カメラなしでボケーと眺
めている時のほうが多いという体たらくだった。それ以上に楽し
いのがドライブそのもので、北東北のように渋滞がほとんどなく、
走る車も少ないとひとたび走り出すと止まるのが嫌になってしま
うのだ。いつまでも走り続けてしまうのだ。一人旅だとよけいそ
うなる。

Wesupa1 Wesupa2 Wesupa3 Wesupa4



Wesupa5

|

« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 | トップページ | 自民カルト癒着腐敗政権サイドが褒め殺しする前原誠司なる民主党にとりどこまでも有害無益な議員 »

コメント

今日は訪問&コメありがとうございました!

私は諸事情により温泉宿泊がなかなか出来ない
身分の為、日帰りオンリーですけど
素晴らしき温泉天国青森をぜひ堪能して欲しいと願います。


その際は是非無事故無違反でね(^_^;)

投稿: シド | 2008年6月18日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その19「ウェスパ椿山」で北東北温泉巡りは終了:

« 北東北温泉日帰り本でまったり温泉巡り、その18鯵ヶ沢温泉「水軍の宿」 | トップページ | 自民カルト癒着腐敗政権サイドが褒め殺しする前原誠司なる民主党にとりどこまでも有害無益な議員 »