« 高齢化社会で消費税低いから財政赤字とアホこくウータン福田。さらにアホの一つ覚えエコで、レクサスに車代替する究極の馬鹿 | トップページ | 一文字漢字と問われて二文字熟語を2回も答える日本語音痴のアベシンゾーが「(山崎氏は)日本語能力がないのではないか」とこき下ろすお笑いコント »

2008年6月19日 (木)

栗駒山周辺の温泉地はいずれも休業状態で、復活も時間がかかり厳しそうで悲しい限り

岩手・宮城内陸地震では栗駒山周辺の温泉地がかなりの被害を
受け、連日の救助活動が続く壊滅状態の「駒の湯温泉」以外で
も栗駒一体の有名温泉はほぼすべてが休業状態のようで、温泉
ファンとしては悲しみが増すばかり。

素晴らしい硫黄泉で超人気の岩手・須川高原温泉とすぐそばの
秋田・栗駒山荘も建物被害や源泉被害があるうえ、宿に通じる
道である国道342号線と国道398号線が寸断状態のため営
業不可能状態。
(PS:今夜遅く栗駒山荘のHPを覗いてみたら、新着情報に次のよ
うな書き込みがあった。
…………
6月17日(火)道路管理関係者による秋田県東成瀬村側:国道342号線(現在通行止め)の現地調査があり、当初復旧の目途が立たない状況から一転し、壊滅的な被害状況で無いため、補修工事により一部片側交互通行などで早期(未定)に通行止めが解除される可能性が高まってきました。
この情報のもと、全職員が一丸となって一刻も早く営業が再開できるよう万全の体制で準備を進めております。詳細に関する情報は、確定次第、本ページにて発信してまいります。
…………
暗い情報ばかりのなか少しは復旧への明かりが見えて来たよう
で、栗駒山荘さん頑張って下さい。
PS:PS:21日夜HPの新着情報を見たところ
『2008年6月21日(土)18:59更新
補修工事により一部片側交互通行で秋田県側の国道342号・国道398号・県道282号は早期(6/23-27中)に通行止め解除されることになりました。(秋田魁新報)
この情報のもと、全職員が一丸となって一刻も早く営業が再開できるよう万全の体制で準備を進めております。詳細に関する情報は、出来る限り本ページにて発信をしてまいります。』との情報が。)

さらに「駒の湯温泉」から約1キロ先の「ハイルザーム栗駒」
は道路が破断した影響から、崩れた天井などは補修できずに運
営の第3セクター「ゆめぐり」が18日、パートを含む従業員
について、一部を解雇したり希望退職を募ったりする方針を従
業員らに伝えたとか。深刻な経済的影響が出て来ている。

鳴子から小安峡方面へ抜けるまさに温泉街道とも言うべき素晴
らしいドライブウェイの国道398号線があの快適な道からは
想像もできない崩壊が各所で起きていて、旧花山村の花山温泉
郷の温泉ファンに人気の温泉もすべて復旧未定の休業中だ。

国道398号線沿いの名所「仙台藩花山村寒湯御番所跡」のす
ぐ近くにある「温湯山荘」
もかなり痛みもあり、道路不通で休
業。この宿は10年ちょっと前に全面改築されたこぎれいな温
泉旅館で、周辺の人気秘湯「佐藤旅館」「湯栄館」「三浦旅館」
への基地的存在。その幹線道路沿いの立派な旅館も痛みが激し
いぐらいだから、他のさらに山奥にある鄙びの3館は推して知
るべしだろう。

温湯山荘の横の道をさらに山のほうに入って行くとあるのが
「佐藤旅館」で、開業がなんと700年前とも言われる由緒あ
る温泉宿。ホームページがないし、ニュース情報もないので現
状判らず。古い建物だけに心配だ。

そこからさらに奥に行き、歩いてたどり着けるのがランプの宿
として人気の湯の倉温泉「湯栄館」で、川すぐそばに建つ建物
で、川沿いの露天風呂が有名。テレビの温泉番組でも時々取り
上げられるほどだ。ここも200年近くの歴史がある。

ここについては猫まんまさんのサイトでの18日付けの情報で
は「宿の直ぐ近く(下流)で起きた土砂崩れにより、宿脇の一
追川は堰き止めダム湖状態に。そのため湯栄館の1階部分は完
全に水没した状態になってしまっています。加えて、明日は雨
の予報・・・。非常にヤバイ状態です・・・。」とか。かなり
心配だ。

河北新報ウェブに水没状態の湯栄館の写真が掲載されていた。あ
の清流沿いの旅館が濁流に飲まれている悲しい写真だ。

2                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつ、温湯山荘から国道398号線をさらに秋田方面に
走り、国道沿いに駐車して、山道を歩いて行くのが湯浜温泉の
「三浦旅館」で、ここも100年以上の歴史のあるランプの宿。
ホームページで休業告知している。

これら秘湯3館に入浴したのはいずれも6年前。なかなか行け
ないところだけにいずれまたゆっくりとと思っていただけに悲
しい限り。これら歴史ある名湯がなんとか復活してほしいと祈
るだけだ。

栗駒山荘から十キロほど下にある国道398号線沿いの小安峡
大湯温泉の「阿部旅館」はホームページのブログ
を読むと、建
物にも大きな被害がなく通常営業をしているようだ。何回も入
浴して好きな温泉で、心配していただけに一安心。ちなみに阿
部旅館のある小安峡周辺も岩手や宮城ほどではないが通行止め
があるようで、その案内図があった。

1

|

« 高齢化社会で消費税低いから財政赤字とアホこくウータン福田。さらにアホの一つ覚えエコで、レクサスに車代替する究極の馬鹿 | トップページ | 一文字漢字と問われて二文字熟語を2回も答える日本語音痴のアベシンゾーが「(山崎氏は)日本語能力がないのではないか」とこき下ろすお笑いコント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41579600

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山周辺の温泉地はいずれも休業状態で、復活も時間がかかり厳しそうで悲しい限り:

« 高齢化社会で消費税低いから財政赤字とアホこくウータン福田。さらにアホの一つ覚えエコで、レクサスに車代替する究極の馬鹿 | トップページ | 一文字漢字と問われて二文字熟語を2回も答える日本語音痴のアベシンゾーが「(山崎氏は)日本語能力がないのではないか」とこき下ろすお笑いコント »