« 午後5時前に奄美で震度5弱の地震。被害はなかったようだが、いつも通りNHKが地元役場の邪魔をするグダグダ電話インタビューを垂れ流すアホ露呈 | トップページ | ウータン福田だけがマス掻いてご機嫌だったサミットが終了。結果何の成果もない税金無駄食いだったのが判っただけ »

2008年7月 9日 (水)

日経BPサイトで日本・日本人愚弄の変態記事掲載の毎日新聞英文サイト問題で「毎日jpが自社広告だらけに」の記事掲載

売国奴コイズミマンセーで規制緩和はどんどんしろと煽ったく
せに、テメエらは利権そのもの温存の再販価格維持なる規制に
どっぷりと浸る新聞マスゴミは、ネット上で批判爆発の毎日新
聞英文版サイトで掲載された日本と日本国民を愚弄し貶めるカ
ンガルー虐殺の国からやって来た不良外人が書いた記事
に関す
ることはまるでスルーだが、日経BPなるニュースサイトでその
毎日新聞のニュースサイトで広告出稿がなく、自社広告だらけ
でネット上での批判が影響したのかみたいなおもろい記事が出
ていた。

その記事とは

…………

「毎日jp」が自社広告だらけに、ネット上に深いつめ跡残る

 毎日新聞社のニュースサイト「毎日.jp」で、先週末以降、広告スペースの大半が自社広告で埋め尽くされる事態が続いている。
 毎日新聞社は英文サイト「毎日デイリーニューズ」(Mainichi Daily News)上のコーナー「WaiWai」で、「日本の女子高生はファーストフードで性的狂乱状態」など低俗な記事を長年にわたって配信し、ネット上で批判の声が上がっていた。同社は6月23日、同コーナーを中止・削除し、監督責任者や担当者らを処分すると発表したが、25日の株主総会で、それまでの常務デジタルメディア担当が社長に、同デジタルメディア局長も取締役に昇格する人事を可決・承認(27日に役員報酬の一部返上を発表)。これがネット上の炎上に油を注ぐ格好となり、毎日新聞社のほか、毎日新聞および毎日jpに広告を載せている大口の広告主へも抗議、問い合わせが電話やメールで寄せられることとなった。
 毎日jpは、ヤフーのアド・ネットワークに加入して広告を配信している。アド・ネットワークとは、複数のメディアサイトをネットワークして広告受注を請け負い、広告を配信するサービスのこと。多数のアクセスを集めるメディアサイトをネットワーク化することで広告媒体としての価値を高めることができ、広告主にとっても、一つのアド・ネットワークに広告を発注するだけで多数のメディアサイトに広告を配信できるため、手続きがラクになるメリットがある。ヤフーのアド・ネットワークには、毎日.jpのほか、「YOMIURI ONLINE」(読売新聞社)、「ORICON STYLE」(オリコンDD)など、ニュース系、エンタテインメント系を中心に約50社のメディアが加入している。
 ヤフー広報は「個別のパートナー企業の広告配信状況について公にはコメントできない」と回答を避けたが、広告主企業がネットユーザーから抗議を受けていることをヤフーやメディアレップに伝えたことで、毎日jpへの広告配信を一時的に停止する判断を下したもようだ。
 影響はアド・ネットワーク経由の広告だけにとどまらない。これからピークを迎えるお中元商戦に向けて企画していた「お中元特集」ページは、出店企業が次々と撤収したことで、商戦本番前の7月4日に閉鎖に追い込まれた。
 また、ポータルサイト「goo」の子供向けポータル「キッズgoo」では「全国版の新聞」のディレクトリから、毎日jpが一時的に削除された。gooを運営するNTTレゾナントの広報は、「キッズgooは子供向けのページのため、(不適切な記事の配信元にリンクを張ることは)相応しくないと判断した」と説明する。
 こうした“騒ぎ”になった経緯や追加処分の可能性について毎日新聞社に尋ねたところ、「7月中旬に調査結果を公表する予定」(広報)との回答だった。
 だがネット上で既に流れた悪評のつめ跡は大きい。ヤフーで「毎日新聞」と検索すると、「毎日新聞」とともに頻繁に入力された同時検索語が表示される。そこには、「侮辱記事」「低俗」「悪行」など、ネガティブなキーワードが並ぶ。グーグルの同時検索語は反映されるまでやや時間がかかるため、ほとぼりが冷めるころになって同様のキーワードが並ぶ可能性がある。
 大半のユーザーが検索エンジン経由でWebサイトに訪れる中、ユーザーと企業ブランドの最初の接点となる検索結果ページに悪評が残ることは、ブランド力を低下させかねない。不祥事対応を誤ると、その傷は長くネット上に残る。ネットの影響力の大きさを改めて実感させる結果となった。
(小林 直樹=日経ネットマーケティング)  [2008/07/08]
…………

毎日新聞はその件では先月末に一応形だけの処分人事(しかし
ね、その処分がまるで処分じゃなくて厳重処分を受けるべき担
当者が社長になったりとかまるでKYそのもので、毎日新聞は悪
いことすればするほど出世するまさに変態会社ってことを示し
ただけなんだけどね)みたいなものを発表はしているが、普通
の企業なら社長らが謝罪会見などし、マスゴミが偉そうに批判
爆発させる訳だ。しかし、毎日はネット上での批判などは告訴
するぞみたいな脅しを掛けて開き直る始末であり、まるでテメ
ラのやったことを理解出来ていないのが現状だ。その騒ぎもテ
レビもまるでスルーで他人には厳しいことを言うが、仲間内は
傷なめ合う日本のマスゴミの醜態を晒している。その中で、毎
日新聞のサイト画像キャプチャーまで掲載している今回の記事
は少しはまともな対応を見せたものだ。

定年後も毎日新聞で禄を食み続けるくせに偉そうにテレビで御託並べて
コイズミマンセーやりつづけた特別編集委員とかの大仰な肩書きの岸井
某とか同じようにコラム書きで稼ぎまくる牧太郎なんてのもこの件では
まるで自社の醜聞を無視のまさに“非ジャーナリズム”精神丸出しの中で
まともなものだ。それにしても、新聞本誌の発行部数がどんどん減少し
て、ネットでの収入増を図るのにスタンスを移した毎日新聞の経営がさ
らに悪化傾向にあることだけは確かのようだ。過去にも倒産した毎日新
聞だ。こんな新聞消えたところで紙の消費が少しは減少するだけでウー
タン福田お得意のアホスローガン温暖化対策に役立つだけだけどね。

その広告出稿がまるでなくなり、自社関連の広告しかない毎日
新聞サイトの寂しい現状。

Mainichi

|

« 午後5時前に奄美で震度5弱の地震。被害はなかったようだが、いつも通りNHKが地元役場の邪魔をするグダグダ電話インタビューを垂れ流すアホ露呈 | トップページ | ウータン福田だけがマス掻いてご機嫌だったサミットが終了。結果何の成果もない税金無駄食いだったのが判っただけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143551/41786224

この記事へのトラックバック一覧です: 日経BPサイトで日本・日本人愚弄の変態記事掲載の毎日新聞英文サイト問題で「毎日jpが自社広告だらけに」の記事掲載:

« 午後5時前に奄美で震度5弱の地震。被害はなかったようだが、いつも通りNHKが地元役場の邪魔をするグダグダ電話インタビューを垂れ流すアホ露呈 | トップページ | ウータン福田だけがマス掻いてご機嫌だったサミットが終了。結果何の成果もない税金無駄食いだったのが判っただけ »